Adobe Captivate バージョン 2019 および 2017 をダウンロードします。
  • Adobe Captivate (2019 release) にアセットパネルが読み込まれない場合は、このリンクで解決策を確認してください。
  • Mac OS Catalina に対応した Adobe Captivate (2019 release) 用のアップデートが公開されました。このリンクでアップデートを入手してください。

購入した Adobe Captivate のバージョンにインストールメディアがない場合は、このページからインストーラーをダウンロードできます。

  • インストールを完了するには、Captivate のシリアル番号が必要です。シリアル番号が見つからない場合は、次の手順をお試しください。
    以下にログインして、 「マイアドビ」で、登録した製品のシリアル番号を探します。
    あるいは「シリアル番号をすばやく検索する」を参照してください。
  • シリアル番号をお持ちでない場合は、Captivate を体験版で 30 日間使用できます。
  • システムが製品の要件を満たしていることをご確認ください。詳しくは、「必要システム構成」を参照してください。
  • インストールファイルをダウンロードしたら、次の手順に従ってファイルを抽出して製品をインストールします。
  • 問題が解決しない場合は、弊社のコミュニティフォーラムをご利用ください

注意:

2 つのファイルのダウンロードが必要な場合、アドビでは同じ場所にファイルをダウンロードすることを推奨します。

その後、exeファイルを実行してください。インストーラーがもう一方のアーカイブファイルからインストールに必要なファイルを抽出します。

ダウンロードやインストールに問題がある場合は、弊社(CaptivateHelp@adobe.com)までお問合せください。

Adobe Captivate のダウンロード

ダウンロードにはどのくらい時間がかかりますか? 「推定ダウンロード時間」を参照してください。

Captivate(2017 年リリース)のインストールについては、『インストールガイド』を参照してください。

バージョンが分からない場合

他のサードパーティのインストーラー

注意:

利用条件

Adobe Captivate ソフトウェアの利用には、https://www.adobe.com/jp/legal/licenses-terms.html にある EULA が適用されます。このソフトウェアには、http://www.adobe.com/go/thirdparty_jp(または後継の Web サイト)に記載されている注意事項または追加の利用条件が適用されるサードパーティソフトウェアが含まれている場合があります。

Java SE のダウンロード

JAVA SE 12.0.2
JAVA SE 11.0.5(LTS)
JAVA SE 11.0.4(LTS)
JAVA SE 11.0.3(LTS)
JAVA SE 11.0.2(LTS)
JAVA SE 8u231

Java SE Runtime Environment

JAVA SE 1.8.0_u221

Java SE Runtime Environment

JAVA SE 8u212 Java SE Runtime Environment
JAVA SE 8u202

アドビ eラーニングコミュニティ

常に時代の先取りを目指します。Adobe Captivate と eラーニングの最新かつ最高の内容をご紹介するアドビ eラーニングコミュニティに参加してください。

アドビ eラーニングコミュニティは、同僚とのつながり、エキスパートとの交流、eラーニングに関連する様々な問題についてアドビのトップブレインとの相談などを行えるプラットフォームです。

これは、Adobe Captivate と eラーニングの世界に関するものすべてをまかなえるワンストップショップです。

ブログの参照、仕事の紹介、エキスパートのフィードバックの入手、お客様の声、レビューなどを投稿できます。

eラーニングコミュニティポータルの新機能をご覧ください。