Adobe Sign がクラウドサービスで提供する署名用に送信ツールを使用して、他のユーザーに契約書への署名を依頼することができます。

 

オンラインで他のユーザーに契約書への署名を依頼

PDF 以外にも、Microsoft Office ファイル、さまざまな画像ファイル、HTML ファイル、およびテキストファイルを署名用に送信できます。サポートされるファイル形式は DOC、DOCX、RTF、XLS、XLSX、PPT、PPTX、TXT、CSV、HTML、HTM、TIFF、TIF、BMP、GIF、JPG、JPEG、および PNG です。

注意:

署名用に文書を送信する前に、編集を完了します。署名した契約書が Adobe Sign によって認証されます。署名した契約書を編集すると、証明書が失われます。

署名用に文書を送信する手順:

  1. Adobe ID とパスワードを使用するか、ソーシャルアカウント(Facebook または Google)を使用して、Adobe Document Cloud ホーム(https://documentcloud.adobe.com)にログインします。

  2. 上部のナビゲーションバーで、署名署名を依頼をクリックします。

    署名を依頼
  3. 「署名を依頼」ランディングページで、次の操作をおこないます。

    1. 受信者」フィールドに、受信者の電子メールアドレスを追加します。
      (オプション)文書の署名者に自分を含める場合は、「自分を追加」をクリックします。
    2. 必要に応じて、メッセージ領域内のデフォルトテキストを変更します。
      (オプション)情報共有のためだけにユーザーを追加する場合は、「CC を表示」ボタンを使用して、それらのユーザーの電子メールアドレスを CC リストに追加します。
    3. (オプション)受信者が署名した PDF ファイルを開いて表示する際、パスワードの入力を要求するには、「パスワード保護」を選択します。
    4. (オプション)契約書が完成されるまでに、リマインダーが送信される頻度を設定するには、「リマインダーを設定」を選択します。
    5. ファイルを追加」をクリックしてから、文書を参照して選択します。
    署名用に送信のオプション
    A. 受信者の電子メール B. メッセージ C. パスワード保護 D. リマインダーを設定 E. ファイルを追加 

    注意:

    これらのオプションの詳細な説明については、詳細  アイコンをクリックします。

  4. 次へ」をクリックします。

    署名者に入力または署名してもらうフィールドを文書に追加できるようになりました。

    :複数の文書を追加した場合、文書は PDF に変換され、1 つのファイルへと結合されます。結合されたファイルが開き、適切なフィールドを追加できます。

  5. 「入力して署名する場所を指定」ページが表示されます。フラットフォームを送信している場合、簡略化モードが表示されます。それ以外の場合、詳細設定モードが表示されます。

    • 簡略化モード
      このモードでは、複数の署名者にフィールドを割り当てる機能を使用して、オーサリングを簡略化することができます。右側のパネルから署名者を選択し、フォームでフィールドを追加すると、そのフィールドが署名者に割り当てられます。これは、署名者がそのフィールドを使用して、情報の入力およびフォームへの署名ができるようになることを意味します。署名や他のフィールドを配置するには、文書内の目的の場所をクリックし、コンテキストメニューからそのフィールドのプロパティを設定します。
    簡略化モードで入力して署名する場所を指定

    フローティングツールバーを使用して、任意のフィールドの署名者を切り替えることができます。署名者に割り当てられた色により、各署名者のフィールドを簡単に区別できます。

    フローティングツールバー
    フローティングツールバー
    署名者を選択
    署名者を選択
    その他のフィールドを参照
    フィールドタイプを選択
    • 詳細設定モード
      以下のようなオプションを参照するには、詳細設定モードに切り替えをクリックします。検出されたフォームフィールドを PDF 文書に配置するには、 ボタンをクリックします。または、右側のパネルにあるタブからフィールドをドラッグし、文書内の目的の場所にドロップします。
    文書への署名フィールドの追加

    フォームフィールドの追加についての詳細は、以下を参照してください。

    注意:

    複数の署名者に対しては、シンプルモードと詳細設定モードを切り替えることができます。モードを切り替えるには、右側のパネルでシンプルモードに切り替えをクリックします。

  6. 目的のフィールドをすべて文書に配置したら、「送信」をクリックします。確認メッセージが表示され、送信された契約書のプレビューが表示されます。契約書プレビューの右側のパネルから、次の操作をおこなうことができます。

    • 契約書のステータスを表示。
    • 受信者または自分自身のリマインダーを設定。
    • 契約書をキャンセル
    • PDF 契約書をダウンロード
    • 監査レポートをダウンロード
    • 契約書を非表示
    • 契約書を共有して、他のユーザーが Adobe Sign アカウントから契約書とそのステータスを表示およびアクセスできるようにします。
    • メモを追加.
    • 個別のファイルをダウンロード(契約書で複数のファイルを追加した場合)。
    • アクティビティのタイムスタンプを表示する場合は、矢印キー()をクリックしてリストを展開。
    文書の送信確認

    送信した契約書のコピーは Adobe Document Cloud アカウントにも保存されます。ホームページの下部にある「最近使用したファイル」セクションには、最近送信したすべての契約書が表示されます。または、すべての契約書のリストを表示するには、上部のメニューバーの「文書」をクリックし、「すべての契約書」をクリックします。

署名用に送信された契約書のトラック

既存の Adobe Sign の管理ダッシュボードに加えて、新しい Adobe Acrobat ホームエクスペリエンスを使用して契約書やテンプレートをトラックおよび管理することもできます。

  1. 上部のメニューバーで、文書すべての契約書をクリックします。すべての契約書は、次の情報とともに表示されます。

    • 受信者:契約書の受信者の名前を表示します。
    • 送信者:契約書の送信者の名前を表示します。
    • タイトル:署名用に送信された契約書の名前。
    • ステータス:契約を完了したユーザーの数。
    • 更新日:契約書で実行された最後のアクティビティのタイムスタンプ。
    送信した契約書をトラック
    A. すべての Sign 契約書 B. 契約書をステータス別に表示 C. テンプレートを表示 

    B. 契約書をステータス別に表示:契約書は、最終変更日順に一覧表示されます。現在のステータスごとに契約書を表示するには、適切なステータス(処理中、待機中、完了、キャンセル、期限切れ、アーカイブ済みまたはドラフト)をクリックします。

    Sign 契約書またはテンプレートでフィルター

    C. テンプレートを表示:Adobe Sign テンプレートを表示するには、テンプレートをクリックします。

  2. 詳細を表示するには、契約書を選択します。契約書のサムネールは右側パネルに表示されます。次の操作を実行できます。

    • 契約書のステータスを表示。
    • 契約書を開く。
    • 受信者または自分自身のリマインダーを設定。
    • 契約書をキャンセル
    • 契約書をダウンロード
    • 監査レポートをダウンロード
    • 契約書を非表示
    • 契約書のコピーを共有します。
    • 個人メモを追加。
    • 個別のファイルをダウンロード(契約書で複数のファイルを追加した場合)。
    • アクティビティを表示する場合は、矢印キー()をクリックしてリストを展開する。
    契約書の詳細を表示

Adobe Acrobat 契約書およびテンプレートのビューから、Adobe Sign ビューに切り替えたい場合、またはその逆にビューを切り替えたい場合は、次のように、Adobe Acrobat 設定内の環境設定を使用します。

  1. Adobe Acrobat ホームでプロファイルをクリックしてから、「設定」をクリックします。

    プロファイル設定
  2. 「Document Cloud 設定」ダイアログで、「Adobe Sign 管理を使用」オプションを選択し、「保存」をクリックします。

    「Adobe Sign 管理を使用」オプションを選択
  3. 上部のメニューバーで、文書すべての契約書をクリックします。Adobe Sign の管理ダッシュボードが表示されます。

    署名用に送信した契約書のステータス