Microsoft PowerPoint と Word 内から Creative Cloud ライブラリを使用およびアクセスする方法について説明します。

Word/PowerPoint 向け Adobe Creative Cloud アドインを使用すると、Microsoft Word や PowerPoint 内から、ブランドまたは個人プロジェクトのコアデザインアセットを利用できます。このアドインを使用することで、ブランドデザインやアセットをプレゼンテーション、レポート、パンフレット、ブランディングやマーケティング資料に表示できます。

必要システム構成

Word/PowerPoint 向け Adobe Creative Cloud アドインの必要システム構成は次のとおりです。

デスクトップアプリケーション

  • Microsoft Windows 10 以降、Microsoft Office 2016 以降を搭載
  • macOS X v10.13 以降、Microsoft Office 2016 以降を搭載

ブラウザー

  • Microsoft Windows 10 以降、Microsoft Edge、Internet Explorer 11、または最新バージョンの Firefox か Chrome を搭載
  • macOS X v10.13 以降、Safari 10 以降、または最新バージョンの Firefox か Chrome を搭載

インストール

インストールを開始する前に、アドビアカウントで Creative Cloud デスクトップアプリケーション にログインしていることを確認します。アドインをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. PowerPoint ファイルまたは Word ドキュメントを開きます。

  2. 挿入アドインを入手をクリックします。

  3. 「Adobe Creative Cloud for Word and PowerPoint」を見つけます。

  4. 追加」をクリックします。

    アドインが Office アプリケーション内に表示されます。

使用を開始する

アドインをインストールすると、アドインパネル内から Creative Cloud ライブラリにアクセスできるようになります。

次の手順を実行します。

  1. Powerpoint ファイルを開いて、ホームCreative Cloud をクリックします。

    Creative Cloud アイコン

    PowerPoint のドキュメント内に、Creative Cloud アドインパネルが表示されます。

    PowerPoint 内に表示された Adobe Creative Cloud ライブラリ
  2. ログイン」をクリックします。

    注意:

    a)ログインには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアクセスに使用するのと同じアカウントを使用します。

    b)初回のログイン時に、アドビが Adobe Creative Cloud と Microsoft Office の間に安全な接続を確立できるように、自己署名証明書をインストールするよう求められます。

  3. PowerPoint ファイル内で Creative Cloud ライブラリが開き、すべての Creative Cloud アプリケーションにあるすべてのライブラリアセットにアクセスできるようになります。

    ライブラリアセットをプレゼンテーションに追加するには、アセットを挿入する場所にカーソルを置きます。ライブラリパネルでアセットにカーソルを合わせ、表示されるグラフィックの配置アイコンをクリックします。

    グラフィックの配置
  4. 現在のライブラリでアセットを検索するには、検索バーにアセット名を入力します。

  5. 新しいライブラリを作成するには、次の手順を実行します。

    a)3 本線のメニューアイコンをクリックし、ドロップダウンリストから「新規ライブラリを作成」を選択します。

    b)ライブラリに名前を付けて、「作成」をクリックします。

    新規ライブラリを作成
  6. 共同作業をおこない、ユーザーを招待するには、3 本線のメニューアイオンから「フォルダー共有」または「共有リンク」をクリックします

    ブラウザーウィンドウで Creative Cloud ライブラリのホームページが開き、共同作業するユーザーを招待して、閲覧権限と編集権限を付与できるようになります。

    「フォルダー共有」または「共有リンク」

    注意:

    ライブラリファイルとフォルダーの同期ステータスを確認するには、パネルの下部でクラウドアイコン をクリックします。

  1. Word ドキュメントを開いて、ホームCreative Cloud をクリックします。

    MS Word の Creative Cloud アイコン

    Word のドキュメント内に、Creative Cloud アドインパネルが表示されます。

    PowerPoint 内に表示された Adobe Creative Cloud ライブラリ
  2. ログイン」をクリックします。

    注意:

    a)ログインには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアクセスに使用するのと同じアカウントを使用します。

    b)初回のログイン時に、アドビが Adobe Creative Cloud と Microsoft Office の間に安全な接続を確立できるように、自己署名証明書をインストールするよう求められます。

  3. Word ファイル内で Creative Cloud ライブラリが開き、すべての Creative Cloud アプリケーションにあるすべてのライブラリアセットにアクセスできるようになります。

    ライブラリアセットを Word ドキュメントに追加するには、アセットを挿入する場所にカーソルを置きます。ライブラリパネルでアセットにカーソルを合わせ、表示されるグラフィックの配置アイコンをクリックします。 

    グラフィックの配置
  4. 新しいフォントスタイルまたはフォントカラーをテキストに追加するには、テキストを選択し、適用するライブラリスタイルまたはフォントをクリックします。変更はリアルタイムで適用されます。

    カラーとスタイルをテキストに適用
  5. 文字スタイル、カラー、段落スタイル、さらにはテキストなどの要素をライブラリに追加することもできます。これには、テキストを選択し、アドインパネルの下部にある「+」アイコンをクリックします。次に、後でドキュメントで使用するテキスト要素をクリックします。

    これらの要素は、Word やその他のアドビアプリケーション内で必要に応じて利用可能になります。

    ライブラリにコンテンツを追加
  6. 現在のライブラリでアセットを検索するには、検索バーにアセット名を入力します。

  7. 新しいライブラリを作成するには、次の手順を実行します。

    a)3 本線のメニューアイコンをクリックし、ドロップダウンリストから「新規ライブラリを作成」を選択します。

    b)ライブラリに名前を付けて、「作成」をクリックします。

    新規ライブラリを作成
  8. 共同作業をおこない、ユーザーを招待するには、3 本線のメニューアイオンから「フォルダー共有」または「共有リンク」をクリックします

    ブラウザーウィンドウで Creative Cloud ライブラリのホームページが開き、共同作業するユーザーを招待して、閲覧権限と編集権限を付与できるようになります。

    「フォルダー共有」または「共有リンク」

    注意:

    ライブラリファイルとフォルダーの同期ステータスを確認するには、パネルの下部でクラウドアイコン をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー