Creative Cloud ライブラリ

Creative Cloud ライブラリを使用してプロジェクト固有のデザインエレメントを 1 つにまとめ、ユーザーやユーザーのグループが Creative Cloud アプリケーションからエレメントにアクセスできるように準備する方法について説明します。

Creative Cloud ライブラリとはどのようなものですか?

Creative Cloud ライブラリを使用すると、デザインエレメントをまとめ、特定のプロジェクト、クライアント、またはチームが、Creative Cloud アプリケーションの中で使用することができます。ライブラリを使用することで、ユーザーとユーザーのグループは、Photoshop と Illustrator での初期画像の作成から、XD での web サイトのインタラクションのモックアップ、InDesign での印刷物の作成まで、ライフサイクル全体を通じてプロジェクトの同じ要素に確実にアクセスできます。

頻繁に使用するデザインエレメントをライブラリからプロジェクトに直接追加します。

アセットの収集

様々なアプリケーションで作成されたプロジェクトやクライアント用のデザインアセットを、カラーパレットや、文字スタイル、ロゴ、ニーモニック、承認済み画像から収集します。ライブラリに追加できるアセットは最大 10,000 個までです。

整理および共有

デザインアセットは、グループに整理したり、ブランド、プロジェクト、アセットの種類、またはクライアントごとに個別のライブラリに保存したりすることができます。ライブラリをグループメンバーと共有すると、全員が承認されたデザインエレメントとアセットにアクセスできます。

デザインへの組み込み

ライブラリにある最新のアセットを使用して、統一的なデザイン、web サイト、パンフレット、プレゼンテーション、アートワークなどを作成できます。

ライブラリの作成と使用

Creative Cloud デスクトップアプリケーションでのライブラリの作成と使用

ユーザーは、作業中のアプリケーションに関連するアセットのみを表示および使用できます。例えば、Photoshop のレイヤースタイルをライブラリに追加できますが、これらのスタイルは Photoshop のみで使用できます。

Creative Cloud アプリケーションでライブラリを作成して使用する方法について詳しくは、以下のリンクをクリックしてください。

モバイルアプリケーションでのライブラリの使用

ほとんどのモバイルアプリケーションは、該当のライブラリアセットを使用できますが、アセットをライブラリに保存することはできません。これに対し、Adobe Capture ではライブラリアセットを使用することはできませんが、シェイプ、カラーテーマ、ブラシ、パターンをライブラリに直接保存できます。

 Adobe Capture

 Adobe Fresco(カラー)

Creative Cloud ライブラリの作成および使用方法について詳しくは、スタイルガイドを参照してください。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションでのライブラリへのアクセス

Creative Cloud デスクトップアプリケーションには、アプリケーションのライブラリパネルよりも広いワークスペースが用意されており、アセットを便利に管理および整理することができます。Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「作品」タブでは、ライブラリにアクセスできます。

また、Creative Cloud web サイトの「作品」タブで Creative Cloud ライブラリにアクセスして管理することもできます。

Add Adobe Stock 画像のライブラリへの追加

Creative Cloud アプリケーションでライブラリから Adobe Stock 画像にアクセス

Creative Cloud アプリケーションで、ライブラリから直接 Adobe Stock 画像を検索できます。気に入った画像が見つかったら、次のいずれかを実行できます。

ライブラリパネルから透かし入りの画像をクリエイティブプロジェクトにドラッグし、プレースホルダーとして使用する 

カートアイコンを使用して、ライブラリパネルで直接ライセンスする

プラス記号を使用して透かし入りの画像をライブラリに追加し、その採用を決定した時点でライセンスする

ライブラリパネルで Stock 画像を検索します。
ライブラリパネルで Stock 画像を検索します。次に、プレースホルダーをプロジェクトに直接ドラッグするか、画像をライセンスするか、ライブラリに追加します。

Adobe Stock 画像のライブラリへの保存

Adobe Stock web サイトに移動して、Adobe Stock 画像の透かし入りのプレビューをライブラリに保存することができます。詳しくは、Adobe Stock の使用を参照してください。

Adobe Stock 画像のライブラリへの保存
透かし入りの Adobe Stock 画像をライブラリに保存

Capture アプリ内拡張機能を使用したライブラリアセットの作成

Photoshop の Capture アプリ内拡張機能を使用すると、画像をカラーテーマ、パターン、ベクターシェイプ、グラデーションなどの様々なデザイン要素にすばやく変換できます。これらはライブラリに自動的に保存され、現在のプロジェクトまたは他のアドビアプリケーションですぐに使用できます。詳しくは、Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用を参照してください。

Adobe Spark でのライブラリの使用

Creative Cloud ライブラリのアセットと、web 上の Spark Post エディター内で共有されたライブラリのアセットにアクセスします。詳細情報をご覧ください

他のアプリケーションでのライブラリへのアクセス

MS Word および PowerPoint

Microsoft Word と PowerPoint の Creative Cloud アドオンを使用すると、Word や PowerPoint の中でライブラリにアクセスできます。これにより、デザインアセットをプレゼンテーション、レポート、パンフレットなどの資料に組み込むことができます。詳しくは、Adobe Creative Cloud Word/PowerPoint 向けアドインを参照してください。

Zapier

Creative Cloud ライブラリを Google シート、Slack、または Zapier で利用可能な他の 1,500 以上のアプリケーションと接続して、zap と呼ばれる自動ワークフローを作成します。詳しくは、Creative Cloud ライブラリ Zapier 版を参照してください。

Gmail

Adobe Creative Cloud for Gmail を使用すると、Creative Cloud Files、ライブラリ、モバイル作品に保存されているコンテンツへのリンクを Gmail メッセージで直接共有できます。

グループとのライブラリの共有

Creative Cloud web サイト、Creative Cloud デスクトップアプリケーション、または任意の Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、グループとの間でライブラリを共有できます。グループメンバーが Creative Cloud ライブラリを使用するには、無償または有償の Creative Cloud メンバーシップが必要です。共有するときに、表示権限または編集権限を付与することもできます。共有について詳しくは、Creative Cloud ライブラリおよびフォルダーで共同作業するを参照してください。

Adobe XD で Creative Cloud ライブラリを使用したデザインシステムの作成と共有

Creative Cloud ライブラリでは、デザインやブランドシステムのアセットをチームで大規模に一元管理して、配布できます。

まず、XD のクラウドドキュメントのデザインとブランドシステムを構成する一連のコンポーネントとスタイルを使用して、ステッカーシートを作成します。より広範なチームと再利用可能なアセットを共有する準備ができると、ステッカーシートのクラウドドキュメントをライブラリとして公開して、適切な権限を持つチームを招待できます。

チームがライブラリの招待を承認することで、ライブラリのアセットを再利用して、今後のライブラリの更新時に同期できます。詳しくは、XD の Creative Cloud ライブラリの使用を参照してください。

公開ライブラリを参照してフォローする

Creative Cloud デスクトップアプリケーションで一般に公開されているライブラリを参照、保存して、後でブランドプロジェクトやクリエイティブプロジェクトに使用する方法について説明します。

Creative Cloud ライブラリの書き出しや読み込み

よくある質問

ライブラリでは単一のスウォッチまたはカラーテーマのカラーデータがサポートされています。ライブラリではプロセスカラーのみサポートされています。スポットカラーはサポートされていないため、ライブラリにはプロセスカラーとして追加されます。

アセットはデバイス上にローカルに保存され、Creative Cloud と同期されます。

共同作業者の最大数は、表示機能と編集機能のどちらを共有するかに関係なく 1,000 人です。ライブラリが公開の場合、フォロワー数に制限はありません。

1 つのライブラリ要素の最大ファイルサイズは、1 GB です。

Creative Cloud ライブラリに関する詳しい情報は、次のリソースで確認できます。

チュートリアル

モバイルアプリケーションで Creative Cloud ライブラリのデモンストレーションを行うビデオチュートリアル:

アドビのロゴ

アカウントにログイン