仮想環境における Creative Cloud 製品に関するアドビのテクニカルサポートポリシー

サポートポリシー

Creative Cloud 製品は仮想化環境で使用できます(*)

仮想環境で Creative Cloud アプリケーションをインストールして実行できますが、機能とパフォーマンスについて十分なテストを行う必要があります。弊社では、一部の Creative Cloud 製品に限定して、仮想環境およびサーバーベース環境での動作検証を行っています。アドビでは、製品の導入を決定する前に、実際のワークフローでプレリリース版や体験版を利用し、検証することを推奨しています。実際に使用してみることが最善の確認方法です。仮想デスクトップインフラストラクチャに Creative Cloud をデプロイする場合のベストプラクティスについては、ベストプラクティスガイドを参照してください。

仮想環境としては、Microsoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Citrix Virtual Apps and Desktops、VMWare、Microsoft App-V、Parallels、Virtual PC などがあります。問題が発生した場合、アドビカスタマーケアはベストエフォート型のサポートを行います。

(*) ユーザー指定ライセンスは仮想環境にデプロイできます。現時点では、仮想環境で共有デバイスライセンス(SDL)を使用することはできません。

Adobe Acrobat DC は仮想環境をサポートします。詳細については、「Acrobat DC の仮想展開」を参照してください。

ライセンス認証に関する注意事項

本書に記載されているアドビソリューションの使用は、アドビ一般利用条件および適用されるエンドユーザー使用許諾契約書の対象となります。

ユーザー指定デプロイメント

ユーザー指定デプロイメントでは、ライセンスにシリアル番号は使用されません。エンドユーザーはログインしてソフトウェアをライセンス認証するだけです。ユーザー指定デプロイメントは、専用の仮想デスクトップ(VM とも呼ばれます)で動作します。これは、ローカルマシンに展開する場合と同様です。製品を使用するに際しては、必ずエンドユーザー使用許諾条件に同意する必要があります。

ユーザーはソフトウェアにログインしてアクティベーションを行うことができます。詳細については、「ユーザー指定デプロイメント」を参照してください。

購入前の評価

エンドユーザーは無償の Adobe ID を作成し、ログインして評価版または体験版のアプリケーションのライセンス認証を行うことができます。体験版の機能は何ら限定されませんが、体験版はユーザーが最初にログインした時からの時間制限があります。ワークフローをテストする準備が整ってから、ログインして製品のライセンス認証を行ってください。

弊社では、ある特定の仮想環境製品に対して、具体的な要件を満たすかどうかについての判断を行いません。仮想環境製品は弊社製品の必要システム構成を満たしている必要があります。お客様の生産性や効率に影響を及ぼす可能性のあるリソースやパフォーマンスの制限事項に特に注意してください。

購入後の技術的な問題について

仮想環境で技術的な問題が発生した場合は、サポートされている OS 環境で同じ機能をテストしてください。問題が再現できない場合は、仮想化製品に問題の原因があると考えらえます。仮想化製品の提供元にお問い合わせください。

仮想環境で問題が発生した場合、アドビカスタマーケアはベストエフォート型のサポートを行います。仮想化テクノロジーの種類によっては、アドビカスタマーケアで問題を解決できない場合があります。

お客様の問題に関するサポートを希望する場合は、サポートポータルにあるテクニカルサポートケースを開き、以下の情報をご用意ください。

サーバー OS の詳細 仮想環境を実行しているサーバーのオペレーティングシステムおよびバージョン番号。サーバーのオペレーティングシステムに適用されているサービスパック(適用されている場合)。
クライアント OS の詳細 クライアントコンピューターにインストールされている Windows クライアントオペレーティングシステムのバージョン。クライアントのオペレーティングシステムに適用されているサービスパック(適用されている場合)。これらのプログラムがアドビソリューションの必要システム構成(adobe.com に記載)を満たしていることを確認してください。
仮想環境の詳細 現在使用している仮想化ソフトウェアのバージョンと、インストール済みのホットフィックス、サービスパック。
問題のステートメント

問題の詳細情報(例:○○を行うと××が発生する、等)。

エラーメッセージが表示される場合は、メッセージの正確な文言。

ユーザープロファイル クライアントコンピューターにログインしているアカウントのユーザープロファイル(Administrator または Power User など)。クライアントコンピューターに Administrator プロファイルでログインしても問題が発生するか確認してください。
再現する手順 サーバー上の問題がどの程度再現されるか(サーバー上でテストした場合でも問題が再現するかどうか、等)。再現可能な問題であれば、再現手順もお知らせください。
目標 達成目標、およびその目標が以前は達成されていたかどうか。問題に関連する可能性のある変更点などに注意してください。