よくある質問 | 教育機関向けの Substance 3D

ここでは、教育機関向けの Substance 3D アプリについてよく寄せられる質問に回答します。

アクセス

現在どの教育機関向けプランで Substance 3D アプリを利用することができますか?

Substance 3D アプリは、高等教育機関向けの Adobe Creative Cloud コンプリートプランに、追加料金なしで含まれるようになりました。現在、3D アプリは小中高校では使用できず、次のライセンスの種類でのみ使用できます。

将来的には、すべての高等教育機関のプランで使えるようにすることを目的としていますが、ライセンスの種類によっては、起動時に制限があります。

共有デバイスライセンスと機能制限付きライセンス

Substance 3D アプリは現在、共有デバイスライセンスおよび機能制限付きライセンスの高等教育機関向けの Adobe Creative Cloud コンプリートプランで利用できます。

  • 2021 年 7 月 28 日現在、すべての共有デバイスライセンスおよび機能制限付きライセンスのお客様が利用できます。

  • 管理者は、Substance 3D Painter、Designer、Stager、および Sampler アプリを再パッケージしてデプロイし、ユーザーがラボのデバイスから使えるようにする必要があります。

ユーザー指定ライセンス

Substance 3D アプリは現在、以下のユーザー指定ライセンスのお客様が利用できます。

  • 2021 年 7 月 28 日現在、学生ライセンスパックを含むすべての VIP ユーザー指定のお客様は利用できます。
  • 2021 年 8 月 15 日以降に更新した ETLA ユーザー指定のお客様は利用できます。
  • 2021 年 8 月 15 日以降に登録した ETLA のお客様は利用できます。

 

それまでの間、学生や教職員は、Substance3d.com で入手できる無料の個人ライセンスを通じて、テクスチャリングアプリである Painter、Designer、Sample アプリを利用できます。Stager はこの代替オファーには含まれていません。

 

注意:

Substance 3D アプリは、今年度、すべてのユーザー指定ライセンスのお客様が広く利用できるわけではありません。

どのようなアプリが含まれていますか?

新しい Substance 3D Painter、Designer、Stager、Sampler アプリは、アセットの作成からシーンのデザインやレンダリングまで、学生の 3D ニーズの多くをカバーしています。 

Substance 3D アプリに必要なハードウェア要件を教えてください。

特に 3D ソフトウェアでは、コンピューターが毎秒膨大な数の計算を行う必要があります。したがって、コンピューターのパフォーマンスが高いほど、3D アプリのエクスペリエンスは全体的にスムーズで手間がかかりません。これらの推奨ハードウェアを使用すると、ユーザー指定のご利用でも、個人用マシンではなくラボ環境で、Substance 3D アプリを使用する多くの学生に最適なパフォーマンスを提供できます。

高等教育機関のすべてのプランでは、いつ Substance 3D アプリを利用できるようになりますか?

現在のすべてのユーザー指定ライセンスで、Substance 3D アプリを使えるようにする作業を進めていますが、完了するのは 2022 年末以降になる可能性が高いです。それまでの間、2021 年 8 月 15 日以降に更新されたユーザー指定ライセンスのお客様は、Substance 3D アプリへの完全な特定ユーザーライセンスのアクセス権を取得します。 

小中高校向けのすべてのプランでは、いつ Substance 3D アプリを利用できるようになりますか?

Substance 3D アプリを小中高校のユーザー向けに用意するには、さらなるエンジニアリング作業が必要になります。この作業は、来年度以降に持ち越しになる予定です。

個々の学生、教職員、またはスタッフが個々のマシン上でアプリにアクセスする必要があり、その組織がまだユーザー指定ライセンスの Substance 3D を利用していない場合、どのようなオプションが使用できますか?

共有デバイスライセンスは、すべての学生が、ユーザー指定ライセンス以外で、Substance 3D アプリにアクセスするための最良の方法です。

学生が個別にアクセスする必要がある場合は、Substance 3D の web サイトで Substance Painter、Designer、および Sampler を無料で入手できます(Stager は含まれません)。次の手順を実行します。

  1. ユーザーは、まず Substance 3D の web サイトでアカウントを作成し、ログインする必要があります(これはアドビアカウントとは異なります)。

  2. 学生および教職員のライセンスはこちらにあり、ページの下にある「無料ライセンスを取得する」ボタンからアクセスできます。

  3. ユーザーはフォームに必要事項を記入し、有効な(日付が記載されている)学生証または証明書をアップロードする必要があります。フォームが正しく表示されない場合は、まずユーザーがログインしていることを確認してから、別の web ブラウザーで試してください(例えば、Chrome、Internet Explorer、Mozilla など)。

  4. ライセンスは、「ライセンス」タブのアカウントにすぐに表示されます。

  5. このライセンスは個人のマシンでのみ使用され、教育には使用されません。

Stager と Substance 3D アセットの利用を希望する学生は、アドビの web サイトで Substance のサブスクリプションを購入できます。

アカウント管理

もしユーザーが Substance の個人版を利用していて、Creative Cloud を通じて Substance アプリを利用できるようになったら、どのようにしてアセットを移行することができますか?

従来の Substance にはクラウドアセットはありません。アセットはユーザーによってローカルに保存され、ライセンスまたはユーザーのタイプに関係なく使用できます。したがって、ユーザーが個人アカウントを持っていて、現在または将来的に組織で利用することができる場合、アセットの移行は必要ありません。

環境設定を個人版の Substance アカウントとアドビアカウント間で移行できますか?

Substance 3D の web サイトでアカウントが作成された場合、アプリのインストールフォルダーは、アドビで使用可能なアプリのインストールフォルダーとは異なります。環境設定を転送するには、このサポートページに従ってください。

Substance 3D とアドビの間で、アカウントを移行する必要はありません。

デプロイメント

Substance 3D アプリにアクセスできる組織が、ユーザーにアクセス権を付与する方法を教えてください。

共有デバイスライセンスおよび機能制限ライセンスのユーザーの場合、管理者は、Substance 3D Painter、Designer、Stager、および Sampler アプリを再パッケージしてデプロイし、ユーザーがラボのデバイスから使えるようにする必要があります。

ユーザー指定ライセンスでは、Substance 3D アプリを利用できるようになったら、Creative Cloud デスクトップアプリから Substance 3D Painter、Designer、Stager、Sampler アプリをダウンロードする必要があります。

IT 管理者は、エンドユーザーに配布するアドビのアプリとサービスのパッケージを Adobe Admin Console で作成することもできます。

リソース

学生や教職員が参照できるその他のリソースには、どのようなものがありますか?

学生や教職員は、次のリソースを参照できます。

  • クラスルームの 3D スキル – このコースでは、Substance 3D コレクションの 3D ワークフローの概要について幅広く説明します。ビデオチュートリアルから課題やリソースに至るまで揃っていて、このコースにあるすべては、学生に直接割り当てる場合や、教職員がカリキュラムで利用するためのリソースとして最適です。

  • Substance Academy – アドビが Adobe Substance 3D アプリ向けに提供している最新のコースが含まれています。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン