アドビがサポートする ID タイプ

アドビでは、ユーザーの認証に基本となる ID 管理システムを使用します。ユーザー指定ライセンス認証を使用している場合、ID を使用してサービスへのアクセスを提供する必要があります。アドビでは、3 つのタイプの ID(アカウント)をサポートしています。ユーザー名には電子メールアドレスを使用します。

adobe-id

Adobe ID はエンドユーザーによって作成、所有、管理されます。認証はアドビによって実行され、ID はユーザーによって管理されます。ユーザーは、自分の ID に関連付けられたファイルやデータを完全に制御できます。ユーザーはアドビから追加の製品やサービスを購入することもできます。管理者は、ユーザーを組織に参加するよう招待したり、対象ユーザーを削除したりできますが、ただし、ユーザーを Adobe ID アカウントからロックアウトすることはできません。管理者がアカウントを削除したり、管理を引き継いだりすることもできません。Adobe ID の使用を開始するために必要な設定は特にありません。

次の要件やシナリオに該当する場合には、Adobe ID を使用することが推奨されます。

  • ユーザーが ID を作成、所有、管理できるようにする場合
  • ユーザーが他のアドビ製品やサービスを購入または新規登録できるようにする場合
  • Enterprise ID や Federated ID を現在サポートしていない他のアドビサービスをユーザーが使用することが想定される場合
  • ユーザーが既に Adobe ID を所有し、ファイル、フォント、設定などのデータが関連付けられている場合 
  • 教育用環境で学生が卒業後も Adobe ID を保持できる場合
  • 組織が管理するドメインの電子メールアドレスを使用していない契約社員やフリーランサーがいる場合

enterprise-id

Enterprise ID は組織によって作成、所有、管理されます。Enterprise ID のホストと認証は Adobe が行いますが、ID は組織が保持します。エンドユーザーは新規登録して Enterprise ID を作成したり、Enterprise ID を使用して Adobe からの追加製品およびサービスを利用したりすることはできません。

Enterprise ID は、管理者が作成してユーザーに発行します。管理者は、アカウントを借用するか、Enterprise ID を削除して関連するデータへのアクセスを完全にブロックすることにより、製品およびサービスへのアクセスを取り消すことができます。

次の要件やシナリオに該当する場合には、Enterprise ID を使用することが推奨されます。

  • ユーザーが使用するアプリケーションやサービスを厳格に管理する必要がある場合
  • ID に関連付けられたファイルやデータに緊急にアクセスする必要がある場合
  • ユーザーアカウントを完全にブロックまたは削除する機能が必要な場合

federated-id

Federated ID は組織によって作成、所有され、フェデレーションを通じてエンタープライズディレクトリにリンクされます。資格情報は組織が管理し、SAML2 ID プロバイダー(IdP)を使用してシングルサインオンを処理します。

次の要件やシナリオに該当する場合には、Federated ID を使用することが推奨されます。

  • 組織のエンタープライズディレクトリに基づいてユーザーをプロビジョニングする場合
  • ユーザーの認証を管理する場合
  • ユーザーが使用するアプリケーションやサービスを厳格に管理する必要がある場合
  • Adobe ID の新規登録に使用する電子メールアドレスと同じアドレスの使用をユーザーに許可する場合

ID システムの設定については、ID の設定を参照してください。

Adobe ID、Enterprise ID、Federated ID は同じエンタープライズデプロイメントで使用できます。ユーザーのアカウントを厳格に管理する必要がある場合には Enterprise ID や Federated ID を使用してください。

お客様のドメインの電子メールアドレスで、既に Adobe ID を持っているユーザーがいる可能性があります。Enterprise ID または Federated ID を作成する前に、既存のユーザーへの影響をご確認ください。

ID のタイプを編集

システム管理者として、組織内のユーザーの ID タイプを編集し、Adobe ID から Enterprise ID または Federated ID に変更できます。また、Enterprise ID または Federated ID タイプから Adobe ID への編集もできます。ユーザーの ID タイプについて詳しくは、アドビがサポートする ID タイプを参照してください。

注意:

Admin Console を使用して、ユーザーの ID タイプを編集できます。

  • Adobe ID から Enterprise ID へ
  • Enterprise ID から Adobe ID へ
  • Adobe ID から Federated ID へ
  • Federated ID から Adobe ID へ

ただし、ID タイプを Enterprise ID から Federated ID、または Federated ID から Enterprise ID に編集する場合は、アドビサポートにお問い合わせください。

Creative Cloud ユーザーへの影響

ユーザーの ID タイプを Adobe ID から Enterprise ID または Federated ID に編集した場合、ユーザーは引き続き個人で所有している Adobe ID でもアクセスできます。ただし、組織に帰属するアドビのアプリ、サービス、ソリューションには、新しく割り当てられた Enterprise ID または Federated ID でアクセスします。

アセットがリンク付けられた Adobe ID をユーザーが既に所有している場合、ユーザーは Adobe ID アカウントから新しいエンタープライズ版アカウントにアセットを移行できます。

既存の Creative Cloud ユーザーが、Creative Cloud エンタープライズ版に含まれていないサービスを使用していた場合、それらのメンバーシップは無料版に変更されます。

ID のタイプを一括編集

次の手順で、ユーザーの ID タイプを一括編集できます。また、Admin Console、ユーザー同期ツールまたはユーザー管理 API を使用して、ユーザーの電子メールアドレスや名前など、ユーザーの詳細を編集することもできます。

  1. Admin Console にログインし、ユーザー/ユーザーグループに移動します。

  2. をクリックし、ドロップダウンリストで「ID のタイプを一括編集」を選択します。

    ID のタイプを一括編集ダイアログボックスが表示されます。

    ID のタイプを一括編集
  3. ID タイプを編集するユーザーを含めるには、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックして、現在のユーザーリストまたは CSV 標準テンプレートをダウンロードします。

    ダウンロードした .csv ファイルには、次のデータが含まれます。

    • ID タイプ - Adobe ID、Enterprise ID、または Federated ID
    • ユーザー名
    • ドメイン
    • 新しい ID タイプ - Adobe ID、Enterprise ID、または Federated ID
    • 新しい電子メール
    • 新しいユーザー名
    • 新しい国コード
  4. .csv ファイルを Excel で開き、必要に応じて ID タイプを編集します。

    注意:

    ID タイプを Adobe ID から Enterprise ID または Federated ID に編集する場合は、Adobe ID の電子メールアドレスが、エンタープライズ版アカウントのいずれかの電子メールアドレスと一致する必要があります。

    Adobe ID の電子メール Enterprise ID または Federated ID の電子メール ID のタイプを編集
    janedoe@xyz.com janedoe@xyz.com 成功
    johndoe@adobe.com johndoe.@xyz.com 失敗
  5. ID のタイプを一括編集ダイアログボックスを開き、更新した .csv ファイルをアップロードします。

    プロセスが完了すると、通知メールが届きます。

このプロセスでは、移行されたすべてのユーザーの、権限およびプロビジョニング済み製品が移行されます。ID が変更されたユーザーは、プロビジョニングしたアドビ製品を使用する際に、新しい Enterprise ID または Federated ID アカウントを使用する必要があるという通知を受け取ります。

さらに、ユーザーが以前に Adobe ID を使用していて、ID にアセットがリンクされている場合、ユーザーはアセット移行プロセスへの同意を求められます。アセット移行プロセスでは、ユーザーのアセットが Adobe ID アカウントからエンタープライズ版アカウントに自動的に移動されます。

アセットの移行

ユーザーの ID タイプを Adobe ID から Enterprise ID または Federated ID に編集する場合、ユーザーは、組織から割り当てられた既存の Adobe ID アカウントから新しいエンタープライズ版アカウントにサポート対象のコンテンツを移行できます。移行には 2 つの方法があります。

ユーザーがコンテンツを確実に自動移行できるよう、ユーザーに Creative Cloud および Document Cloud ストレージへのアクセスを割り付ける必要があります。ユーザーに Creative Cloud および Document Cloud ストレージへのアクセスを与えるには、次のいずれかの操作を行います。

  • ストレージ付き Creative Cloud コンプリートプランを提供する製品プロファイルを割り付け、PDF サービスをオンにします。
  • ストレージ付き Creative Cloud 製品プロファイルを割り付け、ストレージ付き Document Cloud 製品プロファイル(デスクトップのみの提供を除く)と PDF サービスをオンにします。

ID タイプの編集が完了すると、エンドユーザーに、アセットを移行する方法の詳細が記載された電子メール通知が送信されます。

IT 管理者は、ユーザー ID の編集プロセスで、すべてのユーザーのアセット移行完了ステータスレポートをダウンロードできます。レポートをダウンロードするには、次の操作をおこないます。

  1. Admin Consoleユーザーに移動します。

  2. をクリックし、ドロップダウンリストから「CSV に移行レポートを書き出す」を選択します。

    レポートがダウンロードされます。

レポートによって、同意した人、同意を拒否した人、まだ行動していない人が誰なのかわかります。移行プロセスでサポートされるコンテンツの種類については、アセットの移行に関する FAQ をご覧ください。

注意:

少数のユーザーに対して、自動のアセット移行プロセスが実行されない場合があります。このようなユーザーは、コンテンツを手動で移行する必要があるという通知を受け取り、移行レポートからは除外されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー