自己署名向け Adobe Acrobat Sign:ユーザーガイド

概要

Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign の「自分が署名」機能により、コミュニティポータルのユーザーはセルフサービスの契約書に署名できるようになります。「自分が署名」を任意の Salesforce Experience Cloud ポータル(顧客、パートナー、従業員など)に追加すると、ユーザーは、ポータルから直接、契約書の作成を開始し、署名することができます。

「自分が署名」機能には、Salesforce Community Cloud の複数のエディションの次のポータルからアクセスできます。

  • B2C ポータル:お客様は、コミュニティユーザーログインおよびコミュニティユーザーログインプラスライセンスを使用します
  • B2B ポータル:パートナーコミュニティユーザーライセンス

コミュニティポータルでユーザーが契約書を受信および署名できるようにするには、次の手順を完了する必要があります。

前提条件の確認

  • Adobe Acrobat Sign 管理者」タブに移動し、「サンプルの契約書テンプレートの生成」オプションを選択します(選択されていない場合)。完了したら、「保存」を選択します。

メモ:Acrobat Sign アカウントを Salesforce にリンクしているときには、可能な限り「サンプルの契約書テンプレートの生成」オプションを選択します。

link-accounts

  • インストール中にテンプレートが生成されなかった場合、または古いバージョンからパッケージ V 19 にアップグレードした場合は、次の手順を実行してテンプレートを生成する必要があります。
    1. Adobe Acrobat Sign 管理者」タブに移動します。
    2. 右パネルの「リソース」リストから、「サンプル「自己が署名」契約書テンプレートを生成」を選択します。
      「テストコミュニティ契約書」テンプレートが「契約書テンプレート」タブで開きます。
    3. 「テストコミュニティ契約書」テンプレートの「詳細オプション」で、「契約タイプ」が NDA であることを確認します。
Salesforce 用 Acrobat Sign で自己署名テンプレートを生成します。

Acrobat Sign 契約タイプ NDA

Chatter の有効化(v18~22 の商用クラウドユーザーのみ)

商用クラウドで Salesforce 用 Acrobat Sign V22 以前を使用している場合は、SFDC 組織で Chatter を有効にする必要があります。

Chatter を有効にするには:

  1. 設定」ページの上部の検索バーを使用して「Chatter」を検索します。次に、検索結果から「Chatter 設定
    」を選択します。
  2. 編集」を選択します。
  3. 有効にする」チェックボックスをオンにします。
  4. 保存」を選択します。
edit-chatter-settings

enable-chatter-settings

注意:

Acrobat Sign Government Cloud ユーザーは、Chatter を有効にする必要はありません。

2 つの CSP 信頼済みサイトをアクティベート

Adobe Acrobat Sign アカウントのベース URL を許可するには、2 つの CSP(コンテンツセキュリティポリシー)信頼済みサイトを設定する必要があります。次の手順を実行します。

  1. 次のように、Acrobat Sign アカウントの shard 値を取得します。

    1. Adobe Acrobat Sign アカウントにログインします。
    2. URL から、echosign.com(場合によっては adobesign.com)部分の直前のパラメーター(shard 値)をコピーします。 
      例えば、URL https://caseyjones.na1.echosign.com の shard 値は na1 です。
    3. タブを閉じます。

    Adobe Acrobat Sign アカウント環境を特定する方法を参照してください。

    global-settings

  2. セットアップページの検索バーで、「信頼済みサイト」を検索し、検索結果から「CSP 信頼済みサイト」を選択します。表示されたページで、「新しい信頼済みサイト」を選択します。

    または、設定設定セキュリティCSP 信頼済みサイトに移動し、「新規信頼済みサイト」を選択します。

    csp-trusted-sites

  3. 開いた新しいサイト定義ページで、次のように必須フィールドに入力します。

    1. 信頼済みサイトの名前 - 名前を指定します(AcrobatSign など)
    2. 信頼済みサイト URL - 
      商用クラウドユーザーの場合:サイトの URL、https://secure.<shard>.adobesign.com を入力します。 例:https://secure.na1.adobesign.com アカウントが adobesign.com ドメインに更新されていない場合は、代わりに echosign.com を使用できます。
      Government Cloud ユーザーの場合:サイトの URL、https://secure.<shard>.adobesign.us を入力します。
    3. アクティブ」チェックボックスをオンにします。
    4. コンテキスト - コンテキストについては、「エクスペリエンスビルダーサイト」を選択します。
    5. 「CSP ディレクティブ」の「frame-src のサイトを許可」チェックボックスをオンにします。
    6. 保存」を選択します。
    csp-trusted-site-definition

  4. 2 つの CSP 信頼済みサイトを確認します。

    CSP 信頼済みサイト

全員に対して Adobe Acrobat Sign コミュニティユーザー権限セットを有効化

コミュニティユーザーを Adobe Acrobat Sign コミュニティユーザー権限セットとともに有効にして、コミュニティユーザーがポータルを使用することを許可する必要があります。次の手順を実行します。

メモ:Adobe Acrobat Sign コミュニティユーザー権限セットを有効にしなくても、コミュニティポータルを構築できます。

  1. 設定管理ユーザー権限セットに移動します。

  2. 権限セットラベルのリストから、「Adobe Acrobat Sign コミュニティユーザー」を選択します。

    コミュニティユーザーの権限セットを有効にします。

  3. 開いた権限セットページで、「割り当ての管理」を選択します。

    コミュニティユーザーの権限セットを有効にします

  4. 割り当てられたユーザーページで、「割り当てを追加」を選択します。

    permission-set-enable-3

  5. ユーザーの割り当てページで、権限セットの適用先のユーザーすべてを選択し、「次へ」を選択します。

    permission-set-enable-4

  6. 「有効期限を選択...」ページが開いたら、割り当てられたユーザーの有効期限を必要に応じて選択できます。完了したら「割り当て」を選択します。

    permission-set-enable-5

コミュニティポータルユーザーを作成

Adobe Acrobat Sign のセルフサービスポータルを使用するようにユーザープロファイルを設定するには、標準プロファイルのいずれかをクローンし、編集する必要があります。次の手順を実行します。

  1. 設定管理ユーザープロファイルに移動します。

  2. 標準の Customer Customer プロファイルのいずれかで、「クローン」を選択します。

    Customer Community プロファイルは 4 つあり、いずれかのプロファイルを使用してユーザープロファイルをクローンおよび作成できます。 クローンしたプロファイルのユーザライセンスのタイプを書き留めます。

    setup-profiles

  3. 複製されたプロファイルの直感的な名前を指定してから、「保存」を選択します。

    cloned-profile-name

  4. 開いたクローン済みプロファイルページで、「編集」を選択します。

    cloned-profile-edit

  5. カスタム編集ページで、「カスタムオブジェクト権限」まで下にスクロールし、すべての Adobe Acrobat Sign オブジェクトを有効にします。「すべて表示」チェックボックスをオンにすることも、セキュリティを強化するために必要な権限のみを選択することもできます。

    ユーザーのライセンスに基づいて、カスタムオブジェクトのレコードへのアクセス権をさらに付与できます。 例えば、Customer Community ライセンスを持つユーザーにはユーザープロファイルを通じてアクセス権を付与し、Customer Community Plus ライセンスを持つユーザーには共有ルールを通じてアクセス権を付与することができます。

コミュニティのアカウントと取引先担当者の作成

コミュニティのアカウントと取引先担当者を作成する必要があります。

ポータルユーザーを有効にするには、アカウント所有者が役割に関連付けられている必要があります。役割を Salesforce ユーザーに関連付けるには、設定管理ユーザーユーザーに移動します。次に、ユーザーのリストから、ユーザーに対して「編集」を選択し、開いたページでロールドロップダウンリストを開き、ロールを選択し、「保存」を選択します。

