「Adobe RoboHelp 10.0.1 ReadMe」へようこそ。このドキュメントにはアップデートに含まれる主な変更についての情報が含まれます。

RoboHelp HTML

このアップデートでは、次の主要な問題が解決されています。

  1. Acrobat 11 Pro がマシンにインストールされている場合、画像が含まれた FM 文書を読み込むと、RoboHelp がクラッシュする。

  2. FrameMaker ファイルがユーザーディレクトリ(<root-drive>:\Users)または長いパス(<root-drive>:\level>5)に保存されている場合、RoboHelp での読み込み時に相互参照の変換が失敗する。

  3. RoboHelp 9 から 10 にアップグレードする際、リソースマネージャーのリンクが失われる。

  4. FrameMaker 文書内のいずれかのテキストに適用された上付き文字が、RoboHelp への読み込み時に文書全体に適用される。

  5. ePUB、WebHelp、FlashHelp などの SSL 出力が !ScreenLayout! フォルダーに追加される。

  6. デスクトップ向けレイアウトがマルチスクリーン出力のスクリーンプロファイルに適用されている場合、垂直スクロールバーが表示されない。

    この問題を修正するには、次の操作を実行します。

    1) パッチを適用した後、ScreenLayouts フォルダー(
    \AppData\Roaming\Adobe\RoboHTML\10.00\MultiscreenExt\ScreenLayouts)を削除します。


    2) RoboHelp の「プロジェクト設定」で、Desktop_Layout スクリーンレイアウトを削除します。

    3) RoboHelp の「プロジェクト設定」で、新しい Desktop_Layout スクリーンレイアウトを作成します。

    スクリーンレイアウトの作成について詳しくは、スクリーンレイアウトを参照してください。

  7. マルチスクリーンのヘルプが適切な画面プロファイルにリダイレクトされない。

  8. 同じ FrameMaker ファイル内で上位にある場所への相互参照が、RoboHelp への読み込み後に機能しなくなる。

  9. Winsows 8 /Windows Server 2012 64 ビットオペレーティングシステムで CHM 出力を表示すると、Microsoft HTML exe がクラッシュする。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー