Acrobat DC の新機能

Acrobat DC

Adobe Document Cloud サービス搭載の Acrobat DC は、デスクトップ、web、およびモバイルデバイスで最も重要な文書を作業するための完全な PDF ソリューションです。Acrobat デスクトップ/モバイルアプリをアップデートするか、Acrobat Web にログインして、新機能と改善をご体験ください。

Acrobat DC デスクトップアプリ

2021 年 9 月リリース

現在、Acrobat は Apple Silicon M1 プロセッサー搭載 Apple デバイスをサポートしています。Apple Silicon デバイスには、ARM Mac でインテルベースのアプリケーションを実行できるエミュレーター(Rosetta 2)が搭載されています。Acrobat 実行時に、ネイティブ Apple Silicon モードまたは Rosetta エミュレーションモードを選択できるようになりました。ネイティブの Apple Silicon モードを使用するには、Acrobat環境設定一般の順に選択し、「最適なパフォーマンスのためにネイティブ OS モードを有効にする」を選択します。

ネイティブ Apple シリコンモードを有効にする

macOS 上のマルチモニター環境で、Acrobat が追加のモニターを検出し、ウィンドウメニューで Acrobat ウィンドウを異なるモニターに移動するオプションを提供するようになりました。ウィンドウ[モニター名]に移動を選択してください。

2 番目の画面への Acrobat の移動

セカンダリモニターから Acrobat を終了すると、最後に開いた設定が記憶されます。したがって、次回該当する場合は、同じモニターに Acrobat が表示されます。セカンダリモニターが接続されていない場合は、プライマリモニターに Acrobat が表示されます。

macOS では、Acrobat がシステムのテーマを検出し、自動的にそれを表示テーマとして使用するようになりました。この設定を変更するには、表示表示テーマの順に選択します。

表示テーマ

ダークモードやライトモードのほか、macOS のテーマが「自動」に設定されている場合、システムのテーマが変更されると、Acrobat のテーマが調整されます。

MacOS のテーマが「自動」に設定されている

Acrobat の左側のナビゲーションパネルにあるページサムネールから、連続していないページを選択して抽出できるようになりました。

  1. 左側のパネルでページサムネールを右クリックし、「ページを抽出」をクリックします。

    連続していないページの抽出

  2. ページを抽出ダイアログボックスで、抽出するページを指定して、「OK」をクリックします。

    抽出するページの指定

ページの挿入、削除、回転など、「ページを整理」サブツールは、アクセスしやすいように「ファイル」メニュー、「編集」メニュー、「クイックツール」メニューでも使用できるようになりました。

注意:

この機能は実験的に展開されているため、メニューオプションはすべてのユーザーに表示されるわけではありません。

ファイル/ページを挿入
ファイル/ページを挿入

編集/ページを削除またはページを回転
編集/ページを削除・ページを回転

「クイックツール」メニュー – 「ページを削除」、「ページを回転」
クイックツール

共有ファイルを変更するには、ファイルのコピーを保存する必要があります。ファイルコピーを保存するオプションが、Acrobat に表示されるようになりました。メッセージまたは右側パネルで「コピーを保存」ボタンをクリックします。

コピーを保存

共有 PDF ファイルを編集しようとすると、「コピーを保存」ダイアログボックスが表示され、変更するファイルのコピーを保存するように求められます。

コピーを保存してファイルを変更

同様に、Acrobatツールを選択すると、共有 PDF を変更するツールが無効になり、ファイルのコピーを保存してから、ファイルを変更するように指示するメッセージが表示されます。

共有ファイルのツールセンターのメッセージ

ファイルの並べ替えは現在、受信者ではなく作成者のアクティビティに基づいて実行されています。また次のパラメーターでは、ファイルの並べ替えができなくなりました。

  • ファイルサイズ
  • 最後にアクセスしたファイル
  • ファイル形式
Document Cloud でのファイルの並べ替え

「Document Cloud」セクションと「カスタムファイルを開く」ダイアログボックスでも、「フィルター」オプションが廃止になりました。

Document Cloud で「フィルター」が廃止された
Document Cloud セクション

Document Cloud の「カスタムファイルを開く」ダイアログで「フィルター」が廃止された
「カスタムファイルを開く」ダイアログボックス

  • Document Cloud に保存されたファイルの並べ替えは、名前、自分が共有、他のユーザーが共有、追加された日付、ファイルサイズで実行できるようになりました。また、「Document Cloud」セクションの下の左側にあるナビゲーションパネルで、すべてのファイルを表示するオプション、および、自分がスキャンして Document Cloud にアップロードしたファイル、自分が共有しているファイル、または他のユーザーが共有しているファイルを表示するオプションも提供されました。
Document Cloud ファイル

  • 最近の使用」、「スター付き」、「自分が共有」、「他のユーザーが共有」リストに一覧表示されるファイルについては、レビューファイルを識別するための注釈アイコンが削除されました。
  • 自分が共有」のファイルは、現在、「最後のアクティビティ」ではなく、「変更日」によって並べ替えられています。

「ホーム」ビューの新しいお勧めツールセクションでは、今まで使ってこなかったツールを発見できます。これらのツールを使用すると、ツールはリストの末尾に移動します。

その他のツールの発見

ファイル共有の匿名リンクまたは公開リンクは、現在、2 ステップのプロセスで作成します。表示またはレビューのためにリンクを共有するかどうかを簡単に選択できるようになりました。次の手順を実行します。

  1. このファイルへのリンクを共有アイコン  をクリックします。

  2. 表示のために共有するには、「注釈を許可」をクリックして「リンクを作成」をクリックします。

    ファイル共有のためのリンクの作成

    「リンクを取得」プロンプトには、進行状況が表示されます。

    ファイルのアップロードと共有の進行状況

    デフォルトでは、リンクが作成され、コピーされます。リンクの作成後、Acrobat で共有ファイルが公開されます。右側のパネルから、次のいずれかの操作を実行することもできます。

    • 文書を共有するユーザーを追加
    • ファイルの共有を解除
    • ファイルのコピーを保存
    作成したリンクを他の受信者と共有

    • 表示またはレビュー用にファイルを共有すると、共有ファイルの読み取り専用コピーが表示されます。
    • Acrobat ホームでは、自分がファイルを送信したか、または受信したかに応じて、「他のユーザーが共有」または「自分が共有」タブに共有ファイルが表示されます。

このビューアーでは、右クリックで表示するコンテキストメニューが最適化されており、高頻度で使用するツールをすばやく見つけてタスクを迅速に完了できるようになりました。 

注意:

この機能は実験的に展開されているため、メニューオプションはすべてのユーザーに表示されるわけではありません。

新しいコンテキストメニューオプション

画面を見やすくするために、Acrobat の表示サイズを変更できるようになりました。Acrobat で、表示表示サイズに移動し、画面サイズに応じて「小」、「中」、または「大」を選択してください。

注意:

この機能は実験的に展開されているため、メニューオプションはすべてのユーザーに表示されるわけではありません。

表示サイズの変更

Adobe Sign は名前が変更されました。機能の内容やツールの実際の目的がすぐにわかるように、次のいずれかのツール名が表示されます。

  • 電子署名をリクエスト
  • 電子署名
  • 署名を依頼
注意:

この機能は実験的に展開されているため、変更された名前がすべてのユーザーに表示されるわけではありません。

新しい署名メニュー
右側パネルのAcrobat/ツール/電子署名をリクエストツール

右側パネルのAcrobat/ツール/電子署名ツール
右側パネルのAcrobat/ツール/電子署名ツール

フォームにデータを入力・署名して保存する場合、Acrobat のメッセージが表示され、フォームの読み取り専用コピーを保存するか、または他のユーザーの署名を依頼するか判断を求められます。

読み取り専用コピーの保存または署名の依頼

PDF フォーム内で無署名のフィールドが見つかると、デフォルトで「署名を依頼」オプションが選択されます。それ以外の場合、「読み取り専用コピーとして保存」オプションが選択されます。

PDF フォーム内で無署名のフィールドが見つかると、メッセージが表示され、フォームに自分自身が署名するか、他のユーザーの署名を依頼するか判断を求められます。

注意:

この機能は現在テスト中です。次のいずれかのバリエーションが表示されます。

署名を求める新メッセージ
最上部の表示メッセージ

無料の試用期間が終了した後に、署名の依頼機能を使用する場合、現在、次のようなダイアログが Acrobat Reader に表示されます。

アップグレードされた新ダイアログ

PDF ドキュメントの署名を依頼した場合、詳細情報を入力する際に、いくつかのフィールドが新しいユーザーインターフェイスに段階的に表示されます。例えば、受信者の名前または電子メールアドレスを入力すると、「CC を追加」、「件名」、「メッセージ」、「その他のオプション」など、関連する次のフィールドが表示されます。

受信者を追加
「署名を依頼」 – 「受信者を追加」

「CC を追加」、「件名」、「メッセージ」の詳細
「署名を依頼」 – 「CC を追加」、「件名」、「メッセージ」、「その他のオプション」

注意:

この機能は現在テスト中です。すべてのユーザーに表示されるわけではありません。

次のいずれかの場合、署名を依頼ツールを使用するように求められます。

Acrobat で PDF ドキュメントを開き、右側パネルで「署名を依頼」ツールにマウスポインターを移動すると、視覚的なメッセージが表示されます。このメッセージは、ドキュメントを共有して、他のユーザーの署名を取得するために役立ちます。

「署名を依頼」の視覚的なメッセージ

開いているドキュメント内で無署名のフィールドが見つかると、視覚的なメッセージが表示されます。このメッセージは、ドキュメントを共有して、他のユーザーの署名を取得するために役立ちます。

「署名を依頼」の視覚的なメッセージ

また、右側パネルの右下隅にも同様のメッセージが表示されます。

右側パネルの「署名を依頼」メッセージ

PDF フォームを電子メールで送信するときに、無署名のフィールドが検出され、「電子メールよりも素早く電子署名を取得」オプションが選択されます。

電子メールで送信するときの署名の取得を促すメッセージ

次へ」をクリックし、署名者の電子メールを追加します。

署名者を追加

PDF 内で無署名のフィールドが見つからなかった場合、「電子メールで送信」オプションが選択されます。

電子メールで送信

PDF ドキュメントで「入力と署名」ツールを使用した後、認定された PDF の読み取り専用コピーを保存する場合、Acrobat にメッセージが表示され、共有可能なリンクを作成するか、他の受信者に電子メールでリンクを送信するか判断を求められます。

共有可能リンクを作成するか、電子メールでリンクを送信するか判断を求めるメッセージ

さらにファイルを閉じる際にメッセージが表示され、ドキュメントのコピーをローカルマシンに保存するように求められます。コピーを保存するには、「コピーを保存」をクリックし、保存先を選択して「保存」をクリックします。

コピーを保存

Acrobat Reader モバイルアプリ

2021 年 6 月、2021 年 7 月、2021 年 8 月のアップデート

iPhone および iPad

Acrobat Reader アプリでは、共有ファイルのコピーを作成し、変更できるようになりました。

    Acrobat のプレミアムサブスクリプション機能「PDF を圧縮」が、圧縮レベルのやや高画質、中画質、低画質をサポートするようになりました。目的の圧縮レベルを選択して、PDF ファイルのサイズを縮小し、簡単に共有することができます。

Acrobat Reader アプリの「最近使用したファイル」メニューから、Google ドライブアカウントの保存 PDF に簡単にアクセスできるようになりました。

  • コピーを共有」は「コピーを送信」に変更されました。「コピーを送信」が、「その他」()メニューに追加されました。
  • 共有解除した PDF ファイルのコピーを直接送信できるようになりました。ファイルをコピーして、電子メールの添付ファイルとして送信できます。また、メッセージで送信して、クラウド上の任意の場所や AirDrop に保存したり、他のアプリケーションで開いたりすることができます。

iPhone と iPad で最新の Acrobat Reader を入手しましょう。

Android

関連付けられた Gmail アカウントから、すべての PDF ファイルにアクセスして、1 個以上のファイルを Acrobat で開けるようになりました。電子メールから PDF を開いて、詳細情報の表示、ファイルの編集、ファイルの共有などが実行できます。

  • Acrobat Reader アプリは、現在、選りすぐりのトップエンド Android デバイス向けに、ファイルのオンデバイス変換機能を提供しています。
  • PDF ファイルのデフォルトとして、Liquid モードを設定できるようになりました。条件に適合したファイルは、Liquid モードで自動的に開きます。

Acrobat Reader アプリでは、共有ファイルのコピーを作成し、変更できるようになりました。

  • 修正された Play Store では、最重要のクラッシュ問題が報告されました。バックグラウンドインフラストラクチャが改善されました。現在では、非応答アプリケーション(ANR)インスタンスが特定され、レポートされます。
  • 修正された OneDrive のリンク問題。 
  • 一度に多数のファイルを結合すると、クラッシュするという問題がありましたが、この問題は修正されました。
  • バックグラウンドインフラストラクチャの機能が改善され、アクセシビリティのサポートが強化されました。
  • OneDrive アカウントからアクセスしたファイルは、「最近使用したファイル」メニューに表示されなくなりました。この統合が将来のリリースで有効になるのは、Microsoft Graph Recent API と Acrobat Reader アプリの統合問題が解決された後です。
  • Android 6 のサポートは、Acrobat Reader アプリ 7 月リリース版で終了しました。Android 6 ユーザーは、引き続き Play ストアアプリの旧バージョン(21.7)にアクセスできます。

Android デバイスで最新の Acrobat Reader を入手しましょう。

Acrobat オンラインサービス

2021 年 6 月、2021 年 7 月、2021 年 8 月のアップデート

「見つける」タブは、Acrobat エコシステムで利用可能なサービス、アプリ、およびアドインを簡単に見つけるためのカードのコレクションです。このエコシステムを使用すると、複数の画面およびデバイスにわたって、いつでも、どこでも、お気に入りのブラウザーおよびオンラインストレージアカウント内で、ドキュメント、ワークフロー、およびタスクに基づくアクションを素早く実行できます。

Acrobat ホームページにログインすると、ホームページ上のようこそメッセージの下に「見つける」タブが表示されます。タブには、カードのコレクションが表示されます。最後のカードまたは最初のカードの矢印ボタンを使用して、コレクションを参照します。

「見つける」タブ

特定のサービス、アプリケーション、またはアドインを試すには、対応するカードをクリックし、画面の指示に従って処理を完了します。その後、カードに「完了」や「既にインストールされています」のようなマークが付きます。次回アクセスしたとき、そのカードはコレクションの最後に移動されています。

カード、またはカード上のリンクをクリック

完了のカード

ファイルにマウスポインターを移動すると、選択したファイルに対して実行できる、編集、共有、リンクを取得、スター付きに追加などのアクションが表示されます。

インラインアクション

Document Cloud に保存された Microsoft ドキュメント(Word、Excel、PowerPoint)を Web ブラウザーから直接、表示および編集できるようになりました。MS Office プログラムを起動することなく、すべての編集機能を使用できます。Microsoft ドキュメントを編集するとき、ドキュメントは、新しいブラウザータブにおいて編集モードで開かれます。

Chrome 用 Adobe Acrobat 拡張機能を使用すると、Acrobat とのやりとりを Chrome 内から直接できるため、文書作業を簡単かつ迅速に行えるようになります。詳しくは、「Google Chrome 用の Adobe Acrobat 拡張機能」を参照してください。

初めてオンラインで Word を PDF に変換した後、PDF を編集、入力と署名、ページを削除など、変換した PDF ファイルに関連する他のツールの使用を促すメッセージが表示されます。

一連のツール

https://documentcloud.adobe.com/jp/ja/ で Acrobat Web にログインし、新機能と改善をご体験ください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン