基本事項

Adobe Acrobat Reader DC ソフトウェアは、PDF の表示、印刷、署名、共有および注釈の追加をおこなうための信頼性の高い無償のグローバル標準ソフトウェアです。フォームやマルチメディアを含むすべてのタイプの PDF コンテンツを開き、操作できる唯一の PDF ビューアです。さらに Adobe Document Cloud サービスへ繋がったことで、どこからでも、あらゆるデバイスで PDF を操作できるようになりました。

また、Acrobat Reader DC では、Adobe PDF PackAdobe Export PDF、または Adobe Sign のサブスクリプションを購入すると、プレミアム機能が有効になり、より高度な PDF 操作を実行できるようになります。

はい。Acrobat Reader DC は無償のデスクトップソフトウェアで、Reader のダウンロードページからダウンロードするか、または「Adobe Acrobat Reader を入手」アイコンが表示されたときに入手できます。

Acrobat Reader DC は、Adobe Document Cloud サービスと連携することにより、まったく新しいレベルの PDF ビューアとなっています。直感的なインターフェイスを搭載し、ユーザーがどこにいても作業をおこなえる強力な新機能を備えています。拡張された新しいホームビューでは、文書へのアクセスと管理、他のユーザーと共有した文書のトラックをおこなうことができます。また、タスクに関する詳細情報と共に、表示、レビュー、または署名用に共有された文書が見やすくなりました。

Adobe Acrobat モバイルアプリケーションでさらに多くの操作を実行:

  • Android または iOS 版 Adobe Acrobat Reader モバイルアプリケーションで、どこからでも PDF でさらに多くの操作をおこなうことができます。
  • Adobe Scan を使用して人工知能や自動テキスト認識機能で紙やホワイトボードを取得し、高品質の PDF へと変換します。iOS 版と Android 版があります。
  • デスクトップソフトウェアの新しい入力と署名ツールを使用して、スマートなオートコンプリート機能によって PDF フォームにすばやく入力できます。

無償の Adobe Document Cloud サービスに新規登録すると、次のことが可能になります。

  • 2 GB の無償ストレージ付きの Adobe Document Cloud にファイルを保管して、そのファイルにアクセスできます。
  • デスクトップ、Web、モバイルの区別なく、どのデバイスからも最近表示したファイルに簡単にアクセスできます。
  • 入力と署名のオートコンプリート候補一覧を、デスクトップ、Web、iPad などのデバイス間で同期できます。
  • リアルタイム通知を使用してファイルを送信および追跡します。文書が開かれた、ダウンロードまたは共有されたことを把握します。

Adobe PDF Pack のサブスクリプションを購入すると、デスクトップ版 Reader ソフトウェア、Acrobat Reader モバイル版アプリおよび Web ブラウザー上で、各種のプレミアム機能を使用できます。

  • 文書や画像を高品質の Adobe PDF ファイルに変換できます。
  • ページの順序を変更するか、PDF を 1 つのファイルにまとめて簡単に読み取り、移動、共有することができます。
  • PDF を編集可能な Microsoft Word、Excel、PowerPoint または RTF ファイルに変換できます。
  • 複数のファイルを単一の PDF に結合できます。
  • 総合的な電子署名サービスを使用して、他のユーザーに署名を依頼できます。
  • PDF を他のユーザーに共有し、相手が Acrobat を持っていなくても、リアルタイムでレビューや共同作業をおこなうことができます。期日やリマインダーを指定して全員が把握できるようにします。
  • ファックスや翌日配達サービスを利用しなくても、文書の送信、トラック、到着確認を電子的に実行できます。
  • モバイルでトラッキングを利用可能:リアルタイム通知を使用してファイルを送信および追跡します。文書が開かれた、ダウンロードまたは共有されたことを把握します。
  • 20 GB のストレージにファイルをオンラインで保存し、アクセスできます。

特定のツールのみを使用したい場合は、Adobe Export PDF のサブスクリプションを購入してください。

新機能および拡張機能は、通常、四半期ごとにリリースされます。新機能については、Acrobat Reader DC の新機能と変更点を参照してください。

複数のオペレーティングシステムやデバイスに対応した無償の Adobe Acrobat Reader アプリは、次の方法で簡単にダウンロードできます。

  • デスクトップアプリ:デスクトップ版 Reader を入手するには、Acrobat Reader のダウンロードページにアクセスします。ページが表示されたら、ご使用の言語、オペレーティングシステムおよびインターネット接続速度を選択します。
  • モバイル版アプリ:このアプリをダウンロードするには、Google Play または iTunes App Store にアクセスします。また、Windows Phone デバイス用のモバイル版アプリの最新バージョンもダウンロードできます。

いいえ。Acrobat Reader DC は、PDF ファイルを開き、表示、署名、印刷、注釈の追加、検索および共有をおこなうために使用できる無償のスタンドアロンアプリケーションです。Acrobat Pro DC と Acrobat Standard DC は、同じ製品ファミリーに属する有償製品です。製品の違いについては、Acrobat DC の製品比較を参照してください。

デスクトップとモバイルのサポート

Acrobat Reader DC デスクトップソフトウェアは、Windows と Mac の両方のオペレーティングシステムで動作します。今すぐ Reader デスクトップソフトウェアをダウンロードするか、必要システム構成を参照してください。

言語サポートについては、必要システム構成ページを参照してください。

Acrobat Reader DC モバイル版はデスクトップの Reader と同じく無料で提供されており、モバイルデバイス上での PDF の表示および操作において業界トップクラスの信頼性あるエクスペリエンスを実現します。また現在では、Adobe Document Cloud サービスのリリースにより、Adobe PDF PackAdobe Export PDFAdobe Acrobat Pro DC のサブスクリプションを購入すると、アプリ内でプレミアム機能を使用して、より高度な PDF 操作を実行することができます。

Android 用または iOS 用のアプリを入手するには、それぞれ Google Play または iTunes App Store にアクセスしてください。用のモバイル版アプリの最新バージョンもダウンロードできます。 Windows 電話デバイス。

機能

Reader では PDF 文書に簡単に注釈を追加できます。デスクトップの Reader では、ノート注釈による PDF への注釈の追加、ページへのテキストの直接入力、ハイライト、下線または取り消し線ツールの利用、画面上でのフリーハンドの手書きツールによる描画が可能です。また、同じ注釈ツールを Acrobat Reader モバイル版でも利用できます。

はい。入力と署名ツールでは、PDF に入力可能なフォームフィールドが含まれているかが自動的に認識され、ユーザーは Adobe Sensei を利用した直感的な操作で、すばやく簡単にフォームに入力できます。入力可能なフォームでは、キーボードで入力するかプルダウンメニューから選択して、簡単にフォームに入力して保存できます。フォームフィールドが最適化されていない単純な PDF で作業する場合、画面をクリックしてフォームに直接入力するか、個人情報のオートコンプリート候補一覧から選択できます。作業が完了したら、変更を保存して入力済みのフォームを他のユーザーに送信できます。

Adobe Acrobat Reader モバイル版アプリを使用すれば、iOS デバイスや Android デバイスでも同じタスクを実行できます。Adobe Acrobat Reader モバイルアプリをダウンロードするには、Google Play または iTunes App Store にアクセスしてください。

はい。Adobe Sign を利用した入力と署名ツールを使用すると、文書やフォームへ簡単に署名することができます。PDF ファイルを開き、署名をキーボードまたは手書きで入力するか、画像を使用して署名するだけです。

Adobe Acrobat Reader モバイル版アプリを使用すれば、iOS デバイスや Android デバイスでも同じタスクを実行できます。Adobe Acrobat Reader モバイルアプリをダウンロードするには、Google Play または iTunes App Store にアクセスしてください。Web ブラウザー上でフォームの入力と署名をおこなうこともできます。

はい。Acrobat Reader DC では、Acrobat Pro、PDF Pack、または Adobe Sign のサブスクリプションを購入していない場合、入力と署名ツールを使用して依頼できる署名数に制限があります。無料トランザクションの許容上限を超えた場合は、様々な Document Cloud ソリューションのいずれかに登録して、更に多くの署名を依頼することができます。

Adobe Sign の既存のお客様は Android と iOS の両方で同じように Adobe Sign モバイルアプリケーションを使用できます。このアプリを無償でダウンロードするには、Google Play または iTunes App Store にアクセスします。Web ブラウザー上で署名用のファイルを送信することもできます。

はい。Adobe PDF Pack のサブスクリプションを購入すると、Reader のツールセンターから「PDF を作成」を選択して、各種ファイルを PDF に変換できます。Acrobat Reader モバイル版アプリまたは Web ブラウザー上で PDF を作成することもできます。

また、Adobe Scan では、自動テキスト認識機能により、紙やホワイトボードから高品質の PDF を作成することもできます。Adobe Sensei の人工知能を活用した Adobe Scan は、自動的にスキャンを強化し、遠近エラーを修正し、境界を検出し、さらに、ワークフローを自動化することによって、外出中でもより多くの操作を実行できるようになりました。

はい。Adobe Export PDF のサブスクリプションを購入すると、Reader のツールセンターから「PDF を書き出し」を選択して、PDF ファイルを Microsoft Word、Excel または RTF 形式のファイルに変換できます。Adobe PDF Pack のサブスクリプションを購入すると、PDF を PowerPoint に変換することもできます。さらに、Acrobat Reader モバイル版アプリまたは Web ブラウザー上から PDF を書き出すこともできます。

はい。Adobe PDF Pack のサブスクリプションを購入すると、Reader のツールセンターから「共有」を選択して、文書を電子的に送信およびトラックできます。アドビのファイル共有ツールを使用すれば、電子メールクライアントにより大きいファイルが拒否されないか心配する必要はありません。翌日配達のトラッキングシステムや、電子メールシステムをストレージシステムとして利用することなく、送信したファイルをトラックできます。また、Adobe Acrobat Reader モバイルアプリケーションでファイルを送信およびトラックしたり、文書が開かれたり、共有またはダウンロードされたりしたときにリアルタイムで通知を受け取ることもできます。

いいえ。Acrobat Reader では PDF ファイル内のテキストや画像に変更を加えることはできません。PDF ファイルを編集するには、Adobe Acrobat DC ソフトウェアを購入してください。Adobe Acrobat DC のサブスクリプションに登録している場合は、Adobe Acrobat Reader タブレットアプリケーションから PDF を編集することもできます。

はい。Adobe Document Cloud サービスのリリースに伴い、Adobe PDF Pack には、これまでと同じ手頃な価格を維持しながら、優れた新機能が追加されています。

  • 新しい入力と署名ツールを使用すれば、スマートなオートコンプリート機能によって PDF フォームにすばやく入力できます。
  • 新しい署名用に送信ツールを使用して、完全な電子サインサービスで署名済み文書を送信、追跡、管理、および保存します。
  • 新しい共有ツールを使用すれば、ファックスや翌日配達サービスを利用しなくても、文書の送信、トラック、到着確認を電子的に実行できます。

Acrobat Reader DC では、目の障害、運動障害などをお持ちの方にも PDF 文書やフォームをご利用いただけるように、様々な機能をご用意しています。組み込みの機能のほか、各種支援テクノロジーによってユーザーをサポートしています。さらに、Adobe Acrobat Pro DC には、アクセシブルな PDF ファイルを作成し、最適化するために必要なツール一式が用意されています。

Windows 用の Acrobat Reader DC では、次のことができます。

  • 使いやすいウィザードでアクセシビリティの環境設定をカスタマイズする。
  • 拡大鏡を使用する。
  • 組み込みの機能または高度な画面読み上げソフトウェアを使用して、PDF の読み上げをおこなう。
  • ハイコントラストカラーを使用して、より見やすく表示する。
  • 新機能:背景を動的に調整して、ハイコントラストモードでテキストを読みやすくする。
  • テキストを折り返すことにより、拡大して表示する。

Mac 用の Acrobat Reader DC では、次のことができます。

  • 新機能:Mac OS X コンピューターの VoiceOver スクリーンリーダーを使用する。
  • 拡大鏡を使用する。
  • ハイコントラストカラーを使用して、より見やすく表示する。
  • 新機能:背景を動的に調整して、ハイコントラストモードでテキストを読みやすくする。
  • テキストを折り返すことにより、拡大して表示する。

詳しくは、アドビのアクセシビリティリソースセンターを参照してください。

セキュリティとコンプライアンス

PDF 形式のファイルを利用してコンピューターのファイルシステムへの書き込みや読み取りを試みる悪意のあるコードから組織を保護するために、アドビは保護モードと呼ばれる「サンドボックス」テクノロジー実装を提供しています。Acrobat Reader DC では、保護モードがデフォルトで有効になっています。このモードを有効にすると、コンピューターシステムにマルウェアをインストールしようとする攻撃者を防ぎ、悪意のある人がコンピューターや企業ネットワーク内の機密データや知的財産にアクセスして情報を抜き取ろうとするのを防止できます。

PDF ファイルのセキュリティ設定およびアクセス権は Reader では設定できませんが、Adobe Acrobat ソフトウェアを使用すれば設定できます。セキュリティ設定によって、文書を開いたり、表示、印刷、コピーまたは変更を実行できるユーザーを作成者が定義できます。これらの機能によって、機密情報の機密性を守ることができます。アクセス権については、文書の作成者が、その文書を開くために必要なパスワードを定義できます。または、証明書 ID を使用して文書を暗号化し、限られた受信者のみが独自の証明書 ID を入力して開けるように設定できます。

はい。アドビでは、セキュリティへの対応は、社内文化やソフトウェア開発、さらにサービス運用プロセスに深く浸透しています。ID 管理、データの機密性または文書の整合性に関しても、Adobe Document Cloud サービスはお客様の文書、データ、個人を特定する情報を可能な限り高いレベルで保護するための最先端のセキュリティ対策を実装しています。アドビのセキュリティへの対応「Adobe Secure Product Lifecycle」、または Adobe Document Cloud ソリューションのセキュリティについて詳しくは、adobe.com のアドビのセキュリティページを参照してください。

アドビはアクセシビリティを重視しており、製品およびサービスのアクセシビリティ機能の強化に努めています。米国のリハビリテーション法第 508 条は、情報テクノロジーの障壁を排除して、障害のあるユーザーのために新たな機会を提供し、これらの目標を達成するために役立つテクノロジーの開発を促進することを目的として制定されています。障害のあるユーザーのためのアクセシビリティをサポートする Adobe Acrobat Reader DC の機能は、Adobe Acrobat Voluntary Product Accessibility Templates(VPAT)に要約されています。

はい。アドビは、企業のセキュリティとコンプライアンスを保護する一方で、モバイルを利用した業務の生産性を向上させる必要がある企業顧客のニーズにも対応するよう努めています。Acrobat Reader モバイルアプリは、Android for Work EMM プラットフォームをサポートします。また、iOS 版と Android 版の Adobe Acrobat Reader for Microsoft Intune も提供されています。

企業でのデプロイメント

はい。Reader の一括配布を希望される場合は、簡単な許諾申し込みの手続きをお願いします。

Acrobat Reader は社内で簡単にデプロイ、カスタマイズおよびアップデートできます。全社レベルでデプロイメントを管理でき、Adobe Customization Wizard や Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)などの様々なツールと手法を利用して IT コストを削減できます。企業への導入について詳しくは、IT 担当者向けリソースを参照してください。

Acrobat Reader DC デスクトップソフトウェアは、Continuous トラックと Classic トラックのいずれかを使用してデプロイできます。

http://get.adobe.com/jp/reader からダウンロードした Reader の場合は、すべてのバージョンで Continuous トラックが使用されます。Continuous トラックは、新機能、セキュリティとプラットフォームの機能拡張およびバグ修正について常に最新の状態を維持するために、ユーザーに通知せずに頻繁にアップデートをおこないます。IT 管理者は、自動アップデートを必要に応じてオフにして、新しいバージョンをユーザーに公開する前にテストできます。ダウンロード可能なのは最新バージョンのみです。また、IT 管理者は無料の Adobe Document Cloud サービスを除外して、ユーザーの環境にオプションが表示されないようにすることもできます。

Adobe Acrobat Reader MUI は、アドビの多言語対応版の Reader ユーザーインターフェイスです。1 つのインストールファイルで、各国版に対応した Reader を展開できます。各地域のユーザーがユーザーインターフェイス言語を選択するか、事業部のグループポリシーによって言語を設定できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー