Salesforce 用 Adobe Sign 電子メールコンポーネントは、Microsoft Outlook Web App(OWA)、Outlook 2016、Outlook for Mac 2016 または Outlook 2013 で動作します。同じコンポーネントパッケージは Gmail for Work 統合でも動作します。

前提条件

Salesforce 用 Adobe Sign v18.37 以上がインストールされている必要があります。

SFDC AS Version

私のドメイン」を設定する必要があります(Salesforce.com の私のドメインの登録についてのヘルプを参照)。

注意:

新しいドメイン名を登録する場合は、長すぎるドメイン名を設定しないことが推奨されます。ドメイン名が長いと、セキュア Web URL が Adobe Sign コールバック URL の文字制限である 255 文字を超える可能性があります。

インストール

  1. ここをクリックして、Salesforce AppExchange の Adobe Sign コンポーネントパッケージにアクセスします。
  2. Get It Now」ボタンをクリックします。
  3. 適切なログインオプションを選択します。
  • 既に Salesforce アカウントをお持ちの場合は、「Log in to the AppExchange」を選択します。
    • メッセージが表示されたら、認証情報を入力します。
  • アカウントをお持ちでない場合は、「I don’t have a login」を選択します。
    • Salesforce アカウントの作成を求めるメッセージが表示されます。
    • 完了したら、手順 1 と 2 を繰り返して、認証情報を使ってログインします。
Install To Choice

4. メッセージが表示されたら、インストール先の環境として Production または Sandbox を選択します。

5. インストール情報および利用条件を確認します。

  • 条件を読んで同意したことを確認するために、利用条件のチェックボックスをオンにします。
  • Confirm and Install! 」をクリックしてインストールプロセスを開始します。
TOC

6. Salesforce 組織にログインするように求めるメッセージが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力し、「Login in to Salesforce」をクリックします。

7. Adobe Sign のインストールページが表示されたら、次の操作を実行します。

  • Install for All Users」を選択します。
  • Install」をクリックします。
Install for all users

Lightning for Outlook の設定

1. インストールが完了したら、Lightning ページレイアウトを使用して Salesforce を表示していることを確認します。

2. Setup/Email/Lightning for Outlook に移動します。

  • 「Enable Lightning for Outlook」を有効にします。
  • 「Customize content with App Builder」を有効にします。
NAv to Outlook-Maarked

3. 「Email Application Panes」まで下にスクロールします。

4. 「New」をクリックします(または、使用する既存のパネルがある場合は、「Edit」をクリックします)。

Gmail edit pane

5. Email Application Pane ページレイアウトで、カスタムの「AgreementMailComponent」を追加します。

  • 必要に応じて、他の既存のコンポーネントを削除できます。
Add the object-rebranded

6. 「Agreement Template」フィールドを、使用するテンプレートまたは「-- None --」に設定します。

  • いずれかの値を必ず選択する必要があります。選択しないとエラーが表示されます。
  • これは、ユーザーが電子メールインターフェイスで「Send New Agreement」ボタンをクリックしたときに呼び出されるテンプレートです。
  • -- None --」を選択した場合は、標準の契約書ページが使用されます(「Agreement Templates」タブに定義された「Default」テンプレートではありません)。
  • Master Object Type」が定義されている契約テンプレートは使用することができません。そのようなテンプレートの使用を試みると、エラーが発生します。
Set template-rebranded

7. ウィンドウの右上の「Save」をクリックします。

8. 「Page Saved」というポップアップが表示されたら、「Activate」ボタンをクリックします。

Accept the page layout

9. 1 つ(または複数)の Salesforce プロファイルに電子メールアプリケーションパネルを割り当てるか、デフォルトとして設定するオプションを選択して、「Next」をクリックします。

Set profiles

10. テンプレートの割り当てを確認し、「Activate」をクリックします。

Activate

電子メールアプリケーションパネルを設定してアクティベートすると、エンドユーザーが電子メールクライアントを接続する準備が整いました。

Lightning for Gmail の設定

1. インストールが完了したら、Lightning ページレイアウトを使用して Salesforce を表示していることを確認します。

2. Setup/Email/Lightning for Gmail に移動します。

  • 「Enable Lightning for Gmail」を有効にします。
  • 「Customize content with App Builder」を有効にします。
Nav to Gmail settings

3. 「Email Application Panes」まで下にスクロールします。

4. 「New」をクリックします(または、使用する既存のパネルがある場合は、「Edit」をクリックします)。

Gmail edit pane - Copy

5. Email Application Pane ページレイアウトで、カスタムの「AgreementMailComponent」を追加します。

○ 必要に応じて、他の既存のコンポーネントを削除できます。

Add the object-rebranded - 2

 

6. 「Agreement Template」フィールドを、使用するテンプレートまたは「-- None --」に設定します。

  • いずれかの値を必ず選択する必要があります。選択しないとエラーが表示されます。
  • これは、ユーザーが電子メールインターフェイスで「Send New Agreement」ボタンをクリックしたときに呼び出されるテンプレートです。
  • -- None --」を選択した場合は、標準の契約書ページが使用されます(「Agreement Templates」タブに定義された「Default」テンプレートではありません)。
  • Master Object Type」が定義されている契約テンプレートは使用することができません。そのようなテンプレートの使用を試みると、エラーが発生します。
Set template-rebranded - 2

 

7. ウィンドウの右上の「Save」をクリックします。

8. 「Page Saved」というポップアップが表示されたら、「Activate」ボタンをクリックします。

Accept the page layout - Copy

 

9. 1 つ(または複数)の Salesforce プロファイルに電子メールアプリケーションパネルを割り当てるか、デフォルトとして設定するオプションを選択して、「Next」をクリックします。

Set profiles - Copy

 

10. テンプレートの割り当てを確認し、「Activate」をクリックします。

Activate - Copy

電子メールアプリケーションパネルを設定してアクティベートすると、エンドユーザーが電子メールクライアントを接続する準備が整いました。

オプション - 「Send New Agreement」の非表示

デフォルトで、インストールされたコンポーネントには、「Send New Agreement」ボタンが含まれています。ユーザーは、このボタンを使用して、電子メールクライアントから Salesforce で新しい契約書を開くことができます。

このボタンは、以下の手順で削除することができます。

1. Setup/Platform Tools/Custom Code/Custom Settings に移動します。

2. 「Adobe Sign Mail Settings」の横にある「Manage」操作をクリックします。

Custom Settings - Maarked

3. Custom Settings ページが表示されます。「New」をクリックします。

Custom Setting - New

4. Settings Edit ページが表示されます。「Hide Send Agreement」の横にあるチェックボックスをオンにします。

Edit Setting

5. 「Save」をクリックします。

ユーザーと Exchange の関係の削除

ユーザーがメールクライアントを通して Salesforce に対する認証をおこなうと、その関係が Salesforce によってログとして記録され、適用されるようになります。

ユーザーは、メールクライアントから Salesforce への認証をおこないます。

Salesforce は、(Outlook または Gmail の)電子メール設定ページで、Salesforce ユーザー名と、Exchange 電子メールアドレスとの関係をログとして記録し、それにより認証関係を確立します。

Salesforce では、ユーザー名に対して 1 対 1 の関係が厳格に適用されます。ユーザーが、既に記録されている Exchange 電子メールアドレスから異なるユーザー名に対する認証をおこなおうとすると、認証は拒否されます。

Salesforce の管理者は、この関係を削除することができます。関係を削除することで、ユーザーの再認証がおこなわれます。

Delete user relation

 

ユーザーは、Salesforce 電子メールコンポーネント内で「Log Out」をクリックし、ログアウトすることができます。これにより、この関係が削除されます。

Log Out

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー