注意:

  Typekit は、Adobe Fonts に名前が変わりました。これは、Creative Cloud などのサブスクリプションに含まれています。さらに詳しく

Creative Cloud または Document Cloud エンタープライズ版を使用すると、ユーザーはファイルを安全かつセキュアに格納できます。他のユーザーとファイルを共有したり、共同作業したりすることもできます。ユーザーは Creative Cloud Web サイト、Creative Cloud デスクトップアプリケーション、Creative Cloud モバイルアプリを利用してファイルにアクセスできます。ストレージは、組織とアドビとの契約に含まれている場合にのみ、Creative Cloud または Document Cloud エンタープライズ版で利用できます。

Creative Cloud および Document Cloud 上で制御とセキュリティの追加レイヤーのすべてのデータを暗号化する際、組織内の一部または全部のディレクトリの専用暗号化キーを生成するようアドビに求めることができます。生成されると、コンテンツは専用暗号化キーを使用して暗号化されます。暗号化キーは、必要に応じて Admin Console から無効にすることができます。

専用の暗号化キーは、ストレージとサービスが含まれた Creative Cloud または Document Cloud エンタープライズ版の共有サービスプランでのみ利用できます。

ディレクトリの専用暗号化キーを有効にする前に、Adobe Creative Cloud エンタープライズ版セキュリティ概要(英語)または Adobe Document Cloud セキュリティ(英語)をご覧ください。

プランをアップグレードしてストレージとサービスを含めるには、アドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。

ディレクトリの暗号化キーの管理

組織内のディレクトリに対して、ディレクトリごとに専用暗号化キーを使用できます。

暗号化キーを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • これらのドメインを含むディレクトリの専用暗号化キーを有効にするには、ドメインをクレームして有効にする必要があります。
  • 専用暗号化キーを有効にしたら、標準の暗号化キーを再度使用するよう変更することはできません。
  • 専用暗号化キーは、必要に応じて無効にすることができます。暗号化キーを無効にすると、ユーザーはその暗号化キーを使用して暗号化したコンテンツにアクセスできなくなります。例えば、データが漏洩した可能性がある場合、すぐに Admin Console から専用暗号化キーを無効にすることができます。
  • 暗号化キーを無効にしたコンテンツへのアクセス権を復元するには、Admin Console から暗号化キーを再度有効にします。

次のデータは専用暗号化キーを使用して暗号化されないため、キーが無効になっても影響を受けません。

  • Adobe ID アカウントを持つ組織のメンバーのデータ(Enterprise ID または Federated ID ユーザーが共同作業を開始したときにユーザーがコンテンツを共有している場合を除く)
  • メタデータ(コレクションを参照するために必要なファイル名、コレクション名、フォントの使用、MIME の種類などの属性)
  • Premiere Clip および Adobe Spark Video で公開されたビデオ
  • Lightroom の写真
  • Adobe Color サービスで保存されているカラー
  • Behance および Adobe Fonts サービスで管理されているすべてのデータ
  • Marketing Cloud で管理されているすべてのデータ
  • 保存したアプリケーションの環境設定
  • アカウント所有者に関する情報(名前、電子メール、ライセンス、その他の基本的なユーザーアカウント情報など)

専用暗号化キーの有効化

ディレクトリの専用暗号化キーを使用するには、次の手順に従います。

  1. Admin Console にログインし、設定/ID に移動します。

    ID」ページの「ディレクトリ」タブに、組織のディレクトリの一覧が表示されます。

  2. 専用暗号化キーを有効にするディレクトリ名をクリックします。

  3. 設定」をクリックします。

    ディレクトリ設定」ページが表示されます。

    ディレクトリ設定
  4. 有効にする」をクリックします。

    専用暗号化キーの有効化ダイアログボックスが表示されます。

    専用暗号化キーの有効化ダイアログボックス
  5. 有効にする」をクリックして確定します。

    専用暗号化キーが正常に有効化されると、成功を示すメッセージが表示されます。既存のアセットがある場合は、アセットの暗号化が開始され、暗号化の進行状況が表示されます。暗号化プロセスの進行中も、ユーザーは作業を中断することなく続行できます。

また、何らかの理由により暗号化キーの有効化が失敗した場合、またはキーは有効になったもののアセットの暗号化が失敗した場合は、メッセージが表示されます。

専用暗号化キーの無効化

専用暗号化キーを無効にした場合、ユーザーは暗号化キーを使用して暗号化されたデータにアクセスすることができなくなります。

注意:

ユーザーが引き続きファイルやフォルダーを参照して属性を表示することはできます。

ディレクトリの専用暗号化キーを無効にするには、次の手順に従います。

  1. Admin Console にログインし、設定/ID に移動します。

    ID」ページの「ディレクトリ」タブに、組織のディレクトリの一覧が表示されます。

  2. 専用暗号化キーを無効にするディレクトリ名をクリックします。

  3. 設定」をクリックします。

    ディレクトリ設定」ページが表示されます。

    ディレクトリ設定
  4. 取り消し」をクリックします。

    専用暗号化キーの無効化ダイアログボックスが表示されます。

    専用暗号化キーの無効化
  5. 取り消し」をクリックして確定します。

    専用暗号化キーが正常に無効化されると、成功を示すメッセージが表示されます。  

    成功を取り消す

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー