概要

ユーザー指定ライセンスは、Adobe Creative Cloud および Document Cloud 製品をデプロイして使用するためのデフォルトのライセンス方式で、最もよく使用されています。アプリケーションを使用する個々のユーザーのニーズに基づいてアプリケーションライセンスを管理する、ネットワークに接続されたシナリオ向けです。ユーザー指定ライセンスを使用すると、ソフトウェアとサービスのすべての機能をエンドユーザーに提供できます。エンドユーザーは、組織に付与された使用権限に基づいて、利用可能なすべてのアプリケーションとサービスにアクセスできます。

詳しくは、ライセンスの概要の記事を参照してください。

ユーザー指定ライセンスパッケージの種類

セルフサービスパッケージ

多くのアドビユーザーと同様に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用してエンドユーザーがアプリケーションとアップデートをインストールできるようにすることが可能です。これによって、IT 部門の負荷が減り、エンドユーザーは必要なツールをすべて利用できるだけでなく、アップデートがリリースされたときにすぐに利用できます。

セルフサービスパッケージの作成

エンドユーザーが管理者権限を持っていない場合でも、セルフサービスを有効にする場合、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • セルフサービスパッケージの作成
  • 管理者特権をオンにした状態でのマネージドパッケージの作成
  • 管理者特権をオンにした状態での Adobe テンプレートに基づくパッケージの作成

ダウンロードしてインストールできるアドビアプリケーションとアップデートの制御を完全にユーザーに任せる場合は、このパッケージを使用します。ユーザーにアプリケーションとアップデートを管理するための管理者資格情報がない場合、セルフサービスパッケージを作成できます。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/パッケージに移動します。

    利用可能なパッケージのリストが表示されます。

  2. パッケージを作成」をクリックします。

    パッケージのリスト
  3. セルフサービスパッケージ」を選択し、「選択」をクリックします。

    セルフサービスパッケージ
  4. パッケージ名を入力し、必要なオプションを選択します。

    プラットフォーム:オペレーティングシステムとプロセッサーを選択します(32-bit または 64-bit)。32-bit と 64-bit のインストール用に別々のパッケージを作成する必要があります。32-bit 用のパッケージは 64-bit のコンピューターでは実行できません。

    言語:パッケージの作成で使用する言語を選択します。

    OS ロケールを使用:クライアントコンピューターの OS 言語でデプロイされるパッケージを作成できます。この場合、OS 言語が、パッケージがデプロイされるデフォルトのフォールバック言語となります。

    拡張機能用のフォルダーを作成して、Extension Manager コマンドラインツールを含める:パッケージフォルダー内にサブフォルダーを作成して、パッケージと共にインストールする拡張機能をそこに格納できます。詳しくは、パッケージの拡張機能の管理を参照してください。

    Adobe アセットリンクを含める:(上記のオプションがオンになっている場合に利用可能) この拡張機能は、Adobe Experience Manager(AEM)Assets を Creative Cloud デスクトップアプリである Photoshop、Illustrator および InDesign で活用できるようにします。注意:AEM Assets が必要です。詳しくは、Adobe Asset Link を参照してください。

    内部アップデートサーバーにリダイレクト:このパッケージのすべてのアップデートを、内部アップデートサーバーにリダイレクトできます。内部サーバーの詳細は、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内のオーバーライド XML で指定されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定の節を参照してください。

  5. パッケージをビルド」をクリックします。

    パッケージページが表示されます。パッケージのリストで、ビルドの進行状況を確認できます。

    ビルドの処理が終了すると、メッセージが表示されます。パッケージが正常にビルドされた場合、パッケージが Admin Console でダウンロード可能となる期間が表示されます。

    セルフサービスパッケージの有効性

    詳細パネルで、パッケージが使用可能な残りの期間を確認するには、そのパッケージに対応する行をクリックします。

  6. 別名で保存ダイアログボックスで、パッケージを保存するコンピューターの場所を選択します。

  7. 後でパッケージをダウンロードして配布するには、パッケージのリストでパッケージ名をクリックし、右のウィンドウの「ダウンロード」をクリックします。

マネージドパッケージ

マネージドパッケージを使用すると、デプロイするものと、アップデートするタイミングを判断できます。アドビ製品の最新バージョンまたはアーカイブ版を含むパッケージを作成することができます。作成したパッケージは、組織内のユーザーのコンピューターにデプロイできます。インストール時にユーザーからの入力が不要な、サイレントおよびカスタムデプロイメントを実行することもできます。

マネージドパッケージの作成

マネージドパッケージを使用する場合は、以下の操作を行うことができます。

ユーザーがインストールできるアドビアプリケーションとアップデートを細かく制御するには、このパッケージを使用します。

こちらのページから、この方法でパッケージ化できるアドビ製品の詳細な一覧を参照してください。

注意:

Creative Cloud または Document Cloud に含まれない Adobe Captivate や Presenter などの製品を含むパッケージを作成するには、使用可能な Adobe テンプレートをカスタマイズできます。次の手順は使用できません。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/パッケージに移動します。

    利用可能なパッケージのリストが表示されます。

    パッケージをまだ作成したことがない場合は、作業の開始を案内する次の画面が表示されます。

    パッケージ作成を開始しましょう
  2. パッケージを作成」をクリックします。

    パッケージのリスト
  3. マネージドパッケージ」を選択し、「選択」をクリックします。

    マネージドパッケージ
  4. 設定画面で、必要なオプションを選択するか有効にします。

    • プラットフォーム:オペレーティングシステムとプロセッサーサポートを選択します(32-bit または 64-bit)。
      注意:32-bit と 64-bit のインストール用には別々のパッケージを作成する必要があります。32-bit のパッケージは 64-bit のコンピューターにデプロイできません。同様に、64-bit のパッケージは 32-bit のコンピューターにデプロイできません。
    • 言語:パッケージの作成に使用する言語を選択します。
    • OS ロケールを使用:クライアントコンピューターの OS 言語でデプロイされるパッケージを作成できます。この場合、OS 言語が、パッケージがデプロイされるデフォルトのフォールバック言語となります。
  5. 次へ」をクリックします。

    注意:

    関連製品を含む製品を追加すると、関連製品も自動的に追加されます。例えば、Photoshop CC を追加した場合、Camera Raw CC と Adobe Preview CC が自動的に追加されます。ただし、関連製品は削除することもできます。

  6. アプリを選択する画面で、対応するアプリケーションの横にあるプラスアイコンをクリックしてパッケージに追加し、「次へ」をクリックします。

    CreatePackages_Managed_ChooseApps_New

    以前のバージョンのリストを表示するには、「以前のバージョンを表示」チェックボックスをオンにすると使用可能なバージョンが表示されます。

    注意:

    関連製品を含む製品を追加すると、関連製品も自動的に追加されます。例えば、Photoshop を加える場合、Camera Raw と Adobe Preview は自動的に追加されます。

  7. オプション画面で、必要なオプションを選択するか有効にして、「次へ」をクリックします。

    Creative Cloud デスクトップオプション:

    • アプリケーションパネルを表示:Creative Cloud デスクトップアプリケーションでエンドユーザーに対してアプリケーションパネルの表示と非表示を切り替えるオプションを有効または無効にします。アプリケーションパネルを有効または無効にすると、それに応じてクライアントコンピューター上でアップデートが自動的に有効または無効になります。
    • 管理者権限のないユーザーにアプリの更新とインストールを許可:管理者権限のないセルフサービスエンドユーザーが、アプリケーションとアップデートをインストールして管理できるようにします。
    • ファイルの同期を無効化:クライアントシステムへの自動的なファイルの同期を抑制します。ファイルの同期を抑制する必要があるテスト環境で、パッケージをインストールするときに便利です。教育機関にのみ使用できます。

    管理オプション:

    • Remote Update Manager を有効にする:Remote Update Manager を使用できるようにします。Adobe Remote Update Manager を使用すると、管理者権限を利用して、アップデートをクライアント上でリモートによって実行できます。詳しくは、Remote Update Manager を参照してください。
    • 内部アップデートサーバーにリダイレクト:このパッケージのすべてのアップデートを、内部アップデートサーバーにリダイレクトできます。内部サーバーの詳細は、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内のオーバーライド XML で指定されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定を参照してください。
    • 拡張機能用のフォルダーを作成して、Extension Manager コマンドラインツールを含める:パッケージフォルダー内にサブフォルダーを作成して、パッケージと共にインストールする拡張機能をそこに格納できます。詳しくは、パッケージの拡張機能の管理を参照してください。
      • Adobe アセットリンクを含める:(上記のオプションがオンになっている場合に利用可能) この拡張機能は、Adobe Experience Manager(AEM)Assets を Creative Cloud デスクトップアプリである Photoshop、Illustrator および InDesign で活用できるようにします。注意:AEM Assets が必要です。詳しくは、Adobe Asset Link を参照してください。
    • カスタムインストールディレクトリにパッケージをインストール:このパッケージ内のアプリケーションをカスタムインストールディレクトリにインストールできます。ディレクトリは、Admin Console の「パッケージ/環境設定」タブ内で定義されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定の節を参照してください。
  8. 確定画面で、パッケージの名前を入力し、「パッケージをビルド」をクリックします。

    パッケージをビルドする前に、パッケージに含められるアプリケーションと設定を確認することができます。

    CreatePackages_Managed_Finalize_New

    ビルドの処理が完了すると、メッセージが表示されます。パッケージが正常にビルドされた場合、パッケージが Admin Console でダウンロード可能となる期間が表示されます。

    詳細パネルで、パッケージが使用可能な残りの期間を確認するには、そのパッケージに対応する行をクリックします。

  9. 「別名で保存」ダイアログボックスで、パッケージを保存するコンピューターの場所を選択します。

  10. 後でパッケージをダウンロードして配布するには、必要なパッケージの行で任意の場所をクリックし、パッケージ詳細ドロワーの「ダウンロード」をクリックします。

Acrobat 専用パッケージ

Admin Console で Document Cloud のみの使用権限が組織にある場合、Acrobat 専用パッケージを作成することができます。

Acrobat 専用パッケージの作成

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/パッケージに移動します。

  2. パッケージを作成」をクリックします。

  3. パッケージ名を入力し、必要なオプションを選択します。

    Acrobat 専用パッケージの作成

    プラットフォーム:

    オペレーティングシステムとプロセッサーを選択します(32-bit または 64-bit)。
    注意:32-bit と 64-bit のインストール用には別々のパッケージを作成する必要があります。32-bit のパッケージは 64-bit のコンピューターにデプロイできません。同様に、64-bit のパッケージは 32-bit のコンピューターにデプロイできません。

    言語:

    パッケージの作成で使用する言語を選択します。

    Remote Update Manager を有効化:

    管理者権限を利用して、リモートからクライアントコンピューター上でアップデーターを実行できます。詳しくは、Remote Update Manager を参照してください。

  4. パッケージをビルド」をクリックします。

    パッケージページが表示されます。パッケージのリストで、ビルドの進行状況を確認できます。

    ビルドの処理が完了すると、メッセージが表示されます。パッケージが正常にビルドされた場合、パッケージが Admin Console でダウンロード可能となる期間が表示されます。

    Acrobat 専用パッケージの有効性
  5. 別名で保存ダイアログボックスで、パッケージを保存するコンピューターの場所を選択します。

  6. 後でパッケージをダウンロードして配布するには、パッケージのリストでパッケージ名をクリックし、右のウィンドウの「ダウンロード」をクリックします。

Acrobat カスタマイズウィザードの使用

このドキュメントに記載された手順を使用して、Acrobat 専用パッケージや、Acrobat が製品の 1 つとして含まれるパッケージを作成した後、Adobe カスタマイズウィザードを使用して、さらにパッケージをカスタマイズすることができます。

ウィザードにより、組織全体にデプロイメントする前に、インストーラーに Acrobat の機能やアプリケーションの設定とカスタマイズを行う作業が効率化されます。

Creative Cloud Packager

デバイスライセンス認証など、指定されたもの以外のライセンス認証が必要な場合は、Creative Cloud Packager を使用してカスタムパッケージを作成します。

Creative Cloud Packager のダウンロード

警告:

Creative Cloud Packager では、アプリケーションのバージョン CC 2019 以降はサポートされていません。詳細情報

Creative Cloud Packager をダウンロードしてインストールする前に、必要システム構成を確認する必要があります。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/ツールと通知に移動します。

  2. Creative Cloud Packager タイルで、オペレーティングシステムに基づいて Creative Cloud Packager をダウンロードします。

    Creative Cloud Packager の選択

Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成とデプロイについて詳しくは、パッケージのユーザーガイドを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー