Adobe Captivate (2019 release) の FAQ

基本的な FAQ

Adobe Captivate (2019 release) の高度なオーサリングツールにより、完全にレスポンシブな各種の eラーニングコンテンツを作成することができます。 様々な VR および 360° メディアアセットを使用して、臨場感あふれる高度な学習コンテンツを簡単に作成することができます。 既存の PowerPoint スライドや自分で録画したビデオ(または YouTube から取り込んだビデオ)にインタラクション機能を追加することにより、すべてのデバイスで機能する eラーニングコンテンツを簡単に作成することができます。

あらゆるタイプのビジネスユーザーが対象です。例えば、製品デモ、アプリケーションシミュレーション、ソフトスキルトレーニング、コンプライアンストレーニング、またはモバイルラーニングを作成したくても、プログラミング知識が限られている企業トレーニングの専門家、教育者、指導デザイナーなどです。また、現在 PowerPoint を使用していて、トレーニング教材にインタラクティブな機能を追加したいと考えている教育者やトレーナーも対象です。

Adobe Captivate を使用すると、様々な eラーニングコンテンツやモバイルラーニングコンテンツをプログラミングなしで作成できます。Adobe Presenter Video Express はシンプルなツールです。デスクトップから数回クリックするだけで、トレーニングや教育向けにインタラクティブなビデオを作成することができます。

Adobe Captivate (2017 release) の有効なライセンスを持っているお客様は、特別価格で Adobe Captivate (2019 release) にアップグレードすることができます。または、Adobe Captivate に従量制方式で登録すれば、いつでも最新バージョンを利用できます。

Adobe Captivate (2019 release) の高度なオーサリングツールにより、完全にレスポンシブな各種の eラーニングコンテンツを作成することができます。 様々なバーチャルリアリティおよび 360°° メディアアセットを使用して、臨場感あふれる高度な学習コンテンツを簡単に作成することができます。自分で録画したビデオや YouTube から取り込んだビデオに簡単にインタラクション機能を追加して、ユーザーの使い勝手を向上させることができます。

すべての機能の一覧については、ここをクリックしてください。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) は Adobe Connect および Adobe Captivate Prime LMS と緊密に連携します。さらに、Adobe Captivate ファイルを直接 Adobe Captivate Prime にパブリッシュすることで、標準 Web ブラウザーを通じてコンテンツを配信し、コースや学習者の追跡と管理を行うことができます。

読み込めるコンテンツの形式としては、画像(PSD、GIF、JPEG、PNG、BMP、ICO、EMF、WMF、POT)、サウンド(MP3、WAV)、一般的なアニメーションとビデオ(SWF、メタタグ付き FLV、AVI、MOV)があります。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) は、Tin Can / SCORM 2004 / SCORM 1.2 / AICC 準拠の LMS と連携します。Adobe Captivate (2019 release) はマニフェストファイルを自動的に生成します。このファイルは、LMS が Adobe Captivate コンテンツと交信する際に必要なすべての情報が含まれている XML ドキュメントです。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) は Adobe Presenter と連携します。

Adobe Presenter 内から Adobe Captivate を呼び出してシミュレーションを記録できます。Adobe Captivate で作成した SWF ファイルは、Adobe Acrobat や Adobe Dreamweaver など、SWF ファイルをサポートするあらゆるツールで使用可能です。

はい。 Microsoft PowerPoint で作成したプロジェクトは読み込むことができます。PowerPoint コンテンツを Adobe Captivate で編集したり、インタラクティブな要素を追加したり、デスクトップ、Web、モバイルデバイス、または Adobe Captivate Prime などの LMS にパブリッシュしたりできます。

Adobe Captivate (2019 release) では、1 つのツールを使用するだけで、インタラクティブなビデオベースの学習コンテンツなど、レンスポンシブな各種の eラーニングコンテンツを作成することができます。 高度なオーサリングプラットフォームにより、ソフトウェアのシミュレーション、HD 製品のデモ、コンプライアンスに関するトレーニングなど、各種のレスポンシブな eラーニングコンテンツや mラーニングコンテンツの作成にかかる時間と手間を減らすことができます。 ストーリーボードからストーリーテリングまで 1 つのツールですべて作成できます。様々なバーチャルリアリティおよび 360°° メディアアセットを使用して、臨場感あふれる高度な学習コンテンツを簡単に作成することができます。自分で録画したビデオや YouTube から取り込んだビデオに簡単にインタラクション機能を追加して、ユーザーの使い勝手を向上させることができます。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) は、アラビア語、ヘブライ語、ウルドゥー語などの右から左に記述する言語をサポートしています。Adobe Captivate (2019 release) には、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語(ブラジル)およびスペイン語のバージョンがあります。各言語バージョンは、それぞれの言語のユーザーインターフェイスとドキュメンテーションを装備しています。

自動テキストキャプション機能は、中国語(簡体字)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、スペイン語、スウェーデン語の各言語のキャプションテキストを自動生成します。自動テキストキャプションファイルをカスタマイズして、その他の言語に対応することも可能です。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) は、Microsoft Windows 7 Service Pack 1、Windows 8.1 および Windows 10 で動作が確認されています。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) は Multicore Intel プロセッサで実行されている macOS X v10.12.3 以降および iOS 10.2.1 以降で実行されている iPad で使用できます。

価格と販売について

注意:

ここに記載された価格は、米国内の直営アドビストアの価格となります。販売店により価格が異なる場合があります。価格には、税金や送料および手数料は含まれません。

Adobe Captivate (2019 release) のフルライセンスの価格は $1299†† です。

Adobe Captivate (2017 release) から Adobe Captivate (2019 release) にアップグレードする場合は、特別価格の $499†† でアップグレードすることができます。Macromedia Captivate または Adobe Captivate 1、2、3、4、5、5.5、6、7、8、9 を使用している場合は、Adobe Captivate (2019 release) の新しいライセンスを $1299†† で購入する必要があります。

はい。 購入資格を満たしたユーザーであれば、Adobe Captivate (2019 release) の教育版を $399†† で購入いただけます。

詳細は、アドビボリュームライセンスのページを参照してください。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) のすべての機能を試すことができる 30 日間無償体験版をダウンロードできます。体験版をダウンロードするには、https://www.adobe.com/jp/products/captivate/download-trial/try.html にアクセスしてください。

サポート情報

カスタマーサービスに関するよくある質問とそれに対する回答については、カスタマーサービスのページをご覧ください。

技術サポートに関するよくある質問とそれに対する回答については、サポートのページをご覧ください。

Adobe Captivate がインストールされたコンピューターは、シリアル番号を入力して製品を最初に起動してから 30 日以内に、最低 1 回はインターネットに接続する必要があります。

インストール後にシステムがインターネット接続を検出すると、ライセンス認証が自動的にバックグラウンドで行われます。そのため、特にしなければならないことはありません。

シリアル番号付きの製品を初めて起動してから 30 日以内に少なくとも 1 回はインターネットに接続する必要があります。 30 日以内にライセンス認証が行われなかった場合、インターネット接続が検出されるまでアプリケーションは起動しませんが、検出されるとソフトウェアのライセンス認証を行うことができます。

シリアル番号を入力して製品を最初に起動してから 7 日後に、ソフトウェアはサイレントにインターネット接続およびライセンス認証を試みます。その 7 日間にライセンス認証が行われなかった場合、その後 23 日間、製品を起動するたびに、インターネットに接続してライセンス認証を行うよう促すメッセージが表示されます。そして、ソフトウェアがインターネット接続を検出すると同時に、ライセンス認証をサイレントに実行します。

いいえ。 Adobe Captivate (2019 release) のライセンス認証は、インターネット経由で行う必要があります。お使いのシステムがインターネットに接続しているにもかかわらず、ライセンス認証を促すメッセージが表示される場合は、お住まいの地域のカスタマーサービスにご連絡ください。ただし、インターネット接続環境がない場合は、カスタマーサポートに電話してもライセンス認証を行えません。

お使いのシステムがインターネットに接続しているにもかかわらず、ライセンス認証を促すメッセージが表示される場合は、お住まいの地域のカスタマーサービスにご連絡ください。

はい。すべての Adobe Captivate ユーザーはライセンス認証を行う必要があります。会社がファイアーウォールによってインターネット接続を制限している場合は、会社の IT 管理者を通してお住まいの地域のカスタマーサービスにご連絡ください。

はい。 Adobe Captivate (2019 release) をインストールして使用を続けるコンピューターすべてで、ライセンス認証を行う必要があります。

会社がファイアーウォールによってインターネット接続を制限している場合は、会社の IT 管理者を通してお住まいの地域のカスタマーサービスにご連絡ください。

製品を引き続きご利用いただくには、インターネット経由で Adobe Captivate (2019 release) のライセンス認証を行う必要があります。ライセンス認証を行い、正規のアドビ製品を使用していることを保証することにより、お使いのコンピューターと環境を保護することができます。シリアル番号を入力して製品を最初に起動してから 30 日以内に、少なくとも 1 回はインターネットに接続しないと、製品が作動しなくなります。会社がファイアーウォールによってインターネット接続を制限している場合は、会社の IT 管理者を通してお住まいの地域のカスタマーサービスにご連絡ください。

いいえ。 Adobe Captivate (2019 release) のライセンス認証は、インターネット経由で行う必要があります。引き続き使用するためには、製品がインストールされたすべてのコンピューターで、シリアル番号を入力して製品を最初に起動してから 30 日以内に、最低 1 回はインターネットに接続する必要があります。

お住まいの地域のアドビの返品ポリシーの詳細については、アドビ製品の返品と交換のページにアクセスしてください。

いいえ。 ライセンス認証は、ソフトウェアをインターネット経由でアドビのサーバーに接続させ、お客様がお買い求めになったアドビ製品とそれらをお使いになるコンピューターとを関連付ける必須のプロセスです。ライセンス認証を行い、正規のアドビ製品を所有していることを検証することにより、お使いのコンピューターと環境を悪意のあるコードから保護することができます。ユーザー登録は、サポートの利用、製品のアップデートに関するお知らせ、ニュースレター、特別提供、アドビのイベントの案内など、様々な特典を受けることができる任意のプロセスです。

登録とライセンス認証は完全に異なります。 ライセンス認証は、ソフトウェアをインターネット経由でアドビのサーバーに接続させ、お客様がお買い求めになったアドビ製品とそれらをお使いになるコンピューターとを関連付ける必須のプロセスです。ライセンス認証を行い、正規のアドビ製品を所有していることを検証することにより、お使いのコンピューターと環境を悪意のあるコードから保護することができます。ユーザー登録は、サポートの利用、製品のアップデートに関するお知らせ、ニュースレター、特別提供、アドビのイベントの案内など、様々な特典を受けることができる任意のプロセスです。

カスタマーサービス(太平洋標準時の月曜日~金曜日、午前 6 時~午後 5 時)に電話(800-833-6687)でお問い合わせいただくか、オンラインフォームでいつでもご質問をお送りください。電話でのお問い合わせの場合は、事前に請求書番号をお手元にご用意ください。

サブスクリプション情報と価格

サブスクリプションは、より柔軟に eラーニングソフトウェアを入手するための新しい方法です。ユーザーは、サブスクリプションが有効である限り、追加費用を支払うことなく、お求めやすい月定額価格でソフトウェアとそのすべてのアップグレード版に継続してアクセスできます。

サブスクリプションでは以下の Adobe eラーニングソフトウェアをによって利用できます。

  • Adobe Captivate
  • Adobe Presenter†
  • Adobe Presenter Video Express

注意:

サブスクリプション形式では、最新のバージョンのみをお求めいただけます。

製品の機能および必要システム構成に違いは一切ありません。 唯一の違いは、サブスクリプションをキャンセルした場合にソフトウェアを使用できなくなる点です。

サブスクリプションが適しているのは以下のような場合です。

  • ソフトウェアのアップグレードを長期間行っておらず、利用しやすい価格で最新バージョンに移行したい場合
  • Adobe eラーニングソフトウェアを使用したことがなく、試しに使ってみたい場合

サブスクリプションエディションは、コンピューターにローカルにインストールするという点で市販製品と同じであり、両者のバージョンで機能的な違いはありません。Adobe eラーニングソフトウェアのサブスクリプションを使用するにあたって、インターネット接続の必要はありません。ただし、ソフトウェアのインストール時、ライセンス認証時およびその後少なくとも 30 日ごとに 1 度は、インターネットに接続する必要があります。ライセンス状態を確認するためにインターネットに接続する必要があるときには、ソフトウェアからの通知が表示されます。

Adobe eラーニングソフトウェアサブスクリプションは、Adobe.com からのみ購入できます。詳しくは、以下を参照してください。

Adobe Captivate の購入ガイド

Adobe Presenter の購入ガイド

Adobe Presenter Video Express

Adobe Captivate (2019 release) または Adobe Presenter Video Express (2017 release) の体験版を既に使用している場合は、Adobe.com でサブスクリプション版を購入することができます。オンラインカートに製品を追加し、「サブスクリプション」オプションを選択します。 注文が完了すると、Adobe.com のアカウントにサブスクリプションが反映されます。製品を起動し、このソフトウェアのライセンス認証を行うためのオプションを選択してください。Adobe ID にログオンすると製品が有効化されます。サブスクリプション版に変換できるのは、Adobe Captivate (2019 release) または Adobe Presenter Video Express (2017 release) の体験版だけです。旧バージョンの体験版をサブスクリプションに変換することはできません。

いいえ。 サブスクリプションを購入したら、ソフトウェアをダウンロードする必要があります。

サブスクリプションをご購入いただくと、サブスクリプションの有効期間中は、Adobe eラーニングアプリケーションの現在および将来のバージョンにアクセスできます。

Adobe Captivate (2019 release) には、月ごとにお支払いいただく年間サブスクリプションプランが用意されています。

料金は製品、プラン、お住まいの国によって変わります。 お住まいの国の料金情報については、Adobe.com またはオンラインのアドビストアをご覧ください。

毎月クレジットカードに請求されます。詳細は、利用条件を参照してください。

個人ユーザー向けサブスクリプションの料金は、必ずクレジットカードで支払う必要があります。VIP 購入プログラムを利用して購入したチーム向けサブスクリプションの料金は、PO と請求モデルを使用して支払うことができます。

いいえ。 Adobe eラーニングソフトウェアアプリケーションを保有していてもサブスクリプション料金の割引はありません。

Adobe の eラーニングソフトウェアのサブスクリプションエディションは、Adobe.com でのみ購入することができます。詳しくは、以下を参照してください。

Adobe Captivate の購入ガイド

Adobe Presenter の購入ガイド

Adobe Presenter Video Express

はい。 柔軟なサブスクリプションライセンスプログラムである Adobe Value Incentive Plan でボリュームライセンスを購入できます。詳細は、アドビ購入プログラムを参照してください。

はい。 行政機関向けの Adobe Value Incentive Plan についての詳細は、アドビ VIP プログラムガイドを参照してください。

教育機関向けについては、教育機関向けアドビ VIP プログラムガイドを参照してください。

Adobe Captivate (2019 release) および Adobe Presenter Video Express のサブスクリプションは、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語(ブラジル)およびスペイン語でご利用いただけます。

サブスクリプションは、簡単にすばやく使用を開始できます。www.adobe.com/jp から製品とプランを選択して購入してください。購入後すぐに、アドビからソフトウェアをダウンロードするためのリンクとシリアル番号が書かれたメールがないか確認してください。 製品をダウンロードした後、インストーラーをダブルクリックして、画面の指示に従って製品のインストール、サブスクリプションを開始します。

サブスクリプションはアドビストアによって注文が実行されるとすぐに開始されます。

Adobe サポートページにアクセスして、ソフトウェアのダウンロードで発生する一般的な問題に関する情報を参照してください。

Adobe.com のアカウントページの「プラント製品」タブで、「製品を表示」を選択してください。列に、サブスクリプションのシリアル番号と、製品のダウンロードへのリンクが表示されます。

購入およびインストール時に、Adobe ID を作成または入力を求められます。 Adobe ID は自分のメールアドレスです。

ソフトウェアをインストールする際、サブスクリプションの購入時に使用したものと同じ Adobe ID をご入力いただく必要があります。理由を以下に示します。

  • サブスクリプションを購入した人物が、ソフトウェアをインストールする人物と同一であることを確認するため
  • サブスクリプションの期間終了が間近になったり、サブスクリプションの請求ができない場合などに、アドビから重要なアカウント情報を送信できるようにするため

アドビはユーザーのプライバシーを尊重し、このようなメッセージを明らかに選択された場合のみ、他の Adobe 製品やサービスについての情報を送信します。

Adobe ID が現在の有効なメールアドレスであることを確認します。 有効ではない場合は、更新してください。

いいえ。 サブスクリプション版を含むすべてのアドビ製品で同じ Adobe ID を使用できます。 各サブスクリプションはそれぞれが単独の購入アイテムとして扱われ、お客様のアカウントで複数のサブスクリプションに関連した問題が生じた場合は、サブスクリプションにつき 1 通の電子メールが配信されることがあります。

サブスクリプション 利用条件を参照してください

当該ソフトウェアの製品ライセンス契約をご覧ください。

アドビ製品を購入すると、そのソフトウェアを使用するライセンスを表すシリアル番号が発行されます。 ライセンス認証は、お手持ちのソフトウェアとシリアル番号が正規のものであり、製品使用許諾契約による許可に準じて使用されているものであることを、アドビが検証するプロセスのことです。 消費者としてのユーザーの権利、およびソフトウェア開発者としてのアドビの権利の両方を保護することが目的です。 ライセンス認証は、購入したソフトウェアが偽造ではないことの確認に役立ちます。 ライセンス認証がされていない場合、アドビのサブスクリプション版ソフトウェアを使用できません。

はい。 アドビが製品のライセンス認証を実行できない場合、アプリケーションを起動するときに警告が表示されます。 ライセンス認証サーバーへのアクセスがブロックされていると、製品を起動できません。

VIP 購入プログラムを利用してチーム用のサブスクリプションを購入する方法があります。 Adobe Value Incentive Plan の詳細については、Adobe VIP プログラムガイドを参照してください。

はい、年間サブスクリプションはキャンセルできます。最初の 14 日間でのキャンセルについては、全額が返金されます。それ以降の解約については、残存期間の料金の 50% を請求させていただきます。

メンバーシップをキャンセルするには、アドビカスタマーサービスにご連絡ください。

停止から 6 ヶ月以内であればサブスクリプションを再開できます。6 ヶ月を過ぎた後は、アカウントは無効になり、www.adobe.com/jp でサブスクリプションを新しく購入していただく必要があります。 6 ヶ月を超えていても、インストール済みの Adobe eラーニングソフトウェアのバージョンが最新バージョンであれば、ソフトウェアを再度ダウンロードする必要はありません。インストール済みのソフトウェアを起動して新しいサブスクリプション番号を入力してください。

サブスクリプション版は、購入後 14 日以内に返品すると全額返金されます。 返品プロセスは、お住まいの国や地域によって異なります。 北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域のお客様は、製品の返品に関する説明を参照してください。

サブスクリプションが有効期限切れや、何らかの理由(例えば、クレジットカードの期限切れなど)で停止した場合、メールで通知され、ソフトウェアにはサブスクリプションが終了したという警告が表示されます。 サブスクリプションが終了してから 6 ヶ月以内であれば、警告と共に表示される「更新」ボタンをクリックし、必要な情報を入力することによって更新できます。

いいえ。 サブスクリプションをキャンセルした場合、Adobe eラーニングサブスクリプションソフトウェアのすべてのバージョンが使用できなくなります。

Adobe eラーニングソフトウェアのサブスクリプションから製品版に移行する場合、割引は適用されません。

サブスクリプションの有効期間中は、Adobe Captivate、Adobe Presenter、または Adobe Presenter Video Express のサブスクリプションエディションのアップデートを入手できます。アップデートが利用可能になったとき、アドビがメールで通知します。 アップデートへのアクセスとインストールの方法に関する説明がメールに書かれています。 継続的なバグ修正、セキュリティパッチ、その他フルアップグレードを必要としないアップデートリリースは、Adobe eラーニングソフトウェアの通常バージョンの場合と同様に、Adobe Application Manager のアップデータを通じて提供されます。

アドビの発表が行われ次第、該当するアップグレードの通知をお送りします。アップグレードが入手可能な状態になったら、入手方法とインストール方法を記した電子メールをお送りします。

いいえ。 どのサブスクリプションソフトウェアの新バージョンも、インストールすることは求められません。またインストールすることを選択する時期についても、かなりの柔軟性があります。 後続のバージョンが発表されてから 1 年間は、現在のバージョンを使用し続けることができます。

アドビカスタマーサービスにお問い合わせください。

アドビのソフトウェアに関する問題は、アドビ  サポートにお問い合わせください。

サブスクリプションには、その製品の従来のライセンスモデルと同様の サービスおよびサポートが含まれます。

* この製品は、アドビまたはサードパーティがホストする特定のオンラインサービス(以下「オンラインサービス」とする)に統合されるか、またはそれらにアクセスできる場合があります。オンラインサービスは、13 歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件およびアドビのオンラインプライバシーポリシー(www.adobe.com/go/terms_jp を参照)に同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。

†Windows でのみ使用可能

††記載された価格は、米国内の直営アドビストアの価格となります。 販売店により価格が異なる場合があります。価格には、税金や送料および手数料は含まれません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー