Adobe Captivate(2017 release)アップデート 1 のリリースノート

このドキュメントには、Adobe Captivate ドキュメントに記載されていない最新の製品情報、アップデート、トラブルシューティングのヒントが記載されています。 

このアップデートの新機能

Captivate(2017 release)アップデート 1 の新機能と変更内容は次のとおりです。

  • レスポンシブプロジェクトのアプリ内のインタラクティブなガイド。
  • Captivate(2017 release)の新しいビデオチュートリアル。
  • macOS 10.13 と iOS 11.2.6 のサポート。
  • サインインすることなく、Captivate の eラーニングアセットに直接アクセスする機能。

詳しくは、「新機能」を参照してください。

必要システム構成

Adobe Captivate の必要システム構成については、必要システム構成を参照してください。

Captivate 10.0.0.192 のビルドのバージョンが既にインストールされていることを確認します。

インストール手順

  1. Adobe Captivate を開き、ヘルプ/更新を選択します。Adobe Application Manager が表示されます。

    Captivate 2017 アップデート 1
    Captivate 2017 アップデート 1
  2. Adobe Captivate の下にある「Adobe Captivate 2017 アップデート 1」のチェックボックスが選択されていることを確認してください。

  3. 更新」をクリックしてパッチをインストールします。

    インストールが完了すると、「更新完了」メッセージが表示されます。

  4. 閉じる」をクリックします。

    注意:

    このアップデートのインストール後、ビルド番号が 10.0.1.285 になっていることを確認してください。

このアップデートで修正された問題

クローズドキャプション
  • 再生バーが無効になっている場合、スライドボタンを使用してクローズドキャプションを切り替えることができない。
  • 別のブレークポイント内でクローズドキャプションダイアログをカスタマイズした場合、プロジェクトを保存してからもう一度プロジェクトを開くと、そのカスタマイズ内容が失われることがある。
  • 特定のクローズドキャプションを同じスライド上の別のクローズドキャプションに変更すると、HTML5 の出力内でクローズドキャプションが点滅する。
  • Neo Speech エージェントを使用して音声を作成した場合、スライドメモ内で改行しても、その音声のセンテンス間に無音部分が挿入されない。

オブジェクト

  • マスター・スライドに 5 個以上のオブジェクトが含まれている場合、またはフィルムストリップのスライドでオブジェクトが「残りのプロジェクト」としてマークされている場合に、それらのオブジェクトが SWF 出力に表示されない。
  • クリックボックスでテンキーにショートカットを割り当てると、文字キーの上部に配置されている数字キーが機能しなくなる(その逆も同様)。

その他

  • 変数の値が、特定のステートや追加のステート項目に伝播されない。
  • Mac で、Photoshop のラウンドトリップが機能しない。
  • 名前に空白または数値が含まれているアセットを eLearning Brothers からダウンロードできない。
  • Captivate プロジェクトをビデオとしてパブリッシュした場合、そのプロジェクトのバックグラウンド音声が表示されない.
  • 書式設定されているスライドメモで、スペルチェッカー(F7 キー)が正しく機能しない場合がある。
  • スライドメモに含まれている文字列を検索する際に、「検索と置換」ダイアログで、HTML の書式設定タグ(ボールド、イタリック)が表示される  if the searched string is part of slide notes.

ダウンロード

Captivate ダウンロードセンターからこのアップデートをダウンロードすることもできます。

バージョン 9 以前の Captivate をダウンロードする場合は、Captivate のダウンロードにアクセスしてください。

カスタマーケア

カスタマーサービス

Adobe カスタマーサービスでは、製品情報、セールス、登録およびその他の技術的な問題以外のことについて、お客様からのお問い合わせをお受けしています。アドビカスタマーサービスへの問い合わせ先については、お客様の国または地域の Adobe.com にアクセスし、「お問い合わせ」をクリックしてください。 

サポートプランオプションとテクニカルリソース

製品について、無料または有料のサポートプログラムおよびトラブルシューティングリソースに関する情報を含む技術的なサポートが必要な場合は、http://www.adobe.com/go/support_jp/ に詳しい情報があります。北米以外の地域のお客様は、http://www.adobe.com/go/intlsupport_jp/ にアクセスし、国名の下にある「変更」をクリックして該当する国を選択してください。

無償のトラブルシューティングリソースには、アドビのサポートデータベース、ユーザーフォーラムなどがあります。できるだけ早く問題を解決するために、柔軟な選択を提供できるよう、今後も引き続きオンラインで追加のツールや情報を提供していきます。 

Adobe Captivate 10.0 のインストールまたはアンインストールに関する問題が発生した場合は、サポートへお問い合わせいただく前に、システムの再起動をお試しください。 

その他のリソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー