libraries

Creative Cloud ライブラリを使用すれば、Adobe CreativeSync テクノロジーにより、お気に入りのアセットをどこにいても使用することができます。複数の Creative Cloud デスクトップアプリケーションやモバイルアプリで画像、カラー、テキストスタイルなどを作成して、他のデスクトップアプリケーションやモバイルアプリから簡単にアクセスできるので、シームレスなクリエイティブワークフローが実現します。

概要については、Creative Cloud ライブラリ入門をご覧ください。


Adobe Creative Cloud ライブラリでできること

Adobe Creative Cloud ライブラリでできること

キャプチャ

Creative Cloud ライブラリは、デスクトップアプリケーションに限らず、様々なアプリケーションからデザインアセットをキャプチャするメカニズムを提供します。ひらめいたらすぐその場で Creative Cloud モバイルアプリファミリーを使用してインスピレーションを取り込めるだけでなく、Adobe Stock や Creative Cloud マーケットからアセットをダウンロードすることもできます。

再利用と作成

Creative Cloud ライブラリのオブジェクトを使用して、デザインやアートワークを再利用および作成できます。

管理

デザインアセットを複数の Creative Cloud ライブラリに整理できます。プロジェクトやアセットの種類だけでなく、自分のお気に入りごとに整理して、署名のスタイルの作成に再利用することも可能です。


Creative Cloud アプリケーションでのライブラリのサポート

モバイルアプリ

アプリケーション

アセットのライブラリへの保存をサポート

ライブラリのアセットの使用をサポート

詳細情報を記載したリソース

Capture CC

ベクトルシェイプ、カラーテーマ、ブラシ、パターン、および外観

該当なし

Adobe Capture CC に関する FAQ

Photoshop Fix

該当なし

Adobe Photoshop Fix に関する FAQ

Illustrator Draw

該当なし

画像、シェイプ

Adobe Illustrator Draw に関する FAQ

Photoshop Sketch

該当なし

ブラシ

Adobe Photoshop Sketch に関するFAQ

Illustrator Line

該当なし

カラーとグラフィック

Adobe Illustrator Line CC に関する FAQ

Capture CC

該当なし

Adobe Capture CC に関する FAQ

Comp CC

該当なし

Adobe Comp CC に関する FAQ

Premiere Clip

該当なし

Adobe Premiere Clip に関する FAQ

Photoshop Mix

該当なし

Adobe Photoshop Mix に関する FAQ

Creative Cloud モバイルアプリ

該当なし

Creative Cloud | よくある質問

デスクトップアプリケーションとブラウザーアプリケーション

アプリまたはサービス

アセットのライブラリへの保存をサポート

ライブラリのアセットの使用をサポート

詳細情報を記載したリソース

デスクトップアプリケーション

Photoshop

Photoshop の Creative Cloud ライブラリ

Illustrator

Illustrator の Creative Cloud ライブラリ

InDesign

InDesign の Creative Cloud ライブラリ

Premiere Pro

Premiere Pro の Creative Cloud ライブラリ

After Effects

After Effects の Creative Cloud ライブラリ

Dreamweaver

Dreamweaver の Creative Cloud ライブラリ

Adobe Muse

Adobe Muse の Creative Cloud ライブラリ

Adobe Animate CC

Animate CC の Creative Cloud ライブラリ

Adobe XD

-

Adobe XD での Creative Cloud ライブラリ

Creative Cloud マーケット(Creative Cloud デスクトップアプリケーション経由)

該当なし

Creative Cloud マーケット

ブラウザー

Creative Cloud アセット

表示、管理(名前変更、削除)のみ

Creative Cloud アセット | コンテンツの保存と共有

概要:Creative Cloud ライブラリの使用

ライブラリへの追加

Creative Cloud ライブラリは、デスクトップアプリケーションに限らず、様々なアプリケーションからデザインアセットをキャプチャするメカニズムを提供します。ひらめいたらすぐその場で Creative Cloud モバイルアプリファミリーを使用してインスピレーションを取り込めるだけでなく、Adobe Stock や Creative Cloud マーケットからアセットをダウンロードすることもできます。

モバイル

ますます充実していくアドビのモバイルアプリファミリーを使用して、ライブラリにアセットを追加できます。その方法については、モバイルアプリのラーニングリソースをご覧ください。

Creative Cloud マーケット

Creative Cloud マーケットでアセットを検索してライブラリに追加します。Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、Creative Cloud マーケットからアセットを参照して追加します。Creative Cloud モバイルアプリを使用してアセットをライブラリに追加することもできます。

マネージドサービス付き Creative Cloud エンタープライズ版をご利用の場合は、以下をご覧ください。

デスクトップ

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、コンピューター上の Creative Cloud ライブラリにアセットを追加します。デスクトップアプリケーションのライブラリパネルにアセットをドラッグします。Creative Cloud アセットページでライブラリを表示および参照することもできます。

ライブラリの使用方法については、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのラーニングリソースを参照してください。


再利用と作成

デスクトップ

ライブラリをサポートするデスクトップアプリケーションでライブラリパネル(Windows/ライブラリ)を開き、オブジェクトをキャンバスにドラッグします。

ブラウザー

Creative Cloud アセットページでライブラリを参照および管理します。「アセットの参照、同期、管理」を参照してください。

モバイルアプリ

モバイルアプリを使用して、ライブラリからオブジェクトを選択し、プロジェクトに配置します。


共有と共同作業

デスクトップ 

Creative Cloud ライブラリをサポートしているデスクトップアプリケーションでライブラリパネル(Windows/ライブラリ)を開きます。パネルメニューから「リンクを共有」または「フォルダー共有」を選択します。

共有者をライブラリに追加するときは、共有者に編集レベルの権限(コンテンツの編集、名前変更、移動、および削除)を付与するのか、表示レベルの権限(ライブラリのコンテンツの表示とコメントのみ)を付与するのかを選択できます。

フォロー可能なライブラリを作成することもできます。ユーザーがこのようなライブラリの URL を持っているとフォローできます。ライブラリのコンテンツを更新すると、フォロワーのサポートしているすべての Creative Cloud アプリケーションで自動的にコンテンツが更新されます。

ブラウザー

左の Creative Cloud アセットパネルで「ライブラリ」をクリックします。ライブラリフォルダーメニューから「リンクを送信」または「フォルダー共有」を選択します。

共有者をライブラリに追加するときは、共有者に編集レベルの権限(コンテンツの編集、名前変更、移動、および削除)を付与するのか、表示レベルの権限(ライブラリのコンテンツの表示とコメントのみ)を付与するのかを選択できます。

フォロー可能なライブラリを作成することもできます。ユーザーがこのようなライブラリの URL を持っているとフォローできます。ライブラリのコンテンツを更新すると、フォロワーのサポートしているすべての Creative Cloud アプリケーションで自動的にコンテンツが更新されます。

モバイル

Creative Cloud モバイル、Capture などのモバイルアプリを使用すると、Creative Cloud ライブラリや特定のライブラリアセットで共有して共有作業ができます。


Adobe Stock と Creative Cloud ライブラリ

Adobe Stock と Creative Cloud ライブラリ

Adobe Stock は Creative Cloud ライブラリと緊密に連携します。ストック画像の透かしが埋め込まれたプレビューを Adobe Stock Web サイトを使用して直接ライブラリに追加できます。次に、ライブラリがサポートされた Creative Cloud アプリケーション(Photoshop、lllustrator、InDesign、Premiere Pro、After Effects)で、透かしが埋め込まれた画像をライブラリパネルからクリエイティブプロジェクトにドラッグできます。ストックイメージがプロジェクトに合っていることを確認したら、ライブラリパネル内から直接ストック画像のライセンス認証を実行できます。

ライブラリにリンクされたアセットをサポートする Creative Cloud アプリケーション(Photoshop、Illustrator、InDesign)により、この連携がさらに深まります。ストック画像をライセンス認証すると、開いているドキュメント内のストック画像のすべてのリンクされたインスタンスが、透かしのないライセンス認証された高解像度ストック画像に自動的に更新されます。

詳しくは、Adobe Stock の使用を参照してください。

FAQ

ライブラリにはアイテムをいくつまで追加できますか?

ライブラリに追加できるアセットは最大 1,000 個までです。

作成できるライブラリの数に制限はありますか?

いいえ。作成できるライブラリの数に制限はありません。

サポートされているすべてのアプリケーションで、ライブラリに保存されているすべてのアセットを使用できますか?

アプリケーションの操作中に、そのアプリケーションに関連するライブラリコンテンツを表示および使用できます。例えば、レイヤースタイルをライブラリに追加できますが、これらのスタイルを使用できるのは PhotoShop のみです。

どのようなカラー情報がサポートされていますか?

ライブラリでは単一のスウォッチまたはカラーテーマのカラーデータがサポートされています。ライブラリではプロセスカラーのみサポートされています。スポットカラーはサポートされていないため、ライブラリにはプロセスカラーとして追加されます。

ライブラリに格納されているアセットを Creative Cloud デスクトップアプリケーション全体で再利用できますか?

ほとんどのアセットは、デスクトップアプリケーション間で再利用できます。Photoshop のレイヤースタイルは特筆すべき例外です。これらは現在 Photoshop でのみ再利用できます。

Illustrator または PhotoShop で InDesign テキストスタイルアセットを使用した場合、これらのアプリケーションで、アセットのプロパティと、ホストアプリケーションで使用できるテキストスタイルのプロパティのマッピングが試行されます。ホストアプリケーションにないプロパティは無視されます。

アセットはどこに保存されますか?

アセットはデバイス上にローカルに保存され、Creative Cloud と同期されます。

ライブラリは他のユーザーと共有できますか?

はい。ライブラリでの共同作業を参照してください。

Creative Cloud メンバーシップが必要ですか?

Creative Cloud ライブラリを使用するには、無償または有償の Creative Cloud メンバーシップが必要です。

Creative Cloud ライブラリに関する情報はどこで入手できますか?

ライブラリに関する詳しい情報は、次のリソースで確認できます。

ビデオチュートリアル

モバイルアプリケーションで Creative Cloud ライブラリのデモンストレーションをおこなうビデオチュートリアル

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー