Adobe StockオーディオとAdobe Premiere Proの統合されたミュージック検索機能を使用して、すばやく簡単にミュージックトラックをビデオに追加します。

Adobe Premiere Proでエッセンシャルサウンドパネルを開く

Adobe Premiere Proで、オーディオワークスペースプリセットを選択するか、ウィンドウ/エッセンシャルサウンドを選択して、Adobe Stockオーディオが組み込まれているべての新しいエッセンシャルサウンドパネルを表示します。パネル上部にある「参照」をクリックして、豊富なライブラリの中から検索することができます。

エッセンシャルサウンドパネルの「参照」タブには検索バーと、検索を絞る際に使用する3つのオプション「ムード」、「ジャンル」および 「フィルター」があります。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者がウィンドウ/ワークスペース/オーディオを選択し、背景のプログラムモニターには水に飛び込む人物の画像が表示されている

Adobe Stockオーディオを検索

検索バーを使用してキーワードで検索します。検索結果をムード、ジャンル、テンポ、ボーカルなどで絞り込むこともできます。 

この例では、冒険旅行会社向けに編集している短いブランド紹介ビデオをサポートするBGMを探します。サーフィンキャンプに関する内容であるため、キーワード「ビーチ」を検索し、ジャンルのフィルターから「ポップ」にチェックを入れます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、エッセンシャルサウンドパネルが拡大され、カーソルはジャンルフィルターオプションに置かれ、左側のプログラムモニターには、水に飛び込む若い男性の静止フレームが示されている

候補となるトラックを試聴する

Adobe Premiere Proの高性能な「タイムラインの同期」を使用すると、素材をプロジェクトに読み込む前であっても、ビデオに必要なタイミングでAdobe Stockオーディオキューをプレビューできます。

エッセンシャルサウンドパネルの下部のタイムラインの同期の横にチェックボックスがあります。

このチェックボックスにチェックを入れ、ミュージックキューの開始が予想されるタイムラインの任意の場所にタイムラインの再生ヘッドを置きます。この例では、最初のフレームから再生してそこから開始します。次に、検索結果の中でプレビューするミュージックキューを特定し、キュー名の横にある再生ボタンをクリックします。

別のトラックをプレビューする場合は、新しいトラック名の横にある再生ボタンをクリックするだけです。タイムラインの再生ヘッドは初期の開始地点に戻り、新たにプレビューします。

タイムラインのアウトポイントはプレビューしているミュージックキューの長さで決まり、新しいキューを再生するたびに更新されます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、Adobe Premiereデスクトップ全体が表示され、エッセンシャルサウンドパネルでミュージックトラックの再生ボタンにカーソルが置かれている

トラックをタイムラインに追加

タイムラインに追加するトラックを見つけたら、エッセンシャルサウンドパネルからタイムラインに直接ドラッグ&ドロップします。トラックをプロジェクトのごみ箱にドラッグするか、トラックを右クリックし、必要に応じて「プロジェクトに追加」を選択することもできます。

この一時バージョンのAdobe Stockオーディオトラックは、編集作業を妨げるオーディオ透かしのないm4aファイルです。これらの透かしのないバージョンを書き出して、クライアントや共同作業者とプライベートに共有できます。 

最終編集に含めるためにトラックのライセンスを購入すると、Adobe Premiere Proでm4aバージョンが高品質なwavファイルにシームレスに置き換えられます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は、フォーカスが置かれているタイムラインパネルで、新しいミュージックトラックをオーディオ1にドロップしている

ミュージック編集の微調整

Adobe Stockのオーディオトラックを配置したので、ブレードツールを使用して、編集の時間に合わせて終了位置をトリミングします。

この基本チュートリアルでは、ビデオの先頭にフェードイン、および終わりにフェードアウトトランジションを追加して編集を滑らかにします。

ここで、オーディオトラックの先頭をクリックし、「デフォルトのトランジションを適用」を選択します。トラックの終わりでも同じ処理を実行します。ビデオのフェードアウトを超えるまでオーディオを延長すると、編集のクオリティが若干向上します。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は、フォーカスが置かれているタイムラインパネルでブレードツールを使用して、ミュージックトラックを半分にカットしている

トラックのライセンスを購入

トラックをタイムラインに挿入して必要な数だけトラックを評価できます。透かしマークなしのオーディオを使用するビデオを書き出し、レビュー用にクライアントに送信できます。 

使用するトラックを決めたら、タイムラインから直接トラックのライセンスを購入できます。

ライセンスを購入するAdobe Stockオーディオトラックを右クリックし、ポップアップメニューで「ライセンス...」をクリックします。アカウントにクレジットが必要になります。クレジットはwww.stock.adobe.com/jp/で事前に購入できます。

トラックのライセンスを購入した直後、バックグランドでは、m4aのすべてのインスタンスが書き出しおよびブロードキャストできる高品質なwavファイルにシームレスに置き換えられます。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者は、フォーカスされているタイムラインパネルで、Adobe StockオーディオミュージックトラックをCtrlキーを押しながらクリックし、ポップアップメニューの「ライセンス...」を選択している

ソーシャルメディア用の書き出し

Adobe Premiere Proのプリセットを使用してビデオを書き出します。

この例では1080p HD Vimeoプリセットを使用しています。web上のどこでも使用できる出力形式です。

Adobe Premiere Proデスクトップのスクリーンショットで、編集者はメニューバーからファイル/書き出し/メディア...を選択している

Adobe Premiere ProでAdobe Stockの統合されたミュージック検索機能を使用して楽曲をビデオに追加したばかりです。

09/21/2020
このページは役に立ちましたか。