Illustrator と macOS Big Sur(バージョン 11)

Illustrator、Apple silicon、Big Sur(macOS 11)の間の互換性について説明します。

macOS Big Sur に対応している Illustrator のバージョンは何ですか?

Illustrator 25.xIllustrator 24.x は、macOS 11(Big Sur)で動作しますが、互換性の問題がある場合があります。

アドビでは、新しいオペレーティングシステムが現在お使いのハードウェアやドライバー(印刷など)で動作することを確認するために、お客様ご自身が本番環境でないパーティションでテストを実施されることを強くお勧めします。 

ここに記載されていない問題が発生した場合は、アドビのフィードバックサイトで報告してください。

従来のバージョンの Illustrator は macOS Big Sur に対応していますか?

従来のバージョンや永続ライセンス版の Illustrator は、macOS 11(Big Sur)で動作するように設計されたものではなく、動作確認もおこなっていません。 

古いバージョンの Illustrator を利用している場合、macOS Big Sur にアップグレードしないことをお勧めします。

Illustrator version 23.x 以前は、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「従来のバージョン」のリストに入っていません。

macOS Big Sur へのアップグレード後はアンインストーラーが動作しなくなるため、古いバージョンをアンインストールする場合は、アップグレードする前におこなってしてください。既に macOS Big Sur にアップグレードしている場合は、Creative Cloud Cleaner Tool を使用して古いバージョンをアンインストールすることができます。

Apple silicon との互換性

Illustrator は Apple Silicon M1 チップを使用する Apple コンピューター上でネイティブに動作し、その速度は、同様に構成された前世代システムの 1.5 倍になります。  
Illustrator メニューの Adobe Bridge、DXF や DWG ファイル形式フォーマットのサポート、従来のサードパーティ(Intel のみ)プラグインなど、一部の機能はネイティブモードでは利用できません。これらの機能を利用するには、Illustrator を Rosetta エミュレーションモードで実行する必要があります。

詳しくは、「Apple Silicon での Illustrator の使用」を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン