InDesign の最新チュートリアルについては、InDesign ビデオチュートリアルページを参照してください。

デザインとレイアウト

複数のページサイズ

1 つのドキュメント内のページ別に、異なるページサイズを定義することができます。この機能は、1 つのファイルで関連するデザインを管理する場合に特に便利です。例えば、同じドキュメント内に名刺、はがき、レターヘッドおよび封筒の各ページを含めることができます。

複数の異なるページサイズを作成するには、ページツールでページを選択し、コントロールパネルでその設定を変更します。詳しくは、複数のページサイズの使用を参照してください。

新しいレイヤーパネル

InDesign の新しいレイヤーパネルは Illustrator のレイヤーパネルに似たデザインになりました。各レイヤーにある三角形アイコンを展開すると、アクティブなスプレッドについて、そのレイヤーにあるオブジェクトとその重なり順が表示されます。

デフォルトでは、新しいページアイテムには <長方形> や <パス> などの一般的な名前が付きます。 ページアイテム名を独自の名前に変更する場合は、レイヤーパネルでそのページアイテム名をクリックして選択し、もう一度クリックして新しい名前を入力します。

オブジェクトの重なり順は、リスト内でアイテムをドラッグして変更することができます。レイヤーパネルでは、ページアイテムの表示/非表示およびロック/ロック解除を個別に切り替えることもできます。

詳しくは、レイヤーを参照してください。

カスタムページサイズ

カスタムページサイズは、ドキュメントの作成時にカスタムページサイズダイアログボックスで作成できます。テキストファイルを編集して作成する必要はありません。詳しくは、カスタムページサイズの作成を参照してください。

変形の簡素化

オブジェクトを簡単に操作するための新しい選択機能と変形機能が追加されました。

コンテンツグラバー

選択ツールを使用して画像上にポインターを置くと、コンテンツグラバーの円が表示されます。選択ツールを選択した状態で、コンテンツグラバーをドラッグしてフレームの内容を選択して移動できます。この機能は、従来のポジションツールの機能と同じです。InDesign CS5 ではポジションツールは廃止されました。フレームの内容を回転する場合は、水平線が表示され、回転した角度が表示されます。

コンテンツグラバーは、グループに含まれるフレームごとに表示されます。グループに含まれるフレームの内容の位置を変更するには、選択ツールを使用します。

画像上にポインターを置いたときにコンテンツグラバーを表示しない場合は、表示/エクストラ/コンテンツグラバーを表示を選択します。

オブジェクトの選択を参照してください。

ダブルクリックの動作

選択ツールでグラフィックをダブルクリックしたときに、ダイレクト選択ツールに切り替わらなくなりました。代わりに、グラフィックのフレームをダブルクリックすると、フレームの内容が選択されます。選択した内容をダブルクリックすると、その内容を囲むフレームが選択されます。内容を選択した状態で、その内容を囲むフレーム枠をクリックしてフレームを選択することもできます。

グループの場合は、グループ内のアイテムをダブルクリックすると、そのアイテムが選択されます。グループを再選択するには、選択したアイテムまたはグループのエッジをダブルクリックします。いずれの操作でも、選択ツールは選択されたままになります。これにより、グラフィックのフレームとグループを一貫した方法ですばやく選択することができます。

フレーム枠の強調表示

選択ツールをページのアイテム上に移動したときに一時的にフレーム枠が表示されるようになりました。このフレーム枠により、選択するアイテムを識別しやすくなります。フレーム枠の色は、オブジェクトがあるレイヤーの色と同じになります。グループは、点線で囲まれます。この機能は、プレビューモードを使用するときや「フレーム枠を隠す」を選択したときに特に便利です。

パスとポイントの強調表示

ダイレクト選択ツールをページアイテム上に移動すると、パスとアンカーポイントが表示されます。この機能により、操作するアンカーポイントを識別しやすくなります。ダイレクト選択ツールを使用してオブジェクトを選択し、さらにアンカーポイントを選択するという手間を省いて、目的のポイントを単にドラッグすることができます。

回転

Illustrator と同じように、回転ツールに切り替えなくても、選択したページアイテムを回転できるようになりました。選択ツールを使用し、コーナーハンドル付近にポインターを置いてドラッグするだけでアイテムを回転できます。ドラッグ操作を停止しても、選択ツールは選択されたままになります。詳しくは、選択ツールを使用したオブジェクトの回転を参照してください。

複数の選択されたアイテムの変形

複数のアイテムをサイズ変更、拡大/縮小または回転する場合、それらのアイテムを事前に選択ツールでグループ化する必要がなくなりました。変形する複数のアイテムを選択すると、選択したアイテムを囲む変形境界線ボックスが表示されます。ハンドルをドラッグすると、選択したアイテムのサイズが変わります。Shift キーを押しながらドラッグすると、縦横比を維持してサイズが変更されます。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグすると、フレームと内容が同時に拡大/縮小されます。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)と Shift キーを押しながらドラッグすると、縦横比を維持して拡大/縮小されます。さらに Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグすると、選択したアイテムの中心を基準に変形が行われます。詳しくは、オブジェクトの変形を参照してください。

ライブスクリーン描画

InDesign CS5 では、コンテンツをドラッグすると同時にコンテンツが描画されます。以前のバージョンの InDesign では、コンテンツをドラッグした後でコンテンツが描画されるまで待ちました。以前の動作を使用する場合は、ユーザーインターフェイスの環境設定の「ライブスクリーン描画」オプションで変更します。詳しくは、インターフェイスの環境設定の変更を参照してください。

選択したオブジェクトの優先

重なり合っているページアイテム群の 1 つを選択してドラッグすると、その選択したアイテムが選択されたままになります。別のアイテムを選択するには、そのアイテム内で、現在選択しているアイテムと重なっていない部分または交差していない部分をクリックします。

ライブ分布

複数の選択されたアイテムを分布して配置する場合、実際に個別のオブジェクトの間隔のサイズを変更する代わりに、間隔の比率を保ったまま、まとめてサイズ変更することができます。ライブ分布を使用したオブジェクトの分布を参照してください。

変形ツールの再配列

ツールパネルで回転、拡大/縮小、シアーの各ツールは、自由変形ツールと同じ場所から選択できるようになりました。また、選択ツールだけでも、アイテムの回転、サイズ変更、拡大/縮小を行うことができるようになりました。

間隔ツール

間隔ツールを使用すると、複数のアイテム間の間隔をすばやく調整できます。間隔ツールでは、間隔を直接操作することで、ワンステップでレイアウトを調整できます。詳しくは、間隔ツールを使用したオブジェクトの整列を参照してください。

列をまたぐ段落や列に分割する段落

InDesign CS5 では、複数の列とそれをまたぐ段落を 1 つのテキストフレーム内に作成できます。また、同じテキストフレーム内の 1 つの段落を複数の列に分割することもできます。詳しくは、列をまたぐ段落や列に分割する段落の作成を参照してください。

前と連動

段落分離禁止オプションダイアログボックスの新しい「前と連動」オプションを選択すると、現在の段落の先頭行と前の段落の最終行が連動します。詳しくは、段落分離禁止オプションを使用した段落の分離禁止を参照してください。

列揃え

テキストフレーム設定ダイアログボックスの「列を揃える」オプションを使用すると、複数の段組が設定されたテキストフレームで段組間のテキストの列を自動的に揃えることができます。詳しくは、テキストフレームの段組の設定を参照してください。

長方形以外のフレームでのフレーム揃え

以前のバージョンの InDesign では、長方形以外のテキストフレームには、テキストのフレーム揃えの設定ができませんでした。InDesign CS5 では、テキストのフレーム揃えを角の効果と一緒に、または長方形以外のフレームに適用することができます。詳しくは、テキストフレーム内でのテキストの縦揃えを参照してください。

ライブコーナーの効果

選択したフレームの右上隅付近に表示される黄色の四角形をクリックすると、ライブコーナーモードになり、長方形の四隅を直接ドラッグして角の効果や角丸の半径を角ごとに適用できるようになりました。詳しくは、ライブコーナーの使用を参照してください。

コントロールパネルのスウォッチ

コントロールパネルでオブジェクトにスウォッチを直接適用できます。オブジェクトを選択し、コントロールパネルの塗りメニューまたは線メニューからスウォッチを選択します。コントロールパネルに現在表示されているカラースウォッチをドラッグし、他のオブジェクトに適用することもできます。詳しくは、カラーの適用を参照してください。

グリッド配置の機能強化

複数のファイルを配置するとき、ドラッグを開始してから矢印キーを使って、配置する画像の列数と行数を変更できます。さらに、列間または行間の間隔を変更するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)と矢印キーを押します。詳しくは、複数のグラフィックの配置コンタクトシートの作成を参照してください。

自動フィット

フレームのサイズを変更するときに画像のサイズも同時に変更する場合は、「自動フィット」オプションを選択します。詳しくは、自動フィットの使用を参照してください。

グリッド内での複数フレームの描画

長方形ツールや文字ツールなどのフレーム作成ツールを使用するときに、矢印キーを押してフレームを等間隔に作成できます。詳しくは、複数オブジェクトのグリッドとしての描画を参照してください。

オブジェクトのグリッドへの複製

選択したオブジェクトのコピーをドラッグして、オブジェクトのグリッドを作成できます。詳しくは、オブジェクトのグリッドへの複製を参照してください。

メタデータからのライブキャプション

InDesign CS5 では、複数の方法で画像メタデータに基づくキャプションを作成できます。

  • 配置ダイアログボックスの「キャプションを作成」チェックボックスをオンにすると、画像の配置時にキャプションを作成できます。

  • キャプションは、配置した画像から作成できます。まず、キャプション設定ダイアログボックスを使用して、画像に含まれているメタデータを確認します。次に、オブジェクト/キャプションメニューのオプションを選択して、ライブキャプションまたは静的キャプションを作成します。

  • テキストフレームにテキスト変数を追加し、テキストフレームと近接またはグループ化する画像のメタデータを表示できます。

キャプションを参照してください。

Mini Bridge

Mini Bridge は、InDesign 内でパネルとして使用できる Adobe Bridge のサブセットです。Mini Bridge を使用すると、InDesign を離れることなく、ファイルシステム内のファイルをサムネールとしてプレビューできます。ファイルをドキュメント内に配置する別の方法として、Mini Bridge から InDesign にファイルをドラッグ&ドロップすることができます。Bridge からドラッグした場合と同じように、ドラッグした画像は配置カーソルの位置に読み込まれます。選択したアイテムを Mini Bridge 内にドラッグしてスニペットを作成することもできます。

Adobe Bridge との統合の強化

InDesign CS5 と Adobe Bridge CS5 の統合が 2 つの点で強化されました。

ページサムネール

環境設定の新しい「ファイル管理」オプションを使用すると、InDesign ファイルの最初のページ以外にもページサムネールも作成できます。サムネールを作成するデフォルトのページ数は「最初の 2 ページ」に設定されていますが、これを「先頭ページ」、「最初の 5 ページ」、「最初の 10 ページ」または「すべてのページ」に変更することができます。 Bridge のプレビューウィンドウで INDD ファイル内のページをプレビューできるようになりました。サムネールを作成するページ数が増えるほど、InDesign ドキュメントの保存に時間がかかる場合があります。詳しくは、プレビューを含めたドキュメントの保存を参照してください。

Bridge での InDesign ファイル内のリンク表示

InDesign ドキュメント内のリンクを Adobe Bridge で表示できます。そのドキュメントを事前に InDesign で開く必要はありません。例えば、画像の場所は覚えていないが、配置先のファイルが InDesign ドキュメントであることは確かだとします。この場合、Adobe Bridge でその InDesign ファイルに移動して選択し、次に選択した InDesign ファイル内に配置されているすべてのファイルのサムネールを表示できます。

詳しくは、InDesign での Adobe Bridge の使用を参照してください。

クロスメディアデザイン

インタラクティブなドキュメントとプレゼンテーション

FLV と MP3 の読み込み

ビデオファイルは、Flash Video 形式(FLV および F4V)、H.264 エンコード形式(MP4 など)および SWF ファイル形式で読み込むことができます。オーディオファイルは、MP3 形式で読み込むことができます。QuickTime(.MOV)、.AVI、.WMV などの古いメディアファイルタイプも依然としてサポートされます。ただし、最新バージョンの Acrobat、Adobe Reader、Adobe Flash Player で提供されている多彩なメディア サポートを十分に活用するには、FLV、F4V、MP4 および MP3 の各形式を使用してください。

古いメディアファイルタイプを FLV 形式に変換するには、Adobe Media Encoder を使用します。詳しくは、レガシーメディアファイルの再リンクを参照してください。

メディアパネル

メディアパネルを使用すると、InDesign で直接 SWF、FLV、F4V、MP4 および MP3 の各ファイルをプレビューできます。FLV、F4V、MP4 の各ファイルに対して、ビデオの任意のフレームをプレースホルダーのポスター画像として選択できます。インタラクティブなドキュメントのビューアーに含めるビデオ再生コントロールを選択できます。メディアパネルでは、ボタンアクションを適用できるタイムコードマーカーとして、ナビゲーションポイントを作成できます。詳しくは、ムービーおよびサウンドファイルのドキュメントへの追加を参照してください。

モーションプリセット

アニメーションパネルを使用すると、任意のページアイテムにモーションプリセットを割り当て、アニメーションをすばやく作成することができます。これらのモーションプリセットは、Adobe Flash CS5 Professional に搭載されているモーションプリセットと同じものです。 さらに、InDesign では Flash で作成した任意のカスタムモーションプリセットを読み込むことができるので、InDesign および Flash のユーザーは共同してアニメーション効果を作成できます。詳しくは、モーションプリセットによるドキュメントのアニメーション化を参照してください。

アニメーションパネル

アニメーションパネルでは、アニメーション効果を作成または編集します。アニメーション属性としてサポートされている位置、拡大/縮小、回転、不透明度などを編集できます。InDesign で作成した任意のカスタムアニメーションをカスタムモーションプリセットとして保存し、他のユーザーと共有できます。

アニメーションパネルを使用して、アニメーションオブジェクトを再生するタイミング(ページの読み込み時やクリック時など)を指定します。詳しくは、アニメーションを参照してください。

タイミングパネル

タイミングパネルを使用してアニメーションオブジェクトの再生順を変更します。詳しくは、タイミングパネルを使用したアニメーションの順序の変更を参照してください。

オブジェクトステートパネル

オブジェクトステートパネルでは、複数バージョンのオブジェクトを作成できます。例えば、単一のページオブジェクトを 20 種類のステートで作成し、ステートごとに異なる写真を含めることができます。PDF ファイルや SWF ファイルを開いたときに、次へ進むボタンや戻るボタンをクリックしてフォトギャラリーを参照できるようになります。詳しくは、マルチステートオブジェクトのスライドショーの作成を参照してください。

プレビューパネル

InDesign では、プレビューパネルを使用して、現在の選択範囲、現在のスプレッドまたはドキュメント全体のインタラクティブとアニメーションをプレビューできます。Web ブラウザーでインタラクティブな要素をテストすることもできます。詳しくは、インタラクティブドキュメントのプレビューを参照してください。

単位としてのピクセル

環境設定/単位と増減値で、ピクセルを単位として指定できるようになりました。現在の単位をピクセル単位に変えるには、コントロールパネル、ダイアログボックス、その他のパネルでフィールドの値に「px」を追加します。ピクセル単位を使用すると、オブジェクトおよび X/Y 座標がすべてピクセル値にスナップされ、線パネルに表示される線幅もピクセル単位に変わります。詳しくは、定規と単位の変更を参照してください。

URL をハイパーリンクに変換

「URL をハイパーリンクに変換」コマンドを使用して、現在の選択範囲、ストーリーまたはドキュメントから URL を検索し、その URL をハイパーリンクに変換できます。見つけた URL に文字スタイルを割り当てることもできます。詳しくは、URL をハイパーリンクに変換を参照してください。

Flash Player への書き出しの機能強化

SWF ファイルの書き出しに、アニメーション、ビデオ、オーディオおよびロールオーバーで表示されるコントローラーを追加できるようになりました。さらに、SWF ファイルの最終出力を制御できるいくつかの新しいオプションも追加されました。詳しくは、Web 用のインタラクティブ SWF(Flash)ファイルの作成を参照してください。

Flash Professional への書き出しの機能強化

InDesign CS5 では、Flash Professional で編集するファイルを、XFL 形式ではなく、FLA 形式で書き出します。FLA の書き出しオプションは、リッチメディアコンテンツをサポートし、テキストを操作する方法も多様化しました。詳しくは、Web 用の FLA ファイルの作成を参照してください。

インタラクティブ PDF への書き出しの機能強化

InDesign CS5 では、プリント用とインタラクティブ PDF ファイル用の書き出しコマンドが分かれています。

インタラクティブ PDF への書き出しでは、すべてのリッチメディアコンテンツがリッチメディアアノテーションレイヤーに書き出されるので、Adobe Reader での再生の質が向上します。ビデオファイルは FLV または F4V 形式で、オーディオファイルは MP3 形式で書き出すと、最良の質を確保できます。

インタラクティブ PDF に書き出す場合は、初期表示オプション、プレゼンテーション設定、ページ効果など、いくつかの新しいオプションを使用できます。詳しくは、PDF 用インタラクティブドキュメントの作成を参照してください。

XHTML への書き出しの機能強化

XHTML に書き出すことにより、InDesign ドキュメントから抽出したコンテンツを Web 開発者に渡し、Dreamweaver などの Web アプリケーションで再利用することができます。InDesign CS5 の機能強化には、テキスト書式の属性の一致、ローカルオーバーライドの保持、コンテンツの順序の制御などが含まれます。InDesign の表に固有の ID が割り当てられ、Dreamweaver で Spry データセットとして参照できるようになりました。詳しくは、Dreamweaver へのコンテンツの書き出し(CS5)を参照してください。

JPEG への書き出しの機能強化

JPEG の書き出しダイアログボックスには、カラースペースの指定、ドキュメントの裁ち落とし設定の使用、オーバープリントのシミュレーションなどの新しいオプションが追加されました。詳しくは、JPEG 形式での書き出しを参照してください。

共同作業

コメントとレビューの統合

CS Review は、デザインを Web 上で他のユーザーと簡単に共有してフィードバックを得られるようにするオンラインサービスです。InDesign の CS Review パネルを使用して、現在のドキュメントのスナップショットを Acrobat.com ワークスペースにアップロードすると、他のユーザーがコメントを追加できます。InDesign ドキュメントの確認を参照してください。

テキストの変更のトラック

「変更をトラック」機能を有効にすると、テキストに加えた変更がユーザー別にトラックされます。変更は、ストーリーエディターで表示できます。レイアウトビューでは表示できません。テキストの削除、移動、挿入などの変更がサポートされます。ドキュメントの変更を適用または取り消すには、変更をトラックパネルを使用します。詳しくは、変更のトラックとレビューを参照してください。

ドキュメントにインストールされているフォント

ドキュメントを開いたときは、InDesign ドキュメントと同じ場所にあるドキュメントフォントフォルダーの任意のフォントを使用できます。特定のドキュメントにインストールされたフォントは他のドキュメントでは使用できません。ドキュメントを共有する場合やドキュメントを別のコンピューターに移動する場合は、「パッケージ」コマンドで Document fonts フォルダーを作成できます。詳しくは、ドキュメントにインストールされたフォントを参照してください。

プレゼンテーションモード

InDesign CS5 には、新しいスクリーンモードとしてプレゼンテーションモードが追加されました。プレゼンテーションモードでは、アプリケーションメニューとすべてのパネルが隠されます。キーストロークとクリックを使用して、ドキュメント内をスプレッド単位で前後に移動できます。詳しくは、プレゼンテーションモードの使用を参照してください。

ページサムネールのカラーラベル

ページパネルで、ページサムネールにカラーラベルを割り当てることができるようになりました。詳しくは、ページサムネールのカラーラベルの作成を参照してください。

操作性と生産性

バックグラウンドタスク

大きなドキュメントを保存する場合、または PDF や IDML ファイルに書き出す場合でも、ドキュメントへの作業を継続できます。複数の PDF 書き出しをバックグラウンドで待機させることもできます。書き出しの進捗状況を表示するには、ウィンドウ/ユーティリティ/バックグラウンドタスクを選択し、バックグラウンドタスクパネルを使用します。詳しくは、バックグラウンドタスクパネルを参照してください。

ツールを一時的に切り替えるショートカット

対応する文字キーを押すことで、現在のツールから別のツールに一時的に切り替えることができます。キーを押している間は、現在のツールが別のツールに変わり、キーを放すと元のツールに戻ります。例えば、U キーを押すと間隔ツールに変わり、U キーを放すと選択ツールに戻ります。詳しくは、一時的なツールの選択を参照してください。

ツールヒントパネル

現在選択されているツールで使用できるすべての修飾キーによる動作を確認するには、ツールヒントパネルを開きます(ウィンドウ/ユーティリティ/ツールヒントを選択します)。詳しくは、ツールヒントの表示を参照してください。

コミュニティヘルプ

Adobe Community Help からは、すべてのアドビ製品ドキュメントのほか、コミュニティにより作成された学習コンテンツおよび Adobe.com/jp で提供されているその他の学習コンテンツにアクセスできます。Adobe Community Help では、AIR ベースのビューアを使用して最新のオンラインヘルプを表示できます。Web 接続が使用できない場合は、デフォルトでローカルバージョンのヘルプが表示されます。

Community Help には、アドビ製品マニュアルの内容についてエキスパートからのコメントやユーザーの評価、ナレッジベースの記事、チュートリアルなどが含まれています。

開始ページ番号の指定

InDesign CS5 でドキュメントを作成する場合、最初のページに使用するページ番号を指定できます。見開きページを有効にして偶数を指定すると、ドキュメントは 2 ページのスプレッドで始まります。ドキュメントの作成後に、ドキュメント設定ダイアログボックスで開始ページ番号を変更することもできます。詳しくは、新規ドキュメントの作成を参照してください。

複数の選択されたアイテムの元データの編集

「元データを編集」コマンドを使用して、複数の画像をそれぞれ作成元の編集アプリケーションで開くことができます。詳しくは、元のアートワークの編集を参照してください。

オブジェクトをロックする新しいオプション

オブジェクト/ロックを選択してオブジェクトをロックし、オブジェクト/スプレッド上のすべてをロック解除を選択してオブジェクトをロック解除できるようになりました。ロックアイコンをクリックすると、ロックされたオブジェクトのロック解除もできます。

一般環境設定で新しい「ロックされたオブジェクトの選択を防ぐ」オプションを使用すると、ロックしたオブジェクトを選択できるようにするかどうかを指定できます。

ファイル拡張子にリンクを再設定

ファイル拡張子に基づいてファイルにリンクを再設定します。例えば、JPEG ファイルをまとめて TIFF ファイルに置換することができます。詳しくは、ファイルのリンクを別のファイル拡張子に再設定を参照してください。

オブジェクトを隠す

オブジェクト/隠すを選択して、ページ上のオブジェクトを隠せるようになりました。オブジェクトを隠すと、そのオブジェクトの表示、書き出し、および選択ができなくなります。すべての隠したオブジェクトを表示するには、オブジェクト/スプレッド上のすべてを表示を選択します。

「プレビュー」チェックボックスのスティッキー機能

InDesign を終了して再起動したときに、ダイアログボックスで「プレビュー」チェックボックスが選択されていたかどうかが記憶されているようになりました。

Adobe Bridge からドラッグするときの配置カーソル

以前のバージョンでは、Adobe Bridge またはデスクトップの画像をページ上にドラッグすると、画像のサイズに対応するフレームが作成されました。InDesign CS5 では、同じ操作をすると配置カーソルが読み込まれ、画像の縦横比を維持したサイズのフレームをドラッグできます。

エクスプローラーまたは Finder でブックファイルを開く

ブックパネルメニューのコマンドを使用して、エクスプローラーまたは Finder のウィンドウにドキュメントを表示できます。

その他の機能強化

CMYK 値を整数値に丸める

カラーパネルでは、CMYK スライダーの値が最も近い整数値に丸められます。

すべてのガイドの削除

表示/グリッドとガイドメニューに、新しいコマンドとして「スプレッド上のすべてのガイドを削除」が追加されました。

ダイアログボックスからのズーム

モーダルダイアログボックスを開いたときに、キーボードショートカットを使用してレイアウトビューにあるドキュメントのズームインとズームアウトができるようになりました。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、マイナス(-)キーまたは等号(=)キーを押します。

新規デフォルトフォント

デフォルトフォントが Times(Mac OS)および Times New Roman(Windows)から、クロスプラットフォーム OpenType バージョンの Minion Pro Regular に変更されました。

複数のリンクを同じソースに折りたたみ

InDesign では、ドキュメント内に複数回挿入した画像へのリンクは、リンクパネルで単一の行として折りたたまれます。パネルオプションダイアログボックスの新しいオプションで、この折りたたみの動作を無効にできるようになりました。

ストーリーエディターウィンドウの位置の記憶

ストーリーエディターウィンドウを閉じて再度開くと、画面上に前の幅、高さ、位置で表示されます。

折り目

「内トンボ」オプションを選択してスプレッドを印刷すると、折り目が実線でプリントされます。

メニューコマンドの変更または移動

以下のメニューコマンドの名前または配置が変わりました。

ヒント:ウィンドウ/ワークスペース/[CS5 の新機能] を選択すると、新しい機能や強化された機能のメニューコマンドがハイライト表示されます。

InDesign CS4 のコマンド

InDesign CS5 での新しい配置先

ファイル/Digital Editions 用に書き出し

ファイル/書き出し先/EPUB

ファイル/Dreamweaver 用に書き出し

ファイル/書き出し先/Dreamweaver

オブジェクト/ロック

オブジェクト/ロック

オブジェクト/ロック解除

オブジェクト/スプレッド上のすべてをロック解除

オブジェクト/インタラクティブ/ムービー設定、サウンド設定

メディアパネル

オブジェクト/パス/ポイントを変換/線の終わり、角、スムーズ、左右対称にスムーズ

オブジェクト/ポイントを変換/標準、角、スムーズ、左右対称

表示/ハイパーリンクを表示 / 隠す、テキスト連結を表示 / 隠す、フレーム枠を表示 / 隠す、アサインされたフレームを表示 / 隠す、注釈を表示 / 隠す

表示/エクストラ/ハイパーリンクを表示 / 隠す、テキスト連結を表示 / 隠す、フレーム枠を表示 / 隠す、アサインされたフレームを表示 / 隠す、注釈を表示 / 隠す

ウィンドウ/アサイン

ウィンドウ/編集関連/アサイン

ウィンドウ/プリント属性

ウィンドウ/出力/プリント属性

ウィンドウ/自動化/データ結合、スクリプトラベル、スクリプト

ウィンドウ/ユーティリティ/データ結合、スクリプトラベル、スクリプト

ウィンドウ/カラー

ウィンドウ/カラー/カラー

ウィンドウ/グラデーション

ウィンドウ/カラー/グラデーション

ウィンドウ/オブジェクトスタイル

ウィンドウ/スタイル/オブジェクトスタイル

ウィンドウ/スウォッチ

ウィンドウ/カラー/スウォッチ

ウィンドウ/タグ

ウィンドウ/ユーティリティ/タグ

ウィンドウ/書式と表/注釈

ウィンドウ/編集関連/注釈

ウィンドウ/書式と表/セルスタイル、文字スタイル、段落スタイル、表スタイル

ウィンドウ/スタイル/セルスタイル、文字スタイル、段落スタイル、表スタイル

ヘルプ、InDesign/プラグイン設定

ヘルプ、InDesign/エクステンションを管理

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー