UMG を有効にしたユーザーの一括作成またはアップデート

注意:

Adobe Admin Console で権限を管理するお客様は、このインターフェイスを使用して新しいユーザーをアカウントに追加する必要があります。ユーザーに製品プロファイルを介してサービスにアクセスする権限がある場合は、これらのユーザーは Adobe Acrobat Sign で自動的に作成されます。

Acrobat Sign システムでユーザーが作成されたら、特にグループメンバーシップ/権限を管理する場合に、ユーザーをアップデートする CSV メソッドが便利です。

複数のユーザーを一度に追加またはアップデートする

Adobe Acrobat Sign の管理者は、アップロードした CSV ファイルを使用して、ユーザーをアカウントに追加したり、既存のユーザープロパティを(個別または一括で)アップデートしたりすることができます。

CSV(カンマ区切り値)ファイルはテーブルの一種で、行は Acrobat Sign システムのユーザーを示し、列は追加/アップデートができる様々なプロパティです。

このプロセスは、次のようなタスクに役立ちます。

  • ユーザーの作成/非アクティブ化
  • 全員の電子メールアドレスの変更
  • 複数のグループにアクセスするためのユーザーのアップデート
  • 会社名や UI ロケールなどのユーザープロファイル値のアップデート

CSV は構造化された形式となる必要があるため、テンプレートはユーザーインターフェイスに表示されます。

以下に、参考用のサンプルコンテンツを含む同様のテンプレートを示します。

ダウンロード

注意:

CSV ファイルは、スプレッドシート形式のアプリケーション(Microsoft Excel など)で開きます。

 

テンプレートを保存する場合は、必ず CSV 形式で保存してください。

 

マルチライセンスアカウントのすべての管理者は、このツールにアクセスし、CSV を使用してユーザーを一括作成/アップデートすることができます。

複数のグループをサポートしていないサービスパッケージでも、このプロセスを使用して、グループに関連しないユーザープロファイル値を変更できます。この場合、グループに関連するすべての値は無視されます(指定されている場合)。

ユーザーを追加するグループレベルの管理者権限は、アカウントレベルの設定によって異なります。そのため、アカウントで有効になっていない場合があります。


ユーザーを一括作成/アップデートする方法

  1. Acrobat Sign サービスに管理者としてログインします。

  2. ユーザー管理者」タブに移動します。

    • グループレベルの管理者は、自分のユーザーグループ/グループ内のユーザー
      に移動します
  3. 新しいユーザーを作成アイコン(円に囲まれたプラス記号)をクリックします。

    ユーザーの追加

    • これによりオーバーレイがトリガーされ、新しいユーザーを作成するためのオプションが表示されます
  4. ユーザーの一括作成/アップデート」タブをクリックして、CSV オプションを表示します。

  5. 参照」ボタンをクリックし、システムに保存されているファイルを選択して、CSV ファイルをアップロードします。

    • 消去」をクリックして、アップロードしたファイルを削除します
    注意:

    サンプル CSV ファイルをダウンロードするためのリンクがインターフェイスに表示されます。CSV がまだ作成されていない場合は、テンプレートを使用して、列ヘッダーが正しいことを確認できます。

    新しい電子メールアドレス」列は、サンプル CSV には含まれていません。電子メール値を更新する場合は、「新しい電子メールアドレス」列を手動で追加する必要があります。

  6. デフォルトでは、すべてのオプションが有効になっています。

    実行する内容に応じて、不要なオプションを選択解除します。

    • ユーザーの作成を許可 - このオプションを選択解除すると、既存のユーザーを更新するプロセスが制限されます。アカウントに含まれていない電子メールアドレスが指定された場合、アクションは実行されません。
    • ユーザーのアップデートを許可 - このオプションを選択解除すると、新しいユーザーを作成するプロセスが制限されます。アカウントの既存のユーザーの電子メールアドレスが指定された場合、アクションは実行されません。
    • グループの作成を許可 - このオプションを選択解除すると、新しいグループを作成するプロセスが制限されます。存在しないグループ名がユーザーに指定されている場合でも、グループは作成されません。
    ユーザーを一括で作成

  7. ファイルがアップロードされ、オプションが正しく設定されたら、「読み込み」をクリックします。

    • 作成/アップデートされたレコード数を示す成功(またはエラー)メッセージが表示されます。
    成功メッセージ


CSV ファイルの設定

このプロセス全体で重要なのは、システムが読み取れるように、CSV ファイルを正しく設定することです。それにはまず、必ず正しい列ヘッダーを使用します。このため、通常、インターフェイスでリンクされたサンプルを使用して CSV を起動することをお勧めします。

列ヘッダーは、ユーザーのプロファイルで定義または変更できる値を記述します。

  • サンプル CSV ファイルには、新しい電子メールアドレス
    を除くすべての列ヘッダーが含まれています
    • 電子メール値を編集する場合は、リテラルヘッダー値である「新しい電子メールアドレス」の列を手動で追加する必要があります
  • ユーザーを更新するには、「電子メールアドレス」列のみが必要となります
    • 新しいユーザーを作成する場合は、「」列と「」列も必要となります
  • すべての列が必須ではないため、列を省略しても問題はありません
    • CSV ファイル内の空のセルは、システムによって無視されます。アップデート値が指定されていない場合、アップデートアクションは実行されません

以下に、使用可能な列ヘッダーを示します。各セクションを展開して、許容可能なフィールド値と、ユーザーのプロファイルで値が表示される場所の詳細を取得します。

作成またはアップデートするユーザーの電子メールアドレスは必須です。

電子メールアドレスは Acrobat Sign システムの一意の ID で、アップデートする実際のユーザー ID を識別する値です(あるいは、一致する値が見つからない場合は作成します)。

アップデート

この列は、既存のユーザー ID の電子メール値をアップデートするために使用されます。

電子メール値をアップデートする際に、誤って新しいユーザーが作成されないようにするために、「ユーザーの作成を許可」を無効にすることをお勧めします。

アップデート

ユーザープロファイル内のユーザーのの値を定義します。

名の値は姓の値と連結されて氏名を形成し、これによって署名値が指定されます。

アップデート

ユーザープロファイル内のユーザーのの値を定義します。

名の値は姓の値と連結されて氏名を形成し、これによって署名値が指定されます。

アップデート

この値は、ユーザーのプロファイル内の「イニシャル」フィールドを定義します。

4 文字以内で入力することをお勧めします。

  • 署名の際に、「イニシャル」フィールドに入力できるのは、4 文字のみです
    • このフィールドには、最大 20 文字(英数字および特殊文字)を入力できます

ユーザーが「イニシャル」フィールドに受信者としてアクセスすると、「イニシャル」の候補が自動的に入力されます。

アップデート

この値は、ユーザーのプロファイル内の「会社」フィールドを定義します。

最大 255 文字まで入力できます。

この値は、署名プロセス中にユーザーに割り当てられた「会社」フィールドに自動的に挿入されます。

アップデート

ユーザープロファイル内の「役職」の値を定義します。

最大 255 文字まで入力できます。

この値は、署名プロセス中にユーザーに割り当てられた「役職」フィールドに自動的に挿入されます。

アップデート

電話番号。ユーザーに関する必要な情報。

7~255 文字を挿入できます。

  • 使用できる特殊文字はダッシュのみです
  • 英字は使用できません

これは、ユーザーのプロファイル以外の場所には入力されません。

アップデート

これにより、返信 Fax 市外局番の候補を表示するために、ユーザーに関連付けられた市外局番が決定します。

任意の 3 桁の数字が使用できます。

Fax ベースの署名が廃止されたため、この数字はこれ以外の場所には表示されません。

この値は、ユーザーのタイムゾーンを定義します。

タイムゾーンは、受信者が管理ページで契約書のアクティビティを表示している際に、適用されるタイムオフセットを指定します。

アップデート

「タイムゾーン」フィールドの許容値は次のとおりです。 

以下のオプションの太字部分のみを入力してください。GMT オフセット値は参照専用です。

有効なオプションは次のとおりです。

US_SAMOA (GMT-11:00) AMERICA_MONTEVIDEO_DST (GMT-02:00)   ASIA_CALCUTTA (GMT+05:30)
PACIFIC_HONOLULU (GMT-10:00) ATLANTIC_AZORES (GMT-01:00) ASIA_KATMANDU (GMT+05:45) 
US_ALASKA (GMT-09:00) ATLANTIC_CAPE_VERDE (GMT-01:00)  ASIA_DACCA (GMT+06:00) 
US_PACIFIC (GMT-08:00) EUROPE_LONDON (GMT)  ASIA_RANGOON (GMT+06:30) 
US_ARIZONA (GMT-07:00)  GMT (GMT)  ASIA_JAKARTA (GMT+07:00) 
US_MOUNTAIN (GMT-07:00)  AFRICA_LAGOS (GMT+01:00)  ASIA_BRUNEI (GMT+08:00) 
AMERICA_MAZATLAN (GMT-07:00) CET (GMT+01:00)  ASIA_SHANGHAI (GMT+08:00) 
US_CENTRAL (GMT-06:00)  EET (GMT+02:00)  AUSTRALIA_WEST (GMT+08:00) 
CANADA_SASKATCHEWAN (GMT-06:00)  ASIA_ISTANBUL (GMT+02:00) ASIA_JAYAPURA (GMT+09:00) 
AMERICA_BELIZE (GMT-06:00) CAT (GMT+02:00)  ASIA_SEOUL (GMT+09:00
US_EASTERN (GMT-05:00) AFRICA_DJIBOUTI (GMT+03:00)  ASIA_TOKYO (GMT+09:00)
AMERICA_BOGOTA (GMT-05:00) EUROPE_MOSCOW (GMT+03:00)  ACT ( GMT+09 : 30 )
AMERICA_CARACAS (GMT-04:30)  MIDEAST_RIYADH89 (GMT+03:07) AET_QUEENSLAND (GMT+10:00)
AMERICA_HALIFAX (GMT-04:00)  ASIA_TEHRAN (GMT+03:30) AET (GMT+10:00)
AMERICA_LA_PAZ (GMT-04:00) ASIA_DUBAI (GMT+04:00)  PACIFIC_GUADALCANAL (GMT+11:00) 
AMERICA_MANAUS (GMT-04:00) ASIA_YEREVAN (GMT+04:00)  PACIFIC_NORFOLK (GMT+11:30)
AMERICA_SCORESBYSUND (GMT-03:00)  ASIA_KABUL (GMT+04:30) PACIFIC_AUCKLAND (GMT+12:00)
AMERICA_MONTEVIDEO (GMT-03:00)  ASIA_KARACHI (GMT+05:00)  

これは、Acrobat Sign サービスに認証する際のユーザーの環境の表示と、サービスから電子メールを受信する際に使用されるロケール(言語)を定義します。

アップデート

ロケール値を入力する場合は、ロケール文字列のみを入力します( 例:英語 - 米国の場合は en_US)。

有効なオプションは次のとおりです。

バスク語:eu_ES ドイツ語:de_DE ポルトガル語: pt_PT
カタロニア語:ca_ES ハンガリー語:hu_HU ポルトガル語 - ブラジル:pt_BR
中国語(簡体字):zh_CN アイスランド語:is_IS ルーマニア語:ro_RO
中国語(繁体字):zh_TW インドネシア語:in_ID ロシア語:ru_RU
クロアチア語:hr_HR イタリア語:it_IT スロバキア語:sk_SK
チェコ語:cs_CZ 日本語:ja_JP スロベニア語:sl_SI
デンマーク語:da_DK 韓国語:ko_KR スペイン語:es_ES
オランダ語:nl_NL マレー語:ms_MY スウェーデン語:sv_SE
英語 - 英国:en_GB ノルウェー語:no_NO タイ語:th_TH
英語 - 米国:en_US ノルウェー語 - ブークモール: nb_NO トルコ語:tr_TR
フィンランド語:fi_FI ノルウェー語 - ニーノスク:nn_NO ウクライナ語: uk_UA
フランス語:fr_FR ポーランド語:pl_PL ベトナム語:vi_VN

この設定は、ユーザーがアカウントレベルの管理者権限を持つ必要があるかどうかを定義します。

  • 有効な値は、True または False です
    • True の場合、ユーザーはアカウント管理者として有効になります
  • グループレベルの管理者は、「グループ」列で定義します
アップデート

  • ユーザーに契約書への署名を許可するかどうかを定義します
    • 有効な 2 つの値は、True または False です
      • False に設定すると、Acrobat Sign の契約書に署名できなくなります
        • ただし、「送信可」が true に設定されている場合は、契約を送信することはできます
    • ユーザーは常に、プライマリグループ設定に基づいて署名します
アップデート

  • ユーザーのステータスを定義します
    • 有効な 2 つの値は、Active または Inactive です
    • Inactive ユーザーは、署名を含め、どのような方法でもサービスを使用できません
アップデート

このフィールドでは、ユーザーがメンバーであるグループと、ユーザーが各グループ内で持つ権限(グループごと)を指定します。

アップデート

警告:

グループレベルの管理者には、グループ列を使用してユーザーを操作する権限がありません

  • アカウントレベルの管理者のみが、ユーザーを一括で作成/アップロード機能を使用して、グループ間のプロパティ/アクセスを活用する権限を持っています。

グループレベルの管理者が一括アップロードを使用して新しいユーザーを作成する場合:

  • 各ユーザーは、管理者がプロセスを開始したグループに作成されます
    • ユーザーのプライマリグループは、デフォルトでユーザーが作成されたグループに設定されます
  • デフォルト値のグループレベルの設定に関係なく、各ユーザーは署名を許可されます

グループ列には、1 つ以上のグループ定義が含まれています。各グループ定義では、1 つのグループの名前の後に、1 つ以上のステータス値が角括弧で囲まれます。例:グループ名[ステータス]

  • グループ名は、スペースを含む実際のグループ名と正確に一致します。例:デフォルトグループ
  • グループ名[ステータス 1 ステータス 2] など、1 つのグループ定義に複数のステータス値を含めることができます
    • ステータス値は角括弧で囲まれます
      • グループ名と左角括弧の間にスペースはありません
    • ステータス値は、値の間を 1 つのスペースで区切られます
  • セミコロンを区切り文字として使用して、複数のグループ定義を含めることができます(スペースなし)
    • 例:グループ名[ステータス];その他のグループ[ステータス 1 ステータス 2 ステータス 3];最後のグループ[ステータス A ステータス B]
  • グループ定義で使用できるステータス値は次のとおりです。
    • プライマリ -ユーザーのプライマリグループとしてグループを定義します
    • 送信 - ユーザーがグループから契約書を送信できるようにします
    • 送信不可 - ユーザーがグループから契約書を送信できないようにします
    • 管理者 - グループのグループレベル管理者としてユーザーを定義します
    • 削除 - グループからユーザーを削除します
      • ユーザーがすべてのグループから削除された場合、そのユーザーはデフォルトグループに属します
新しい一括アップロード CSV 形式

上記の例では、次のようになります。

  • John@here.com は、次の 2 つのグループ定義で設定されます。
    • デフォルトグループは、彼のプライマリグループであり、彼はグループレベルの管理者であり、契約書の送信が許可されています
    • Engineering グループは、彼をグループレベルの管理者として定義し、契約書を送信できます
  • また、Fred@here.com は、次の 2 つのグループ定義で設定されます。
    • Procurement グループは、彼をグループレベルの管理者として定義しますが、契約書送信は無効にします
    • さらに、Fred は、Sales グループから削除されています


注意事項

  • 電子メールアドレスをアップデートする際に、誤って新しいユーザーが作成されないようにするために、「ユーザーの作成を許可」を無効にします
  • 新しいユーザーを作成するには、「」列と「」列の入力が必須となります
  • オプションの列は、CSV から削除しても問題ありません
  • 空の列値は無視され、既存の値は変更されません

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合