マニュアル キャンセル

Acrobat の新機能

  1. Acrobat ユーザーガイド
  2. Acrobat の概要
    1. デスクトップ、モバイル、web から Acrobat にアクセス
    2. Acrobat の新機能
    3. ショートカットキー
    4. システム要件
  3. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. PDF を開いて表示
      1. PDF を開く
      2. PDF ページのナビゲーション
      3. PDF の環境設定の表示
      4. PDF の表示の調整
      5. PDF のサムネールプレビューを有効にする
      6. PDF をブラウザーで表示
    3. オンラインアカウントで操作
      1. Box からファイルにアクセス
      2. Dropbox からファイルにアクセス
      3. OneDrive からファイルにアクセス
      4. SharePoint からファイルにアクセス
      5. Google ドライブからファイルにアクセス
    4. Acrobat および macOS
    5. Acrobat 通知
    6. PDF のグリッド、ガイド、ものさし
    7. PDF での日中韓言語、キリル文字および右から左に表記されるテキスト
  4. PDF の作成
    1. PDF 作成の概要
    2. Acrobat での PDF の作成
    3. PDFMaker による PDF の作成
    4. Adobe PDF プリンターの使用
    5. Web ページを PDF に変換
    6. Acrobat Distiller による PDF の作成
    7. Adobe PDF 変換設定
    8. PDF のフォント
  5. PDF の編集
    1. PDF のテキストの編集
    2. PDF の画像またはオブジェクトの編集
    3. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    4. スキャンされた PDF の編集
    5. モバイルデバイスのカメラで撮影した文書内の写真の補正
    6. PDF の最適化
    7. PDF のプロパティとメタデータ
    8. PDF 内のリンクと添付ファイル
    9. PDF レイヤー
    10. PDF のサムネール画像としおり
    11. アクションウィザード(Acrobat Pro)
    12. Web ページから変換された PDF
    13. プレゼンテーション用の PDF の設定
    14. PDF のアーティクル
    15. 地図情報 PDF
    16. PDF へのアクションおよびスクリプトの適用
    17. テキスト追加時にデフォルトのフォントを変更
    18. PDF からページを削除
  6. スキャンと OCR
    1. 文書をスキャンして PDF に変換
    2. 文書の写真を補正
    3. Acrobat を使用してスキャンする際のスキャナーの問題のトラブルシューティング
  7. フォーム
    1. PDF フォームの基本
    2. Acrobat で新規フォームを作成
    3. PDF フォームの作成と配布
    4. PDF フォームに入力
    5. PDF フォームフィールドのプロパティ
    6. PDF フォームの入力と署名
    7. PDF フォームでの操作ボタンの設定
    8. インタラクティブな PDF Web フォームの公開
    9. PDF フォームフィールドの基本
    10. PDF バーコードフォームフィールド
    11. PDF フォームデータの収集と管理
    12. フォームトラッカーについて
    13. PDF フォームヘルプ
    14. 電子メールまたは内部サーバーを使用して PDF フォームを受信者に送信する
  8. ファイルの結合
    1. 単一 PDF へのファイルの結合
    2. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    3. PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加
    4. PDF ページのトリミング
    5. PDF への透かしの追加
    6. PDF への背景の追加
    7. PDF ポートフォリオ内のコンポーネントファイルでの作業
    8. PDF ポートフォリオの公開と共有
    9. PDF ポートフォリオの概要
    10. PDF ポートフォリオの作成およびカスタマイズ
  9. 共有、レビュー、およびコメント
    1. オンラインでの PDF の共有とトラック
    2. 校正箇所の指示
    3. PDF レビューの準備
    4. PDF レビューの開始
    5. SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト
    6. PDF レビューへの参加
    7. PDF への注釈の追加
    8. PDF へのスタンプの追加
    9. 承認プロセス
    10. 注釈の管理 | 表示、返信、印刷
    11. 注釈の取り込みと書き出し
    12. PDF レビューのトラックと管理
  10. PDF の保存と書き出し
    1. PDF の保存
    2. PDF を Word に変換
    3. PDF を JPG に変換
    4. 他のファイル形式への PDF の変換または書き出し
    5. PDF 書き出し時のファイル形式オプション
    6. PDF コンテンツの再使用
  11. セキュリティ
    1. PDF の拡張セキュリティ設定
    2. パスワードによる PDF の保護
    3. デジタル ID の管理
    4. 証明書による PDF の保護
    5. 保護された PDF を開く
    6. PDF 内の機密情報の削除
    7. PDF のセキュリティポリシーの設定
    8. PDF のセキュリティ方法の選択
    9. PDF を開くときのセキュリティ警告
    10. Adobe Experience Manager による PDF の保護
    11. PDF の保護ビュー機能
    12. Acrobat と PDF のセキュリティの概要
    13. セキュリティリスクとしての PDF の JavaScript
    14. セキュリティリスクとしての添付ファイル
    15. PDF のリンクの許可またはブロック
  12. 電子サイン
    1. PDF 文書への署名
    2. モバイルデバイスでキャプチャした署名をあらゆるデバイスで使用
    3. 電子サイン用に文書を送信
    4. 証明書の署名について
    5. 証明書ベースの署名
    6. デジタル署名の検証
    7. Adobe Approved Trust List
    8. 信頼済み証明書の管理
  13. 印刷
    1. 基本の PDF 印刷処理
    2. 小冊子と PDF ポートフォリオの印刷
    3. PDF 印刷の詳細設定
    4. PDF に印刷
    5. PDF のカラー印刷(Acrobat Pro)
    6. カスタムサイズでの PDF の印刷
  14. アクセシビリティ、タグ、および折り返し
    1. アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証
    2. PDF のアクセシビリティ機能
    3. PDF の読み上げ順序ツール
    4. 折り返しおよびアクセシビリティ機能を使用した PDF の読み上げ
    5. コンテンツパネルとタグパネルでの文書構造の編集
    6. アクセシブルな PDF の作成
  15. 検索とインデックスの作成
    1. PDF のインデックスの作成
    2. PDF ファイルの検索
  16. マルチメディアと 3D モデル
    1. PDF にオーディオ、ビデオおよびインタラクティブオブジェクトを追加
    2. PDF への 3D モデルの追加(Acrobat Pro)
    3. PDF での 3D モデルの表示
    4. 3D モデルのインタラクティブな操作方法
    5. PDF での 3D オブジェクトの測定
    6. PDF での 3D ビューの設定
    7. PDF 内の 3D コンテンツの有効化
    8. PDF へのマルチメディアの追加
    9. PDF での 3D デザインへの注釈の追加
    10. PDF でのビデオ、オーディオ、マルチメディアの再生
    11. ビデオへの注釈の追加
  17. 印刷工程ツール(Acrobat Pro)
    1. 印刷工程ツールの概要
    2. トンボとヘアライン
    3. 出力のプレビュー
    4. 透明の分割・統合
    5. カラー変換とインキの管理
    6. トラップ
  18. プリフライト(Acrobat Pro)
    1. PDF/X、PDF/A、PDF/E 準拠ファイル
    2. プリフライトプロファイル
    3. プリフライトの詳細な検査
    4. プリフライトレポート
    5. プリフライト結果、オブジェクトおよびリソースの表示
    6. PDF の出力インテント
    7. プリフライトツールでの問題のある領域の修正
    8. ドロップレットまたはプリフライトアクションによる文書の分析の自動化
    9. プリフライトツールを使用した文書の分析
    10. プリフライトツールでの追加のチェック
    11. プリフライトライブラリ
    12. プリフライト変数
  19. カラーマネジメント
    1. 一貫した色の保持
    2. カラー設定
    3. 文書のカラーマネジメント
    4. カラープロファイルでの作業
    5. カラーマネジメントの解説

Acrobat デスクトップ版の 2024年 3 月リリースの新機能と機能強化について説明します。

Acrobat

オンラインサービス搭載の Adobe Acrobat Pro は、デスクトップ、web、モバイルデバイスで最も重要な文書を操作するための完全な PDF ソリューションです。Acrobat のデスクトップやモバイルアプリを更新するか、Acrobat オンラインにログインして、新機能と改善をご体験ください。

注意:

Acrobat を更新して新機能を体験:ヘルプアップデートの有無をチェックに移動し、画面の指示に従います。

新しい Acrobat のアクションウィザード

アクションウィザードでアクションとコマンドを作成して管理し、1 回のクリックで多数の文書を実行できます。

複数のファイルに対して同じコマンドを繰り返し実行する場合は、アクションを使用すると、時間を節約し、キー操作を省略することができます。アクションにより、指定した一連のコマンドを指定した設定に従い、指定した順序で一度に実行できます。このアクションは、1 つの文書、複数の文書または文書セット全体に適用できます。アクションを実行する前に、文書をスキャンし、いくつかの文書を単一の PDF に結合することもできます。

この機能にアクセスするには、すべてのツールガイド付きアクションを使用を選択します。

ガイド付きアクションを Adobe Acrobat でハイライト表示

ガイド付きアクションを使用ツールバーで、要件ごとにツールを使用できます。

ガイド付きアクションツールバーを表示

新しい Acrobat にショートカットまたはお気に入りのツールを追加する

注意:

この機能は、エンタープライズ版のユーザーのみが対象です。

新しい Acrobat にショートカットを追加したり、お気に入りのツールをマークしたりできるようになりました。エンタープライズ版の管理者はショートカットやお気に入りのツールを追加することが可能で、これらのツールがすべてのツールパネルに表示され、残りのツールは「さらに表示」の下に表示されます。エンタープライズ版の管理者は、「Customization Wizard」を使用して設定を変更できます。 

すべてのツールパネルは、「Customization Wizard」のデフォルト設定でデフォルトのツールを表示します。ユーザーは引き続きツールの順序を変更することができます。

管理者は、既存ユーザーのショートカットツールのカスタマイズを無効にできます。これで、ユーザーがツールの順序やリストを変更するのを制限できます。

従来バージョンでお気に入りのツールがある既存ユーザーの場合は、そのユーザーが新しい Acrobat に初めて切り替えるとき、そのお気に入りが新しい Acrobat のすべてのツールパネルに保持されます。

Acrobat デスクトップの共有ファイルに手動でコメントを同期

Acrobat デスクトップの共有ファイルに手動でコメントを同期できるようになりました。この機能でクラウドの同期が改善され、文書が最新の状態かどうかを確認できます。 

クラウド同期や前回の同期のステータスの確認を始めるには、次の手順に従います。

コメントパネルの上の右隅にあるクラウドアイコンにカーソルを合わせて、前回同期したステータスを確認します。

Adobe Acrobat の手動同期コメント

前回の同期ステータスが最新の更新に反映されていない場合は、クラウドアイコンを選択して同期を開始します。クラウド同期が完了すると、それぞれのステータスが更新されます。

  • 新しいコメント:新しいコメントがあることを示すメッセージが表示されます。
  • 新しいコメントなし:最近のコメントがないことを示すメッセージが表示されます。
  • サーバーエラー:サーバーエラーがある場合、ファイルは同期できません。処理エラーがあることを示すメッセージが表示されますので、しばらくしてから再試行してください。 
  • オフラインの場合:オフラインであることを示すメッセージが表示されます。インターネットに接続してこのファイルを同期してください。 

コメントセクションの余分なスペースを削除

Acrobat では、コメントの最初と最後の余分なスペースを削除します。コメントが文書に追加されるときに、余分なスペースが追加されることがあります。これは、スペースを含む情報をコピーしたり、コメントを追加したりする際に意図せずスペースを追加するのが原因です。余分なスペースがあることでコメントが長くなり、読者はコメントセクションを読んだりスクロールしたりするのが難しくなります。

余分なスペースがあるコメントが Acrobat に表示される

投稿の前に、スペースを含むコメントが投稿されたコメントボックス

注意:

2 行、2 文字または 2 ポイント間のスペースは削除されません。

コンテキストメニューですぐにコメントに返信

コンテキストメニューですぐにコメントに返信できるようになりました。

  1. 返信するコメントを選択すると、コンテキストメニューが開きます。「返信」オプションを選択し、返信を追加します。 

    Adobe Acrobat のコンテキストメニューで返信します。

  2. ダイアログボックスがポップアップ表示されます。コメントを入力して「投稿」を選択します。

    Acrobat のコンテキストメニューで返信を投稿

また、コンテキストメニューではハイライト/コメントのカラーを変更したり、コメント全体を削除したりできます。

Adobe Acrobat のコンテキストメニューが表示される

PDF のノート注釈でコンテキストメニューを開けるようになりました。文書のノート注釈を選択すると、コンテキストメニューがポップアップ表示されます。

コンポーネント全体の Acrobat の統一アバター

今回のリリースにより、Acrobat 全体のプロファイルアバターが統一されました。お使いのプロファイルアバターは、ログインパネル、コメントパネルなどのコンポーネント全体で統一されます。 

Adobe Acrobat の文書にスペルチェックを実行する

今回のリリースで、Acrobat に文書の自動スペルチェック機能が追加されました。Acrobat で文書を開くと、スペルチェック機能がバックグラウンドで文書を自動的にスキャンし、スペルミスをチェックします。

文書でスペルミスが見つかると、右下部にあるダイアログボックスにエラーに関する情報とエラーを表示するためのボタンが表示されます。

Acrobat が文書のスペルミスを通知している

「エラーを表示」を選択すると、編集パネルが開いて、スペルミスした文字すべてが赤の下線付きで表示されます。スペルミスした文字を選択するか、スペルミスした文字を右クリックすると、次の項目が表示されます。

  • 上位 3 つの辞書変換候補 – 変換候補の文字を選択してスペルミスした文字を置換します。
  • すべて無視 - スペルミスした文字のインスタンスすべてのハイライト表示を文書から削除します。
  • 辞書に追加 - スペルミスした文字を辞書に追加して、スペルミスした文字のインスタンスすべてのハイライト表示を文書から削除します。

スペルチェックの環境設定を設定する

Acrobat の「環境設定」セクションから必要に応じてスペルチェックの環境設定を調整できます。Acrobat でスペルミスを表示しない場合は、この機能のオプトアウトができます。

  1. 左側の編集パネルから、「設定」アイコンを選択します。

    Adobe Acrobat の「設定」アイコン

  2. 開いたダイアログボックスの「スペルミスを表示」オプションをオフにします。このオプションは、スペルミスを今後表示しないようにします。

    スペルミス機能を Acrobat でハイライト表示

または、Acrobat の「環境設定」に移動できます。Acrobat の環境設定ダイアログボックスで、左のパネルから「スペルチェック 」を選択してから、「スペルミスを表示」オプションをオフにします。

Adobe Express を使用して Acrobat でスキャンした PDF ファイルをスタイル設定する

Adobe Acrobat は、スキャンした PDF ファイルを Adobe Express プロジェクトに変換し、PDF をスタイル設定して編集し、プロフェッショナルな見た目にします。

スキャンした PDF ファイルを Adobe Express プロジェクトに変換するには:

Acrobat で、スキャンした PDF ファイルを開きます。左側のすべてのツールパネルから「この PDF を補正」を選択します。

この PDF を補正

PDF が Adobe Express プロジェクトに変換され、PDF のスタイル設定とパーソナライズを開始できます。

または、左上の「編集」を選択し、左側の「デザインツール」パネルから「この PDF を補正」を選択します。

この PDF を補正

PDF が Adobe Express プロジェクトに変換され、PDF の補正を開始できます。

変換」メニューで、Express のスキャンした PDF を開くこともできます。左上の「変換」を選択します。次に、左のパネルから「Adobe Express」を選択します。

「Adobe Express」を選択する

カラーテーマを PDF に適用する

Adobe Express であらかじめ設定されたカラーを PDF の背景、テキスト、および図形に適用して PDF のテーマに一貫性を持たせます。

左上の「編集」を選択してから、左側のデザインツールの「カラーテーマを適用」を選択します。

「カラーテーマを適用」オプションを Adobe Acrobat でハイライト表示

新しい Acrobat のデジタル署名

Adobe Acrobat Sign の デジタル署名フィールドが、新しい Acrobat で使用できるようになりました。

デジタル署名は、クラウドベースのトラストサービスプロバイダーまたは署名者のローカルシステムから取得された、証明書ベースのデジタル ID を使用する電子サインの一種です。

デジタル署名の文書を送信するには:

  1. Acrobat で文書を開きます。左上にあるナビゲーションバーから「電子サイン」を選択します。次に、「電子サインを依頼」を選択します。

    Adobe Acrobat の電子サインパネルを表示

  2. 左側のドロップメニューから「デジタル署名」を選択します。

    ドロップダウンメニューからデジタル署名を選択

  3. 必要に応じて情報を追加し、デジタル署名の文書を共有します。

    デジタル署名の情報を入力して共有する

  4. 必要な情報をすべて追加したら、左下の「レビューと送信」を選択します。

注意:

「ネイティブリクエスト」にある日付フィールドのデフォルトの日付形式は、署名者のタイムゾーンに動的に調整します。

コンテンツ検索で自動キーワードナビゲーションを有効にする

今回のリリースで Acrobat では、文書で検索したキーワードに自動で移動することができます。

コンテンツ検索の一部機能である検索結果からファイルを開くと、Acrobat ではツールの検索、検索したキーワードの自動入力、最初に検索したキーワードへの移動が自動で開きます。

検索ツールのナビゲーションボタンを使用して、文書内のキーワード出現数を増やして検索します。

この強化機能は、既存機能に最小限の影響があり、ファイルの非共有、表示、レビューなどのホームページ検索結果内のさまざまなセクション全体に及びます。

Mac 上でのサンドボックス(Acrobat Reader)

アプリサンドボックス技術によるユーザーデータへのセキュリティを強化します。macOS 版 Acrobat のサンドボックス機能では、お使いのコンピューターのリソースへのアクセスを制限するセキュアなサンドボックス環境内で Acrobat が動作します。つまり、PDF コンテンツや画像の処理、JavaScript の実行、フォントやこの制御された環境内で発生する 3D 要素のレンダリングなどのタスクを意味します。PDF ファイルが潜在的に有害であり、お使いのコンピューターのリソースにアクセスを試みる場合に、サンドボックスがこのようなアクセスを妨げて、潜在的な破損からシステムを保護します。また、サンドボックスは、ディスクへの読み取りや書き込み、ファイルのアクセス、ネットワーク接続などのアクションを制限してセキュリティをさらに強化します。

管理者は、サンドボックス設定の事前または事後の導入を構成できます。管理者は、エンドユーザーがアプリケーション動作を変更したり、ユーザーインターフェイスからの機能を制御できないように機能をロックできます。

アプリのサンドボックス機能をオンにするには:

Acrobat Reader環境設定セキュリティ(拡張)サンドボックス保護に移動します。次に、必要に応じて機能コントロールを選択します。

環境設定ウィンドウのセキュリティ(拡張)ディレクトリを Acrobat Reader に表示

Acrobat Reader の Outlook プラグイン

Adobe Acrobat for Outlook プラグインを使用して、Outlook で大きなファイルをパブリックリンクとして送信できます。添付ファイルは Adobe クラウドストレージにアップロードされ、アップロードされたファイルへのパブリックリンクが電子メールの本文に挿入されます。

受信者はこのリンクを選択して、ファイルをブラウザーウィンドウでプレビューし、必要に応じてそのファイルをダウンロードすることができます。

詳細は、「Adobe Acrobat Reader for Outlook」を参照してください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合