PDFMaker ツールバーが使用できない

Windows 上で Acrobat DC または Acrobat 2017 をインストール後に、Office 2010、2013、または 2016 アプリケーションで Acrobat PDFMaker ツールバーが使用できません。

注意:

Acrobat 9、X、または XI をお持ちの場合は、Microsoft Office 2007/2010/2013 アプリケーションにおける PDFMaker に関する問題 | Acrobat XI 以前を参照してください。

次のいずれかの解決策を行ってみてください。

解決策 1:Office アプリケーションの「無効な項目」リストで PDFMaker アドインを有効にする

アプリケーションが予期せず終了すると、Microsoft Office アプリケーションではフェールセーフとしてアドインを自動的に無効にすることがあります。 PDFMaker アドインが無効になっているかどうかを判断するには、次の操作を行います。

Office 2010、2013、または 2016

こちらをクリックして、Office 2010、2013、または 2016 アプリケーションにおいて PDFMaker を有効にする手順を確認します。

  1. Microsoft Office アプリケーションを開きます。

  2. 青いファイルメニュー(左上隅にある)をクリックします。 [アプリケーション名] オプションボタンをクリックします。 オプションウィンドウの左側にあるリストで「アドイン」を選択します。オプションウィンドウの下部にある管理ポップアップメニューで「無効な項目」を選択します。 「移動」をクリックします。

  3. 「無効な項目」リストを検索して Acrobat PDFMaker Office COM アドインを見つけます。

    • Acrobat PDFMaker Office COM アドインがリストにあったら選択し、「有効にする」をクリックし、続いて「閉じる」をクリックします。次に、Office アプリケーションを閉じてから、再度開きます。
    • Acrobat PDFMaker Office COM アドインがリストにない場合は、Windows Explorer を使用して C:\Program Files\Adobe\Acrobat [DC、2015 または 2017]\PDFMaker\Office で PDFMOfficeAddin.dll を検索します。このファイルが存在しない場合は、解決策 5 に進み、Acrobat インストールの修復方法の手順を検索します。

      注意:
      Acrobat を C:\Program Files\Adobe (既定)以外の場所にインストールした場合は、インストール場所について上記のフォルダーパスを修正します。

解決策 2: PDFMaker OfficeAddin キーまたは PDFMOutlook キーのレジストリエントリを変更する

こちらをクリックして、レジストリエントリを変更する手順を確認します。

  1. すべてのOfficeアプリケーションを閉じます。

  2. Windows + R キーを押し、「ファイル名を指定して実行」コマンドウィンドウを開きます。

  3. 名前フィールドに regedit と入力して、「OK」をクリックします。

  4. レジストリエディターで、以下の場所に移動します。

    Outlook の場合:「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Outlook\Addins\PDFMOutlook.PDFMOutlook」

    Word の場合:「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Word\Addins\PDFMaker.OfficeAddin」

    Excel の場合:「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Excel\Addins\PDFMaker.OfficeAddin」

    PowerPoint の場合:「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\PowerPoint\Addins\PDFMaker.OfficeAddin」

  5. Loadbehavior を右クリックして、「変更」を選択します。DWORD 値の編集ダイアログボックスで、値のデータを 0 から 3 に変更し、「OK」をクリックします。

    LoadBehavior 値を0 から 3 に変更する
  6. レジストリエディターを閉じて、Office アプリケーションを再起動します。

Office アプリケーションで引き続き PDFMaker アドインがご利用できない場合、次の手順を実行します。

  1. レジストリエディターを開き、「HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\<Word/Excel/PowerPoint/Outlook>\Resiliency」に移動します。
  2. 新しいキー「DoNotDisableAddinList」を作成し、次に新しい DWORD 「PDFMaker.OfficeAddin」を追加し、その値を「1」に設定します。
  3. レジストリエディターを閉じて、Office アプリケーションを再起動します。

解決策 3: COM アドインファイルを手動で登録する

警告:

この手順には、Windows レジストリの編集が必要です。弊社では、重要なシステムおよびアプリケーション情報が含まれているレジストリの編集をサポートしていません。 編集前に必ずレジストリのバックアップを取っておいてください。 レジストリの詳細情報については、Windowsのマニュアルを参照するか、Microsoftにお問い合わせください。

こちらをクリックして、COM アドインファイルを手動で登録する手順を確認します。

  1. すべての Office アプリケーションを閉じます。
  2. Windows Explorer で、PDFMOfficeAddin.dll を検索し、そのパスをスペースも含めて正確にメモします。 この既定のパスは以下のとおりです。

    Acrobat DC: C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat DC\PDFMaker\Office\PDFMOfficeAddin.dll

    Acrobat DC Classic (2015): C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 2015\PDFMaker\Office\PDFMOfficeAddin.dll

    Acrobat 2017: C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 2017\PDFMaker\Office\PDFMOfficeAddin.dll

  3. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Windows 7:スタート/すべてのプログラム/アクセサリを選択します。「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」を選択し、認証します。
    • Windows 8/10 の場合:「スタート」ボタンの横にある検索ボタンを使用して、コマンドプロンプトを検索します。「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択してから認証します。
  4. コマンドプロンプトウィンドウで、「regsvr32」に続けて、手順 1 でメモしたスペースとパスを入力します。パスを引用符で囲みます。 例えば、PDFMOfficeAddin.dll が既定の場所にある場合は、以下のコマンドを入力します。

    Acrobat DC の場合: regsvr32 「C:\Program Files\Adobe\Acrobat DC\PDFMaker\Office\PDFMOfficeAddin.dll」

    Acrobat DC Classic (2015)の場合: regsvr32 「C:\Program Files\Adobe\Acrobat 2015\PDFMaker\Office\PDFMOfficeAddin.dll」

    Acrobat 2017 の場合: regsvr32 「C:\Program Files\Adobe\Acrobat 2017\PDFMaker\Office\PDFMOfficeAddin.dll」

  5. Enter キーを押します。
  6. 登録が正常に行われたことがダイアログボックスで確認されます。 「OK」をクリックして、このダイアログボックスを閉じます。
  7. コマンドプロンプトウィンドウを閉じます。
  8. Office アプリケーションを開きます。

解決策 4: Office アプリケーションで、使用できるアドインリストで Acrobat PDFMaker Office COM アドインが選択されていることを確認する

Office 2010、2013、または 2016

こちらをクリックして、Office 2010、2013 または 2016 アプリケーションの手順を確認します。

  1. Microsoft Office 2010 アプリケーションを開きます。

  2. 青いファイルメニュー(左上隅にある)をクリックします。 [アプリケーション名] オプションボタンをクリックします。 オプションウィンドウの左側にあるリストで「アドイン」を選択します。

  3. オプションウィンドウまたはセキュリティセンターウィンドウの下部にある管理ポップアップメニューの「COM アドイン」を選択します。
  4. 「移動」をクリックします。
  5. リストで Acrobat PDFMaker Office COM アドインを検索します。

    • Acrobat PDFMaker Office COM アドインがリストに表示されているが、その横のチェックボックスが選択されていない場合は、チェックボックスをクリックします。「OK」をクリックします。 次に、Office アプリケーションを閉じてから、再度開きます。(チェックマークを付けられない場合、および解決策 1 を既に試みている場合は、「Acrobat PDFMaker Office COM アドイン」を選択します。「削除」をクリックして、次のパラグラフに進みます。)
    • Adobe PDFMaker COM アドインが使用可能なアドインリストにない場合は、「追加」をクリックして、C:\Program Files\Adobe\Acrobat [DC、2015 または 2017]\PDFMaker\Office に移動します。PDFMOfficeAddin.dll を選択します。 「OK」をクリックします。次に、Office アプリケーションを閉じてから、再度開きます。

      注意: Acrobat を C:\Program Files\Adobe (既定)以外の場所にインストールした場合は、インストール場所について上記のフォルダーパスを修正します。

解決策 5:他のアプリケーションが実行していないときに Acrobat のインストールの修復を実行する

こちらをクリックして、Acrobat のインストールを修復する手順を確認します。

  1. 開いているすべてのアプリケーションを閉じます。
  2. コンピューターを再起動します。
  3. Acrobat を開きます。
  4. ヘルプ/Acrobat のインストールの修復を選択してから、画面の指示に従います。
  5. 修復プロセスが完了したら、コンピューターを再起動します。

解決策 6:簡易モードの Windows で Acrobat を削除して再インストールする

コンピューターの起動時に自動的に起動するデバイスドライバーおよびプログラムは、Acrobat インストーラーと競合して問題の原因となることがあります。 インストールの競合を回避するには、Windows を簡易モードにして Acrobat を再インストールします。 簡易モードでは、不必要なプログラムやドライバーは無効になります。

こちらをクリックして、Acrobat を削除する手順を確認します。

  1. 個人ファイルは Acrobat アプリケーションフォルダーとそのサブフォルダーから外します。 アプリケーションフォルダーの既定の場所は C:\Program Files\Adobe\Acrobat [DC、2015 または 2017] です。

  2. 次の操作を実行します:

    • Windows 7/8/10 の場合:「スタート」ボタンを右クリックし、コントロールパネル/プログラムと機能を選択します。
  3. プログラムのリストで、「Adobe Acrobat DC」または「Adobe Acrobat 2017」を選択します。

  4. 「アンインストール/変更」をクリックします。

  5. 画面の指示に従って、アプリケーションを削除します。

こちらをクリックして、Acrobat を簡易モードで再インストールする手順を確認します。

  1. 開いているすべてのアプリケーションを閉じます。
  2. 必要不可欠以外のサービスとスタートアップ項目を無効にして、コンピューターを再起動します。 詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

  3. Acrobat DC または 2017 インストールファイルをダブルクリックします。画面の指示に従ってインストールを完了します。

  4. Acrobat を開き、ヘルプ/アップデートを確認を選択します。 画面に表示される指示に従って使用可能なアップデートをインストールします。
  5. スタートアップ項目とサービスを再度有効にします。手順については、上記の手順 2 の該当するヘルプドキュメントを参照してください。

  6. コンピューターを再起動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー