アクセシビリティ機能

運動障害、失明、低視力などの障害がある人が使用することができれば、ドキュメントやアプリケーションはアクセシブルです。Acrobat Reader と PDF ファイル形式のアクセシビリティ機能により、スクリーンリーダー、拡大鏡、点字プリンタを使用するかどうかにかかわらず障害がある人が PDF を使用できるようになります。

PDF がアクセシブルになることは、すべてのユーザーにとってメリットになります。たとえば、スクリーンリーダーが PDF を読み上げることができるドキュメント構造により、モバイルデバイスがドキュメントを折り返して小さな画面に表示することもできます。同様に、アクセシブルな PDF フォームのプリセットされたタブ順序があれば、運動障害のあるユーザーだけでなく、すべてのユーザーがフォームに簡単に入力できるようになります。

アクセシビリティの環境設定

Acrobat Reader の環境設定には、視覚障害や運動障害があるユーザーが PDF を読みやすくなるための設定がいくつか用意されています。これらの環境設定では、PDF を画面に表示してスクリーンリーダーで読み上げる方法を設定します。

アクセシビリティに関連するほとんどの環境設定には、「アクセシビリティ設定アシスタント」からアクセスできます。このアシスタントでは、これらの環境設定の設定方法が画面上に表示されます。アクセシビリティに関する環境設定の中には、「読み上げ」、「フォーム」、「マルチメディア」の各カテゴリの環境設定のように、「アクセシビリティ設定アシスタント」からは設定できないものもあります。すべての環境設定は、「環境設定」ダイアログボックスで設定できます。

アクセシビリティ設定アシスタント」の環境設定に表示される名前が、「環境設定」ダイアログボックスに表示される同じ環境設定の名前と異なることがあります

アクセシビリティ設定アシスタントを使用したアクセシビリティ環境設定の設定

  1. 次のいずれかの操作を実行して、アクセシビリティ設定アシスタントを起動します。

    • 編集アクセシビリティ設定アシスタントを選択します。
    • (Windows のみ)スクリーンリーダーまたは拡大鏡の実行中に、Acrobat Reader を初めて起動します。
  2. 使用する支援ソフトウェアと支援デバイスに対応するオプションを選択します。
    選択したオプションに応じて、使用する支援ソフトウェアと支援デバイスに適した環境設定のみがアシスタントに表示されます。

  3. 画面上の指示に従います。いずれかの時点で「キャンセル」をクリックすると、Acrobat Reader はアシスタントが設定する環境設定の初期設定を使用します(非推奨)。

「環境設定」ダイアログボックスを使用したアクセシビリティ環境設定の設定

Acrobat Reader の「環境設定」ダイアログにアクセスするには、編集環境設定を選択します。「環境設定」ダイアログボックスの各パネルで、使用する支援ソフトウェアと支援デバイスに適した環境設定を行います。

「アクセシビリティ」パネルのアクセシビリティ環境設定

アクセシビリティ環境設定

  • ドキュメントの色の変更:この環境設定を選択すると、テキストと背景のカラーコントラストの組み合わせをリストから選択したり、自分だけの組み合わせを作成したりできます。
ドキュメントの色の変更

  • 常にページレイアウトスタイルを使用:アクセシビリティ設定アシスタントの「ページレイアウトスタイルを上書き」オプションに対応します。
  • 常にズーム設定を使用:アクセシビリティ設定アシスタントの「ドキュメントズームの上書き」オプションに対応します。
  • 明示的なタブ順序が指定されていない場合は、タブ順序にドキュメント構造を使用:タブ順序を指定しないドキュメント内のフォームフィールドおよびリンクのナビゲーションを改善します。
  • キーボード選択カーソルを常に表示:画面拡大機能を使用する場合は、このオプションを選択します。この環境設定はアクセシビリティ設定アシスタントの「キーボード選択カーソルを常に表示」オプションに対応します。
  • システム選択色を常に使用:選択すると、デフォルトの選択色(青)がシステムで指定された色で上書きされます。
  • ポートフォリオをファイルモードで表示:選択すると、PDF ポートフォリオコンポーネントファイルとファイルの詳細がリストに表示されます。ファイルモードでは、運動障害、失明、低視力などの障害のあるユーザーの読み上げエクスペリエンスが向上します。

ドキュメントパネルのアクセシビリティ環境設定

  • ドキュメントの変更を一時ファイルに自動的に保存する間隔:選択を解除すると、この環境設定の自動保存アクションが無効になります。PDF を保存するたびに、スクリーンリーダーまたは拡大鏡でドキュメントを再度リロードする必要があります。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「ドキュメントの自動保存を無効にする<」オプションに対応します。
ドキュメントペインのアクセシビリティ環境設定

フォームパネルのアクセシビリティ環境設定

  • フィールドのハイライト表示の色と必須フィールドのハイライト表示の色:これらの環境設定では、入力可能なフォームフィールドのハイライト表示に使用する色を指定します。これらは、 アクセシビリティ設定アシスタント の「 フィールドのハイライト表示色」および「必須フィールドのハイライト表示色」オプションに対応します。
  • オートコンプリート:フォームフィールドへの入力に必要なキーストロークが少なくてすむように、Acrobat Reader がフォームフィールドの一部のエントリーに自動的に入力できるようにします。この環境設定はアクセシビリティ設定アシスタントのオプションに対応しません
フォームペインのアクセシビリティ環境設定

マルチメディアパネルのアクセシビリティ環境設定

  • 字幕があれば表示します。
  • ダビングされたオーディオがあれば再生します。
  • 補足テキストキャプションがあれば表示します。
  • オーディオの説明(またはビデオの説明、説明ビデオ)があれば表示します。

これらの環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントのどのオプションにも対応しません。

マルチメディアウインドウのアクセシビリティ環境設定

ページ表示パネルのアクセシビリティ環境設定

  • ズーム:ドキュメントの画面表示倍率を設定して、低視力のリーダーの、折り返した PDF の読みやすさを向上させます。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「ドキュメントズームの上書き」オプションに対応します。
  • スムーズテキスト:テキストのアンチエイリアス処理をコントロールします。テキストのスムージングを無効にして、画面の拡大機能でテキストをよりシャープに読みやすくするには、「なし」を選択します。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「テキストスムージングを無効にする」オプションに対応します。
ページ表示ペインのアクセシビリティ環境設定

読み上げパネルのアクセシビリティ環境設定

読み上げペインのアクセシビリティ環境設定

  • 読み上げ順序:ドキュメントの読み上げ順序を指定します。読み上げ順序の環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントにも表示されます。
  • 読み上げ順序をドキュメントから推測(推奨):構造推測レイアウト分析の最新の手法により、タグのないドキュメントの読み上げ順序を解釈します。
  • 左から右、上から下への読み上げ順序:ページ上の位置に応じてテキストを配信し、左から右、上から下に読み上げます。この手法は、読み上げ順序をドキュメントから推測よりも高速です。この手法はテキストのみを分析します。フォームフィールドは無視され、テーブルは認識されません。
  • Raw プリントストリームの読み上げ順序を使用:プリントストリームに記録された順序でテキストを配信します。この手法は、読み上げ順序をドキュメントから推測よりも高速です。この手法はテキストのみを分析します。フォームフィールドは無視され、テーブルは認識されません。
  • タグ付きドキュメントの読み上げ順序を上書き:ドキュメントのタグ構造で指定された順序ではなく、読み上げ環境設定で指定されている読み上げ順序を使用します。この環境設定は、タグが少ない PDF で問題が発生した場合にのみ使用します。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「タグ付きドキュメントの読み上げ順序を上書き」オプションに対応します
  • ページとドキュメント:この環境設定では、一度にスクリーンリーダーに配信されるドキュメントの量を指定します。  PDF にタグが付いていない場合、Reader は文書を分析して、その構造と読み上げ順序を推測しようとします。ドキュメントが長い場合は、この処理に時間がかかる場合があります。現在表示されているページのみを配信するように Reader を設定して、一度にドキュメントの一部のみを分析するようにしてください。この注意事項は、ドキュメントのサイズと複雑さや、スクリーンリーダーの機能によって異なります。Reader がスクリーンリーダー、拡大鏡、またはその他の支援ソフトウェアに情報を配信するときは、支援ソフトウェアで直接利用できるメモリーバッファーに情報をロードします。メモリーバッファーに配信される情報の量は、ドキュメントを開く、次のページに進む、ビューを変更する、コマンドを実行するなど、Reader がタスクを実行するのに要する時間に影響する場合があります
    • 現在表示されているページのみを読み上げる:このオプションは、拡大鏡を使用する場合に最適です。表示されていないドキュメントの一部をソフトウェアで処理する必要がなくなるため、パフォーマンスが向上します。Reader が現在表示されている PDF ページのみをメモリーバッファーに送信すると、支援テクノロジーはこれらのページのみにアクセスします。次のページが表示され、Reader がページ情報をメモリーバッファーに送信するまで、別のページに移動することはありません。したがって、このオプションを選択した場合は、Reader のナビゲーション機能を使用して、ドキュメント内のページ間を移動する必要があります。現在表示されているページのみを支援テクノロジーに送信するように選択した場合は、環境設定の「デフォルトのページレイアウト」オプションを「1 ページ」に設定してください。Reader は表示されているすべてのページに関するページ情報を送信するため、支援テクノロジーは部分的にしか表示されていないページ(1 ページの下半分や次のページの上半分など)と表示されているページに関する情報を受け取ります。「連続」など「1 ページ」以外のページ表示設定を使用している場合、次のページを表示したときに、前のページのどの部分がすでに読み上げられたか、テクノロジーによって正しく追跡されません。デフォルトのページレイアウトを「1 ページ」に設定する手順については、「PDF 表示の環境設定」を参照してください。このオプションは、アクセシビリティ設定アシスタントの「現在表示されているページのみを読み上げる」オプションに対応します。
    • ドキュメント全体を読み上げる:このオプションは、独自のナビゲーションツールと検索ツールを備えた Acrobat のツールよりも使い慣れたスクリーンリーダーを使用する場合に最適です。
    • 大きなドキュメントの場合は、現在表示されているページのみを読み上げる:このオプションはデフォルトで選択されており、長い PDF または複雑な PDF でスクリーンリーダーを使用する場合に最適です。Acrobat は小さなドキュメント全体を配信できますが、大きなドキュメントではページごとの配信に戻すことができます。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「大規模文書の場合は現在表示されているページのみを読み上げる」オプションに対応しています。
  • ドキュメントにタグを付ける前に確認:選択すると、Acrobat がタグなしドキュメントを読み上げる準備をする前に、使用されるオプションを確認できます。タグ付けは、特に大きなドキュメントでは時間がかかる場合があります。この環境設定は、アクセシビリティ設定アシスタントの「ドキュメントにタグを付ける前に確認」オプションに対応しています。
  • 読み上げオプション:読み上げる音声の音量、速さ、ピッチを設定します。デフォルトの音声、またはオペレーティングシステムが提供する音声のどちらでも選択して使用できます。上下の矢印を使用して、テキストのブロックを読み上げることもできます。これらの環境設定については、アクセシビリティ設定アシスタントの対応するオプションはありません。

キーボードショートカットによるマウス操作の代用

Acrobat Reader DC と Acrobat DC のキーボードショートカットは同じです。リスト全体を表示するには、Acrobat DC ヘルプのキーボードショートカットを参照してください。

スクリーンリーダーまたは拡大鏡を使用

アクセシビリティ設定アシスタントで、Acrobat Reader DC をスクリーン拡大鏡またはスクリーンリーダーに設定します。

  • 編集アクセシビリティ設定アシスタントの順に選択し、設定アシスタントの各画面から必要なオプションを選択します。

テキスト読み上げ機能の使用

「読み上げ」機能は、Acrobat Reader DC に埋め込まれているテキスト読み上げ(TTS)システムです。「読み上げ」機能は、注釈内のテキストや、画像や入力可能なフィールドの代替テキストの説明などの PDF 内のテキストを読み上げます。タグ付き PDF では、ドキュメントの論理構造ツリーに表示される順序でコンテンツが読み上げられます。タグなしドキュメントでは、読み上げ環境設定で読み上げる順序が指定されていない限り、読み上げる順序が推測されます。

読み上げ機能は、システムにインストールされている音声を使用します。テキスト読み上げアプリケーションまたは言語アプリケーションから SAPI 4 または SAPI 5 音声をインストールしている場合は、その音声を選択して PDF を読むことができます。

「読み上げ」機能を使用するには、使用しているシステムに Acrobat Reader DC とテキスト読み上げエンジンをインストールする必要があります。インストールした音声を Acrobat Reader で選択する必要があります。また、ドキュメントをアクセシブルにする必要があります。これを行わないと、読み上げがまったく行われなかったり、誤った順序で読み上げられたりします。

Acrobat Reader での設定の確認は、次の手順で行います。

  1. 編集環境設定の順に選択して、Acrobat Reader の「環境設定」ダイアログボックスに移動します。

  2. 左側のペインで「読み上げ」を選択します。

  3. 右側のペインで「デフォルトの音声を使用」の選択を解除し、コンピューターにインストールされていることを確認した音声をドロップダウンリストから選択します。

  4. OK」をクリックします。

注意:

読み上げ機能はスクリーンリーダーではないため、一部のオペレーティングシステムではサポートされていません。

読み上げ機能を有効または無効にする

読み上げ機能を使用するには有効にします。読み上げ機能を無効にすると、システムのリソースが解放され、他の操作のパフォーマンスが向上します。

以下のいずれかの操作を行います。

  • 表示読み上げ読み上げを有効にするの順に選択します。
  • 表示読み上げ読み上げを無効にするの順に選択します。

PDF フォームフィールドを読み上げる

  1. 「環境設定」ダイアログボックスの「読み上げ」パネルで、「読み上げオプション」セクションの「フォームフィールドを読み上げる」を選択します。
  2. PDF フォームで、タブキーを押して最初のフォームフィールドを選択します。
  3. 必要に応じてエントリーと選択を行い、タブキーを押して次のフィールドに移動します。フォームが完成するまでこの手順を繰り返します。Acrobat が、選択したチェックボックスとラジオボタンの状態を読み上げます。
    注意:

    読み上げ機能は、キーストロークのエコーは行いません。入力内容を聞くには、スクリーンリーダーを使用します。

PDF のテキストの折り返し

ドキュメントペインの幅に合わせて、テキストが 1 列に収まるように PDF を一時的に折り返して表示できます。この折り返し表示により、テキストを読むために水平方向にスクロールすることなく、モバイルデバイスでのドキュメントの読み取りや標準モニターでの拡大が容易になります。

  • テキストを折り返し表示するには、表示ズーム折り返しを選択します。

通常、折り返しビューには読み取り可能なテキストのみが表示されます。フォーム、注釈、電子署名フィールド、およびページ装飾(ページ番号、ヘッダー、フッターなど)は、折り返し表示されないテキストです。読み上げ可能なテキストとフォームフィールドまたは電子署名フィールドが同じページに含まれる場合、そのページは折り返し表示されません。縦組みのテキストも折り返し表示では横書きになります。

注意:

折り返し表示をしている間は、文書の保存、編集、印刷はできません。

オペレーティングシステムのアクセシビリティツールについて

Windows OS のアクセシビリティツール

Windows 10、Windows 8、Windows 7 オペレーティングシステムには、コンピューター画面上の情報へのアクセスを強化または代替するツールが組み込まれています。ナレーターはスクリーンリーダーの簡易版です。拡大鏡は画面拡大ツールです。

Windows 10 でナレーターを使い始める

Windows 7 で音声オプションを設定する

Windows オペレーティングシステムでテキスト/音声変換設定を行う方法の詳細については、Microsoft のアクセシビリティ Web サイトを参照してください。

macOS のアクセシビリティツール

macOS の最新バージョンには、コンピューター画面上の情報へのアクセスを強化または代替するツールが組み込まれています。macOS のアクセシビリティツールの詳細については、macOS ユーザーガイドを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン