Windows OS において Acrobat DC が断続的にクラッシュする

PDF ファイルを開くときに Acrobat DC がクラッシュしたり、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

AcroRd32.exe アプリケーションエラー
Adobe Acrobat Reader DC の作業停止メッセージ

以下の解決策を表示順にお試しください。

解決策 1: Acrobat DC を最新バージョンにアップデートする

  1. Acrobat DC を起動します。

  2. 製品を最新バージョンにアップデートする:ヘルプ/アップデートの有無をチェックを選択し、アップデーターウィンドウの手順に従い、最新のアップデートをダウンロードしてインストールします。

    アップデートの有無を確認し、利用可能なアップデートをインストールする

注意:

最新バージョンにアップデートした後も Acrobat DC が断続的にクラッシュする場合は、以下の解決策 2 をお試しください。

解決策 2:他のアプリケーションが実行していないときに Acrobat のインストールの修復を実行する

  1. 開いているすべてのアプリケーションを閉じます。

  2. Acrobat を開きます。

  3. ヘルプ/Acrobat のインストールの修復を選択してから、画面の指示に従います。

  4. 修復プロセスが完了したら、コンピューターを再起動します。

解決策 3: 保護されたビューをオフにする

  1. Acrobat で編集環境設定に移動し、左側のカテゴリから「セキュリティ(拡張)」を選択します。

  2. サンドボックス保護パネルで、「保護されたビュー」に「オフ」を選択します。

    保護されたビューをオフにする
  3. OK」をクリックし、Acrobat DC を再起動します。

解決策 4: Distiller DC を起動し、Acrobat DC がアクティブ化されているかどうかを確認する

  1. Windows キー + R を押し、「ファイル名を指定して実行」コマンドウィンドウを開きます。「開く」ボックスで、acrodistと入力してから、「OK」をクリックします。

    Acrobat Distiller を実行する
  2. Acrobat がアクティブ化されていない場合、警告メッセージが表示され、続いてログインが必要ですダイアログボックスが表示されます。「今すぐログイン」をクリックし、画面の指示に従ってログインプロセスを完了します。

  3. ログインが完了すると、製品がアクティブ化されます。Distiller DC を閉じ、Acrobat DC を起動して待ちます。

解決策 5:別の Windows ユーザーアカウントを使用する

Windows からログアウトし、別のユーザーアカウントでログインします。Acrobat を起動して待ちます。

クラッシュレポートをアドビに送信する

クラッシュレポートをアドビに送信してください。 Adobe の技術部門チームは、すべてのクラッシュレポートを調査し、将来の製品のアップデートまたはリリースで適切な修正を企画します。

Windows

  • クラッシュの発生後に、Windows エラー報告ダイアログボックスが表示されたら、「情報の送信」をクリックします。

Mac

  • クラッシュの発生後に、「Apple に送信する」というダイアログボックスが表示され、続いて Adobe CrashReporter ダイアログボックスが表示されます。 両方のダイアログボックスで送信/レポートをクリックします。

不具合報告フォームを使用してクラッシュを報告する

アドビ標準の不具合報告フォームを使用して手動でクラッシュを報告することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー