アクション:パラメーターを使用して契約書を送信する

文:Send Agreement with library id: %1 (leave empty to send document) name: %2 message: %3 sender %4 recipient email %5 role: %6 flow: %7, type: %8 output AgreementID to %9: error message: %10 code: %11

パラメーター

タイプ

ID

メモ

LibraryDocumentId

入力

1

空白のままにするか、eSign アカウントのライブラリ ID を使用します。以下を参照してください。

AgreementName

入力

2

CurrentItem:Title を使用する場合は、Title が空でないことを確認してください。

AgreementMessage

入力

3

 

AgreementSender

入力

4

eSign アカウントの一部である電子メールアドレスである必要があります。

RecipientEmail(s)

入力

5

以下を参照してください。

RecipientRole

入力

6

 

SignatureFlow

入力

7

 

SignatureType

入力

8

 

MergeFieldInfo

入力

9

辞書キー = mergefieldName、値 = mergefieldValue。文字列に変換されてコネクタアプリに送信されます。以下を参照してください。

AgreementID

出力

10

 

ErrorMessage

出力

11

 

ErrorCode

出力

12

 
LibraryDocumentId
  • カスタムリストワークフローの場合、LibraryDocumentId は必須です。現在、この ID を取得するには、eSign API に照会する get-library-document-ids ページを使用します。
  • 文書ライブラリのワークフローでは、値が空白の場合、現在の文書が eSign の一時的な文書としてアップロードされます。
 
MergeFieldInfo:
  • SharePoint Designer 辞書を使用して、結合フィールド情報を渡して契約書を送信します。
Merge Fields

 

  • 次に示す照合のためのテキストタグが文書に含まれている必要があります。
Merge Field Document
 
recipientEmail(s) の形式とワークフローデザイナーによる入力:

SharePoint での入力は次のようになります。

  • Signers は、複数値の Person 列です。
  • Signer 1 と Signer 2 は、単一値の Person 列です。
Multi-person value

 

複数の受信者(単純なケース):a@b.com;b@c.com;

  • すべての受信者には、Designer で指定された recipientRole として渡された同じ役割が割り当てられます。

SharePoint Designer での指定方法を次に示します。

Multi-recipient emails

 

  • Adobe Sign に渡す JSON を作成する

 

複数の受信者(複雑なケース):a@b.com:SIGNER,b@c.com:APPROVER

SharePoint Designer での複数の受信者の指定方法を次に示します。

Multi-person email custom

 

  • EchoSign に渡す JSON を作成する

単一の受信者:a@b.com

  • EchoSign に渡す JSON を作成する

 

完成した契約書の送信アクションの例:

  • 文書ライブラリの場合
Send Agreement Document-2

 

  • カスタムリストの場合
Send Agreement Item List

アクション:契約状況を取得する

文:Get Agreement Status for Agreement ID %1, sender: %2 output Status to %3

パラメーター

タイプ

ID

AgreementID

入力

1

AgreementSender

入力

2

AgreementStatus

出力

3

SharePoint 2013 Designer のワークフローを使用して SIGNED までステータスを確認する方法の例を次に示します。

Status Loop

アクション:契約書をダウンロードする

文:Download Agreement with Agreement ID %1 %2 with file name: %3: sender: %4 attach audit report: %5, attach supporting documents: %6 result status: %7 error status: %8 code: %9

パラメーター

タイプ

ID

AgreementID

入力

1

SaveType

入力

2

AgreementFileName

入力

3

AgreementSender

入力

4

AttachAuditReport

入力

5

AttachSupportingDocuments

入力

6

DownloadActionResult

出力

7

DownloadErrorMessage

出力

8

DownloadErrorCode

出力

9

 

SharePoint Designer での契約書のダウンロードの例:

Download Agreement

 

リストでのアクションの結果:

List attachment signed

 

文書ライブラリでのアクションの結果:

Document Library Signed

重要:チェックアウトが必須か、必須の列を持つライブラリにダウンロードする場合は、文書が SharePoint に取り込まれた後にチェックインされていることを確認してください。チェックインされていないと、この文書はチェックインバージョンを持たず、すべての読者に表示されません。

アクション:契約書をキャンセルする

文:Cancel Agreement with Agreement ID %1, sender: %2 cancel comment: %3 notify sender: %4 output Cancel Status to %5

パラメーター

タイプ

ID

AgreementID

入力

1

AgreementSender

入力

2

Comment

入力

3

NotifySigner

入力

4

AgreementCancelStatus

出力

5

アクション:複数値の Person 列から正しい順序で電子メールアドレスを取得する

文:Get email addresses from multi person column %1 in correct order, output email addresses to %2: error message: %3

パラメーター

タイプ

ID

メモ

PeopleColumnName

入力

1

SharePoint 列の内部名(表示名ではありません)。例:Agrement_x0020_Signers

PeopleEmailAddresses

出力

2

PeopleColumnName の ID 順の、セミコロンで区切られた電子メールアドレス

GetEmailAddressesErrorMessage

出力

3

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー