Acrobat Sign トラッキングピクセル

概要

Adobe Acrobat Sign では、受信者への電子メールで非表示のトラッキングピクセルを使用して、電子メールが開かれたり表示されたりしたときに送信者を更新したり、トランザクションレコードにイベントとして表示を適切に記録したりします。

このピクセルは、送信者と署名者の利益のために、契約書の電子メールの配信を確認し、メール配信システムの信頼性を評価する目的で使用されます。アドビは、受信者の行動を追跡するために電子メールの開封データを使用したり、個人を特定できる情報を収集したりしません

「表示済み」イベントは、契約書のアクティビティログと監査レポートの両方で作成されます。

監査レポートの表示済みイベント

さらに、ユーザーは「契約書表示済み」イベントを利用して、個人の通知レポートに入力し、イベントが記録されたときに電子メール通知を送信することができます。

ユーザーの表示済み通知オプション

無効にするオプション

大規模法人の階層アカウントでは、Acrobat Sign サポートチームに連絡して、電子メールトラッキングピクセルを無効にすることができます。

トラッキングピクセルを無効にすると、(電子メールが開かれた時点ではなく)契約書が開かれた時点で「表示」イベントがトリガーされます。イベント/電子メールの通知および監査ログは、それ以外の場合も、ピクセルが有効であった場合と同様に、引き続き報告を実行します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]