  1. アプリランチャーから Sales アプリを起動します。

  2. アカウントドロップダウンメニューを開き、「+新規アカウント」を選択します。

    sales-new-account

  3. 開いた新規アカウントページで、「アカウント名」の値を入力し、「保存」を選択します。

    アカウント名では、Adobe Acrobat Sign Portal アカウントのようなアカウントが特定されている必要があります。アカウント名は、ここで指定する必要がある唯一の値です。

    create-account-2

  1. Ligtning ページの右上隅から、「+」を選択して作成メニューを開いてから、「新規連絡先」を選択します。

    create-new-contact

  2. 表示された新規連絡先ダイアログで、次の手順を実行します。

    1. わかりやすい名前を入力します。
    2. 取引先担当者の電子メールを入力します。できれば、コミュニティポータルのコンテンツを管理する担当者の電子メールを追加してください。
    3. この取引先担当者を、前のステップで作成した Adobe Acrobat Sign コミュニティポータルアカウントに関連付けます。
    4. 保存」を選択します。
    Salesforce 用 Acrobat Sign でコミュニティの取引先担当者を作成

  3. 作成したばかりの新しい取引先担当者ページを開きます。

  4. ページの右上隅から、設定(歯車アイコン)/オブジェクトを編集を選択します。
    オブジェクトマネージャーで、連絡先オブジェクトが開きます。

    create-contact-3

  5. オブジェクトマネージャーページの左パネルから、「ページレイアウト」を選択します。

  6. 「取引先責任者レイアウト」項目の場合は、ドロップダウンメニューを開いてから、「編集」を選択します。

    create-contact-4

  7. 「取引先責任者レイアウト」セクションで、オブジェクトオプションから「モバイルおよび Lightning アクション」を選択します。

  8. カスタマーユーザーを有効化」ボタンを、「Salesforce モバイルおよび Lightning Experience アクション」セクションにドラッグします。

    drag-enable-customer-user

  9. ユーザーとしてエクスペリエンスにログインする」ボタンを、「Salesforce Mobile および Lightning Experience アクション」セクションにドラッグします。

    drag-login-to-experience-user

  10. 保存」を選択します。

  11. コミュニティユーザーページに戻り、右上隅のドロップダウンメニューを開きます。メニューから、「カスタマーユーザーを有効化」を選択します。

    取引先担当者情報が読み込まれた状態で、新規ユーザーページが表示されます。

    create-contact-7

  12. 開いた新規ユーザーページで、次のようにユーザーを設定します。

    • 前にクローンしたプロファイルのライセンスに合わせて「ユーザーライセンス」を設定します。
    • Profile」をクローンしたプロファイルに設定します。
    • 保存」を選択します。

    設定ユーザーページが更新され、ユーザー情報が表示されます。

    create-contact-8

  13. 更新されたページで、権限セットの割り当て」にポインターを合わせ、「割り当ての編集」を選択します。

    contact-permission-set-edit

  14. 開いたユーザーの権限セットの割り当てページで、次の手順を実行します。

    1. 選択可能な権限セットボックスから、「Adobe Acrobat Sign コミュニティユーザー」を選択します。
    2. 追加」を選択します。
      「有効な権限セット」ボックスのボックスに、選択した権限セットが表示されます。
    3. 保存」を選択します。
    permission-set-add-contact

デジタルエクスペリエンスを有効にする

デジタルエクスペリエンスを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. 設定/プラットフォームツール/機能設定/デジタルエクスペリエンス/設定に移動します。
  2. プラットフォームの有効化」チェックボックスをオンにします。
  3. エクスペリエンスワークスペースの有効化」チェックボックスがオンになっていない場合はオンにします。
  4. 保存」を選択します。
Salesforce 用 Acrobat Sign でデジタルエクスペリエンスを有効にします。

SFDC コミュニティページを設定

SFDC コミュニティポータルページを設定するには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. 設定プラットフォームツール機能設定デジタルエクスペリエンスすべてのサイトに移動します。

  2. 新規」を選択します。

    digital-all-sites-new

  3. 開いたページで、カスタマーサービスエクスペリエンスを選択します。

    セルフサービスのコンポーネントには、カスタマーサービスエクスペリエンスが必要です。

    choose-customer-service-experience

  4. 開いたカスタマーサービスページで、「今すぐはじめる」を選択します。

    customer-service-get-started

  5. 表示されたダイアログで、次の手順を実行します。

    1. サイトの名前を入力します。
    2. オプションで、サイト固有の名前を URL に追加します。これは、複数のサイトがある場合に役立ちます。
    3. 作成」を選択します。
    enter-name-customer-service-portal

    コミュニティの作成中は、美しいグラフィックが次々と表示されます。完了すると、コミュニティページが表示されます。コミュニティの名前は、ウィンドウの上部に表示され(黄色でハイライト表示されます)、URL 内のサイト固有の文字列は、アドレスバーで確認できます。

    new-community-portal

  1. 設定プラットフォームツール機能設定デジタルエクスペリエンスすべてのサイトに移動します。

  2. コミュニティリストで、「ワークスペース」を選択します。

    digital-experiences-workspaces

  3. 開いた My Workspaces ページで、「管理」を選択します。

    コミュニティの管理ページが開きます。

    test-portal-administration

  4. 左パネルで「設定」が選択されている状態で、「有効化」を選択します。

    portal-administration-activate

  5. 左パネルから、「Members」を選択し、次のようにフィールドを設定します。

    • 検索ドロップダウンメニューを開き、「すべて」を選択します。
    • Available Profiles」リストから、作成したカスタムプロファイルを選択します。
    • 追加」をクリックして、プロファイルを「Selected Profiles」リストに移動します。
    • 選択可能な権限セット」リストから、「Adobe Acrobat Sign コミュニティユーザー」を選択し、「選択した権限セット」リストに移動します。
    • 保存」を選択します。

  6. 左パネルで「環境設定」を選択し、「このサイトの他のメンバーを表示する」チェックボックスをオンにします。

    configure-sfdc-12

  1. 設定プラットフォームツール機能設定デジタルエクスペリエンスすべてのサイトに移動します。

  2. コミュニティリストで、「ビルダー」を選択します。

    digital-experiences-builder

  3. 開いたビルダーページで、次の手順を実行します。

    1. ページの右上隅から、歯車アイコンを選択して、設定ページを開きます。
    2. ゲストユーザーは、ログインすることなくサイトを表示および操作できます」チェックボックスをオンにします。
    3. 設定ウィンドウを閉じます。
    experience-builder-settings

  4. ページの右上隅から、「公開」アイコンを選択します。 次に、表示されるダイアログで、もう一度「公開」を選択して確定します。

    公開

    experience-builder-settings-publish-confirm

    サイトの更新が公開されているというメッセージが表示されます。変更が有効になると、確認メールが届きます。

  1. 設定プラットフォームツール機能設定デジタルエクスペリエンスすべてのサイトに移動します。

  2. コミュニティリストで、「ワークスペース」を選択します。

    recipients-send-on-behalf-of

  3. My Workspaces」セクションで、「ビルダー」を選択します。

    workspaces-builder

  4. 左パネルから、「コンポーネント」アイコンを選択してから、次の手順を実行します。

    1. メニューの末尾までスクロールします。
    2. Adobe Self Service Sign オプションをドラッグし、ページレイアウトにドロップします。
      Acrobat Sign の契約書を表示したい場所にコンポーネントをドロップできます。
    drag-self-service-sign

    ページが更新されて、追加したコンポーネントがページレイアウト上に表示されます。また、コンポーネントの管理パネルが右上隅に表示されます。

    adobe-self-service-sign

    ポータルの設定は、ウィンドウ右上の管理パネルを介して制御できます。この設定は、コンポーネント内で表示されるすべての契約書に適用されます。

    メモ:必須の設定はありません。設定をグローバルに適用する場合にのみ使用してください。

    管理パネルには、次のコントロールがあります。

    • 契約テンプレート - ポータルに一覧表示される契約書を決定するテンプレートです。
    • 契約範囲 - この設定によって、必要な署名者エンゲージメントレベルが定義されます。次の 2 つの設定オプションがあります。
      • ユーザー - 「ユーザー」を設定すると、アカウント内のすべてのユーザーが契約書を使用でき、各ユーザーが署名する必要があります。
      • アカウント - 「アカウント」を設定すると、アカウント内のすべてのユーザーが契約書を使用できますが、署名する必要があるユーザーは 1 人だけです。契約書に署名されると、他のアカウントユーザーはその契約書を使用できなくなります。
    • 署名の期限 - 契約書に署名できる期間を制限する静的な日付フィールドです。期限を過ぎると、契約書の横の「署名」ボタンが削除され、ユーザーが契約書を完了できなくなります。
    • 更新日数 - 署名後、契約書が再度使用可能になるのはいつかを決定する自由形式の数値。90 日ごとに再署名する必要がある契約書の場合、前の契約書に署名してから 90 日後に契約書を自動的に再公開することができます。
    • ヘッダータイトル - Self Service コンポーネントの最上位のタイトルで、上の画像の Adobe Acrobat Sign ロゴの右側に表示されています。
    • ヘッダーロゴを非表示 - ヘッダータイトルの左側の Adobe Acrobat Sign ロゴを非表示にします。このボックスをオンにすると、ロゴが非表示になります。

    上記の設定の例を確認するには、「コミュニティユーザービュー」を参照してください。

  5. ポータルの更新を利用可能にするには、「公開」を選択します。

    ポータルの設定を変更したり、更新を行ったりするたびに、ポータルを再公開する必要があります。

「別ユーザーとしての送信を許可」設定を有効にする

Adobe Acrobat Sign ライセンスを持っていないユーザーに対しては、「他ユーザーの代理送信を許可する」設定を有効にすることができます。 この設定によって、コミュニティユーザーは別ユーザーのライセンスを使用して契約書を生成できます。

この設定を実行するには、次の設定手順を完了する必要があります。

  1. 設定プラットフォームツールカスタムコードカスタム設定に移動します。

  2. 開いたカスタム設定ページで、「Adobe Sign 設定」を選択します。

    custom-settings

  3. 管理」を選択します。

    adobe-sign-settings-manage

  4. 新規」(または前に設定済みの場合は「編集」)を選択します。

  5. 開いた Adobe Sign 設定ページで、「他ユーザーの代理送信を許可する」チェックボックスを選択し、「保存」を選択します。

    adobe-sign-settings-edit

  1. 設定プラットフォームツールオブジェクトとフィールドオブジェクトマネージャーに移動します。

  2. ユーザー」を選択します。

  3. 左パネルから、ユーザーページレイアウトユーザーレイアウト
    を選択します。

  4. 「フィールド」を選択した状態で、「別ユーザーとしての送信を許可」を選択して、レイアウトの「追加情報(編集ページにのみヘッダーを表示)」セクションにドラッグします。

    drag-allow-sending-as-other-users

    dragged-allow-sending-as-other-users

  5. 保存」を選択します。

    Salesforce 用 Acrobat Sign で他のユーザーとしての送信を許可

契約テンプレートごとに、契約書を代理送信できるユーザーは 1 人だけです。選択されたユーザーは、Adobe Acrobat Sign から契約書を送信できる必要がありますが、それ以外の制約はありません。

Adobe Acrobat Sign ライセンスを持つコミュニティユーザーの Salesforce ID を使用して契約テンプレートを設定する必要があります。次の手順を実行します。

  1. 設定管理ユーザーユーザーに移動します。

    setup-users.png

  2. ユーザーの「氏名」リンクを選択します。

    設定ユーザーページが開き、ユーザー ID がページの URL に表示されます(緑色でハイライト表示されます)。

    users-user-id-url

    上図の URL は次のとおりです(ID は太字):https://adobe-1df-dev-ed.lightning.force.com/lightning/setup/ManageUsers/page?address=%2F0055j000006w2LP%3Fnoredirect%3D1%26isUserEntityOverride%3D1

  3. ユーザー ID をコピーして保存します。

    %2F を含めないようにしてください。

  4. ユーザー ID をテンプレートに適用するには、アプリケーションランチャーAdobe Acrobat Sign契約テンプレートに移動し、編集する契約テンプレート名を選択します。

    agreement-templates

  5. 受信者」タブを選択し、「代理送信」フィールドで、Salesforce ユーザー ID をフィールドにペーストし、「保存」を選択します。

    recipients-send-on-behalf-of

プロファイルを公開するには、コミュニティユーザーの電子メール設定を設定する必要があります。次の手順を実行します。

  1. 代理送信に使用するユーザーの取引先担当者ページを開きます。

  2. ユーザーとしてエクスペリエンスにログイン」を選択します。

    set-profile-to-public

  3. 開いたポータルページで、次の手順を実行します。

    1. コミュニティページの右上隅から、ユーザーアイコンを選択してドロップダウンメニューを開きます。 
    2. メニューから、「設定」を選択します。
    set-profile-to-public-2

  4. 設定ページのプロファイル表示」セクションで、電子メールの値を「公開」に設定し、 「
    保存」
    を選択します。

    set-profile-to-public-3

    注意:

    「代理送信」設定が内部ユーザー用に設定されているテンプレートを使用している場合、UserPreferencesShowEmailToExternalUsers 設定を true に設定する必要があります

Salesforce 統合データへのアクセス権を付与する

パッケージのカスタムオブジェクトは、デフォルトでは外部ユーザーに対して「プライベート」として設定されています。コミュニティユーザー権限セットを有効にすると、カスタムオブジェクトとそのフィールドにアクセスできますが、他のユーザー(内部および外部の両方)によって作成されたレコードにはアクセスできません。

コミュニティポータル内で、管理者は電子サインフローを設定するために次の 2 つのオプションを使用できます。

  • 事前構築済みコンポーネント(「自分が署名」と Simple Sign)を使用する。
  • Apex API を使用して、独自のフローを作成する。 

いずれの場合も、管理者は契約テンプレートを使用して、コミュニティユーザーが電子サインフローを開始したり、参加したりできるようにすることがよくあります。これを機能させるために、コミュニティユーザーは、契約テンプレートと、通常は内部ユーザーが作成する結合マッピングおよびデータマッピングオブジェクトなどの関連リソースへの読み取り専用アクセス権を必要とします。

コミュニティユーザーライセンスのタイプによって、アクセスを許可する方法が決まります。

  • コミュニティユーザーログインライセンス:管理者は、コミュニティユーザープロファイルを通じて、契約テンプレートと結合/データマッピングオブジェクトの「すべて表示」を有効にして、アクセス権を付与できます。
  • コミュニティユーザーログインプラスライセンスおよびパートナーコミュニティユーザーライセンス:プロファイルから「すべて表示」のアクセス権を有効にすることはできません。管理者は、役割ベースの共有ルールを使用してアクセス権を付与する必要があります。

契約テンプレートおよび関連オブジェクトへのアクセス権の付与

コミュニティユーザーが契約テンプレートを使用して契約書を作成するには、契約テンプレートおよび関連オブジェクトへの「すべて表示」のアクセス権が付与されている必要があります。

  • 契約テンプレート(echosign_dev1__Agreement_Template__c)
  • 結合マッピング(echosign_dev1__SIGN_Merge_Mapping__c)
  • データマッピング(echosign_dev1__SIGN_Data_Mapping__c)

Acrobat Sign Document Builder テンプレートを、添付ファイルとして契約テンプレートと共に使用する場合は、コミュニティユーザーに以下のオブジェクトに対するアクセス権を付与する必要があります。

  • Document Builder テンプレート(adobesign__Document_Template__c)

  • オブジェクトフィールドマッピング(adobesign__Object_Field_Mapping__c)

契約書を送信および署名するためのコミュニティポータルを使用

前提条件の確認

コミュニティポータルを使用して契約書を送信または契約書に署名するには、次のことを確認する必要があります。

  • コミュニティポータルが構成されている
    • ポータルはアクティブである必要がある
    • ユーザーアクセスに適切なプロファイルが許可されている
    • Adobe Acrobat Sign コンポーネントがインストールされている
  • コミュニティに対してユーザーが設定されている
    • ユーザーはコミュニティで有効になっている
    • ユーザーに正しいユーザーライセンスとプロファイルが割り当てられている
use-portal-1

アカウントレベルのテンプレートが要件を満たしていることを確認

アカウントレベルのテンプレートは、次の要件を満たす必要があります。

  • 契約書タイプを参照する契約書テンプレートを使用して作成する。
  • マスターオプジェクトタイプが「取引先担当者」に設定されている。
  • ファイルが添付されている。
  • オプションで代理送信が設定されている。
アカウントレベルのテンプレートが Acrobat Sign コミュニティポータルの要件を満たしていることを確認する。

コミュニティポータルでユーザーに契約書を送信する方法を確認

次の 2 つの方法のいずれかを使用して、契約書をコミュニティポータルのユーザーに配信できます。

  • 直接送信 - 契約書を Salesforce の取引先担当者に送信した場合は、契約書がそのユーザー個人のポータルビューに一覧表示されます。
  • アカウントテンプレート - あるアカウントから署名を取得する必要がある場合は、テンプレートを作成し、そのテンプレートをユーザーに公開します。ユーザーの側からは同じように見えますが、この方法で新しい契約書が生成されるのは、ユーザーが「署名」ボタンまたは「承認」ボタンをクリックしたときのみです。詳細については、契約テンプレートセクションを参照してください。

コミュニティのコンポーネント管理パネルから、コミュニティポータルに契約テンプレートを挿入できます。追加したテンプレートは、「あなたの処理待ち」セクションに表示されます。外観上は、ユーザーに直接送信される契約書とほぼ同じです。

違いは、「送信」ボタンまたは「承認」ボタンをクリックすると、そのテンプレートから新しい契約書が生成されて、ポータル内にホスティングされる点です。  したがって、ユーザーが署名プロセスを開始するまで、これらの潜在的な契約書は契約書リストに表示されません。

使用できるテンプレートは常に 1 つだけで、そのテンプレートは管理パネルの他の設定によって制御されます(詳しくは後述)。

use-portal-3

契約書テンプレートの設定

  • 契約範囲:テンプレートをトリガーするユーザーの制限を定義します。
    「ユーザー」に設定した場合、ポータルにアクセスできるすべてのユーザーがテンプレートを使用できるようになります。各ユーザーは、契約書の各コピーに署名できます。このオプションを選択すると、ポータルの「完了した契約書」セクションの下に、すべての署名済みコピーが表示されます。
    「アカウント」に設定した場合、契約書を生成した最初のユーザーのみが署名できます。契約書が完成すると、他のユーザーの表示から消えます。
  • 更新日数:テンプレートリンクを顧客に再表示する期間を決めます。顧客には表示されません。具体的にこの値は、最後のテンプレート署名からリンクが再びアクセス可能になるまでの日数を指定します。例えば、値を 360 に設定すると、署名から 360 日後に契約テンプレートリンクが再度表示されます。
  • ヘッダーのタイトルとロゴ:ヘッダーのタイトルはカスタマイズ可能なテキストフィールドで、必要に応じて調整できます。一方、ヘッダーロゴオプションでは、Adobe Acrobat Sign ロゴの表示と非表示を制御します。
  • 署名の期限:その日付までに契約書に署名することが義務付けられ、契約書名の下に目立つように表示されます。期限が過ぎると、「署名」ボタンは削除され、期限のテキストが赤でハイライト表示されます。
use-portal-2

注意:

契約書をユーザーに直接送信するには、受信者が取引先担当者である必要があります。電子メールの値を使用しても、ポータルに契約書は入力されません。

ユーザーがコミュニティポータルで契約書を表示して署名する方法を確認

ユーザーとポータルが正しく設定されると、取引先担当者に送信された契約書がポータルに表示されます。ユーザーは、これらの契約書に自分の都合でアクセスして署名できます。コミュニティポータルには次のような情報が表示されます。

  • ユーザー署名待ちの契約書は、リストの上部に表示されます。契約書の名前の横にあるボタンは、署名または承認が必要かどうかを示します。
  • ユーザーが契約書に正常に署名するかそれを承認すると、コンポーネントパネルに成功メッセージが表示されます。
  • 次のリストでは、既にユーザーによって署名されているが、他の受信者によるアクションを待っている契約書が表示されます。
  • 完成した契約書は、コンポーネントパネルの下部に表示され、署名者/承認者の電子メールアドレスと実行日が表示されます。
use-portal-4

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン