Jamf Pro を使用したパッケージのデプロイ

Jamf が開発した Jamf Pro(旧称、The Casper Suite)は、IT 管理者がソフトウェアの導入や保守などの作業を簡略化できる、macOS その他のデバイス対応のエンタープライズモビリティ管理ツールです。

この記事では、Jamf Pro を使用してパッケージをインストールおよびアンインストールする手順について説明します。

Jamf の web サイトで Jamf Pro について読む。

パッケージのインストール

Adobe Admin Console でパッケージを作成すると、パッケージがコンピューターにダウンロードされます。

ダウンロードしたパッケージをクライアントマシンにインストールするには、次の手順に従います。

  1. パッケージをインストールするには、そのパッケージが配布ポイントで利用できる必要があります。

    パッケージを配布ポイントにドラッグ&ドロップします。

    詳細を表示 >>配布ポイント

    Jamf 配布ポイント

  2. Jamf Pro にログインします。

  3. ページの一番上にある「Computers」をクリックします。

  4. Policies」をクリックします。

  5. New」をクリックします。

  6. Options」タブで、「General」に移動し、次の詳細を入力します。

    • ポリシーの表示名。
    • トリガーを選択
    • 実行頻度
    オプションの詳細

  7. 「Packages」タブに移動し、「Configure」をクリックします。

  8. インストールするパッケージで「Add package」をクリックします。

  9. Action」ドロップダウンメニューから、「Install」をクリックします。

  10. このパッケージをダウンロードできる配布ポイントを指定します。

  11. Scope」タブに移動し、対象のマシンを選択します。

  12. Save」をクリックします。

定義したスコープとトリガーに基づいて、コンピューター上でポリシーが実行されます。

その他の設定オプションと詳細に関しては、Jamf のガイドでパッケージのインストールに関する情報を参照してください。

パッケージのアンインストール

クライアントマシンからパッケージをアンインストールするには、次の手順に従います。

ポリシーの作成

インストールと同じ手順で、以下の 2 つのオプションを設定または変更するだけです。

  1. パッケージをアンインストールするには、そのパッケージが配布ポイントで利用できる必要があります。

    パッケージを配布ポイントにドラッグ&ドロップします。

    詳細を表示 >>配布ポイント

    Jamf 配布ポイント

  2. Jamf Pro にログインします。

  3. ページの一番上にある「Computers」をクリックします。

  4. Policies」をクリックします。

  5. New」をクリックします。

  6. Options」タブで、「General」に移動し、次の詳細を入力します。

    • ポリシーの表示名。
    • トリガーを選択
    • 実行頻度
    オプションの詳細

  7. 「Packages」タブに移動し、「Configure」をクリックします。

  8. インストールするパッケージで「Add package」をクリックします。

  9. パッケージの設定中に、「Actions」ドロップダウンメニューで「Install」を選択します。

  10. このパッケージをダウンロードできる配布ポイントを指定します。

  11. Scope」タブに移動し、対象のマシンを選択します。

  12. Save」をクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]