マニュアル キャンセル

カラーの適用

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト

Adobe InDesign には、ツールパネル、スウォッチパネル、カラーパネル、カラーピッカー、コントロールパネルなど、カラーを適用するためのツールが多数搭載されています。

カラーを適用する場合は、オブジェクトの塗りまたは線のどちらに適用するかを指定します。はオブジェクトの境界線またはフレームであり、塗りはオブジェクトの背景です。テキストフレームにカラー適用する場合は、フォーマット設定を変更することでテキストフレームまたはテキストフレーム内のテキストのどちらにカラーを適用するかを指定します。

  1. 次のいずれかの操作を行い、カラーを適用するオブジェクトを選択します。
    • パスまたはフレームにカラーを適用する場合は、必要に応じて、選択ツール またはダイレクト選択ツール を使用して選択します。
    • グレースケールまたはモノクロ(1 ビット)画像にカラーを適用する場合は、コンテンツグラバーをクリックするか、ダイレクト選択ツールを使用します。カラーを適用できる画像は、グレースケールまたはモノクロ画像の 2 つだけです。
    • テキストにカラーを適用する場合は、文字ツールを使用し、単語またはフレーム内にあるテキスト全体を選択します。
    注意:

    点線や二重線などの間隔のカラーを変更するには、線パネルを使用します。

  2. ツールボックス、カラーパネル、スウォッチパネルで、「テキストのフォーマット設定に切り替え」または「オブジェクトのフォーマット設定に切り替え」アイコンを選択して、テキストにカラーを適用するか、テキストフレームにカラーを適用するかを指定します。

  3. ツールパネル、カラーパネル、またはスウォッチパネルの塗りボックスまたは線ボックスで、オブジェクトの塗りまたは線を指定します。画像を選択した場合、線ボックスは使用できません。
    ツールパネルでのカラー適用方法の指定

    A. 塗りボックス B. オブジェクトのフォーマット設定に切り替え C. 線ボックス D. テキストのフォーマット設定に切り替え 

  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • スウォッチパネルまたはグラデーションパネルを使用して、カラー、濃淡またはグラデーションを選択します。
    • コントロールパネルの塗りメニューまたは線メニューからカラー、濃淡またはグラデーションを選択します。
    • ツールパネルまたはカラーパネルの塗りボックスまたは線ボックスをダブルクリックして、カラーピッカーを表示します。カラーを選択し、「OK」をクリックします。
注意:

アルファチャンネルやスポットカラーチャンネルのあるグレースケール画像には、カラーを適用することはできません。また、クリッピングパスが保存されている画像にカラーを適用するには、ダイレクト選択ツールでクリップされた領域を選択してから、ツールパネルの塗りボックスをクリックし、カラーまたは濃淡を選択します。

カラーピッカーでのカラーの選択

カラーピッカーにより、カラーフィールドからカラーを選択したり、数値でカラーを指定することができます。HSB、RGB、Lab または CMYK カラーモデルを使用してカラーを定義することができます。

  1. ツールパネルまたはカラーパネルの塗りボックスまたは線ボックスをダブルクリックして、カラーピッカーを表示します。
  2. カラーピッカーで表示されるカラースペクトルを変更するには、R(赤)、G(緑)、B(青)または L(輝度)、a(グリーンからレッドへの軸)、b(ブルーからイエローへの軸)をクリックします。
    カラーピッカー
    カラーピッカー

    A. 元のカラー B. 新規カラー C. カラーフィールド D. カラースライダーの三角形 E. カラースペクトル 

  3. カラーを定義するには、次のいずれかの操作を行います。
    • カラーフィールドの内側をクリックまたはドラッグします。十字カーソルは、カラーフィールド内の現在の位置を示します。
    • カラースペクトルに沿ってカラースライダーの三角形をドラッグするか、カラースペクトル内をクリックします。
    • テキストボックスに値を入力します。
  4. カラーをスウォッチとして保存するには、「CMYK スウォッチを追加」、「HSB スウォッチを追加」、「RGB スウォッチを追加」または「Lab スウォッチを追加」をクリックします。そのカラーはスウォッチパネルに追加され、そのカラー値が名前として使用されます。

  5. 「OK」をクリックします。

最後に使用したカラーの適用

ツールパネルには、最後に適用したカラーまたはグラデーションが表示されます。このカラーまたはグラデーションは、ツールパネルから直接適用することができます。

  1. カラーを適用するオブジェクトまたはテキストを選択します。
  2. ツールパネルで、テキストまたはオブジェクトのカラーを適用する部分に応じて、塗りボックスまたは線ボックスをクリックします。
  3. ツールパネルで、次のいずれかの操作を行います。
    • スウォッチパネルまたはカラーパネルで最後に選択したカラーを適用するには、カラーを適用ボタン をクリックします。
    • スウォッチパネルまたはグラデーションパネルで最後に選択したグラデーションを適用するには、グラデーションを適用ボタン をクリックします。
    • 適用なしボタン をクリックして、オブジェクトの塗りまたは線を削除します。

塗りまたは線のカラーの削除

  1. カラーを削除するテキストまたはオブジェクトを選択します。
  2. ツールパネルで、テキストまたはオブジェクトの変更する部分に応じて、塗りボックスまたは線ボックスをクリックします。
  3. 適用なしボタン をクリックして、オブジェクトの塗りまたは線を削除します。

ドラッグ&ドロップを使用したカラーの適用

カラーソースからオブジェクトまたはパネルへドラッグすることによって、カラーやグラデーションを簡単に適用することができます。ドラッグ&ドロップにより、最初にオブジェクトを選択することなく、カラーまたはグラデーションをオブジェクトに適用することができます。ドラッグできるカラーソースは、次のとおりです。

  • ツールパネルまたはパネルの塗りボックスまたは線ボックス

  • グラデーションパネルのグラデーションボックス

  • スウォッチパネルのスウォッチ

  • パネル内の色域外警告アイコン の横にある最後に使用した領域内カラースウォッチ

次のオブジェクトおよびパネルにカラーまたはグラデーションをドロップすることができます。

  • パスの塗りまたは線 (塗りまたは線にカラーをドロップするには、カラーをドラッグするときに、ドラッグしたアイコンの中心を、パスの塗りまたは線の上に正確に合わせてから、マウスボタンを放します)

  • スウォッチパネル

 

1 つ以上のスウォッチパネルのスウォッチをドラッグする場合、InDesign の別のドキュメントウィンドウにドロップして、スウォッチをそのドキュメントのスウォッチパネルに追加することもできます。

カラースウォッチまたはグラデーションスウォッチの適用

  1. 選択ツール を使用してテキストまたはオブジェクトのフレームを選択するか、文字ツール を使用してテキスト範囲を選択します。

  2. スウォッチパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/カラー/スウォッチを選択します。

  3. スウォッチパネルで、塗りボックスまたは線ボックスを選択します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 選択したテキストにカラーを適用するには、「フォーマットをするとテキストに影響があります」ボタン をクリックします。

    • 選択したカラーをオブジェクトまたはテキストのコンテナ(フレームや表など)にカラーを適用するには、「フォーマットをすると内容に影響があります」ボタン をクリックします。

  5. スウォッチパネルで、カラースウォッチまたはグラデーションスウォッチをクリックします。選択したカラーまたはグラデーションは、選択したテキストまたはオブジェクトに適用され、カラーパネルとツールパネルの塗りボックスまたは線ボックスに表示されます。

注意:

InDesign の他のデフォルト設定と同様に、デフォルトの塗りまたは線のカラーを設定することができます。編集/選択を解除を選択し、オブジェクトが選択されていないことを確認してから、カラーを選択します。

カラーパネルを使用したカラーの適用

カラー処理にはスウォッチパネルを使用することを推奨しますが、カラーパネルを使用してカラーを作成することもできます。カラーパネルで作成したカラーは、いつでもスウォッチパネルに登録することができます。カラーパネルは、名称未設定カラーの作成に非常に便利です。

注意:

指定のスウォッチが現在適用されているオブジェクトを選択し、そのカラーをカラーパネルで編集すると、そのオブジェクトのカラーだけが変更されます。ドキュメント全体に適用されているスウォッチカラーを編集するには、スウォッチパネル内でスウォッチをダブルクリックして編集するようにしてください。

塗りまたは線のカラーの編集

  1. 変更するオブジェクトまたはテキストを選択します。
  2. カラーパネルが表示されていない場合は、ウィンドウ/カラーを選択します。
  3. カラーパネルで、塗りボックスまたは線ボックスを選択します。
    カラーパネル

    A. 塗りボックス B. 線ボックス C. オブジェクトのフォーマット設定に切り替え D. テキストのフォーマット設定に切り替え 

  4. テキストフレームを選択した場合は、「フォーマットをすると内容に影響があります」ボタン または「フォーマットをするとテキストに影響があります」ボタン を選択して、フレーム内の塗りまたはテキストのカラーを変更します。
  5. 次のいずれかの操作を行います。
    • オブジェクトがスウォッチパネルのスウォッチを使用している場合は、デフォルトで表示される濃淡スライダーを調整します。
    • カラーパネルメニューから Lab、CMYK、HSB または RGB カラーモデルを選択し、スライダーを使用してカラー値を変更します。カラースライダーの横にあるテキストボックスに数値を入力することもできます。
    • カラーバー上にポインターを置き、クリックします。
    • 塗りボックスまたは線ボックスをダブルクリックし、カラーピッカーからカラーを選択します。「OK」をクリックします。
  6. 色域外警告アイコン が表示された場合、最初に指定したカラーに最も近い CMYK カラー値を使用するには、色域外警告アイコンの横にある小さなカラーボックスをクリックします。

カラーパネルのカラーからスウォッチを作成

  1. カラーパネルで、アクティブになっている塗りボックスまたは線ボックスに、追加したいカラーが表示されていることを確認します。
  2. カラーパネルメニューから「スウォッチに追加」を選択します。

カラーモードを順番に表示

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • カラーパネルで、Shift キーを押しながらパネルの下部にあるカラーバーをクリックします。
    • 新規カラースウォッチダイアログボックスまたはスウォッチ設定ダイアログボックスで、Shift キーを押しながらカラーボックスをクリックします。
    • 新規グラデーションスウォッチダイアログボックスまたはグラデーションオプションダイアログボックスで、「グラデーション配置」から「グラデーション停止」を選択し、ストップカラーポップアップメニューから「RGB」、「Lab」、「HSB」または「CMYK」を選択するか、Shift キーを押しながらカラーボックスをクリックします。

Color テーマツールを使用したカラーテーマの生成

InDesign ドキュメントで選択した領域、画像またはオブジェクトからカラーテーマを抽出できます。また、画像、画像全体またはレイアウト全体からカラーを選択することもできます。基本的には、アートワーク内の任意のカラーからのカラーテーマを生成できます。Color テーマツールを使用して、単一のカラーまたはテーマを選択し、スウォッチパネルにカラーテーマを追加します。 

これらのカラーをレイアウトに追加したり、スウォッチパネルに追加したりします。Creative Cloud ライブラリに保存することもできます。

  1. ツールパネルで Color テーマツールをクリックします。ショートカット「I」を使用して、Color テーマツールとスポイトツールを切り替えることができます。

    Color テーマツール

  2. レイアウトの任意の部分をクリックして、カラーを選択します。Adobe Photoshop、Illustrator、その他のファイルに配置されたアートワークのカラーを利用することもできます。

    カラーは、テーマツールを使用していったん選択すると保持されます。カラーを選択してから、ツールを切り替えてオブジェクトの描画などの他の操作を実行した後で Color テーマツールを再度選択した場合、前に選択したテーマが保持されます。Esc キーを押してパネルを閉じない限り、選択したテーマは保持され、再利用することができます。Esc キーを押すと、すべてが消去されます。

  3. マウスを動かして、InDesign によって自動的にマークが付けられた領域を観察します。これらの領域から、カラーテーマを作成できます。セクションをクリックすると、InDesign によってカラーテーマが作成されます。

  4. カラーテーマは、5 つの異なるカラーで構成されます。フライアウトメニューをクリックして、生成された他のカラーの選択肢を表示します。

  5. Color テーマツール - オプション

    A. クリックすると、すべてのテーマが表示されます。 B. スウォッチに現在のカラーテーマを追加します。 C. 現在の CC ライブラリに保存します。 

    カラーテーマは、5 つの異なるカラーで構成されます。フライアウトメニュー(画像の A)をクリックして、同じカラーテーマで生成されたその他のテーマ選択肢(カラフル、明るい、深い、落ち着いたなど)を表示します。

    生成されたカラーテーマが気に入らない場合は、Esc キーを押してもう一度やりなおすか、Alt キーを押して一時的に選択モードに切り替え、新たにテーマを収集します。

    単色(精密な)カラーを Shift キーを押しながらクリックして、テーマの基本カラーとして選択します。カラーテーマは Adobe Color のルール(類似色、モノクロマティック、トライアド、補色、複合色、暗清色)に基づいて生成されます。

  6. Color テーマツールで単色を選択すると、カラーを適用できます。ページアイテムまでマウスを動かします。半分満たされたスポイトが表示されるので、クリックして塗りやストロークを変更できます。

    マウスをテキストの上に移動すると、スポイトがテキストに変わります。Color テーマツールから生成されたカラーをテキストに適用できます。

  7. Color テーマツールをダブルクリックします。カラーを選択してスウォッチに追加すると、カラーはドキュメントのインテントに従って自動的に適切なカラースペースに変換されてから、スウォッチに追加または他のオブジェクトにドロップされます。選択肢として 3 つのオプションが提供されます。

    1. ドキュメントのインテントに従って変換
    2. CMYK に変換
    3. RGB に変換
    カラーテーマオプション

  8. Color テーマツール - オプション

    A. クリックすると、すべてのテーマが表示されます。 B. スウォッチに現在のカラーテーマを追加します。 C. 現在の CC ライブラリに保存します。 

    B をクリックして、これらのカラーをスウォッチパネルに追加します。カラーテーマは、フォルダーとしてスウォッチパネルに追加されます。

    スウォッチパネルに特定のカラーを追加するには、Alt キーを押し、「現在のカラーテーマをスウォッチに追加」ボタンをクリックします。

  9. カラーテーマ

    このボタンをクリックすると、パネル上で選択されたテーマが、CC ライブラリパネルの現在の CC ライブラリに保存されます。

  10. カラーピッカーの新規スウォッチおよびスウォッチの編集ワークフローで、16 進数の RGB コードを使用してカラー値を適用できます。また、16 進数 RGB コードを使用してカラー値を適用することもできます。16 進数のカラー値は、次の 3 つの方法で適用できます。

    • 新規スウォッチのカラーピッカーを使用:スウォッチパネルからフライアウトメニューをクリックして展開し、新規カラースウォッチを選択します。新規カラースウォッチダイアログ内で、カラーモードから「RGB」を選択します。
      スクリーングラバーをクリックして、マウスボタンを押したまま画面上の任意の場所をクリックし、任意のソースから 16 進数のカラー値を表示します。「追加」をクリックしてカラースウォッチを追加します。
    新規スウォッチ - 16 進値

    • スウォッチを編集:スウォッチを編集して、その 16 進値を変更することもできます。スウォッチをダブルクリックして、「カラーモード」ドロップダウンから「RGB」を選択します。
    • カラープロキシ:ツールパネルでカラープロキシをダブルクリックします。ここから 16 進値を選択できます。

スポイトツールを使用したカラーの適用

InDesign ドキュメント内の任意のオブジェクト(配置したグラフィックも含む)から、スポイトツール を使用して、カラーなどの塗りや線の属性をコピーすることが可能です。デフォルトでは、スポイトツールにより、オブジェクトで使用できるすべての塗りおよび線の属性が読み込まれます。そして、新しく作成したオブジェクトにこれらの設定をコピーすることができます。また、スポイトツールオプションダイアログボックスを使用して、スポイトツールがコピーする属性を変更することもできます。その他にも、スポイトツールで文字属性や段落属性、文字組みや禁則処理、透かし設定など様々な属性をコピーすることが可能です。

注意:

スポイトツールオプションダイアログボックスに表示されていない属性は、スポイトツールを使用してコピーすることはできません。

スポイトツールを使用したカラーの適用

  1. 変更する塗りおよび線の属性を持つ、1 つ以上のオブジェクトを選択します。

  2. スポイトツール  を選択します。

  3. コピーする塗りおよび線の属性を持つオブジェクトをクリックします。属性を読み込んだスポイトツール が表示され、選択したオブジェクトが、クリックしたオブジェクトの塗りおよび線の属性で自動的に更新されます。

  4. 他のオブジェクトも同じ属性に変更するには、属性を読み込んだスポイトツールでオブジェクトをクリックします。コピー元のオブジェクトが塗りなしで線の属性しか持っていない場合、オブジェクトのアウトラインをクリックします。

属性を読み込んだスポイトツールでの新しい属性のピックアップ

  1. スポイトツール  に属性が読み込まれた状態で Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押します。スポイトツールの向きが反対になり、空 になります。これは新しい属性をピックアップする準備ができていることを示します。

  2. 読み込む属性を持つオブジェクトを Alt キー(Windows)または Option キー(Macintosh)を押しながらクリックし、キーを放すと、スポイトツールは新しい属性を読み込んだ状態になり、その属性を他のオブジェクトにコピーすることができるようになります。

スポイトツールの設定の変更

  1. ツールパネルで、スポイトツール をダブルクリックします。

  2. スポイトツールでコピーする「塗り設定」と「線設定」の属性を選択して、「OK」をクリックします。

注意:

オブジェクトの塗りまたは線のカラーだけをピックアップするには、Shift キーを押しながらスポイトツールでオブジェクトをクリックします。他のオブジェクトにカラーを適用する場合は、ツールバーで塗りまたは線のどちらが選択されているかに応じて、塗りまたは線のカラーのどちらかが適用されます。

グレースケール画像へのカラーの適用

InDesign で配置したグレースケール画像にカラーを追加できます。

  1. 画像がグレースケール画像またはビットマップ画像として保存されており、PSD、TIFF、BMP または JPG 形式で保存されていることを確認します。

    Photoshop で、イメージ/モード/モノクロ 2 階調またはイメージ/モード/グレースケールを選択できます。

  2. コンテンツグラバーをクリックするか、ダイレクト選択ツール を使用して画像を選択します。

  3. スウォッチパネルまたはコントロールパネルからカラーを選択します。

PSD 形式の画像には複数のレイヤーを含めることができますが、一番下のレイヤーは不透明である必要があります。InDesign では、透明な背景の PSD 画像にカラーを適用することはできません。さらに、グレースケール画像にはアルファチャンネルや特色チャンネルを含めることはできません。

カラーグループの追加および管理

カラーグループを使用すると、カラースキームを整理して、頻繁に使用されるカラースウォッチをアプリケーション間で交換することができます。カラーグループは次の用途で役立ちます。

  • カラースウォッチを整理する。
  • Illustrator のプロジェクトからカラーグループを読み込む。

カラーグループの追加

  1. カラーグループを作成するには、スウォッチパネルでカラーグループアイコンをクリックします。代わりに、フライアウトメニューやコンテキストメニューからカラーグループを作成することもできます。

    新規カラーグループ

    • カラーグループの名前を入力します。
    • 次のオプションを選択してカラーグループのスキームを作成します。
      • 選択したスウォッチ:作成時にスウォッチをカラーグループに移動する場合は、このオプションを選択します。Ctrl キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら複数のカラースウォッチを選択し、「新規カラーグループ」オプションを選択します。スウォッチを選択しない場合は、空のカラーグループが作成されます。
      • 選択したページアイテム:選択したページアイテムまたはアートワークのスウォッチが、作成したカラーグループに追加されます。このオプションは、アートワークを選択するとデフォルトで選択されます。
    注意:

    作成時にカラーグループの名前を指定する場合は、いずれかのオプションを使用するか、Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながら新規カラーグループボタンをクリックします。

  2. 作成したカラーグループには、ルートや他のカラーグループから複数のスウォッチをドラッグ&ドロップすることができます。

  3. カラースウォッチを右クリックしてその他のオプションを確認します。カラーグループビューに切り替えると、効率的に作業できます。パネル下部のフィルターアイコンをクリックし、カラーグループを表示を選択します。これにより、カラーグループの作業効率が上がります。このビューにはルートのスウォッチやグラデーションは表示されません。

    カラーグループを表示

カラーグループを管理する各種操作

次の操作を実行してカラーグループを管理します。

  • カラーグループにスウォッチを追加する:カラーグループを選択します。 スウォッチを選択し、カラーグループ内にドラッグ&ドロップします。
  • カラーグループを複製する:コンテキストメニューやフライアウトから複製できます。カラーグループを右クリックし、カラーグループを複製を選択します。カラーグループ内のすべてのスウォッチがカラーグループとともに複製されます。混乱を避けるために、異なるカラーグループのスウォッチは同じ名前では作成されません。
  • カラーグループを解除する:コンテキストメニューやフライアウトからグループを解除できます。カラーグループを右クリックし、カラーグループを解除を選択します。グループ解除時に、カラーグループ内のすべてのスウォッチはルート、すなわちカラーグループの外に移動します。
  • カラーグループ名を変更する:カラーグループの名前は、コンテキストメニューかフライアウトメニューのカラーグループオプションで変更できます。カラーグループの名前を編集するグループをダブルクリックします。カラーグループはインラインで編集することもできます。
  • カラーグループを削除する:カラーグループを選択し、右クリックしてカラーグループを削除を選択します。または、カラーグループを選択し、フライアウトメニューからカラーグループを削除を選択します。
注意:

カラーグループを削除すると、カラーグループ内のすべてのスウォッチが削除されます。

選択したページアイテムのカラーグループの作成

ドキュメントのページアイテムのアートワークを選択し、そのページアイテムのスウォッチからカラーグループを作成できます。ページアイテムからスウォッチをカラーグループに追加できます。

  1. ドキュメントのページアイテムを選択します。

  2. パネルメニューまたはコンテキストメニューから、新規カラーグループを選択します。

  3. 新規カラーグループダイアログボックスで、選択したページアイテムを選択します。スウォッチパネルで複数のスウォッチが選択されている場合は、「選択したスウォッチ」がデフォルトで選択されています。

  4. カラーグループは、リスト表示(名前で表示、小さく表示)やグリッド表示(スウォッチ(小)、スウォッチ(大))などのあらゆる表示で機能します。作成、スウォッチのドラッグ、カラーグループなどのすべての操作は、スウォッチパネルのあらゆる表示について実行できます。

ASE ファイルからのスウォッチの読み込みと保存

.ASE ファイルは、Adobe Illustrator などのアプリケーションでカラースウォッチの読み込みと書き出しを行う際に役立ちます。.ase ファイルを読み込んで、スウォッチパネルにカラーグループを取り込むことができます。カラーグループはスウォッチフライアウトから .ase ファイルとして保存することもできます。同様に、Illustrator で保存されたカラーグループを InDesign に読み込むこともできます。

スウォッチの読み込み

  1. スウォッチパネルのメニューから、「スウォッチの読み込み」を選択します。

  2. 保存された .ase ファイルを選択します。「開く」をクリックします。

スウォッチの保存

カラースウォッチやカラーグループを .ase ファイルとして保存できます。

  1. カラーグループまたはスウォッチを選択します。

  2. フライアウトメニューから、「スウォッチを保存」を選択します。

  3. .ase ファイルの名前を入力します。「保存」をクリックします。

Color アプリケーションからのテーマの読み込み

InDesign では、Color パネルのテーマをカラーグループとしてスウォッチパネルに追加できます。これらのテーマは、そのテーマの名前でカラーグループとして作成されます。

  1. ウィンドウ/カラーを選択します。

  2. 参照ウィンドウで、テーマを選択します。

    InDesign にテーマを書き出すには、次のいずれかの操作を実行します。

    • テーマの横にある矢印をクリックし、「スウォッチパネルに追加」を選択します。                       
    • 「選択したテーマを追加」アイコンをクリックして、テーマをスウォッチパネルに読み込みます。

     

    スウォッチの追加アイコンとオプション

  3. または、Color の「作成」タブに移動し、ルールを選択でルールを選択して、このテーマをスウォッチに追加アイコンをクリックします。

    テーマをスウォッチメニューに追加

以前の動作のサポート

カラーグループ情報を含む .idml ファイルを前のバージョンで開いた場合、前のバージョンではカラーグループを使用できないので、スウォッチパネルにはカラーグループがないフラットなスウォッチリストが表示されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン