警告:

Creative Cloud Packager は開発を終了しており、今後アップデートは提供されません。また Creative Cloud Packager は、Creative Cloud 2019 以降のアプリケーションを含むパッケージの作成には使用できません。 詳細情報

Adobe Admin Console で用意されているパッケージ作成ワークフローの使用をお勧めします。

ユーザー指定ライセンスパッケージと共有デバイスライセンスパッケージの作成方法を参照してください。

管理者は、エンドユーザーに配布するアドビのアプリケーションとサービスのパッケージを Adobe Admin Console で作成します。

パッケージが作成されてコンピューターにダウンロードされたら、次のいずれかの方法でパッケージを配布し、パッケージに含まれたアプリケーションをインストールすることができます。

パッケージファイルをダブルクリックする

Windows

Windows では、Build フォルダー内の setup.exe ファイルをダブルクリックしてパッケージをインストールできます。

注意:

setup.exe ではなく MSI を使用して Acrobat DC を含むパッケージをデプロイした場合は、Acrobat DC はインストールされません。

macOS

macOS では、パッケージ内の Build フォルダーにある .pkg ファイルをダブルクリックします。

インストールオプションをカスタマイズするには、次の手順で Info.plist ファイルを更新します。

  1. 次の場所で Info.plist ファイルを開きます。

    [package]/Build/xyz_install.pkg/Contents/Info.plist

     

  2. 次のエントリを適切なパスと共に string タグに追加し、クライアントコンピューターにアプリケーションをインストールするカスタムインストールディレクトリを設定します。

    <key>IFPkgFlagDefaultLocation</key>

    <string>[インストールディレクトリのパス]</string>

  3. string タグに適切な言語を指定して、ファイルに次のエントリを追加します。

    <key> InstallLanguage </key>

    <string>en_GB</string>

  4. .pkg ファイルをダブルクリックします。

インストールが開始されます。

サードパーティ製ツールを使用する

以下では、パッケージをデプロイする手順を示します。

  1. Adobe Admin Console でパッケージを作成すると、パッケージがコンピューターにダウンロードされます。

  2. 次のサードパーティ製ツールを使用して、パッケージ化されたアドビのアプリケーションおよびサービスをデプロイします。

コマンドラインを使用する

Windows

コマンドラインでは追加のパラメーターが必要です。これは、ダブルクリックして Setup.exe を実行した場合にデフォルトの値が使用されるためです

コマンドで次の項目を指定します。

[ADOBEINSTALLDIR] は、アプリケーションのインストール先となる、クライアントコンピューター上のインストールディレクトリです。

[INSTALLLANGUAGE] は、アプリケーションをインストールするロケールです。

構文

setup [--silent] [--ADOBEINSTALLDIR=] [--INSTALLLANGUAGE=]

構文例

setup.exe --silent --ADOBEINSTALLDIR="C:¥InstallDir" --INSTALLLANGUAGE=fr_CA

setup.exe の場所:

[Package]¥Build

アップデートのデプロイ

初期パッケージには、アプリケーションと最新のアップデートが含まれています。以降、新たなアップデートがリリースされた場合は、そのアップデートを様々な方法でユーザーに提供できます。

  • デプロイパッケージに Remote Update Manager が含まれている場合(デフォルトでは含まれます)、お好みのデプロイメントツールを使用して Remote Update Manager をクライアントコンピューター上でリモートで実行できます。アップデートは Adobe Update Server から呼び出され、管理者権限を持つユーザーのみが実行できます。

    内部 Adobe Update Server がセットアップされており、パッケージの作成処理中にこのサーバーを使用することを選択すると、Remote Update Manager はアドビのサーバーではなく内部サーバーからアップデートを呼び出すので、ネットワーク帯域幅を大幅に節約できます。

  • ネットワーク帯域幅を節約するために、内部に独自の Adobe Update Server をセットアップすることもできます。AUSST を使用して、Windows と macOS の両方のアップデートをホストするサーバーをセットアップできます。

  • Admin Consoleアップデート専用パッケージを作成できます。このパッケージはご希望のデプロイメントツールでデプロイできます。

注意:

シリアル番号または従来のデバイスライセンスのデプロイメント環境では、Creative Cloud 2109 以降のアプリケーションのデプロイメントはサポートされていません。Creative Cloud 2109 以降では、ユーザー指定ライセンスか共有デバイスライセンスを選択する必要があります。アドビのライセンス認証方法の概要を参照してください。

UWP アプリケーションのデプロイ

作成するパッケージに、ユニバーサル Windows プラットフォーム対応のアプリケーションが含まれている場合、エンドユーザーのコンピューターにパッケージをデプロイする際に、予期しない動作が起こることがあります。詳しくは、こちらのドキュメントを参照してください。

ログファイルの場所

以下に、対応するアドビデプロイメントツールのログファイルの場所を示します。

コンポーネント
ログファイル名
Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
AdobeUpdateServerSetupTool.log
Exceptions Deployer
ExceptionDeployer.log
Remote Update Manager(RUM)
RemoteUpdateManager.log
Creative Cloud Packager(CCP)

PDApp のログファイル名は PDApp.log です。

Package Builder のログファイル名は次のとおりです。
- AdobePBhhmmss_ddmmyy.log
-- 説明:hhmmss_ddmmyy = 時|分|秒_日|月|年

ライセンス認証ログ:
- Windows:%temp%¥oobelib.log
- Mac:/tmp/oobelib.log

 

 

Creative Cloud のダウンロード/インストールログ

「asu.trace」という名前のファイルが %temp%(Windows)または ~/Library/Logs(Mac OS)にある場合、Creative Cloud Packager によってダウンロード時の問題のトラブルシューティングに使用するログファイルが作成されます。

結果ファイル DLM.log が、%temp%¥AdobeDownload(Windows)または ~/Library/Logs/AdobeDownload(Mac OS)に作成されます。

Windows での DLM.log のエラー(12150 など)については、Windows デベロッパーセンターのエラーメッセージ(英語)を参照してください。