Adobe Connect と一緒にインストールされるテレフォニーアダプターを導入し、ユーザーがオーディオブリッジに接続できるようにする方法を学習します。

統合されたテレフォニーアダプターは、Adobe Connect でオーディオブリッジに参加できるようにする Java 拡張です。Adobe Connect のインストール時に、すべての統合されたテレフォニーアダプターをインストールできます。詳しくは、「統合されたテレフォニーアダプターのインストール準備」を参照してください。

1 つ以上のアダプターをインストールした後、次のトピックを確認して、インストールを確認および設定します。

インストールが完了した後でアダプターを設定するには、「Adobe Connect テレフォニーアダプターの設定」を参照してください。

Avaya テレフォニーアダプター

次の操作を実行して、アダプターが予期したとおりに動作していることを確認します。

テレフォニーが有効であることの確認

  1. Adobe Connect Central にログインします。 管理オーディオプロバイダーをクリックします。

    テレフォニーが正常に有効である場合には、プロバイダーのリストに Avaya と表示されます。「Avaya」を選択し、「編集」をクリックして、Adobe Connect アカウント全体のアダプターを有効または無効にします。

  2. Avaya オーディオプロファイルを追加するには、マイプロファイル/マイオーディプロファイル/新しいプロファイルをクリックします。プロバイダーのリストから「Avaya」を選択します。

    詳しくは、「Universal Voice オーディオプロバイダーの設定」を参照してください。

会議でのオーディオのテスト

Adobe Connect を実務環境に導入する前に、少なくとも 2 分間会議を記録します。会議のアーカイブを表示して、オーディオが正しく記録されていることを確認します。

アダプターの無効化

次の手順に従って Avaya アダプターを無効にします。

  1. Adobe Connect Telephony Service を停止します。

  2. [root_install_dir]¥telephony-service¥conf¥telephony-settings.xml ファイルを開きます。

  3. 以下のように、<telephony-adaptor> タグの enabled 属性を false に設定します。

     <telephony-adaptor id="avaya-adaptor" class-name="com.macromedia.breeze_ext.telephony.AvayaAdaptor" enabled="false">
  4. Adobe Connect Telephony Service を再開します。

InterCall テレフォニーアダプター

次の操作を実行して、アダプターが予期したとおりに動作していることを確認します。

テレフォニーが有効であることの確認

  1. Adobe Connect Central にログインします。

  2. 管理/オーディオプロバイダーをクリックします。

    テレフォニーが正常に有効である場合には、プロバイダーのリストに InterCall と表示されます。「InterCall」を選択し、「編集」をクリックして、Adobe Connect アカウント全体のアダプターを有効または無効にします。

  3. InterCall オーディオプロファイルを追加するには、マイプロファイル/マイオーディプロファイル/新しいプロファイルをクリックします。プロバイダーのリストから「InterCall」を選択します。

    詳しくは、「Universal Voice オーディオプロバイダーの設定」を参照してください。

会議でのオーディオのテスト

Adobe Connect を実務環境に導入する前に、少なくとも 2 分間会議を記録します。会議のアーカイブを表示して、オーディオが正しく記録されていることを確認します。

テレフォニーアダプターの無効化

InterCall アダプターを無効にする手順は、次のとおりです。

  1. Adobe Connect Telephony Service を停止します。

  2. [root_install_dir]¥TelephonyService¥conf¥telephony-settings.xml ファイルを開きます。

  3. 以下のように、<telephony-adaptor> タグの enabled 属性を false に設定します。

     <telephony-adaptor id="intercall-adaptor" class-name="com.macromedia.breeze_ext.telephony.Intercall.IntercallTelephonyAdaptor" enabled="false">
  4. Adobe Connect Telephony Service を再開します。

MeetingOne テレフォニーアダプター

次の 2 つの操作を実行して、アダプターが予期したとおりに動作していることを確認します。

テレフォニーが有効であることの確認

  1. Adobe Connect Central にログインします。

  2. 管理/オーディオプロバイダーをクリックします。

    テレフォニーが正常に有効である場合には、プロバイダーのリストに MeetingOne と表示されます。「MeetingOne」を選択し、「編集」をクリックして、Adobe Connect アカウント全体のアダプターを有効または無効にします。

  3. MeetingOne オーディオプロファイルを追加するには、マイプロファイル/マイオーディプロファイル/新しいプロファイルをクリックします。プロバイダーのリストから「MeetingOne」を選択します。

    詳しくは、「Universal Voice オーディオプロバイダーの設定」を参照してください。

会議でのオーディオのテスト

Adobe Connect を実務環境に導入する前に、少なくとも 2 分間会議を記録します。会議のアーカイブを表示して、オーディオが正しく記録されていることを確認します。

テレフォニーアダプターの無効化

MeetineOne アダプターを無効にする手順は、次のとおりです。

  1. Adobe Connect Telephony Service を停止します。

  2. [root_install_dir]¥TelephonyService¥conf¥telephony-settings.xml ファイルを開きます。

  3. 以下のように、<telephony-adaptor> タグの enabled 属性を false に設定します。

     <telephony-adaptor id="meetingone-adaptor" class-name="com.meetingone.adobeconnect.MeetingOneAdobeConnectAdaptor" enabled="false">
  4. Adobe Connect Telephony Service を再開します。

PGi NA テレフォニーアダプター

次の 3 つの操作を実行して、アダプターが予期したとおりに動作していることを確認します。

ドメイン名の設定

Adobe Connect では、HTTP オーバーポート 443 を使用して PGi と通信します。Adobe Connect でドメイン csaxis.premconf.com と通信できることを確認します。

テレフォニーが有効であることの確認

  1. Adobe Connect Central にログインします。

  2. 管理/オーディオプロバイダーをクリックします。

    テレフォニーが正常に有効である場合には、プロバイダーのリストに PGi NA と表示されます。「PGi NA」を選択し、「編集」をクリックして、Adobe Connect アカウント全体のアダプターを有効または無効にします。

  3. PGi NA オーディオプロファイルを追加するには、マイプロファイル/マイオーディプロファイル/新しいプロファイルをクリックします。プロバイダーのリストから「PGi NA」を選択します。

    詳しくは、「Universal Voice オーディオプロバイダーの設定」を参照してください。

会議でのオーディオのテスト

Adobe Connect を実務環境に導入する前に、少なくとも 2 分間会議を記録します。会議のアーカイブを表示して、オーディオが正しく記録されていることを確認します。

テレフォニーアダプターの無効化

Premiere NA アダプターを無効にする手順は、次のとおりです。

  1. [root_install_dir]¥TelephonyService¥conf¥telephony-settings.xml ファイルを開きます。

  2. 以下のように、<telephony-adaptor> タグの enabled 属性を false に設定します。

     <telephony-adaptor id="premiere-adaptor" class-name="com.macromedia.breeze_ext.premiere.gateway.PTekGateway" enabled="false">
  3. Adobe Connect を再起動します。

Arkadin テレフォニーアダプター

次の操作を実行して、アダプターが予期したとおりに動作していることを確認します。

テレフォニーが有効であることの確認

  1. Adobe Connect Central にログインします。

  2. 管理/オーディオプロバイダーをクリックします。

    テレフォニーが正常に有効である場合には、プロバイダーのリストに Arkadin と表示されます。「Arkadin」を選択し、「編集」をクリックして、Adobe Connect アカウント全体のアダプターを有効または無効にします。

  3. Arkadin オーディオプロファイルを追加するには、マイプロファイル/マイオーディプロファイル/新しいプロファイルをクリックします。プロバイダーのリストから「Arkadin」を選択します。

    詳しくは、「Universal Voice オーディオプロバイダーの設定」を参照してください。

会議でのオーディオのテスト

Adobe Connect を実務環境に導入する前に、少なくとも 2 分間会議を記録します。会議のアーカイブを表示して、オーディオが正しく記録されていることを確認します。

テレフォニーアダプターの無効化

次の手順に従って Arkadin アダプターを無効にします。

  1. Adobe Connect Telephony Service を停止します。

  2. [root_install_dir]¥TelephonyService¥conf¥telephony-settings.xml ファイルを開きます。

  3. <telephony-adaptor> タグの enabled 属性を false に設定します。

    <telephony-adaptor id="arkadin-adaptor" class-name="com.macromedia.breeze_ext.arkadin.ArkadinAdaptor" enabled="true">
  4. Adobe Connect Telephony Service を再開します。

出席者リストで Adobe Media Gateway ユーザーを隠す

注意:

この節の説明は、Universal Voice 用に設定された、統合されたテレフォニーアダプターのみに適用します。

会議室を Adobe Media Gateway に接続すると、接続が参加者リストのユーザーとして表示されます。Flash Media Gateway ユーザーを出席者リストで隠すには、custom.ini ファイルでオーディオコンファレンス番号を設定します。クラスター内のすべてのコンピューターで同じ番号を使用します。オーディオコンファレンス番号は、SIP プロバイダーから取得できます。または、アカウント管理者が Adobe Connect Central でオーディオプロバイダーを設定している場合は、会議室で番号を確認できます。

  1. テキストエディターで [root_install_dir]¥custom.ini ファイルを開きます。

  2. 次のパラメーターを追加します。

    UV_NUMBER={audio_conference_telephone_number} 
     
    // Example: 
    UV_NUMBER=4155551212
  3. custom.ini ファイルを保存して閉じます。

  4. Adobe Connect Central Application Server を再起動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー