Adobe Sensei の技術を活用し、RAW 画像で鮮明なディテールと向上したカラーレンダリングを実現します。

Lightroom Classic の 2019 年 2 月リリース(バージョン 8.2)で追加となった、Adobe Sensei の技術を活用した「ディテールの強化」は、鮮明なディテール、向上したカラーレンダリング、より正確なエッジのレンディション、および斑点の減少を実現します。「ディテールの強化」は、微細なディテールが目に見えやすい大判印刷の場合に特に便利です。この機能は、ベイヤーセンサーを搭載したカメラ(Canon、Nikon、Sony など)、および富士フィルムの X-Trans センサーを搭載したカメラの RAW モザイクファイルに適用されます。

必要システム構成

「ディテールの強化」を使用するには、コンピューターが次の最小技術要件を満たしている必要があります。

オペレーティングシステム

GPU

「ディテールの強化」では、利用可能な GPU への負荷が大きくなるため、外付け GPU(eGPU)を使用できます(eGPU が利用可能な場合)。グラフィックプロセッサーのアクセラレーション要件は、をご確認ください。

「ディテールの強化」の使用

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、強化するサポートされている画像を選択します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 画像を Ctrl キーを押しながらクリック(Mac)または右クリック(Windows)し、「ディテールの強化」を選択します。
    • メニューバーで写真ディテールの強化を選択します。
  3. ディテール強化プレビューダイアログボックスに、効果のライブプレビューが表示されます。

    ハンドカーソルを押したままにすると元の画像が表示され、カーソルを放すと強化された画像がプレビューされます。また、ハンドカーソルを押したまま移動して、画像の様々な領域で効果の適用前後をプレビューすることもできます。

  4. 写真の強化された DNG 版を作成するには、「強化」をクリックします。

    注意:

    強化された画像は、「元のファイル名-強化.dng」という書式のファイル名で新しい DNG ファイルとして保存され、ソース画像の横に配置されます。

バッチモード

複数の画像に対して、「ディテールの強化」機能を使用できます。これをおこなうには、複数のサポートされている画像を選択し、写真/ディテールの強化を選択します。

バッチ処理で複数の画像を選択した場合、ディテール強化プレビューダイアログボックスは表示されません。

サポートされている画像形式

「ディテールの強化」は、ベイヤーおよび X-Trans のモザイク RAW ファイルにのみ適用できます。

サポートされていないファイル形式

「ディテールの強化」は、次の種類のソース画像には適用されません。

  • JPEG、TIFF、HEIC など、RAW 以外のファイル
  • リニア DNG(Lightroom および Camera Raw 内で以前に作成された HDR およびパノラマ DNG 画像を含む)
  • DNG プロキシとスマートプレビュー
  • モノクロ RAW ファイル(Leica M MONOCHROM など)
  • 4 色カメラで撮影した画像
  • Foveon センサーによる画像
  • SR、EXR、または 2x4 モザイクセンサー搭載の富士フィルム製カメラで撮影した画像
  • Canon の S-RAW/M-RAW ファイル
  • Nikon の small RAW ファイル
  • Pentax の Pixel Shift Resolution(PSR)ファイル
  • Sony の ARQ ファイル
  • ビデオファイル

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー