Creative Cloud アプリケーションのファイルタイプの関連付けに関する問題を解決する方法をご紹介します。

問題点

Photoshop や Illustrator など 他のCreative Cloud アプリケーションの複数のバージョンをコンピュータにインストールしている場合、新しいバージョンをインストールした後に以前のバージョンをアンインストールすると、新しいバージョンとのファイルjタイプの関連付けが破損します。

ファイルを開こうとすると、次の問題のいずれかが発生します。

  • ファイルタイプが別のアプリケーションで開く。たとえば、Illustrator(.ai)ファイルが Adobe XD で開く。
  • ファイルタイプが Creative Cloud アプリケーションに関連付けられていない。たとえば、.PSD が Photoshop で開かない。
  • (Windows)ファイルを開くと、メッセージ: このファイルを開けきません、またはプログラムから開くダイアログボックスが表示されます。

オペレーティングシステム

Windows および macOS

Windows

解決策 1:プログラムから開くダイアログボックスを使用してファイルの関連付けを確立する

この解決策では、Photoshop を使用しています。 Creative Cloud アプリケーションで、復元しようとしているファイルタイプの関連付けを行うには、以下の手順を実行します。

  1. ファイルを右クリックし、コンテキストメニューからプログラムから開く/別のプログラムを選択を選択します。

  2. 表示されるファイル関連付けダイアログにおいて、アプリケーションの一覧から Photoshop を選択するか、ファイルエクスプローラーでお使いの Photoshop のバージョンに対応する Photoshop 実行可能ファイル(.exe)に移動します。

    たとえば、Photoshop CC 2019 のデフォルトのインストールパスは以下のとおりです。

    C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Photoshop.exe

  3. Photoshop.exe を選択し、「開く」をクリックします。

  4. 以降のダイアログボックスで、オプション「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」が選択されていることを確認します。

  5. OK」をクリックします。

解決策 2: Windows コントロールパネルを使用してファイルの関連付けを確立する

このソリューションでは、Illustrator を使用します。Creative Cloud アプリケーションで、復元しようとしているファイルタイプの関連付けを行うには、以下の手順を実行します。

  1. スタート / コントロール パネルを選択します。

  2. 既定のプログラムをダブルクリックします。

  3. ファイル形式の関連付け」をクリックします。

  4. 以下を選択します。ai を一覧から選択します。

  5. プログラムの変更」をクリックします。

  6. 目的の Illustrator のバージョンが一覧に表示されている場合は、それを選択します。それ以外の場合は、「参照」をクリックしてファイルを探し、「開く」をクリックします

  7. 選択したプログラムをいつも使う...」オプションが選択されていることを確認します。「OK」をクリックして、プログラムから開くダイアログボックスを閉じます。

  8. ai ファイルをダブルクリックし、目的の Illustrator のバージョンで開くことを確認します。

解決策 3: Creative Cloud アプリケーションをアンインストールして再インストールする

目的の Creative Cloud アプリケーションでファイルタイプが開かない場合は、アプリケーションをアンインストールして再インストールしてみます。たとえば、Adobe XD で Illustrator (.ai)ファイルが開く場合は、Illustrator と Adobe XD の両方をアンインストールして再インストールします。手順については、以下のリンクを参照してください。

解決策 4:レジストリで既定のパスを設定する

この解決策では、例として、.PSD および .JPG ファイルタイプを Photoshop CC 2019 に関連付ける方法についてご説明します。 Creative Cloud アプリケーションのバージョンと、復元しようとしているファイルタイプの関連付けを行うには、以下の手順を実行します。

  1. Photoshop.exe ファイルパスを確認します。

    デフォルトは:C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\

  2. レジストリエディタを開きます。

    Windows + R キーを押すか、スタート/ファイル名を指定して実行を選択します。ファイル名を指定して実行ダイアログボックスで、regedit と入力し、「OK」をクリックします。

  3. 以下のフォルダーに移動します。

    • (.PSD の場合) Computer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
      Explorer\FileExts\.psd\OpenWithList
    • (.JPG の場合) Computer\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
      Explorer\FileExts\.jpg\OpenWithList

    上記が存在する場合は、(デフォルト)が手順 1 で確認した正しいパスであることを確認します。

    パスが正しくない場合は、(デフォルト)をダブルクリックします。(デフォルト)に以下のテキストを入力します。

    "C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Photoshop.exe" "%1"

macOS

解決策:情報を見るダイアログボックスを使用してファイルの関連付けを確立する

このソリューションでは、Illustrator を使用します。 Creative Cloud アプリケーションで、復元しようとしているファイルタイプの関連付けを行うには、以下の手順を実行します。

  1. Illustrator に関連付けるファイルを Control キーを押しながらクリックし、ポップアップメニューから「情報を見る」を選択します。

  2. 表示されるダイアログボックスで、「プログラムから開く」セクションをクリックして展開します。

  3. ドロップダウンをクリックし、リストから Illustrator を選択します。

  4. 常にこのアプリを使って開くで、「すべて変更」をクリックします。

  5. 続いて表示される確認ダイアログで「続行」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー