セキュリティを強化するために、Acrobat Reader DC にはコンピューターの安全性を維持するための保護モードおよび保護されたビューが組み込まれています。保護モードが有効になっている場合、Acrobat Reader DC で PDF ファイルを表示するために必要なすべての操作が、限定された環境である「サンドボックス」内で非常に制限された方法で実行されます。

保護モード

デフォルトでは、Adobe Reader DC は保護モードで実行され、セキュリティレイヤーが追加されています。保護モードでは、悪意のある PDF 文書は任意の実行可能ファイルを起動したり、システムディレクトリまたは Windows レジストリに書き込むことができません。

保護モードのステータスを確認するには、ファイルプロパティ詳細設定保護モードを選択します。

保護モードはデフォルトで有効になっています。設定を指定するには、次の操作を行います。

  1. 編集環境設定を選択します。

  2. 左側の「カテゴリー」から、「セキュリティ(拡張)」を選択します。

  3. サンドボックスによる保護」セクションで、「起動時に保護モードを有効にする」を選択または選択解除します。

    • 保護モードのログファイルを作成」を有効にしてイベントを記録します。次にアプリケーションを起動したときに、変更が適用されます。
    • ログを表示」をクリックしてログファイルを開きます。

保護されたビュー

セキュリティを強化し、安全ではない場所で作成された可能性があるファイルに関する潜在的なセキュリティリスクを避けるために、保護されたビューモードを使用します。保護されたビューモードでは、ほとんどの機能が無効になっています。PDF を表示できますが、その他の機能はほとんど実行できません。

保護されたビューでは、黄色のバーが Reader DC ウィンドウの上部に表示されます。「すべての機能を有効にする」をクリックして、「保護されたビュー」を終了します。

保護されたビューの情報バー
保護されたビューの情報バー

保護されたビュー」の使用を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 編集環境設定を選択します。
  2. 左側の「カテゴリー」から、「セキュリティ(拡張)」を選択します。
  3. サンドボックスによる保護」領域で、「保護されたビュー」のオプションを選択します。
    • オフ
    • 安全でない可能性のある場所からのファイル
    • すべてのファイル

セキュリティ特権の場所

特定のファイル、フォルダーおよびホストをセキュリティ特権の場所に追加して、特定の PDF ファイルを信頼し、セキュリティ制限を回避することができます。

環境設定ダイアログボックスを開いて「セキュリティ(拡張)」カテゴリーを選択し、「セキュリティ特権の場所」で以下を行います。

  • 有効なセキュリティ証明書付きの文書をすべて信頼するには、「有効な証明書を持つ文書を自動的に信頼する」を選択します。
  • Internet Explorer で既に信頼されているサイトをすべて信頼するには、「Win OS セキュリティゾーンのサイトを自動的に信頼する」を選択します。
  • ある場所から 1 つまたは 2 つの PDF のみを追加するには、「ファイルを追加」をクリックします。
  • 複数の PDF に対して信頼済みフォルダーを作成するには、「フォルダーのパスを追加」または「ホストを追加」をクリックします。
  • Web サイトからのデータの読み込みを許可するには、ルート URL の名前を入力します。例えば、www.adobe.com と入力します。www.adobe.com/products とは入力しないでください。安全な接続からのファイルのみを信頼するには、「安全な接続のみ (https:)」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー