Adobe Sign - 契約書通知での電子メールアドレスの非表示

概要

エンタープライズおよび法人階層アカウントの管理者は、「レビューして署名」電子メールをカスタマイズして、送信者や追加の受信者の電子メールアドレスの表示を無効にすることができます。

デフォルトでは、受信者が契約書の操作を要求された場合、送信者の電子メールと、追加の受信者(最大 4 人)のリストが電子メール本文に表示されます。

例えば、次の契約書設定では、契約書が 6 人の受信者に送信されることがわかります。

契約書に対して 6 人の受信者が設定されている

受信者が受信した電子メールには、送信者とその電子メールアドレスが表示されます(電子メールアドレスは、青色でハイライトされます)。さらに、契約書の送信先である他の受信者(最大 4 人)の電子メールが表示されます(黄色でハイライトされます)。

受信者の電子メール(6 つ)

上記の電子メールの例でわかるように、次の受信者の電子メールアドレスのみが 4 つのみ表示されます。追加の受信者は、「と他 X つの送信先」のようにまとめられます。

設定オプション

電子メールアドレスの表示を無効にするオプションは、エンタープライズおよび法人階層アカウントのアカウントレベルおよびグループレベルで有効にすることができます。

  • すべてのグループは、デフォルトでアカウント設定を継承します。
  • グループは、継承された値から明示的に設定を変更することができ、グループレベルの設定は、グループから送信されるすべての契約書に適用されます。
このコントロールにアクセスするには、アカウント設定/電子メール設定/「署名依頼」電子メールをカスタマイズに移動します。
 
「「署名依頼」電子メールをカスタマイズ」設定に移動

この設定は、受信者に送信された最初の「レビューして署名」電子メールにのみ影響します。以下に、様々な設定効果の例を示します。

いずれのオプションも有効になっていない場合、「レビューして署名」電子メールには、契約書メッセージ、送信者の名前と電子メール、および追加の受信者の電子メールアドレス(最大 4 つ)が記載された短い段落が含まれます。

いずれのオプションも有効になっていない

送信者の情報のみが非表示になっている場合は、契約書メッセージと他の受信者に関する段落のみが電子メールに含まれます。

「「署名依頼」電子メールから送信者の名前と電子メールを非表示」が有効になっている

受信者情報のみが非表示になっている場合は、契約書メッセージと送信者の名前/電子メールのみが表示されます。

その他の受信者に関する段落全体が、電子メールから削除されます。

「「署名依頼」電子メールから他の受信者の電子メールを非表示」が有効になっている

両方のオプションが有効になっている場合は、契約書メッセージのみが電子メールに含まれます。

送信者および受信者の電子メール情報がすべて非表示になります。

両方のオプションを有効にする

アドビのロゴ

アカウントにログイン