概要

プロジェクトファイルにペイントブラシツールで作成した複数の描画が含まれる場合、ファイルサイズが大きくなるため、Animate にパフォーマンスの問題が起きる可能性があります。

ベストプラクティス

ペイントブラシツールを使用する際に Animate CC のパフォーマンス問題の発生を回避するため、Animate チームは以下のベストプラクティスをお勧めします。

オブジェクト描画モードの使用

シンボルで使用するペイントブラシストロークの数を減らします。 ペイントブラシツールのオブジェクト描画モードを使用すると、パフォーマンスの問題を回避できます。

オブジェクト描画モードの描画ツールを使用して作成したシェイプには、データがすべて含まれます。 Animate では、シェイプは個別のオブジェクトとして作成され、それぞれ独立して操作できます。

詳細については、「オブジェクト描画モード」を参照してください。

ストロークを塗りに変換

線を塗りに変換するには、線を選択し、修正/シェイプ/線を塗りに変換を選択します。選択した線は塗りつぶされたシェイプに変換されるので、線のグラデーション塗りや部分消去ができます。線を塗りに変換するとファイルサイズが大きくなりますが、アニメーションによっては描画速度が速くなります。

また、プロパティインスペクターパネルで、ツールを選択して「塗りとして描画」を選択することもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー