Adobe Illustrator 2017 リリースの新機能の概要...

Illustrator CC 2017 リリースには、デザイナーやイラストレーターが待ち望んでいた新しい機能が搭載されています。詳しくは、これらの機能の簡単な説明と、詳細情報を提供するリソースのリンクを参照してください。

Illustrator CC の以前のリリースで導入された機能の概要については、機能の概要 | Illustrator CC 2015 リリースを参照してください。


クリエイティブなプロジェクトを手間をかけずに開始

Illustrator CC の本リリースの新機能

Illustrator でのドキュメント作成は、空白のキャンバスからではなく、Adobe Stock のテンプレートを含む多種多様なテンプレートの選択から始めることができるようになりました。テンプレートには、プロジェクトを完了するために使用できる Stock 素材やイラストが付属しています。Illustrator でテンプレートを開いて、Illustrator の他のすべてのドキュメント(.ai)と同じように操作できます。

テンプレートの他に、Illustrator で使用できる多数のプリセットを選択してドキュメントを作成することもできます。

詳しくは、  ドキュメントの作成を参照してください。

ユーザーエクスペリエンスの刷新

Illustrator CC の本リリースの新機能

本リリースの Illustrator には、フラットで目に優しい最新のユーザーインターフェイスが備わっています。ツールおよびパネルに新しいアイコンが追加されました。ユーザー操作性を最適化するための 4 つのカラーオプション(暗、やや暗め、やや明るめ、明)からいずれかを選択して、インターフェイスをカスタマイズすることができます。

詳しくは、ワークスペースのカスタマイズを参照してください。

明るさを「明」に設定した場合の新旧ユーザーインターフェイスの比較

A. Illustrator の以前のリリース B. Illustrator CC 2017 リリース 
UX のカラーオプション

テキストオブジェクトへのサンプルテキストの割り付け

Illustrator CC の本リリースの新機能

テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付けると、デザインがわかりやすくなります。本リリースの Illustrator では、文字ツールを使用して作成した新しいオブジェクトには、サンプルテキストがデフォルトで自動的に割り付けられます。サンプルテキストは、直前のテキストオブジェクトに適用されているすべてのフォントやサイズを保持します。

詳しくは、テキストの作成を参照してください。

文字ツール使用時にサンプルテキストが割り付けられているテキストオブジェクトの例

A. 文字ツール B. パス上文字ツール C. エリア内文字(縦)ツール 

パス/シェイプへのテキストの読み込み

Illustrator CC の本リリースの新機能

サポートされているファイルのテキストをシェイプなどのオブジェクト内に配置します。.txt 形式、.rtf 形式、およびワープロソフトのファイルがサポートされています。例えば、 .rtf ファイルのテキストを多角形のシェイプに配置できます。

詳しくは、コンテナへのテキストの読み込みを参照してください。

ファイルのテキストをパス/シェイプ内に配置

フォント関連の機能

最適なフォントがすぐに見つかる

Illustrator CC の本リリースの新機能

個別のフォントファミリーをお気に入りとしてマークするか、フォントリストの上位に表示される最近使用したフォントから選択することで、頻繁に使用するフォントを簡単に見つけることができます。最近使用したフォントおよびお気に入りに指定したフォントは、Illustrator のセッションが終了しても保持されます。

フォントを検索する際、分類(セリフ、サンセリフ、手書き風など)によってフォントをフィルタリングして、検索結果を絞り込むことができます。さらに、コンピューターにインストールされているフォントや Typekit から同期されたフォントを検索することもできます。

また、視覚的類似性に基づいてフォントを検索することもできます()。探しているフォントに最も見た目の近いフォントが検索結果の最上位に表示されます。

フォントの整理とフィルタリングを参照してください。

フォントのライブプレビュー

Illustrator CC の本リリースの機能強化

コントロールパネルおよび文字パネルでフォントリストのフォント名にポインターを重ねると、選択済みのテキストオブジェクトにそのフォントが適用され、リアルタイムでプレビュー表示されます。

フォントのライブプレビューを参照してください。

フォントのライブプレビュー表示

異体字のコンテキスト表示

Illustrator CC の本リリースの新機能

テキストオブジェクトの編集中に、文字を選択し、コンテキストウィジェットを使用して、文字の右下に異体字をすばやく表示できるようになりました。文字を異体字に置き換えるには、異体字をクリックするだけです。

詳しくは、キャンバスでの文字の異体字への置換を参照してください。

異体字のコンテキスト表示

ピクセルパーフェクトなアートの作成

Illustrator CC の本リリースの新機能

Illustrator で、ピクセルパーフェクトなアートを、これまで以上に簡単かつ直観的に作成できるようになりました。線幅や揃えオプションが異なる場合でも、くっきりと表示されるピクセルパーフェクトなアートを描画。既存のオブジェクトをワンクリックでピクセルグリッドに整合させたり、新しいオブジェクトの描画中に整合させたりできます。オブジェクトの変形中も、アートワークを変形させることなく、ピクセル整合を維持できます。ピクセル整合は、オブジェクトでも、オブジェクトを構成する個々のパスセグメントやアンカーポイントでも機能します。

詳しくは、ピクセルパーフェクトなアートの描画を参照してください。  

ピクセルグリッドに整合するオブジェクトの描画

オブジェクトの移動中もピクセル整合を維持

オブジェクトのサイズ変更中もピクセル整合を維持

その他の機能強化

  • 書式メニューおよびコンテキストメニューで、シンボル、ハイフン、引用符、空白文字、分割文字などの様々な特殊文字を選択できるようになりました。詳しくは、特殊文字を参照してください。
  • 次の制御文字用のキーボードショートカット:EN スペース、EM スペース、細いスペース、上付き文字、下付き文字、任意ハイフンおよび分散禁止スペース。キーボードショートカット一覧のこれらのショートカットキーをカスタマイズできます。
  • 中のテキストが、フォントファミリーは同じでスタイルが異なる場合も、その逆の場合も、テキストオブジェクトを簡単に操作できます。Arial フォントファミリーのテキストを含むテキストオブジェクトが 2 つあり、一方は標準スタイル、もう一方は太字スタイルだとします。これらのテキストオブジェクトを選択すると、フォントスタイルフィールドは空白のままですが、フォントファミリーは Arial と表示されます。
  • 文字スタイルまたは段落スタイルの適用は、スタイルに属性変更がある場合でも、ワンクリックで実行できます。
  • Adobe Stock 素材を Illustrator から直接検索できます。詳しくは、ワークスペースの基本を参照してください。
  • アートワークの編集中にズームインまたはズームアウトすると、選択したアートが中央に表示されるようになりました。また、選択範囲にアンカーポイントまたはセグメントがある場合に、ズームインまたはズームアウトすると、それらのアンカーポイントが中央に表示されます。
  • 操作性の向上に役立つバグの修正、安定性の向上およびパフォーマンスの強化

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー