新機能の概要 | Acrobat DC の 2022 年 1 月のリリース

Acrobat DC

Adobe Document Cloud サービス搭載の Acrobat DC は、デスクトップ、web、およびモバイルデバイスで最も重要な文書を作業するための完全な PDF ソリューションです。Acrobat デスクトップ/モバイルアプリをアップデートするか、Acrobat Web にログインして、新機能と改善をご体験ください。

Acrobat DC デスクトップアプリ

2022 年 1 月リリース

Acrobat には、シームレスにマルチページを編集できる強化された編集機能が導入されています。これにより、PDF 文書の編集時に、コンテンツの重複を手動で修正する必要がなくなりました。Acrobat の新しい自動調整レイアウトモードにより、コンテンツが自動的に調整され折り返されます。

主な機能:

  • テキストと画像は、編集中のページで自動的に調整されます。
  • 文書のレイアウトと余白は編集中に保持されます。
  • カーソルを使用して、テキストを複数の段落間で自由に移動したり選択したりできます。
  • テキストや画像をインラインまたは文書のコンテンツの前面に作成できます。
  • ページにあるボックスからコンテンツを簡単に選択できます。

詳しくは、「新しい自動調整レイアウト機能を使用した PDF の編集」を参照してください。

注意:

新しい自動調整レイアウト機能は、正規の英語版 PDF ドキュメントに対してのみ使用できます。現在、Adobe は Acrobat でこの新機能をテスト中です。そのため、一部のユーザーはこのエクスペリエンスを使用できない場合があります。

電子メールを作成して PDF 文書を添付する場合、PDF ファイル名と電子メールの件名に基づいて「署名を依頼」ツールが表示されます。例えば、フォーム、アプリケーション、その他の用語を使用した場合、これらの用語を Acrobat が認識し、「署名を依頼」ツールを使用するかどうかを確認するメッセージを表示します。次のいずれかのメッセージが表示されます。

「署名を依頼」のメッセージ
枝番号 1

「署名を依頼」のメッセージ
枝番号 2

注意:

Adobe では、この新しい統合機能のテストを Microsoft Outlook で行っています。そのため、一部のユーザーは「署名を依頼」オプションを使用できない場合があります。

操作を容易にするために、ページの挿入、削除、回転などの「ページを整理」サブツールが、「ファイル」、「編集」、「クイックツール」の各メニューから利用できるようになりました。

ファイル/ページを挿入
ファイル/ページを挿入

編集/ページを削除またはページを回転
編集/ページを削除・ページを回転

「クイックツール」メニュー – 「ページを削除」、「ページを回転」
クイックツール

Windows 11 では、「編集」、「変換」などの Acrobat ツールをファイルエクスプローラーの新しいコンテキストメニューから利用できます。コンテキストメニューのオプションは、そのファイルの種類でサポートされている操作に基づいて表示されます。「共有」オプションも Windows ネイティブの共有機能に追加されています。

Adobe Acrobat で編集
Adobe Acrobat で編集

Adobe PDF に変換
Adobe PDF に変換

Adobe Acrobat DC と共有
Adobe Acrobat DC と共有

Acrobat を使用すると、ファイルの表示とレビューの共同作業ワークフローでシームレスに作業を行うことができます。レビューファイルの共有を解除すると、そのファイルは Acrobat および Document Cloud で表示されているすべてのファイルリストから削除されます。同様に、Acrobat の「最近使用したファイル」または「スター付き」タブに表示されているすべての共有ファイルにコンテキストボードが表示されるようになりました。

同様に、Acrobat でファイルを検索すると、共有しているファイル、すべての契約書、Document Cloud アカウントに保存されている PDF 以外のファイルなどが表示されます。

Acrobat Reader のホームにアクセスするには、Adobe ID を使用してログインする必要があります。

Adobe ID

以前のバージョンの Acrobat では、ウィンドウに一度に表示できる以上のコンテンツがある場合、ボイスオーバーを使用して画面最下部に表示されている要素のさらに下へスクロールすることはできませんでした。この制限は修正され、Acrobat でボイスオーバーを使用して画面外のコンテンツにスクロールできるようになりました。

以前のバージョンの Acrobat では、保護モードが有効な場合、ページのサムネール表示や「ページを整理」ツールから PDF ページをデスクトップにドラッグ&ドロップして新しい PDF を作成することはできませんでした。この制限は修正されました。PDF ページをデスクトップにドラッグ&ドロップすると名前を付けて保存ダイアログボックスが表示され、ファイル名を入力して保存するよう求められるようになりました。

Acrobat Reader 64 ビットアプリケーションを Microsoft Store からダウンロードできるようになりました。

高度なログ機能が有効になりました。これにより、macOS で Acrobat がクラッシュした場合に詳細な情報が収集されます。このログは、根本原因を特定し、アプリケーションの安定性を向上させるために役立ちます。

macOS でのアプリケーションの安定性を向上させるため、いくつかの不具合が修正されています。

Acrobat のパフォーマンスを向上させるために、古いソフトウェアとの互換性(Visual Studio 2010 の再頒布可能な依存関係など)が、プリンタードライバーから削除されました。

Acrobat Reader モバイルアプリ

2021 年 9 月、2021 年 10 月、2021 年 11 月の更新

iPhone および iPad

「入力と署名」機能に多くの機能強化が適用され、操作性が向上し、次のようにより直感的になりました。

  • 指定したテキストフィールドに対してバウンディングボックスが表示されるようになりました。これにより、フォームの開始と終了を決定することができます。

  • 入力したテキストフィールドの位置を指定できます。

  • ユーザーがフォームフィールドに入力時に自動スクロールが導入されました。

これにより、共有アイコンが復元されるようになりました。共有画面からコピーを送信するかどうかを尋ねる Acrobat のメッセージが削除されました。PDF のコピーの共有に関連するいくつかのバグが修正されました。

Acrobat Reader アプリには、判読性を向上させるために、すべての設定パネルで Dynamic Type のサポートが追加されました。この変更は、購読、環境設定、およびユーザープロファイルの各パネルに表示されます。

液体モードは、次のような機能強化が行われました。

  • Acrobat iOS では、DocGen Web サービスによって生成されたメール内のリンクがサポートされるようになりました。  ユーザーがメールのリンクをクリックすると、アプリが起動し、ドキュメントが液体モードで開きます。

  • バグの修正と更新を自動的に開始

  • 液体モードでの一般的な安定性の修正と、全体的な機能強化

  • Intune 14.6.0 にアップグレードします。
  • ACP ライブラリから AEP ライブラリへの更新
  • ブランチ SDK が更新されました
  • メニューフレームワークの機能強化
  • Swift パッケージマネージャーとの互換性を保つために Google Drive コードが再構成されました。
  • 重大なバグ、クラッシュ、およびデザインの問題を修正しました。

iPhone と iPad で最新の Acrobat Reader を入手しましょう。

Android

圧縮ツールは、3 つのレベルの圧縮をサポートするようになりました。これにより、ユーザーは出力ファイルをより詳細に制御できるようになります。圧縮ツールの遅延ペイウォールのサポートも追加されています。

  • 共有ファイルでの共有の有効化(シートを共有) - これにより、共有ファイルで「コピーを送信」オプションが使用できるようになります。
  • 共有アセットのコラボレーターの公開プロフィール情報の取得 - ユーザーのプライベートプロフィールを使用する代わりに、Acrobat では公開プロフィールを使用して、共有アセットのユーザープロフィール情報が表示されるようになりました。

  • Colorado on Device(CoD)の拡張 – このリリースでは、CoD のメモリが機能強化され、低メモリ(4~6GB)デバイスに機能を展開できるようになりました。ストリーミングおよび Colorado on Device 解析で発生する一部の矛盾が修正されました。
  • Doc gen プレイグラウンドリンクサポート- Acrobat アプリが、液体モードで Doc gen プレイグラウンドの開始を直接サポートするようになりました。

  • サーバールーティング問題を修正するための DNS キャッシュ - クライアント側での DNS 情報のキャッシュ機能が有効になり、液体モードの GET および POST リクエストの同期問題が解決され、トランザクションが失敗することがなくなりました。

  • Android SDK の更新 - 2021 年 11 月 30 日までに Android アプリを API レベル 30 に移行するという Google の要請に従って、Acrobat アプリは API レベル 30 を対象にします。詳しくは、 Android 11 以降でのストレージアクセス許可の動作に関する変更を参照してください

  • e プライバシー実験の展開 - e プライバシーに関する実験が、9 月 21 日にすべてのユーザーにリリースされるようになりました。これは、すべてのユーザーに法的な注意を表示するための法的要件です。 アプリの引き続き使用するには、同意する必要があります。

  • Play ストアに報告された、修正された主なクラッシュ

  • Dropbox SDK の更新 - Dropbox SDK は、Dropbox チームからの要請に応じて更新されました。Dropbox は、TLS 1.0 および 1.1 のサポートを廃止します。

  • Facebook SDK の更新 - 2021 年 10 月 5 日より、Facebook は Android でのフィッシング行為を減らすために、Android 埋め込みブラウザーを使用した Facebook ログインンサポートを終了しました。これには、Facebook SDK for Android のバージョン8.2.0 以降にアップグレードするために、Facebook ログインをサポートするすべての Android アプリが必要でした。

Android デバイスで最新の Acrobat Reader を入手しましょう。

Acrobat オンラインサービス

2021 年 9 月、2021 年 10 月、2021 年 11 月の更新

Adobe Acrobat for Microsoft Edge を使用すると、Acrobat とのやりとりを Edge 内から直接できるため、文書作業を簡単かつ迅速に行えるようになります。詳しくは、「Google Chrome 用の Adobe Acrobat 拡張機能」を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン