フィールドの役割 | 送信者による事前入力

Adobe Sign の契約のフィールドは、文書を署名フェーズに進める前に、文書の送信者がフィールドにデータを事前入力できるように設定できます。1 回限りの送信トランザクションとして、または文書テンプレートライブラリを作成して再利用可能な文書として、事前入力文書を設定することができます。

ビデオを見る

 

事前入力フェーズは、署名フェーズの前に発生します。そのため、役割を送信者による事前入力に設定できるのは、次のフィールドタイプのみです。

  • テキストフィールド
  • 支払い
  • ドロップダウン
  • チェックボックス
  • ラジオボタン
  • 画像
  • 添付ファイル(ビジネスおよびエンタープライズサービスレベルで使用可能)
  • 他のフィールドタイプは、送信者が文書に署名を適用する場合にのみ、署名フェーズで操作することができます。

トランザクションフェーズは、次の順序で発生します。

  1. トランザクションの作成
    文書の添付(アップロード、またはドキュメントライブラリから追加)

  2. プレビュー/編集フェーズ(オプション)
    送信者が「プレビュー、署名の位置指定、フォームフィールドの追加を行う」チェックボックスをオンにした場合のみ
    (フィールドを配置および編集できます)

  3. 事前入力フェーズ(オプション)
    文書に「事前入力」フィールドが配置されている場合のみ
    (送信者は役割が事前入力として設定されているフィールドを操作できます)

  4. 署名フェーズ
    文書への署名
    送信者が文書に署名を適用するオプションを選択した場合、「送信者による電子サイン」として設定されているフィールドを操作できます

  5. トランザクションの完了 - 署名が完了して保管された文書をすべての当事者が受け取り、すべての署名者が署名処理を正常に完了しました。

文書にフィールドをドラッグする前に事前入力役割を設定するには、次の手順を実行します。

受信者メニューの事前入力役割

既に配置されているフィールドの役割を設定するには、そのフィールドをダブルクリックし、役割ポップアップメニューから「(送信者による)事前入力」を選択します。

フィールドメニューの役割選択リスト

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー