Chatter または Salesforce モバイル Web を使用して契約書を送信するように Adobe Sign を設定します。

ホームページ、商談、取引先、連絡先のいずれかのフィードから、Adobe Sign 発行者アクションを使用して、契約書を署名用に送信できます。Chatter および Salesforce モバイル版アプリやモバイルブラウザーでも、同じ Adobe Sign アクションが使用されます。 

Adobe Sign for Chatter

Salesforce 用 Adobe Sign は Chatter に対応しています。次の場合に、Chatter はリアルタイムで更新されます。

  • 契約書が送信、表示、署名、拒否、キャンセルされたか、不達になった
  • 契約書が期限切れになった、またはリマインダーが送信された
  • 自分が署名する必要がある契約書を受信した

契約書、取引先、契約および商談に関する Chatter の更新をフォローし、組織全体でコラボレーションを実施して、より多くの商談を成立させることができます。

契約書は、Chatter 発行者アクションからも直接送信できます。

Salesforce 用 Adobe Sign アプリをインストールすると、ユーザーに表示する Chatter の更新を設定できます。

1. セットアップ/プラットフォームツール/カスタムコード/カスタム設定の順に移動します。

○ 「Adobe Sign Chatter 設定」を選択します。

○ 「管理」をクリックします。

○ 「New」をクリックします。

○ 目的の設定をおこないます(下記の Chatter カスタム設定の設定リストを参照してください)。

組織用に 1 セットだけ Chatter 設定を定義してください。設定には名前を付けることができます。

navigate_to_the_chattersettings

 

2. Salesforce を有効にして、組織内の署名者が文書に署名する必要がある場合に個人的に Chatter メッセージを受け取ることができるようにするには、以下の手順で新しいリモートサイトを作成する必要があります。

a. セットアップ/設定/セキュリティ/リモートサイト設定の順に移動します。

b. 「New Remote Site」をクリックします。

c. 一意のリモートサイト名(英数字)を入力します。

► この名前は文字で始まる必要があります。

► アンダースコアを使用できますが、末尾をアンダースコアにすることはできません。

► 2 つのアンダースコアを連続して使用することはできません。

► スペースを使用することはできません。

d. Salesforce 組織ドメインの Web ページ URL の最初の部分 をコピーして「Remote Site URL」に入力します(例:https://abchostname.salesforce.com)。この URL は組織によって異なる可能性があるので、自分の組織に固有の URL を入力してください。

リモート URL を設定

e. 「保存」ボタンをクリックします。

 

3. 以下の手順に従って、契約レコードに対して Chatter フィードを有効にします。

a. セットアップ/プラットフォームツール/機能設定/Chatter/フィードの追跡に移動します。

b. 左側のオブジェクトのリストから、「Agreement」を選択します。

c. 「フィードの追跡を有効にする」チェックボックスをオンにします。

フィードの追跡を有効にする

c. 「保存」ボタンをクリックします。

Chatter が有効になり、ユーザーが Chatter の更新の受信を開始して契約書のステータスをトラックできるようになります。

ホームページ、商談、取引先、連絡先のいずれかのフィードから、Adobe Sign 発行者アクションを使用して、契約書を署名用に送信できます。Salesforce モバイル版アプリやモバイルブラウザーでも、同じ Adobe Sign アクションが使用されます。Chatter からの送信では Salesforce と同じ Adobe Sign アクションを使用するので、次のセクションの Salesforce の設定手順を参照して、以下に示すように Chatter フィードに Adobe Sign アクションを設定できます。

Chatter からの送信

セットアップ/ビルド/開発/カスタム設定の順に移動します。

Adobe Sign Chatter 設定 は、組織で Adobe Sign for Chatter アプリをインストールしている場合に表示されます。この設定によって、Chatter の更新の投稿先と Chatter の投稿をトリガーするイベントを決定します。組織用に 1 セットだけ Chatter 設定を定義してください。設定には名前を付けることができます。

  • Adobe Sign Chatter の更新を有効にする - この設定をオンにすると、Adobe Sign 契約書の Chatter の更新が有効になります。
  • 取引先レコードの場合に投稿 - 関連する取引先レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 契約レコードの場合に投稿 - 関連する契約レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 契約レコードの場合に投稿 - 関連する契約レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 商談レコードの場合に投稿 - 関連する商談レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の取り消し時に投稿 - 契約が取り消されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の拒否時に投稿 - 契約が拒否されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の期限切れ時に投稿 - 契約の有効期限が切れたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の送信時に投稿 - 契約が送信されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の署名時または承認時に投稿 - 契約が署名または承認されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の表示時に投稿 - 契約が表示されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 受信者の電子メールが不達の場合に投稿 - 受信者の電子メールが宛先不明で不達になったときに Chatter の更新を投稿します。
  • リマインダーの送信時に投稿 - リマインダーが送信されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約への署名を求める通知を送信 - 契約に署名者の署名が必要な場合に署名者に非公開 Chatter メッセージを投稿します。

Salesforce モバイル用 Adobe Sign

Salesforce を使用して契約書を送信する前に、このオプションを有効にし、グローバル発行者レイアウトと、オブジェクト(リード、取引先、取引先担当者、商談など)のレイアウトで、発行者アクションとして Adobe Sign を追加する必要があります。

Salesforce を有効にするには、次の操作を実行します。

1. セットアップ/プラットフォームツール/アプリ/モバイルアプリ/Salesforce/Salesforce 設定 に移動します。

a. 「Salesforce モバイル Web を有効にする」チェックボックスがオンになっていることを確認します。

b. 「保存」ボタンをクリックします。

Salesforce1 モバイルブラウザーアプリを有効化

Adobe Sign 発行者アクションを Salesforce および Chatter フィードのホームページに追加するには、次の操作を実行します。

  1. セットアップ/ ビルド/作成/グローバルアクション/発行者レイアウトに移動します。
  2. グローバルレイアウトの「編集」アクションをクリックします。
  3. クイックアクション」を選択した状態で、Adobe Sign アクションをレイアウトの「発行者のクイックアクション」セクションにドラッグします。
  4. 保存」をクリックします。
発行者レイアウト

商談、取引先、連絡先のいずれかのオブジェクトに Adobe Sign 発行者アクションを追加するには、次の操作を実行します。

  1. セットアップ/プラットフォームツール/オブジェクトとフィールド/オブジェクトマネージャー/{Object}/ページレイアウトの順に移動します。
    1.    {Object} は、取引先企業、取引先担当者または営業案件です。
  2. {Object} レイアウトの「編集」アクションをクリックします。
  3. クイックアクション」を選択した状態で、Adobe Sign {Object}_Publisher_Action を「発行者のクイックアクション」セクションにドラッグします。
  4. 保存」ボタンをクリックします。
Adobe Sign 発行者アクション

発行者送信アクションでの契約テンプレートの使用

Adobe Sign Manager 発行者アクションで契約テンプレートを使用し、Salesforce モバイルアプリとブラウザーから強力なエンドツーエンドのワークフローを確立することができます。

  • 契約テンプレートの「ルール」タブで、「発行者のアクションとして有効化」オプションをオンにして、Chatter から送信する際に契約テンプレートを使用できるかどうかを指定できます。
テンプレートを「発行者のアクションに使用可能」として有効化
  • このオプションを有効にすると、指定されたマスターオブジェクト(リード、取引先、取引先担当者、商談、契約など)から Adobe Sign Manager 発行者アクションで送信するときに、この契約テンプレートを使用できます。オブジェクトに対して複数の契約テンプレートが有効になっている場合は、ドロップダウンが表示され、送信者がテンプレートを選択できます。 
Chatter からの送信の例
  • マスターオブジェクトを契約テンプレートで空白のままにしたが、発行者のアクションに使用可能に設定した場合は、送信者がホームページの Chatter フィード Adobe Sign アクションを使用するとき、または Salesforce ホームページで主要アクションを使用するときに、このテンプレートが表示されます。
  • 契約テンプレートで「自動送信」を有効にした場合は、「送信」ボタンを押すと Adobe Sign によって即座に契約書が送信されます。

Salesforce からの Adobe Sign 送信アクションの使用

Adobe Sign 発行者アクションを有効にしている場合は、iOS または Android 向けの Salesforce モバイル版アプリのホームページまたは有効なオブジェクト(商談など)から直接発行者アクションにアクセスできます。Salesforce で省略記号(...)アイコンをクリックし、次に Adobe Sign マネージャーアイコンをクリックして、新しい契約レコードを表示します。 

Salesforce1 のメインページ

「Adobe eSign Manager」アクションをクリックして、新しい契約レコードを開きます。 

「Adobe eSign Manager」を選択

契約テンプレートが設定されている場合は、新しいレコードに契約テンプレートから情報が入力されます。 

Adobe eSign Manager

Salesforce では、契約レコードの「署名をホスト」ボタンをクリックして、対面署名を取得することもできます。その場合は、デバイスを署名者に渡して文書に記入してもらい、署名を適用できます。また、契約プロセスに関連する Chatter の更新をすべて Salesforce で追跡できます。 

Salesforce1 でのホストされている署名

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー