Universal Voice、適用できるオーディオプロバイダーおよびプロバイダーの作成方法と管理方法について学習します。また、ダイヤルシーケンスを定義して設定をテストできます。

UV を使用すると、Adobe Connect であらゆるオーディオコンファレンスにダイヤルインできるようになるため、会議に出席しているすべてのユーザーは、各種デバイスを使用してオーディオを聞くことができます。UV を設定すると、VOIP を使用する参加者は、電話を通じたやりとりが可能になります。

Adobe Connect は追加の参加者としてオーディオコンファレンスにダイヤルインします。オーディオは VOIP 経由で有効になるため、参加者は会議にダイヤルインすることなく、コンピューターのスピーカーを使用してオーディオを聞くことがきます。会議の主催者は、同等のレベルでオーディオをコントロールすることはできません。統合されたテレフォニーを使用している場合があるためです。

Universal Voice オーディオプロバイダーについて

オーディオプロバイダーは、Adobe Connect で動作するオーディオコンファレンスサービスを提供する会社です。 管理者は、あるアカウントの全ユーザーが使用できるオーディオプロバイダーを設定します。主催者は会議などの特定の用途にプロバイダーを設定します。アカウントの管理者および主催者は Universal Voice 用にオーディオプロバイダーを設定できます。

Universal Voice オーディオプロバイダーの設定には、主催者および参加者がオーディオコンファレンスに参加するのに必要な詳細が含まれています。 これには、電話番号やオーディオコンファレンスへのダイヤルインに必要な手順などが含まれます。 設定では主催者が定義するオプションも指定します。例えば、管理者は会議へのダイヤルインのトーンと一時停止を設定します。主催者は、参加者がオーディオコンファレンスに参加するために使用する会議 ID とパスワードを用意します。

アドビのおすすめ

アドビのおすすめ
Adobe Connect の Universal Voice の設定
InteSolv

Universal Voice オーディオプロバイダーを設定した後、会議の主催者はプロバイダーにマッピングするオーディオプロファイルを作成できます。 オーディオプロファイルには、オーディオコンファレンスを開始するためのオーディオプロバイダーのコンファレンス設定が含まれています。

Universal Voice オーディオプロバイダーには、以下の種類があります。

  • Universal Voice 用に有効化された統合テレフォニープロバイダー。

  • 会議主催者またはアカウント管理者によるユーザー設定。

Adobe Connect オーディオプロバイダーについて詳しくは、「オーディオコンファレンスのオプション」を参照してください。 Adobe Connect は、「0800」または「0808」で始まる英国のフリーダイヤル番号、または「00800」で始まる国際フリーダイヤル番号を受け入れます。

オーディオプロバイダーの表示

特定のアカウントで使用可能なすべてのオーディオプロバイダーが、プロバイダー情報ウィンドウに表示されます。 各オーディオプロバイダーには、説明情報およびオーディオコンファレンスに接続するためのダイヤル順序が設定されています。 任意のオーディオプロバイダーに関連付けられた情報を表示できます。

Adobe Connect Central で次のいずれかの操作を実行し、プロバイダーのリストを表示します。

  • (管理者および制限付き管理者)管理/オーディオプロバイダーをクリックします。
  • (主催者)マイプロファイル/マイオーディオプロファイルをクリックします。

有効にしたプロバイダーは編集できます。

オーディオプロバイダーの作成または編集

新しいオーディオプロバイダーウィンドウまたはオーディオプロバイダーを編集ウィンドウを使用して、Universal Voice オーディオプロバイダーを設定します。

  1. Adobe Connect Central で次のいずれかの操作を実行し、プロバイダーのリストを表示します。
    • (管理者および制限付き管理者)管理/オーディオプロバイダーをクリックします。
    • (主催者)マイプロファイル/マイオーディオプロファイルをクリックします。

     

  2. プロバイダーに対してコンファレンスの詳細を追加するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいプロバイダーを追加するには、「新規プロバイダー」をクリックします。

    • ユーザー設定プロバイダーを編集するには、左ペインのプロバイダーを選択し、「編集」をクリックします。

    新しいオーディオプロバイダーウィンドウ
    新しいオーディオプロバイダーウィンドウ
  3. 新しいオーディオプロバイダーウィンドウまたはオーディオプロバイダーを編集ウィンドウで、会議 ID の詳細を追加または変更して「保存」をクリックします。赤い星の付いているフィールドは必須です。 

    プロバイダー名

    オーディオプロバイダーの名前です(MeetingPlace など)。

    プロバイダーのステータス(有効/無効)

    有効にしたプロバイダーは編集できます。主催者がオーディオコンファレンスのオーディオプロファイルを設定するとき、有効なプロバイダーが主催者に表示されます。 1 つのアカウントに対して複数のプロバイダーを有効にできます。

    注意:

    プロバイダーを無効にすると、このプロバイダーに設定されている現在のオーディオプロファイルもすべて無効になり、オーディオプロファイルと会議の関連付けが解除されます。

    URL

    情報ページへのリンクです。 例えば、このページには、主催者がオーディオプロファイルの設定時に使用するコンファレンスアカウントの詳細を含めることができます。 情報ページには、オーディオプロバイダーからコンファレンスアカウントを購入するためのサインアップページがあることもあります。 通常はアカウント管理者がこれらの情報ページを作成します。

    ダイヤルイン番号

    会議にダイヤルインするための番号 ダイヤルイン番号を追加するには、「番号を追加」をクリックし、「場所」という語をクリックして、Internal や国名などの名前を入力します。 「番号」という語をクリックしてダイヤルイン番号を入力します。 ダイヤルイン番号は会議室の右上隅に表示されます。

    注意:

    「0800」または「0808」で始まる英国のフリーダイヤル番号、または「00800」で始まる国際フリーダイヤル番号を入力してください。

    ダイヤルイン手順

    オーディオコンファレンスへのダイヤルインの一連の DTMF トーンと一時停止です。 ダイヤルシーケンスには、最初の手順であるコンファレンス番号も含まれています。

    ダイヤルインシーケンスを追加してテストする場合は、「ダイヤルシーケンスの定義」、「ダイヤルシーケンスのオプション」、「ダイヤルシーケンスのテスト」を参照してください。

     

ダイヤルシーケンスの定義

ダイヤルシーケンスまたはダイヤルイン手順は、オーディオコンファレンスへのダイヤルインの DTMF トーンと一時停止です。ホストされたアカウントでは、主催者が会議室でコンファレンスに参加しているときに、Adobe Connect サーバーがダイヤルシーケンスを使用してバックグラウンドでオーディオコンファレンスに参加します。 一部の DTMF トーンは、参加者コードなど、主催者が定義できるオプションです。テーブル内でこれらの項目を正しい順序に従って配置することによって、プロバイダーのダイヤルシーケンスを作成します。

注意:

ダイヤルシーケンスを正しく定義するには、ダイヤルイン手順を少しずつ頻繁に調整する必要があります。 手順フローを作成する方法の 1 つは、電話を使用してオーディオコンファレンスサービスにダイヤルインし、メモをとることです。 例えば、モデレーターとしてダイヤルインし、オーディオコンファレンスを開始します。 別の電話を使用して参加者としてコンファレンスにダイヤルインし、コンファレンスに入るための手順を書き留めます。

ダイヤルシーケンスの例
ダイヤルシーケンスの例

A. オーディオコンファレンスに参加するための電話番号 B. アクション間の DTMF トーンおよび一時停止 C. 手順の識別子 D. 手順をプログラムするために入力された値 E. 会議へのダイヤルイン F. 会議で表示されない G. 情報をテキストボックスとして表示 

ダイヤリングシーケンスを定義するには、次の操作を行います。

  1. 新しいオーディオプロバイダーウィンドウまたはオーディオプロバイダーの「ダイヤルイン手順」セクションで、「手順の追加」をクリックします。

  2. 「アクション」列で、1 行目の情報をクリックし、ポップアップメニューからコンファレンス番号を選択します。 会議室のダイヤルイン番号を入力し、その手順の残りの情報を指定します。

  3. ダイヤルシーケンスの残りの手順で、DTMF トーンと一時停止を指定します。

  4. 手順の順序を上または下に移動するには、移動する手順を選択し、上向きまたは下向きの矢印をクリックします。

  5. 手順を削除するには、削除する手順を選択して「削除」をクリックします。

  6. 変更を保存するには、「保存」をクリックします。

ダイヤルシーケンスのオプション

「アクション」列には、テレフォニー接続を開始するためにシステムで実行されるアクションの説明が表示されます。

  • コンファレンス番号:オーディオコンファレンスに参加するための電話番号です。コンファレンス番号はダイヤルシーケンスの最初の手順でなければなりません。オーディオコンファレンスに参加するには、ホストアカウントに、通話料無料の米国の電話番号が必要です。ここで、このアカウントのサーバーは Adobe が提供しています。組織内アカウントまたはライセンスアカウントは任意の番号を使用できます。コンファレンス番号のみ、許可されています。
  • DTMF:シャープ記号(#)のキーなど、電話機のキーパッドのボタンです。
  • 遅延(ms):アクション間の遅延時間(ミリ秒単位)です。これらの遅延によって、会議参加者が情報を入力する前に、一時停止が提供されます。 例えば、ユーザーは招待のお知らせを待ってから、参加者コードを入力します。 「キー/番号」列で遅延量を指定します。

ラベルはアクションの識別子です。例えば、会議 ID の DTMF アクションをプログラミングするには、列の中の「ラベル」という語を「会議 ID」に置き換えます。 「主催者による定義」アクションのラベルのみがプログラムに表示されます。 会議 ID の例で、主催者がこのプロバイダーのオーディオプロファイルを作成する際には、「会議 ID」というラベルの付いたテキストボックスが表示されます。

「キー/番号」列では、主催者が定義する必要がある手順を選択します。主催者が定義する手順は、会議の主催者がオーディオコンファレンスのオーディオプロファイルを設定するときに表示されます。次のいずれかのオプションを選択します。

  • 主催者による定義:アカウント管理者は、オーディオコンファレンスのオーディオプロファイル設定時に主催者に情報の入力を求める場合、このオプションを選択します。例えば、「会議 ID」というラベルを持つ主催者定義の DTMF アクションでは、オーディオプロファイル設定時に会議 ID の入力を主催者に要求します。
  • (空白):手順を完了するために必要な、電話機のキーパッドにある数字または記号です。例えば、ユーザーが招待のお知らせを待つ一時停止の時間を 5,000 ミリ秒とプログラミングするには、空白のオプションをクリックして、5000 と入力します。

「会議での表示」列を使用できるのは、「キー/番号」列で「主催者による定義」が選択されている場合のみになります。

  • いいえ/はい:このアクションに関する情報が会議の招待状および会議室ウィンドウの右上隅に表示されるかどうかを決定します。

「入力の種類」列を使用できるのは、「キー/番号」列で「主催者による定義」が選択されている場合のみになります。ポップアップメニューのオプションは、主催者がオーディオプロファイルを設定する際に情報がどのように表示されるかを定義します。 また、会議室の「オーディオコンファレンス情報」セクションのような読み取り専用ページに情報がどのように表示されるかを定義します。

  • テキスト:オーディオプロファイルに 1 行のテキストボックスを表示し、読み取り専用ページに 1 行の情報を表示します。
  • パスワード:情報をアスタリスク(*)として表示します。 

ダイヤルシーケンスのテスト

ダイヤルシーケンスを使用してオーディオコンファレンスを開始する前に、テストすることをお勧めします。このテストを使用すると、必要な手順の理由が説明されていることと、手順間の遅延時間が十分であることを確認できます。 主催者が定義する手順をダイヤルシーケンスに追加した場合は、ダイヤルイン手順のテストダイアログボックスにその情報を入力できるように準備しておいてください。 例えば、Adobe Connect を使用して参加者としてオーディオコンファレンスにダイヤルインするには、そのダイアログボックスで参加者コードを入力します。

  1. ダイヤルシーケンスの下部にある「ダイヤルイン手順のテスト」をクリックします。

  2. 主催者が定義するテキストボックスに入力します。

  3. ダイヤルイン手順のテストダイアログボックスで「Adobe Connect」をクリックします。

    呼び出し応答後に、オーディオがブロードキャスト中であるかどうかを聞くことができます。

  4. オーディオを聞いて、必要に応じてダイヤルインシーケンスを調整します。

注意:

入力したフリーダイヤル番号が前記の推奨タイプでない場合は、ダイヤルアウトに失敗します。

アドビのおすすめ

アドビのおすすめ
Adobe Connect でのオーディオプロバイダーとオーディオプロファイルの設定&
InteSolv

オーディオプロバイダーの削除

  1. Adobe Connect Central ウィンドウ上部にある「管理」タブをクリックします。

  2. 「オーディオプロバイダー」をクリックします。

  3. オーディオプロバイダーのリストでプロバイダーを選択し、「削除」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー