専用暗号化キー | よくある質問

専用暗号化キーを有効にする前に、Adobe Creative Cloud エンタープライズ版セキュリティ概要(英語)または Adobe Document Cloud セキュリティ(英語)をご覧ください。

プランをアップグレードしてストレージとサービスを含めるには、Adobe アカウントマネージャーにお問い合わせください。

Adobe は、Admin Console の専用暗号化をディレクトリレベルの暗号化から組織レベルの暗号化へと変更しつつあります。現在は、ディレクトリの暗号化を有効にすると、そのディレクトリのユーザーのアセットが暗号化されます。今後は、Admin Console で暗号化を有効にすると、組織内のすべてのユーザーのアセットが暗号化されます。

はい。既存のコンテンツが暗号化されると、Admin Console に通知が表示されます。

Adobe は、Admin Console の専用暗号化をディレクトリレベルの暗号化から組織レベルの暗号化へと変更しつつあります。現在は、ディレクトリの暗号化を無効にすることができます。今後は、Admin Console で組織レベルでの暗号化が無効になります。

暗号化キーを無効にしたコンテンツへのアクセス権を復元するには、Admin Console から暗号化キーを再度有効にします。

はい。ユーザーはファイルを参照することができますが、ファイルの内容にアクセスすることはできません。

同期操作が失敗します。

次のデータは専用暗号化キーを使用して暗号化されないため、キーが無効になっても影響を受けません。

  • メタデータ(コレクションを参照するために必要なファイル名、コレクション名、フォントの使用、MIME の種類などの属性)
  • Adobe Voice で公開されたビデオ
  • Lightroom の写真
  • Adobe Color サービスで保存されているカラー
  • Behance および Adobe Font サービスで管理されているすべてのデータ
  • Marketing Cloud で管理されているすべてのデータ
  • 保存したアプリケーションの環境設定
  • アカウント所有者に関する情報(名前、メール、ライセンス、その他の基本的なユーザーアカウント情報など)
  • Adobe ID アカウントを持つ組織のメンバーのデータ(Business ID、Enterprise ID または Federated ID ユーザーが共同作業を開始したときにユーザーがコンテンツを共有している場合を除く)
注意:

アドビでは、エンタープライズストレージなど、エンタープライズレベルの機能をはじめとするメリットを提供するため、既存のすべての Adobe ID を Business ID に移行しています。企業の新規のお客様はすべて、チームメンバーに Business ID を使用することになります。

お客様の組織のこのアップグレードスケジュールが確定した際に、事前にお知らせします。詳しくは、「Adobe Creative Cloud:グループ向けとエンタープライズ向けのアカウントの更新」を参照してください。お客様は、組織が移行されるまで、引き続き Adobe ID タイプを使用して組織にアクセスできます。移行後は、Adobe ID では組織にアクセスできなくなります。

いいえ。標準の暗号化キーは使用されません。有効なキーがないため、ユーザーがデータをアップロードすることはできません。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合