InDesign に問題が発生した場合は、クラッシュレポートを提出する

InDesign に問題が発生した場合、Adobe Crash Reporter ダイアログでクラッシュレポートを調べて提出できます。

クラッシュレポートを提出する理由?

問題の発生時に行われていた作業内容と電子メールアドレスを添えてクラッシュレポートをアドビに提出する理由は、次のとおりです。

  • 既知の問題については、ご指摘の問題を修正する解決策を電子メールでお伝えできます。
  • 未知の問題については、問題の詳細説明と連絡先情報が記載されたレポートの提出が多く集まれば、問題を追跡して解決策を提供できる可能性が高くなります。
  • InDesign チームでは、お送りいただいた情報を InDesign の改善と安定性の向上に役立てております。皆様からの情報をお待ちしております。 

クラッシュレポートを効果的に提出する方法

問題発生後しばらくすると、Adobe Crash Reporter ダイアログが表示されます。

注意:

クラッシュレポートのダイアログが表示されない場合、ダイアログを表示しないオプションが選択されている可能性があります。クラッシュレポートダイアログを表示する方法については、「環境設定の方法」を参照してください。

InDesign 15.0.3 以降のクラッシュレポート

2020 のクラッシュレポート(Windows)
InDesign 2021 のクラッシュレポート(Windows)
InDesign 2020 のクラッシュレポート(macOS)
InDesign 2021 のクラッシュレポート(macOS)
2020 のクラッシュレポート(Windows)
InDesign 2020 のクラッシュレポート(Windows)
InDesign 2020 のクラッシュレポート(macOS)
InDesign 2020 のクラッシュレポート(macOS)

InDesign 15.0.2 以前のクラッシュレポート

InDesign 2019 のクラッシュレポートダイアログ(Windows)
InDesign 2019 のクラッシュレポート(Windows)
InDesign 2019 のクラッシュレポートダイアログ(macOS)
InDesign 2019 のクラッシュレポート(macOS)

クラッシュレポートの提出

以下の手順に従って、クラッシュレポートを送信します。 

  1. 具体的な情報を入力してください

    問題を特定の手順で一貫して再現できる場合は、その特定の手順を入力してください。問題を一貫して再現する正確な手順がわからない場合であっても、問題の発生時に行われていた作業内容をできるだけ詳細に入力してください。問題の発生時にどのような操作を実行していましたか。どのような種類のドキュメントを使用していましたか。最近、なんらかのプラグインを使用しましたか?問題が特定のファイルに固有のものである場合は、ご遠慮なくいつでも Creative Cloud、Dropbox などのファイル共有サービス経由でファイルを共有してください(その際に、問題の説明が記載されたファイルへのリンクもお忘れなくご記入ください)。

  2. お客様の電子メールアドレスを入力してください

    製品チームからご連絡してさらに詳細な情報を収集することもあります。また、電子メールを使用してチームから修正または回避策をお伝えすることもあります。

  3. アプリケーションの使用状況に関するデータの提供(InDesign 15.0.2 以前のバージョン)

    ご協力いただくことで、クラッシュ時に実行していたワークフローに関する情報が提供されるため、問題の根本的な原因を絞り込むのに役立ちます。

クラッシュレポートダイアログを表示する方法

次の手順に従い、「このダイアログを常に表示」を設定します。

macOS

  1. Cmd キーを押しながら InDesign アプリケーションアイコンをクリックし、「パッケージの内容を表示」を選択します。
  2. コンテンツ/フレームワーク/AdobeCrashReporter.framework を選択します。
  3. AdobeCrashReporter というエイリアスを Cmd キーを押しながらクリックし、「オリジナルを表示」を選択します。
  4. Adobe Crash Reporter (黒の AdobeCrashReporter UNIX 実行可能ファイルではなく、赤色の A アプリのアイコン)をダブルクリックします。
  5. このダイアログを常に表示」を選択し、「完了」をクリックします。

Windows

  1. スタート」を開きます
  2. コマンドプロンプトを検索して起動します
  3. 次のコマンドを入力します
    • REG ADD HKEY_CURRENT_USER\Software\Adobe\CommonFiles\CRLog /v "Never Ask" /t REG_SZ /d 0
  4. Enter を押します。
  5. Value Never Ask exists, overwrite(Yes/No)? 」というメッセージが表示されたら、「Yes」を選択します。

Adobe Crash Reporter の詳細

なんらかの障害によって InDesign がクラッシュした場合には、Adobe Crash Reporter は、クラッシュの発生時に行われていたアプリケーションの作業のログを収集することができます。収集された情報はデータベースにアップロードされるため、 エンジニアリングチームは、その情報を使用してクラッシュを分析し解決策を策定できます。

Adobe Crash Reporter は、 InDesign 開発チームが、発生する大部分のクラッシュバグの追跡と修正を行うのにfix役立つ貴重なツールです。

注意:

Adobe Crash Reporter については、Apple クラッシュレポーターまたは Microsoft クラッシュレポーターのいずれかと混同しないでください。これらのクラッシュレポーターから情報がアドビに直接送信されることはありません。

Adobe Crash Reporter プライバシー

Adobe Crash Reporter を使用してお客様の活動をモニターしていないことを保証いたします。InDesign はクラッシュを検出します。また、弊社では、クラッシュに関するレポートがお客様から送信されるまで、クラッシュについて一切わかりません。レポートの作成はお客様のコンピューターから始まります。お客様がレポートの提出を選択した場合(そして、お客様のこの選択は弊社にとって大変にありがたいことです)、アドビに送信される情報は個人が特定できない情報のみに限定されます。こうした情報には、「ソフトウェアのどの部分で問題が発生したのか」などの情報が含まれます。

「エラーの発生時に行われていた作業内容」などの詳細情報を追加していただけると、問題を診断する際にとても助かります。お客様がメールアドレスなどの連絡先情報の提供を選択された場合、アドビでは、クラッシュについてお客様にご連絡する必要があるとき、または修正や回避策についてお知らせする必要があるときに限って、提供された情報を使用いたします。お客様の個人情報をマーケティング目的で使用することはありません。お客様がご希望の場合、レポートを匿名で送信することもできます。

これらのレポートは、エンジニアリングチームに直接届きます。また、弊社にとっても製品を改善する上で大いに役に立つリソースです。