分析は、学習者がコースをどのように使用しているかを深く分析する手段を提供します。例えば、コースを完了した学習者数、完了のレベル、および各モジュールのユーザーの関与などを分析できます。

コラボレーションウィジェットを使用すると、あなた(作成者)、あなたのユーザー(学習者)、および匿名ユーザーの間でコンテキスト内コラボレーションが簡単に実行できます。リアルタイムで学習者が作者や他の学習者に質問する教室環境をシミュレーションできます。

分析とコラボレーションデータはセキュリティ保護されたリモートサーバー(アドビが運営)に送信され、学習ダッシュボードを使ってこれらのデータにアクセスできます。

デフォルトでは、分析は有効、コラボレーションは無効になっています。Adobe Presenter Video Creator を使用して作成されたビデオに対して分析を入手するには、パブリッシュ時に分析とコラボレーションを明示的に有効にする必要があります。

分析の優れた機能の 1 つは、ヘルプや介入を必要としている生徒を簡単に特定できる点です。次に、これらの生徒に電子メールで連絡する、コラボレーションワークフローを使用して生徒とコラボレーションするなど、適切な処置を取ることができます。

コラボレーションワークフロー

コラボレーションワークフローは、コラボレーションウィジェットでコースをパブリッシュすることで始まります。学習者はウィジェット(再生バーの ? マークからアクセスできる)を使用して、質問をリアルタイムで行ったり、あなた(作成者)およびその他の仲間たちと会話したりできます。

コラボレーションウィジェットを有効化してモジュールをパブリッシュすると、ユーザーはモジュール内から質問を行うことができるようになります。 各質問は、質問が出されたモジュールの適切なコンテキストで作者や他のユーザーに表示されます。

学習者は次のことが実行できます。

  • 質問を検索する
  • 質問を出す
  • 質問に答える
  • 役立つ場合は回答にいいねという

これを有効化すると、学習者がコースに合格するには、 a) クイズに合格し、かつ b) 必要な参加 (コラボレーション) スコアを達成する必要があります。

つまり、コラボレーションは、学習者のコース完了の成功を示すパラメーターの 1 つにすることもできます。

注意:

コラボレーションは、.pptx ファイル形式のみで動作し、.ppt ファイル形式では動作しません。

エキスパートより: Adobe Presenter 9 でのコース内コラボレーション

エキスパートより: Adobe Presenter 9 でのコース内コラボレーション
Adobe Presenter 9 コースでコース内コラボレーションを有効にする方法を学習します。
Dr.Pooja Jaisingh

作成者ワークフロー

  1. プレゼンテーションを開いて「Adobe Presenter」タブの「コラボレーション」をクリックします。

  2. 分析とコラボレーション画面で、「コラボレーションを有効にしますか」を「はい」に設定します。

    分析は、デフォルトで有効になっています。必要に応じて「コラボレーションを有効にしますか」を「いいえ」に設定することで、分析を無効にできます。

    注意:

    参加スコアとモジュール名は後で変更することもできます。

  3. 参加値を入力します (0 ‐ 100 の範囲)。 この値より上のスコアを得た学習者は、合格としてみなされます。 たとえば、参加値を 50 に設定した場合、50 より高いスコアを得た学習者は成功とみなされます。

    注意:

    「0」点は、ユーザー (作成者) がコラボレーションを合格基準と見なしていないことを意味します。

  4. プレゼンテーションは学習ダッシュボードでは「モジュール」として表示され、デフォルトのモジュール名はプレゼンテーションの名前です。必要に応じてモジュール名を変更してください。

  5. Adobe ID を入力してサインインします。

    コラボレーションを有効にしたら、モジュールをパブリッシュし、それを学習ダッシュボードでコースに追加して追跡を開始できます。

学習者ワークフロー

学習者は、コースプレゼンテーション画面を通じて作成者や他の学習者とコラボレーションできます。

  1. 学習者は、コースプレゼンテーション画面の下部にある疑問符のアイコンをクリックします。 質問画面が表示されます。

  2. 学習者は質問を入力して「続行」をクリックします。

  3. 画面の右側の質問ペインに質問が表示されます。

  4. 他の学習者は、「回答を入力」テキストボックスを使用して回答し、会話スレッドに追従できます。

  5. 学習者は質問ペインを表示して、会話スレッドを表示できます。スライド全体のすべての質問を質問ペインで 1 つにまとめて表示できます。

  6. 質問を投稿する前に、類似の質問を検索できます。

    統一表示 - スライド全体のすべての質問を表示します

    すべてのオフラインの会話が一覧表示され、学習者は疑問符アイコンに隣接したリストをクリックして会話を表示できます。 新しい会話をオフラインで追加すると、アイコンの数値に値 +1 が追加されます。 すべての会話が表示されると、このアイコンは表示されません。

  7. 質問画面には アイコンも表示されます。

    学習者が十分協力しなかった場合、アイコンは白色で表示されます。コラボレーションワークフローが正常に完了すると、アイコンは金色で表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー