メッセージフィールドにあるクリック可能なリンク

概要

送信者は通常、契約書メッセージフィールドを使用して、受信者に追加のコンテンツへの URL やサポート連絡先の電子メールアドレスなどの基本的な手順およびサポート情報を提供します。

Adobe Acrobat Sign は、契約書が作成されるサービスのレベルに応じて異なる方法で、URL または電子メールアドレス形式に準拠するメッセージフィールドコンテンツを管理します。

  • 個人および小規模企業のサービスレベルでは、すべての電子メールテンプレートにおいて、送信者が提供するメッセージにリンクが作成されることを明示的に抑制しています。プレーンテキストのみが提示されます。
  • エンタープライズおよびビジネスのサービスレベルでは、すべての電子メールテンプレートにおいて、受信者のブラウザーが、送信者が提供したメッセージテキストをアクティブリンクに変換することを許可しています。さらに、契約書の電子サインおよび管理ページで表示可能なメッセージテキストには、クリック可能なリンクが含まれています。
    • URL リンクを選択すると、受信者に対して新しいブラウザータブが開きます。
    • 電子メールリンクをクリックすると、ローカルシステムの電子メールクライアントを使用した新しい電子メールが開きます。「宛先」フィールドに電子メールアドレスが自動的に入力されます。

仕組み

自動的に変換されるリンク形式:

  • 完全修飾 URL:https://www.adobe.com/jp/
  • ドメインのみを含む URL:adobe.com/jp/
  • パスを含む URL:adobe.com/jp/foo
  • クエリおよびハッシュパラメーターを含んだ URL: adobe.com/foo?bar=1#baz
  • 電子メールアドレス:echosign@adobe.com

送信者は、グローバル契約書の「メッセージ」フィールドと「プライベートメッセージ」フィールドの両方に URL と電子メールアドレスを含めることができます。

設定済みメッセージフィールド

電子メールの入力

受信者が電子メール通知を受信すると、リンクが受信者に明示され、新しいブラウザータブで対象の web サイトが開きます。

電子メールアドレスからローカルシステムの電子メールクライアントが開きます。この電子メールアドレスは、「宛先」フィールドに事前入力されているアドレスです。

注意:

電子メール内の URL からリンクへの変換は、受信者のブラウザーまたは電子メールクライアントによってネイティブに処理されます。これは、Acrobat Sign 電子メールテンプレートの機能ではありません

受信者に配信される電子メール内のリンク

電子サインページのメッセージフィールドのリンク

受信者の電子サインページが開いたら、ヘッダーレールの右側にあるメッセージバブルを選択すると、メッセージおよびプライベートメッセージを表示できます。

電子サインページの設定済みメッセージフィールド

管理ページの契約書ビュー

管理ページから契約書を表示すると、右側のレールの上部にメッセージが表示されます。右側のレールの下部にある受信者の上にカーソルを置くとプライベートメッセージが表示されます。

設定済みメッセージフィールド

アドビのロゴ

アカウントにログイン