InCopy ドキュメントのフレームグリッドについて

InCopy で新規 InCopy ドキュメントを作成するとき、テキスト領域にフレームグリッドまたはテキストフレームのどちらを含めるかを選択できます。フレームグリッドには、日本語の文字を文字組みするための升目が含まれます。フレームグリッドは、テキストの組版に影響を与えるグリッドの有無以外は、機能的にも外見的にもテキストフレームと同じです。

フレームグリッドには次のような特徴があります。

  • フレームグリッドには文字属性が設定されています。テキストを配置すると、設定されている文字属性が適用されます。一方、プレーンテキストフレームには文字属性が設定されていません。テキストを割り付けると、そのときに文字パネルで選択されている文字属性が適用されます。

  • フレームグリッドの文字属性を変更するには、ファイル/ドキュメント設定を選択します。テキストフレームの場合は文字属性が設定されないため、配置したテキストを選択してから、文字パネルを使用して属性を設定する必要があります。フレームグリッド内に配置されているテキストを選択して、文字パネルで文字属性を変更することもできます。

  • フレームグリッドのグリッドは、グリッド属性(テキストの組み方向、文字の垂直比率と水平比率、字間、行間)によって決定されます。InCopy でのフレームグリッドの色は変更できません。

  • 既存の InDesign フレームグリッドまたはテキストフレームに InCopy ドキュメントを配置するときには、InDesign での文字属性設定がテキストに適用されます。InCopy ドキュメントを配置するときにテキスト配置アイコンをクリックすると、その InCopy ドキュメントには、InCopy で定義したテキスト領域の設定が保持されます。

  • InDesign とは異なり、InCopy にはレイアウトグリッドやグリッドフォーマットはありません。

  • フレームグリッドは、「フレームグリッドを表示」コマンドを選択している場合に、レイアウトビューでのみ表示されます。「フレームグリッドを表示」コマンドは、デフォルトで有効になっています。

フレームグリッドのドキュメント設定オプション

新規ドキュメントダイアログボックスまたはドキュメント設定ダイアログボックスの「テキスト領域」で「フレームグリッド」を選択している場合は、以下のオプションが使用可能です。

文字垂直比率、文字水平比率

全角日本語文字に対するグリッドの比率を%で指定します。

字間

文字と文字の間隔を指定します。この値は、グリッドの升目の間隔として使用されます。

行間

グリッドの行間隔を指定する値を入力します。この値は、1 行目の文字の仮想ボディの下辺(まはた左辺)から次行の文字の仮想ボディの上辺(または右辺)までの距離として使用されます。

フレームグリッドの表示

フレームグリッドは、デフォルトで表示されます。

  1. 表示/レイアウトビューを選択します。
  2. 表示/グリッドとガイド/フレームグリッドを表示を選択します。

それでもフレームグリッドが表示されない場合は、ファイル/ドキュメント設定を選択し、「テキスト領域」で「フレームグリッド」が選択されていることを確認してください。

テキストフレームとフレームグリッドの変換

単独ドキュメントでは、テキストフレームをフレームグリッドに変換したり、フレームグリッドをテキストフレームに変換することができます。テキストフレームをフレームグリッドに変換すると、ストーリー内の文字スタイルまたは段落スタイルが適用されていないテキストについては、ドキュメントのデフォルトのフレームグリッド属性が適用されます(詳しくは、InCopy ドキュメントのフレームグリッドについてを参照してください)。

フレームグリッドを含まないドキュメントにグリッドフォーマットを直接適用することはできません。テキスト領域をフレームグリッドに変換した後で、段落スタイルが指定されていないテキストに、事前に定義したグリッドフォーマットを適用することで、そのグリッドフォーマットの属性を適用することができます(詳しくは、グリッドフォーマットをテキストに適用するを参照してください)。

注意:

プレーンテキストフレームには文字属性が設定されていないので、文字属性が設定されているフレームグリッドをプレーンテキストフレームに変換すると、再フォーマットされる場合があります。例えば、字間を -1H に設定しているフレームグリッドをテキストフレームに変換すると、字間が 0H になり、文字と文字の間が少し広くなります。フレームグリッドの設定は保持されるため、そのテキストフレームを再びフレームグリッドに変換すると、字間が元の -1H で表示されます。

テキストフレームをフレームグリッドに変換

  1. ファイル/ドキュメント設定を選択します。

    InDesign にリンクしているコンテンツを処理している場合は、「ドキュメント設定」オプションはグレー表示になっています。リンクしているコンテンツについては、InDesign で設定を変更します。

  2. テキスト領域ポップアップメニューから「フレームグリッド」を選択します。
  3. フレームグリッドの属性を指定します(詳しくは、フレームグリッドに関するドキュメント設定オプションを参照してください)。
  4. 「OK」をクリックします。

グリッドの属性に従ってテキストを再フォーマットするには、テキストを選択して、編集/グリッドフォーマットの適用を選択します。

フレームグリッドをテキストフレームに変換

  1. ファイル/ドキュメント設定を選択します。

    InDesign にリンクしているコンテンツを処理している場合は、「ドキュメント設定」オプションはグレー表示になっています。リンクしているコンテンツについては、InDesign で設定を変更します。

  2. テキスト領域ポップアップメニューから「テキストフレーム」を選択します。
  3. 「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー