単独ドキュメントの操作

InDesign ドキュメントに関連付けられていない InCopy ドキュメントを単独ドキュメントと呼びます。単独ドキュメントのテキスト領域、ページサイズ、方向を設定および変更できます。ただし、後で InDesign ドキュメントにストーリーをリンクする場合は、InCopy で使用されている設定が InDesign での設定で上書きされます。

注意:

「プリセットを保存」をクリックして、後で使用できるようにドキュメントの設定を保存することもできます。これにより、新規ドキュメントを作成するときに、設定を変更しなくても、ファイル/ドキュメントプリセットメニューからプリセットを選択して「OK」をクリックするだけで済みます。編集作業をグループで作業している場合には、保存したプリセットをグループの他のメンバーと共有することができます(詳しくは、カスタムドキュメントプリセットの定義を参照してください)。

単独ドキュメントの作成

  1. ファイル/新規を選択します。
  2. 各スプレッドに見開きページのないドキュメントを作成するには、見開きページの選択を解除します。
  3. テキスト領域ポップアップメニューから「フレームグリッド」を選択して、日本語を入力するためのグリッドを持つドキュメントを作成するか、「テキストフレーム」を選択して、テキストフレームを作成します(詳しくは、InCopy ドキュメントのフレームグリッドについてを参照してください)。
  4. 「テキスト領域」セクションで、「幅 / 高さ」と「テキスト量」に値を入力します。テキストの寸法を指定することで、InDesign のコピーフィット情報がなくても、正確な改行情報を指定することができます。
  5. テキストの組み方向ポップアップメニューでテキストを横組みと縦組みのどちらにするかを指定します。

    この設定は、書式/組み方向/横組みまたは縦組みを選択することで、いつでも変更できます。

  6. 「グリッド書式属性」セクションで、文字の垂直方向と水平方向の比率、字間および行間など、フレームグリッドの詳細を指定します(詳しくは、フレームグリッドに関するドキュメント設定オプションを参照してください)。これらのグリッド書式属性は、テキスト領域ポップアップメニューで「テキストフレーム」オプションを選択した場合には表示されません。
  7. ページサイズポップアップメニューからページサイズを選択するか、「幅」と「高さ」に値を入力します。ページサイズとは、ページ外側の裁ち落としやその他のマークを断裁した後の最終的な仕上がりのサイズです。
  8. 「OK」をクリックします。

単独ドキュメントを開く

InCopy で作成または InDesign から書き出した InCopy コンテンツファイル(.icml)を開くことができます。InCopy で開いた場合、これらの InCopy コンテンツファイルには、InDesign レイアウトでのページ構成は表示されません。InCopy の以前のバージョンでドキュメントを開いたり、InCopy テンプレートファイル(.icmt)を開いたりすることもできます。

また、Microsoft® Word ファイルおよびテキストファイルを InCopy で直接開き、テキスト形式(.TXT)またはリッチテキスト形式(.RTF)で保存することもできます。

  1. ファイル/開くを選択します。
  2. ドキュメントを選択し、「OK」をクリックします。

また、ファイル/最近使用したファイルを開くを選択して、最近保存したドキュメントの 1 つを選択することもできます。表示される最近使用したドキュメントの数を指定するには、編集/環境設定/ファイル管理(Windows)または InCopy/環境設定/ファイル管理(Macintosh)を選択し、「最近使用したアイテムの表示数」で数を指定します。

ドキュメントレイアウトの変更

  1. 単独ドキュメントのビューでファイル/ドキュメント設定を選択します。
  2. 表示されるダイアログボックスで、基本レイアウトのオプションを選択します。
  3. 「OK」をクリックします。

カスタムドキュメントプリセットの定義

カスタムのドキュメント設定を作成して、作業グループの他のメンバーと共有することで、時間を節約し、類似するドキュメントを作成するときに一貫性を保つことができます。

  1. ファイル/ドキュメントプリセット/定義を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 新規プリセットを作成するには、「新規」をクリックして、プリセットの名前を指定します。

    • 既存のプリセットに基づいてプリセットを作成するには、リストからプリセットを選択して「編集」をクリックします。

    • 別の設定を使用するには、「読み込み」をクリックしてドキュメント設定ファイル(.icst)を開き、「編集」をクリックします。

  3. 表示されるダイアログボックスで、基本レイアウトのオプションを選択します(各オプションの説明については、単独ドキュメントの操作を参照してください)。
  4. 「OK」を 2 回クリックします。

注意:

ドキュメントプリセットを別のファイルに保存し、他のユーザーに配布することができます。ドキュメントプリセットファイルの保存と読み込みを行うには、ドキュメントプリセットダイアログボックスの「保存」と「読み込み」ボタンを使用します。

InCopy ファイルの InDesign へのリンク

単独の InCopy ストーリーを InDesign ドキュメントにリンクすると、InCopy でのレイアウトとデザインの設定が InDesign の書式設定で上書きされます。

InDesign では、InCopy ファイルと InDesign レイアウトとのリンクを様々な方法で作成できますが、通常は InCopy ファイル(.icml)を InDesign のレイアウトに配置します。

InCopy での Adobe Bridge の使用

Adobe Bridge は、Adobe Creative Suite コンポーネントに含まれるクロスプラットフォームのアプリケーションで、プリント、Web、ビデオおよびオーディオコンテンツを作成するために必要なアセットを検索、整理および参照することができます。Adobe Bridge は Creative Suite のコンポーネント(Adobe Acrobat を除く)から起動することができ、Bridge を使用してアドビのアセットとアドビ以外のアセットの両方にアクセスすることができます。

Adobe Bridge から、以下のことができます。

  • 画像、ビデオおよびオーディオファイルを管理します。 個々のアプリケーションを開かずに、Adobe Bridge でファイルのプレビュー、検索、ソート、その他の処理が行えます。 ファイルのメタデータを編集して、ファイルをドキュメント、プロジェクトまたは組版に配置することもできます。

  • Adobe Bridge で、InDesign または InCopy のドキュメント内のリンクをサムネール表示できます。これらのドキュメントを実際に開く必要はありません。

  • バッチコマンドなどの自動処理を実行します。

  • カラーマネジメントされた Creative Suite コンポーネント間でカラー設定を同期します。

  • リアルタイムの Web 会議を開始して、デスクトップを共有したり、ドキュメントをレビューしたりします。

Adobe Bridge を使用したファイルの参照

Adobe Bridge を使用すると、印刷、Web、モバイルデバイス用に作成するコンテンツのアセットを効果的に編成、参照、検索できます。

  1. Adobe Bridge ブラウザーを開くには、ファイル/Bridge で参照を選択するか、アプリケーションバーの Adobe Bridge アイコン をクリックします。

InCopy のスクリプト

スクリプトは、様々な作業を実行するのに最適なツールです。一般的な作業を自動化する簡単なスクリプトもあれば、まったく新しい機能となる複雑なスクリプトもあります。独自のスクリプトを作成したり、他のユーザーが作成したスクリプトを実行したりできます。スクリプトパネル(ウィンドウ/ユーティリティ/スクリプト)を使用して、InCopy でスクリプトを実行します。

スクリプト作成について詳しくは、アドビシステムズ社の Web サイトに掲載されたスクリプティングガイドを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー