新機能の概要 | Acrobat DC の 2022年3月のリリース

Acrobat DC

Adobe Document Cloud サービス搭載の Acrobat DC は、デスクトップ、web、およびモバイルデバイスで最も重要な文書を作業するための完全な PDF ソリューションです。Acrobat デスクトップ/モバイルアプリをアップデートするか、Acrobat web にログインして、新機能と改善をご体験ください。

Acrobat DC デスクトップアプリ

2022年3月リリース

2022年3月リリースの Adobe Acrobat および Acrobat Reader では、ソフトウェアのバージョンが 21. xx から 22. xx に更新されます。この変更が適用されるのは、Adobe Acrobat および Acrobat Reader の Continuous(DC)トラックのみです。詳細については、Adobe Acrobat および Acrobat Reader の予定されているバージョン変更を参照してください。

Adobe Sign の名称が Acrobat Sign に変更されました。また、右側のパネルの Adobe Sign ツールは、ツールの実際の目的に合わせて、わかりやすいように名前が「署名を依頼」に変更されています。

Acrobat Sign の名称変更
Adobe Sign は Acrobat Sign に名称変更

Adobe Sign は「署名を依頼」ツールに名称変更されました
Adobe Sign は右側のパネルのツール内の「署名を依頼」に名称変更

PDF フォームを開くと Acrobat によって未署名のフォームフィールドがあれば検出され、コンテキストに応じて入力と署名ツールまたは署名を依頼ツールを使用するよう促すプロンプトが表示されます。

注意:

この新しいエクスペリエンスは Acrobat でテストしていますが、一部のユーザーは使用できない場合があります。また、ツールヒントは、24 時間から 72 時間の間隔を置いて 1 回のユーザーセッションにつき 3 回しか表示されません。

PDF フォームに入力するために入力と署名ツールを起動すると、Acrobat によって未署名のフィールドがあれば検出され、署名を依頼ツールを使用するよう促すツールヒントが表示されます。

「署名を依頼」のメッセージ

PDF フォームの入力を完了し保存しようとすると、フォーム内に未署名のフィールドがあれば検出され、署名を依頼ツールを使用するよう促すプロンプトが表示されます。

フォームを保存するときの署名を依頼のプロンプト

入力と署名ツールを使用してフォームに入力し、変更を保存した後にツールを終了しようとすると、空白の署名フィールドが検出され、署名を依頼ツールを使用するよう促すプロンプトが上部に表示されます。

署名を依頼の青いメッセージバー

Acrobat で印刷アイコンを使用して PDF フォームを印刷しようとすると、フォームに未署名のフィールドがあれば検出され、印刷の代わりに署名を依頼するか、印刷の代わりにオンラインで署名するよう促すプロンプトが表示されます。

枝番号 1
印刷の代わりに署名を依頼するよう促すプロンプト
印刷の代わりに署名を依頼するよう促すプロンプト

枝番号 2
印刷の代わりにオンラインで署名するよう促すプロンプト
印刷の代わりにオンラインで署名するよう促すプロンプト

PDF フォームを開くと、フォームフィールドが検出され、入力と署名ツールまたは署名を依頼ツールを使用するよう促す次のいずれかのプロンプトが表示されます。

枝番号 1
入力と署名ツールの使用を促すプロンプト
入力と署名ツールの使用を促すプロンプト

枝番号 2
入力と署名ツールまたは署名を依頼ツールの使用を促すプロンプト
入力と署名ツールまたは署名を依頼ツールの使用を促すプロンプト

枝番号 3
入力と署名ツールまたは署名を依頼ツールの使用を促すプロンプト
入力と署名ツールまたは署名を依頼ツールの使用を促すプロンプト

自動レイアウト調整機能が、以前からサポートされていた段落、リスト、画像構造に加え、ヘッダーやフッターを含む PDF にも拡張されました。PDF ファイルのヘッダーやフッターを変更する場合は以下のようになります。

  • ヘッダーまたはフッターテキストボックス内をクリックすると、PDF 文書の他の部分がグレー表示されます。
  • ヘッダーまたはフッターテキストボックスで編集を行うことができます。ただし、あるページでヘッダーやフッターを編集しても、以降のページにその変更は反映されません。
  • PDF に新しいページを挿入する場合は、前のページのヘッダーやフッターがコピーされます。
  • ヘッダーエリアやフッターエリアのテキストボックスをメインコンテンツエリアに移動したり、その逆も行えます。

Acrobat PDFMaker は、HCL Notes 11(以前の Lotus Notes)をサポートするようになりました。

HCL Notes 11 用 PDFMaker

すべての共有 PDF ファイルを、ファイルの最後のアクティビティに基づいて並べ替えることができます。

最後のアクティビティに基づいて共有 PDF を並べ替える

アドビアカウントにデフォルト画像を設定しておらず、ファイルコラボレーションワークフローに参加したことがない場合は、次のいずれかのデフォルトアバターがアカウントに設定されます。

コラボレーター用のデフォルトアバター

共有ファイルを開くと、最後に表示されていたページが表示されます。この機能は、大きな PDF ファイルをレビューしていて、前回どのページをレビューしていたか忘れてしまったような場合に便利です。

レビューファイルのレビューが完了していることを示す「完了」または「閉じる」ボタンは、レビューのイニシエーターには表示されません。同様に、共有 PDF のレビューを終了したレビュー担当者には、その共有ファイルにフィードバックを提供するよう通知されなくなりました。

Apple は、最新の macOS Monterey 12.3 ベータリリース以降、Python フレームワークをプレインストールしなくなりました。この変更により、macOS で Acrobat および Reader のインストールエラーが発生します。この問題を解決するために、Acrobat と Acrobat Reader のインストーラーがアップデートされました。現在は macOS Monterey 12.3 ベータ版と互換性のあるインストーラーが提供されています。

  • VoiceOver、文書のナビゲーション、スクロールに関するユーザーエクスペリエンスが向上しました。文書のスクロールは、VoiceOver の読み上げが終了すると止まってしまう代わりに、表示中のページの最後まで続けられます。
  • テキストボックスの境界線と陰影、段落のハイパーリンクの下線、Microsoft Word で装飾とマークされる画像など、一部の視覚的な装飾アイテムは、文書のタグツリーにリストされるのではなく装飾としてタグ付けされるようになりました。これは、スクリーンリーダーが関連する情報を読み上げる際に役立ちます。

Acrobat のホームで「すべてのファイル」をクリックしてファイルを表示したり、非常に大きなファイルリストをスクロールしたりすると、PDF を表示するためのメタデータやその他の情報を取得するためにかなりの時間がかかっていました。スクロールベースでページを表示することにより、全体的なエクスペリエンスが最適化され、向上しました。

電子メールに添付されていた PDF を開き、読み取り専用コピーを保存する場合、名前を付けて保存ダイアログボックスでファイルを保存する場所を選択できるようになりました。

別名で保存ダイアログ

同様に、デスクトップ、Document Cloud アカウント、または Google ドライブや OneDrive のようなその他のストレージコネクタから PDF を開いた場合、Acrobat はファイルを閉じる前に変更内容を元のファイルに保存します。その際メッセージは表示されません。

Acrobat Reader モバイルアプリ

2021年12月、2022年1月、2022年2月のアップデート

iPhone および iPad

iOS 14.0 以降が Acrobat Reader アプリでサポートされるようになりました。古いバージョンである iOS 13.0 またはそれ以前のバージョンは、現在サポートされていません。

Adobe iOS アプリは、従来の PDF ビューと Liquid Mode ビューの両方で、iOS のアクセシビリティ機能である選択範囲の読み上げをサポートするようになりました。選択範囲の読み上げを有効にすると、選択したテキストをアプリに読み上げさせることができます。選択範囲の読み上げを使用する方法の詳細

Acrobat の新しい署名を依頼ツールを使用して、他のユーザーによって署名されたドキュメントを取得できるようになりました。

iPhone と iPad で最新の Acrobat Reader を入手しましょう。

Android

Acrobat Reader アプリは、Android OS バージョン 12 をサポートするようになりました。

このアップデートには、パフォーマンスと安定性の向上が含まれています。ユーザーアカウントがデバイス設定から削除されている場合、再起動時にユーザーの強制ログアウトやアプリのクラッシュを引き起こす致命的な不具合が修正されました。

Android デバイスで最新の Acrobat Reader を入手しましょう。

Acrobat オンラインサービス

2021年12月、2022年1月、2022年2月のアップデート

Acrobat オンラインで作業するときに、OneDrive のストレージアカウントにファイルを簡単に保存したりアクセスしたりできるようになりました。ファイルに対してさまざまなタスクを実行し、変更したファイルを元の OneDrive アカウントに保存することができます。

  • Acrobat オンラインビューアで PDF ファイルおよび PDF 以外のファイルを参照し、表示する。
  • OneDrive 内のファイルを名前変更、削除、ダウンロード、移動する。
  • ファイルに対して Acrobat オンラインツールを使用して、アクションを実行する。

詳しくは、Acrobat オンラインから OneDrive ファイルにアクセスを参照してください。

PDF を編集するときに、PDF ファイルに画像を追加したり、既存の画像を置き換えたりできます。

画像を追加
画像を追加

画像を置換
画像を置換

Acrobat オンラインで PDF フォームに入力できます。現在は基本的なフォーム入力機能がサポートされています。

アドビのロゴ

アカウントにログイン