Adobe Connect アプリケーションを使用して、会議室の各機能にシームレスにアクセスしましょう。

Adobe Connect は、複数の方法でのコラボレーションやリモートセッションへの参加を可能にします。 Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションは Windows および macOS に対応。モバイル向け Adobe Connect は Android および iOS に対応しています。

スタンドアロンで機能する Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションは、旧アドインに代わるもので、Adobe Connect 9 以降のバージョンに対応しています。

注意:

Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションはダウンロードとアップデートのページからダウンロードできます。様々な環境へのインストールについて詳しくは、「Adobe Connect アプリケーションのインストール」を参照してください。

Adobe Connect 9 をお使いの場合は、Adobe Connect アプリケーションを Adobe Flash Player プラグインに基づいたブラウザーに頼ることなくご利用いただけます。 あるいは、機能が限られているブラウザーで引き続き Adobe Connect セッションに出席することも可能です。Adobe Connect アプリケーションはカスタマイズされたログイン画面に対応していますが、ようこそ画面のカスタマイズには対応していません。

Adobe Connect アプリケーションのようこそ画面
Adobe Connect アプリケーションのようこそ画面

A. 最近訪問した会議室の URL を最大 20 まで一覧表示 B. ブックマーク済みの会議室 URL を一覧表示して、素早くアクセス C. ユーザーのすべてのアクティブなセッションからログアウト D. 会議室を起動するか、会議室の URL をダブルクリックして会議室を起動 E. 会議室をブックマークし、お気に入りタブに表示 F. 最近訪問した会議室の URL のリストを消去 

初めてログインする場合、または新しいドメイン名でログインする場合、Adobe Connect アプリケーションはドメイン名を記憶します。その後のセッションでは、会議室の URL 全体を入力する必要はありません。会議室名で十分です。 

ログイン資格情報を入力している間、「このコンピューターに記憶」を選択すると、セッションが保存されます。現在のセッションがアクティブの間、会議への参加時にログイン情報を再入力する必要はありませんs.

以下のシナリオでは Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションを使用してくださいブラウザー版の Adobe Connect では、これらのシナリオはサポートされていません。

注意:

会議の進行中に遅延を避けるため、プレゼンターまたは主催者は、コンテンツをアップロードする、またはスクリーンを共有する前に Adobe Connect アプリケーションをインストールしてください。

会議をブラウザーで立ち上げた場合は、会議室の URL に ?proto=true を追加することで、Adobe Connect アプリケーション内で会議を立ち上げてください。 例えば、https://www.example.com/meeting_name?proto=true のように入力します。

Windows 向け Adobe Connect アプリケーションで進行中のセッション中に会議が重複しているなどのシナリオの場合は、Ctrl+N キーを押して新しいセッションを新しいウィンドウで開始します。または、タスクバーのアプリケーションアイコンを右クリックし、「Adobe Connect」をクリックします。

注意:

Adobe Connect アプリケーションを使用して会議、セミナー、録画およびコンテンツにアクセスします。コンテンツライブラリにアップロードされたサポートされていないコンテンツタイプのイベントおよび URL にアクセスするには、ブラウザーを使用します。サポートされていないコンテンツタイプを確認するには、「Adobe Connect アプリケーションのインストール」「コンテンツライブラリにアップロードされたコンテンツを開くことができません」を参照してください。

Adobe Connect アプリケーションのインストール

ダウンロードとアップデートのページから最新の Adobe Connect アプリケーション(およびその他のアップデート)をインストールします。 Adobe Connect アプリケーションは Connect 9 以降のバージョンに対応しています。

Adobe Connect アプリケーションのインストールに管理者権限は必要ありません。 スタンドアロンのインストーラーが、アプリケーションをシステムディレクトリ構造ではなくカスタムディレクトリ構造の内にインストールします。 Adobe Connect アカウント管理者は、会議、トレーニングやウェビナーの参加者に Adobe Connect アプリケーションのインストールを義務付けることもできます。

注意:

実行中のすべてのアプリケーションを終了してから、最新版をインストールします。

Adobe Connect アプリケーションはさらに、素早いインストールまたはアップグレードパスをサポートしています。

Adobe Connect アプリケーションを企業内で展開する

Adobe Connect アプリケーションは Connect 9 以降のバージョンに対応しています。 Windows ユーザー向けの MSI ベースのインストーラーを使用し、アプリケーションを全社的に展開することが可能です。MSI インストーラーが、マシンに設定されたすべてのユーザーにアプリケーションをインストールします。 アプリケーションのプロンプトに従って、いったんログアウトした後に再ログインし、インストールを完了させます。

Adobe Connect アプリケーションをローミングプロファイルで使用する

Adobe Connect アプリケーションがローミングプロファイルでインストールされると、アプリケーションとそのショートカットが新しいマシンにもコピーされます。 ただし新しいマシンでは、初回は手動でアプリケーションを立ち上げる必要があります。 アプリケーションをアンインストールすると、レジストリエントリはアンインストールを開始したマシンからのみ削除されます。

Adobe Connect アプリケーション使用に関する推奨事項

  • プレゼンターまたは主催者は、会議が開始する前にコンピューターとネットワーク接続の状況を確認しましょう。 Adobe Connect 診断テストを実行します。
  • 頻繁に訪れる会議室の URL をブックマークして素早くアクセスできるようにします。ようこそ画面の「最近」タブを使用します。 ブックマークした会議はお気に入りタブから立ち上げられます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー