画像の表示画質の修正

低解像度画像の修正

ドキュメントに配置されたグラフィックは、ピクセルが目立ったり、不鮮明になったり、ざらついて見えたりする場合があります。多くの場合、これは InDesign のデフォルトでは、パフォーマンスを向上させるために低解像度の画像が表示されるからです。

表示設定の確認

高解像度グラフィックを表示するには、表示表示画質の設定高品質表示を選択します。InCopy を使用している場合は、グラフィックの表示画質を制御する方法をご覧ください。

ペーストの代わりとなる配置の使用

表示画質の設定を変更しても、画像が低解像度で表示される場合があります。このような画像では、「配置」コマンドを使用して InDesign に画像を挿入していることを確認します。場合によっては、別のアプリケーションから画像をペーストすると、元のファイルではなくプレビュー画像が挿入されることがあります。

プリント設定の確認

プリント時に画像が低解像度で印刷される場合は、グラフィックが適切にプリントされるようにプリント設定を確認します。プリントダイアログボックスの「グラフィック」セクションで、解像度メニューから「すべて」を選択します。

ボーダーライン品質の画像における変形の回避

さらに、画像の拡大 / 縮小または回転を行うと、品質が低下する場合があります。コントロールパネルメニューから「変形を消去」を選択します。

画像解像度の向上

web ページからコピーした画像などでは、低解像度の画像を高解像度の画像に置換することが必要になる場合があります。

ドキュメントの表示画質の変更

ドキュメントに配置されたグラフィックの解像度を制御できます。ドキュメント全体または個々のグラフィックの表示設定を変更できます。また、個々のドキュメントの表示設定を使用可能にするか、オーバーライドするかの設定変更もできます。

ドキュメントは、常に環境設定の「表示画質」セクションのデフォルト設定を使用して開かれます。ドキュメントを開いている間に表示画質を変更することもできますが、その設定はドキュメントには保存されません。

任意の画像の表示画質を個別に設定している場合、その設定を一時的に変更して、すべてのオブジェクトで同じ設定を使用することができます。

  1. 表示表示画質の設定を選択し、サブメニューからオプションを選択します。

  2. 個別に表示画質を設定したオブジェクトを、ドキュメント設定を使用して表示させるには、表示表示画質の設定オブジェクト単位の表示設定を保持を選択解除します。(チェックマークは選択されていることを示します)。

オブジェクトの表示画質の変更

  1. 閉じたドキュメントを再び開いたときに個々のオブジェクトの表示画質を保持するには、環境設定の「表示画質」で、「オブジェクトレベル表示設定を保持」が選択されていることを確認します。

  2. 表示表示画質の設定を選択し、「オブジェクト単位の表示設定を保持」が選択されていることを確認します。

  3. 選択   ツールまたはダイレクト選択  ツールで、配置したグラフィックを選択します。

  4. 次のいずれかの手順に従います。

    • オブジェクト表示画質を選択し、適切な表示設定を選択します。

    • 画像を右クリック(Windows)するか、Control キーを押しながらクリック(macOS)し、表示画質サブメニューから表示設定を選択します。

注意:
  • 表示画質サブメニューの「表示設定を使用」を選択し、オブジェクトのローカル表示設定を削除します。
  • 表示表示画質の設定のサブメニューで「オブジェクト単位の表示設定を消去」を選択して、ドキュメント上のすべてのグラフィックのローカル表示設定を削除します。

表示画質オプション

これらのオプションは、画面上でのグラフィックの表示方法を制御するもので、印刷品質や書き出されるファイルには影響しません。

環境設定の「表示画質」で、すべてのドキュメントを開くときに使用するデフォルトのオプションを設定し、表示画質オプションを定義する設定をカスタマイズします。各表示オプションには、ラスター画像、ベクトルグラフィック、透明の表示について、個別の設定があります。

高速

ラスター画像またはベクトルグラフィックを灰色のボックス(デフォルト)で表示します。多くの画像または透明効果が含まれるスプレッド内のページをすばやく表示したい場合に、このオプションを使用します。

一般

画像またはベクトルグラフィックを識別および配置するのに適した、低解像度プロキシ画像(デフォルト)を表示します。デフォルトではこの「一般」オプションが選択されています。このオプションは、識別可能な画像を最も速く表示する方法です。

高品質

ラスター画像またはベクトルグラフィックを高解像度(デフォルト)で表示します。このオプションを使用すると、表示品質は最も高くなりますが、表示速度は最も遅くなります。画像を微調整したい場合に、このオプションを使用します。

注意:

画像表示オプションは、ドキュメント内の画像の書き出しや印刷を行うときの出力解像度には影響しません。PostScript デバイスでの印刷、XHTML での書き出し、EPS または PDF への書き出しを行う場合、最終的な画像の解像度は、ファイルの印刷または書き出し時に設定する出力オプションに依存します。

デフォルトの表示画質の設定

表示画質環境設定ではデフォルトの表示オプションを設定できます。それ以外に、表示メニューを使用してドキュメントの表示画質を変更したり、オブジェクトメニューを使用して個々のオブジェクトの設定を変更したりできます。

例えば、膨大な数の高解像度写真が含まれるプロジェクトに取り組んでいる場合、すべてのドキュメントをすばやく開けた方がよいでしょう。この場合、デフォルトの表示オプションを「高速」に設定します。画像の詳細を表示する場合は、ドキュメントの表示を「一般」や「高品質」に切り替えることができます。

また、個々のオブジェクトに適用されている表示設定を確認、または一時的に変更することもできます。「オブジェクトレベル表示設定を保持」を選択すると、オブジェクトに適用されている設定がすべてドキュメントに保存されます。

  1. 編集環境設定表示画質(Windows)または InDesign環境設定表示画質(macOS)を選択します。

  2. デフォルト表示ポップアップメニューから「一般」、「高速」または「高品質」を選択します。この表示設定は、開くか新規作成するすべてのドキュメントに適用されます。

  3. 次のいずれかの手順に従います。

    • 個々のオブジェクトに適用される表示設定を保存するには、「オブジェクトレベル表示設定を保持」をオンにします。

    • デフォルトの表示オプションを使ってすべてのグラフィックを表示するには、「オブジェクトレベル表示設定を保持」をオフにします。

  4. 表示設定を調整」の表示オプションを選択し、「ラスタライズ画像」、「ベクトル画像」、および「透明」のスライダーを動かします。「アンチエイリアスを使用可能にする」をオンまたはオフにすることもできます。

  5. OK」を選択します。

各表示オプションには、ラスター(ビットマップ)画像、ベクトルグラフィック、透明効果について、個別の設定があります。


関連リソース

アドビへのお問い合わせ

ご意見をお待ちしております。 Adobe InDesign コミュニティまでお知らせください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン