「クロスデバイスの署名キャプチャ」機能は、Individual、Team、Business および Enterprise レベルのサービスで利用できます。

機能の説明

Adobe Sign では、署名者が署名を手書きしたり、署名の写真を撮影して署名欄にアップロードすることができます。

署名を手書きしたり署名の写真を撮影することは、モバイルデバイス上では簡単にできますが、デスクトップやラップトップでは少々手間がかかります。そこで、デスクトップやラップトップで署名プロセスを開始する場合でもこの作業を簡単におこなえるようにする機能が追加されました。

クロスデバイスの署名キャプチャを利用すると、デスクトップまたはラップトップシステムを使用している署名者が、署名作成用のリンクを含んだ SMS をモバイルデバイスに送信し、モバイルデバイス上で署名をキャプチャして、その署名をデスクトップ/ラップトップシステム上の契約書に表示させることができます。

注意:

契約書が活字の署名専用に設定されている場合や、契約書が既にモバイルデバイスで閲覧されている場合は、モバイルデバイスで署名をキャプチャするオプションは表示されません。


使用方法

デスクトップまたはラップトップシステム上で契約書を閲覧している署名者が署名欄を開くと、「モバイル」オプションが表示されます。

phone

 

指定した電話番号に SMS リンクが送信されるので、署名者は 5 分以内にそのリンクを使用して署名をキャプチャします(署名リンクは契約書からいつでも再送信できます)。

On Phonepng

 

リンクをクリックすると、スマートフォンのブラウザーに(契約書全体ではなく)署名欄だけが表示されます。この署名欄では、2 種類の署名方法を使用できます。

  • 描画」タブ:指またはスタイラスを使用して署名を手書きします。
署名を手書きする場合の署名欄の例

 

  • 画像」タブ:フォトギャラリーから署名の画像をアップロードします。
画像をアップロードする場合の署名欄の例

署名の表示を確認したら、「完了」ボタンをクリックします。すると、その署名がデスクトップ/ラップトップ上で開かれている契約書に送信されます。

適用」をクリックすると、署名がデスクトップ/ラップトップ上の契約書に表示されます。

署名の例

注意:

有効な Adobe Sign アカウント(無料版を含むすべてのレベル)を持つ署名者は、ここで作成した署名を保存できます。

これにより、今後の契約書では署名のキャプチャプロセスを省き、保存されている署名のコピーを適用することができます。


監査レポートへのログ記録

監査ログには、その署名がモバイルデバイス上でキャプチャされたことが明確に記録され、署名をキャプチャしたデバイスの電話番号の末尾 4 桁が示されます。

監査ログの例


設定可能なオプション

クロスデバイスの署名キャプチャは、署名者による署名の描画または署名画像のアップロードを許可しているアカウントならばデフォルトで利用できます。追加の設定は必要ありません。


有効化/無効化の方法

アカウント/アカウント設定/署名の環境設定/受信者による署名とイニシャル記入を許可に移動します。

クロスデバイスの署名キャプチャは、許可した署名タイプの機能の一部として有効化されます。

受信者による署名とイニシャル記入を許可
受信者による署名とイニシャル記入を許可
Sig Pref Settings

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー