受信者の署名順序の設定


順次署名ワークフロー

署名者は、「宛先:」フィールドに電子メールアドレスが入力されている順序で受信、署名します。最後の署名者が署名プロセスを完了すると、関係者全員に、署名済みの PDF が添付された署名および保管済みの電子メールが届きます。


並行署名ワークフロー

任意の順序で署名」をクリックして、並行ワークフローを開始します。

受信者全員が文書を同時に受信し、任意の順序で署名できます。最後の署名者が署名プロセスを完了すると、関係者全員に、署名済みの PDF が添付された署名および保管済みの電子メールが届きます。


ハイブリッドワークフロー(エンタープライズのみ)

ビデオを見る

「ハイブリッド」ワークフローは、1 つ以上の手順に、文書に同時にアクセスする 2 人以上の受信者が含まれる、順次参加順序のインスタンスです。「並行」手順のすべての署名者/承認者は、順次処理が次の手順に移る前に自分のパートを完了させる必要があります。

ハイブリッド

例えば、上の図では、3 つの手順の署名サイクルがあります。

  • 手順 1 は、fclarke@gmail.com です。契約書が署名用に送信されると、fclarke にのみ通知されます。fclarke が文書に署名すると、次の手順に進みます。
  • 手順 2 は、ハイブリッド手順です。3 人の受信者のすべてに同じ番号(2)が与えられていることがわかります。これは、Adobe Sign がこれらすべての受信者に同時に通知することを意味します。  この受信者は任意の順序で署名を適用できますが、署名サイクルが次の手順に移る前に全員がそれぞれのパートを完了させる必要があります。
  • 手順 3 は、別の個人の受信者ですが、今回は承認者として定義されています(ペン先ではなくチェックアイコン)。「手順 3」の受信者が承認を適用すると、契約書は完成し、完全に署名済みとなり、すべての関係者には、PDF 形式の契約書のコピーで通知されます。

ハイブリッドグループを作成するには、個人の受信者のように各関係者の電子メールアドレスを入力し、受信者フィールドをクリックしてハイブリッドグループの別のフィールドにドラッグします。並行グループを作成しているというメッセージが画面に表示されます。インデックス番号を同じ値に手動で変更することでも、ハイブリッドグループを作成できます。

ハイブリッド


受信者グループ(エンタープライズのみ)

受信者グループは、チームや組織からログオフする必要があるが、そのグループの特定の個人からはログオフしない場合に便利です。グループの任意のメンバーは、グループ全体を代表して署名または承認できます。 

ハイブリッド

例えば、上の図では、3 つの手順の署名サイクルがあります。

  • 手順 1(JohnDoe)は署名者で、契約書が送信されるとすぐに、その署名が必要であることが通知されます。  JohnDoe が署名を適用すると、契約書は手順 2 に移ります。
  • 手順 2 は、「HR Group」という名前の承認者の受信者グループです4 人がグループに参加しており、例では各人に異なる検証プロセスが与えられています。受信者の 1 人が承認を適用すると、契約書は 3 番目の手順に進みます。
  • 手順 3 は、個人の署名者です。この最後の署名が完了すると、契約書は完全に署名済みとなり、すべての関係者に通知され、PDF 形式の契約書のコピーを受け取ります。

 

受信者グループを作成するには、受信者フィールドの右上にある「受信者グループを追加」リンクをクリックします。これにより、コンテナが作成され、グループ名および潜在的な受信者の入力を求められます。

注意:

受信者グループのすべてのメンバーは、特に参加していなくても、署名済み契約書の最終的な PDF のコピーを受け取ります。


署名順序のアカウント設定

アカウント管理者は、デフォルトの署名順序を設定したり、送信者に対するこのオプションを削除したりできます。

アカウント/アカウント設定/送信設定/署名順序または受信者グループに移動します。

設定

アドビのロゴ

アカウントにログイン